ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 火炎放射器によるウイルス除去の愚には誰も気がつきますが,消毒薬によるウイルス除去の愚には誰も気がついていません。 | トップページ | バリアフリー講演会「IT社会における子育てから老後までを考える-高齢や障害から学ぶこと-」 »

ブログ紹介:なるほど日記(アクセスインターナショナル)

                        


アクセスインターナショナルさんのコミュニケーションチームが綴る日記です。

アクセスさんといえば以前はアップルディスアビリティーセンターという名前で,コンピュータ関連の支援機器の先駆けを担っていたところでした。
今はWindowsが主流になっていますが,かの名機Ke:nx(キネックス)を販売されていました。

このKe:nx(キネックス)というのはすごい機械で,Macに様々な入力装置をつなげることができ,10年間の障害者のための入力機器といえばKe:nx(キネックス)という感じでした。

  • 1スイッチだけでの画面のすべての操作
  • モールス符号入力
  • スクリーンーボード
  • キネックスオンボードによる様々なレイアウトのキーボード
  • etc・・・

といった形で,様々な機能のある,それこそ魔法の箱でした。

キネックスに関してはこちらの方が詳しく書かれているので,参考にされて下さい。
http://www1.linkclub.or.jp/~m-kodani/fukupaso/on_off/kenx/kenx.html

ただ,ke:nxを使ったいた当時のmacはOSも7,8,9の時代でシステムとのコンフリクト(衝突)も多く,怪しい動きをすることもあったりしましたが,知り合いの筋ジスの方は,入院された病院で使いこなされていて,メールや文書作成などコミュニケーションの道具としてバリバリに使われていました。
彼の映像は,こちらに紹介されています。

統合型音声出力コミュニケーション支援機器(MacOS 用)

その後,オペレートナビ伝の心など日本で開発されたWindowsのソフトも発売されるようになり,Macでなければという条件はなくなってきましたが,支援される方もたくさんのソフトを覚えられるわけでもないので,ずいぶん人気を博していました。

MacのOSもXになったことで,SwitchXSに代替わりしましたがあの時の衝撃は忘れられません。

さて,アクセスさんのブログですが昨年の4月からは更新をお休みしているようですが,コチラの方に新製品の情報などを紹介されているので,もしかする移行されているのかもしれませんね。
e-AT製品 サポートサイト

また,通販のサイトもあり,時にはアウトレットの格安品が出ることもあるので支援機器ウオッチャーの方は定期的にのぞかれるといいかと思います。

« 火炎放射器によるウイルス除去の愚には誰も気がつきますが,消毒薬によるウイルス除去の愚には誰も気がついていません。 | トップページ | バリアフリー講演会「IT社会における子育てから老後までを考える-高齢や障害から学ぶこと-」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ紹介:なるほど日記(アクセスインターナショナル):

« 火炎放射器によるウイルス除去の愚には誰も気がつきますが,消毒薬によるウイルス除去の愚には誰も気がついていません。 | トップページ | バリアフリー講演会「IT社会における子育てから老後までを考える-高齢や障害から学ぶこと-」 »