ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« ホテルのお茶 | トップページ | twitterもやっているのだが »

CSUNカンファレンス2010

今年の3月もCSUNカンファレンスが開かれる。

名称としては「The 25th Annual International Technology & Persons with Disabilities Conference」ということで訳すと「第25回障害者とテクノロジーの国際会議」といったことになりcsunは"California State University, Northridge"の頭文字,つまり学校の名前なので,日本で言えば「東京大学会議」みたいになっちゃうんだけど,これがまた

すごい会議なんです。

初めて参加したのは5年前,大学院に研修に出ていた年に日本のATACの元になるカンファレンスが2つ,1つがClosing The Gap 大体10月ぐらいにミネアポリスで開かれる会議でもうひとつがCSUNカンファレンス

この2つを見ることで,海外のATの動向を知り自分の見聞を広めたかったけど,どちらも参加して得ることが大きかった。

特にCSUNはユーデットが企画するツアーがあり,多くの日本人と現地での交流が面白かった。

今年も同様にツアーが企画されています。

▼2010年 CSUN テクノロジーと障害者会議 参加ツアー詳細

http://www.jtb.co.jp/kaigai/pkg/detailCM.aspx?tourcd=3454122657010

所内の業務の関係もあり,参加するか微妙なのですが,参加費が割り引かれるアーリーバドが22日〆切なこともあり,今週中に決断しないといけません。

支援機器を考える上で自分を俯瞰的に見るには実際に外国に行くことで,振り返りができたので,行きたいのですがどうしようかと思っているところです。

ちなみに,今年はこれまでやっていたロサンゼルスからサンディエゴに変更され,それも気になるところです。

ツアーの詳細,過去レポートはこちら

「2010年テクノロジーと障害者」会議ツアー

« ホテルのお茶 | トップページ | twitterもやっているのだが »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/47279670

この記事へのトラックバック一覧です: CSUNカンファレンス2010:

« ホテルのお茶 | トップページ | twitterもやっているのだが »