ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Twitter対応

ココログがTwitter対応になったようです。

投稿すれば,反映されるようです。

また,プロフィール画面でもツイッターの画面が見られます。

今までは,

http://feedtweet.am6.jp/

こちらで,自動更新していたのですが,ココログだけでもOKかも。
(というか,2重登録になりそうです。)

ATシャッター通り

この2月,3月で知り合いの支援機器開発,販売業者の福祉部門縮小または停止が5社。
知り合いの人の退職,転職が3名聞きました。

ある人は「ATシャッター通り」と言っていました。

涙が出そうです。



もちろん,業者の方の仕事が無くなるということも,大問題ですが,障害のある子どもたちへの支援機器の提供がどんどん少なくなってくるということです。

ほかが出しているのだからうちは出せない,ということではないはずで,それぞれの機器にはそれを待っている子どもたちがいるはず。

全く同様な機能など無いはずなのに,十把一絡げで見られてはたまりません。

先日行ったcsunでは,コンピュータベースのコミュニケーションエイドでも10種類ぐらいはありました。

アメリカはアメリカで事情もあるでしょうけど,選択できる可能性をが無いというのはとっても不幸なことです。

一発逆転というのはないでしょうから,地道にやっていくことしか無いと思いますが,なんとかしなければ。

無事帰ってきました

無事,帰国しました。

ツアーで一緒だった人で,ひとりコースが別だった人がいたのですが,なんとその人の便がドアーの故障でロサンゼルスにもう1泊になったそうです。

ううむ,無事に帰ってこれたことを感謝しなくては。

本日はつかれたので,旅行記は明日以降に書きます。

帰国

いろいろと書きたいこともあったのですが,時間もなくなり,これから帰国です。

帰国後に続きを書きます。

昨年のようにトラブルがなく,帰りたいです。

csun旅行記3日目(3月25日)

3日目です。

カンファレンスの報告もと思うのですが,つたない英語なので後ほどということで,見てわかる展示の方から。

前にも紹介したRJ cooper の改造コーナー,気になっていたデジカメのスイッチインターフェースですが,やっぱりむき出しの改造でした。
デジカメで撮ってくれば良かった。
明日は撮ってきますね。

出来映えとしてはマジカルの改造と同じぐらいです。

結構すごい。

それから,キンドルをスイッチでページ送りできるという製品が紹介してあったので,
期待してみたら,これもやっぱりマジカルのデジカメ押し装置と同じようなソレノイドでした。
これは写真があるので掲載。
Sany0001_s

左側のキンドルに対して,右のページ送りボタンとページ戻しボタンをソレノイド(だと思う)で押してスイッチ操作するものでした。
coming soonとのことなので,まだ発売していないようですが,(というか日本語版自体が出ていませんけど)出てきたら面白そうな製品です。

csun旅行記2日目(3月24日)

さて,やっと展示が始まったのでこれから機器を見に行ってきます。

VOCA関係だと,Proloquo2Goのセッションがたくさんやっていました。
朝一のものに参加予定だったのですが,トラブルのため参加できず,
2つめの初心者向けのセッションに参加しました。
http://itunes.apple.com/jp/app/proloquo2go/id308368164?mt=8
ほかのセッションでも紹介されていたので,少し触ってきました。
1000ぐらいダウンロードされているとのことでした。
(怪しい英語なので,間違えているかも)
では・・・

csun旅行記1日目(3月23日)その2

新しくCSUNのカテゴリーを作りました。

さてさて,時差があるので,まだ23日の夜なので,長い長い1日目はまだ終わっていません。
東京はもうすでにお昼でしょうね。

CSUNのツアーのメンバーと成田空港で面会したところなんと全員男。(;д;)

昨年はかわいい女子大生がたくさんきたのですが,会場が変わったこと,日程が変わったこと,学割設定がなくなったことなどが響いたのでしょうね。

ここは気を取り直して・・・

息では,ポイントポイントでフリースポットを探しながら通信をと試みていたのですが,
結局つながったのはサンディエゴの空港ででした。

ホテルはある事情から別のホテルに泊まったのですが,ここは無料でつながったので,今は無料で通信しています。

ただし,明日は泊まる予定のヒルトンに移るので有料になるかも。

何はともあれ,宿で寝られることになったのでよしとしましょう。

本日の移動では2つのトラブルがありました。

1つ目

トランジットのサンフランシスコで飛行機に乗ろうとボーディングしたところエラー音が。

すまし顔の係員はなんと私の旅券を破り捨てるではありませんか!!!

(-゛-メ)


そして,別の旅券を何事もなかったかのように渡してくれました。

そうです,ダブルブッキングしていたようです。
乗った後も,私の隣の席の隣の席の人は同じ番号の旅券を持っている人が来て座席を移動することになるなど,あれだけ検査が厳しい国なのにこういったことはなんてアバウトなのでしょうか。

そして2つめのトラブルはホテルの部屋がブッキング。
17名のメンバーのうち半分は別のホテルに移動しなければならないと言われてしまいました。
そう言っても困るので,全員が違うホテルに1泊だけすることになりました。
その上,新しく泊まるホテルは準備が十分ではなく,5時近くになっても部屋の清掃が終わっていないので,入れないなど小さなトラブルも。

結構いろいろな事件がありました。

サンディエゴ

サンディエゴ

怪しいモニュメント

怪しいモニュメント
成田空港にて

CSUNツアー1日目

本日よりcsunツアーでサンディエコに行ってきます。
今回のツアーでは参加者が少ない人のことでちょっと寂しくなりそうですが,
無事に帰ってこれればと思っています。

昨年までのロサンゼルスと違ってSan Fanciscoトランジットなので,トラブルなく乗り換えができればと思っています。

イベント:バリアフリー2010

昨年,一昨年と参加した大阪のバリアフリー2010の案内が来ました。

バリアフリー2010 第16回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展

4月15日(木)~17日(土)の3日間,インテックス大阪で開かれます。

東京で開かれる福祉機器展と同じぐらい大きなイベントですが,昨年はけっこう色々な企業の撤退があって「不況だなぁ」と感じることが多かったのですが,今年はどうでしょうか。

コミュニケーション支援では東京大学の中邑先生が土曜日に下記の講演を予定しています。

障がい児が学校や家庭ですぐに使える身近なテクノロジー(仮)
http://www.itp.gr.jp/bf/keynote_r.html

また,5号館ではe-ATパビリオンがあります。以下引用

http://www.itp.gr.jp/bf/kikaku_r.html

6.「e-ATパビリオン」:5号館
協力:特定非営利活動法人e-AT利用促進協会(小間番号:5-101)
生活を豊かにするために、上手にテクノロジーを使ってみませんか?
e-ATパビリオン(協力:特定非営利活動法人e-AT利用促進協会)では、e-AT機器を取り扱う企業と連携をし、それぞれのソリューションを持ち寄っ て、「遊ぶ」「楽しむ」「学ぶ」「働く」を大きなテーマとして取り上げました。
実際に見て触れて体験できます。是非、お気軽にお越しください。

大阪のアクセスが閉鎖したり,前に紹介したようにJOHNANが福祉事業を閉鎖したりと厳しい状況ですが,皆さんと会って元気になってきたいと思います。

1スイッチで遊べるソフト集(その4)

これはではフリーのソフトを紹介しましたが,もちろん市販品でも優良なものもあります。というよりも,市販品で色々なものが売れてくれなければ質も上がりませんし,必要な人になかなか届かないと思います。

ぽんぽんらんどもそうですがSORAも1クリックで操作できる有能なソフトなのですが会社がやめてしまった。
ううん,この業界,先細りになって欲しくないのに・・・・

radiko.jp

いまの住まいは発電所が近くにあるためか,放送局から離れているためかラジオの入りが極端に悪です。

先日,自宅のアンテナ工事があって地デジ対応になったのだけど,テレビの無い生活には何ら影響もなく,ラジオを回線がなんとかならないかと思っていたところ福音が。

http://radiko.jp/

パソコンで聞けるラジオはe-mobileで聞いてもそれほどの遅延もなく,音質もバッチリです。
これまでは,iTunesで色々放送局の番組を収集していたのですが,リアルタイムに聞けるので便利ですね。

障害のある人にもラジオ専用機よりもはるかに本人の操作に合わせやすいradikoは便利なのではと思います。

1スイッチで遊べるソフト集(その3)

1スイッチで遊べるソフトを掲載しているサイトのご紹介です。

前に書いたところも再掲載します。

とりあえずはこんなところで・・・

1スイッチで遊べるソフト集(その2)

前のエントリーで書いたおおまえソフトですが,どこでてにいれるの?と聞かれるかもしれないので(聞かれなかったけど)とりあえずご紹介。

Omaesoft

1スイッチで遊べるソフトがオムニバスに入っています。

また,最新のバージョンでは東京の吉村さんの作ったFLASHのソフトやその昔,岡山養護で作られていたMSXのソフトなどもWINDOWSで使えるように作り替えて入っています。

福島県の養護教育センターでは小分けされた古いバージョンの時のソフトを,そのままソフトをダウンロードできました。
http://www.special-center.fks.ed.jp/w-seitan.html
ここにある,大前洋介先生のソフトでMESのCD-ROMに収録されていました。

しかし,MESのCD-ROM集も現在は絶版で,とりまとめをやっていた大杉先生のところには在庫はないと思います。(ちなみにこの連絡先も通じないかも)

ですので,私の方でマジカルのイベントのたびにCD-ROMに焼いて実費でお配りしたりATACの時にお配りしています。

どっかのサーバに置いてもと思いますが,けっこうな容量(203MB)もあるので,さすがにサーバからダウンロードするとなるとサーバの負荷の問題もありそうです。以前の養護教育センターにアップされていたときは1つずつのソフトをバラバラに入れていたので,そうでもないのですが,メニュー画面があって使い易くなっているのをわざわざバラにするのもどうかと思っています。

ファイルを分割してということもありそうですね。

見通しがたったらご紹介します。

1スイッチで遊べるソフト集(その1)

某メーリングリストで「1スイッチで遊べるソフトはないですか?」というご質問があったので,以下のようなお答えをしました。
せっかくなので,これをきっかけに1スイッチで遊べるソフトのリストをしばらく書いてみたいと思います。

まずはmlで書いたコメント

1クリックで遊べるソフトということですがイベントで協力してくださっている大前さんという神戸の特別支援学校の先生がおおまえソフトという1スイッチのソフト集を作っています。


それから,おおまえさんのソフトを含め,色々なソフトが福島県の養護教育センターのソフトの庭という所からダウンロード出来ていたのですが,諸事情から
ソフトの紹介のみで,連絡してソフトを送ってもらう形になりました。
参考のためにアドレスをお知らせします。
(リンク先からダウンロードできる場合もあります。)

http://www.special-center.fks.ed.jp/fpsecslindex.html

この他におすすめのサイトを幾つか書きますので,ご参考になさって下さい。

http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8857/
http://kanza.qee.jp/
http://flashed-soft.cocolog-nifty.com/

と書かせてもらいました。福島の養護教育センターさんはサーバの移行にともなって大きな容量をWebで持てなくなったそうで,リストのみになってしまったのはとても残念です。
下の3つのサイトは,マジカルのブログで紹介した,下記のエントリーです。

 

ITパラリンピック

kokorowebのメーリングリストから表記のイベントの紹介をしてもらいました。

バンクーバーパラリンピック終了の翌日3月22日(月・祝)秋葉原の首都大学東京サテライトキャンパスにてITパラリンピックを開催いたします。

昨年に引き続き2回目の開催で、当事者の方々が伝の心やオペレートナビ、ハーティラダーを使ってパソコン操作を披露してくださいます。

また、福祉機器メーカーにご協力いただき、様々な入力機器のデモ・体験ができるコーナーも作りました。
伝の心やオペレートナビの他、パシフィックサプライからレッツチャットやペチャラ、視線入力ではMyTobii(マイ・トビー)や台湾ユーテックゾーンのSpring 、生体信号のマクトス、国立リハビリテーションセンターから脳インターフェイスBCI2000など。
http://www.rescue-ict.com/itParalympic_products.html

立命館大学と日本ALS協会近畿ブロックのご協力で、関西の患者さんともネット中継を行い、ホームページでは当日の様子をライブ中継で流す予定です。

当事者やご家族、支援者の皆さまのご来場を心からお待ちしております。

詳しい内容やプログラムはホームページをご覧ください。
http://www.rescue-ict.com/itParalympic_1.html


開催日  2010年3月22日(月・祝) 12時開場 13時開演 16時終了
場 所  首都大学東京・秋葉原サテライトキャンパス(秋葉原ダイビル12F)
内 容  障害があるために一般のマウスやキーボードが使えない人たちがいます。
  その人たちが独自の様々な工夫をして、パソコンやIT機器を使いこなしています。
その「IT使い術」を教えあい、知識を共有し、また世に知らしめることで障害のある人たちの社会参加を広めると同時にエンパワメントな活動になります。
入場料  無料
主 催  NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会
共 催  首都大学東京
協 賛  NEC CSR推進本部社会貢献室
協 力  立命館大学、日本ALS協会東京支部 日本ALS協会近畿ブロック
    ICT救助隊
URL  http://www.rescue-ict.com/itParalympic_1.html


お問い合わせ先:
NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会IT事業部 
TEL.03-3727-0479  Fax:03-3727-0478
メール  sakura_it@sakura-kai.net

なにやら面白そうなのは,ユーテックゾーン(自由新技)というところの視線入力の機器です。Webを見ても英語だし,詳しい説明が良くわからないのですが,面白そうな感じ。
それに,アドレスにcomと付けている後に,twなんてドメインがついているあたり,怪しさ満点。
迷惑サイトにつながっているのか,とびっくりしました。
時間があれば行って見てみたいです。

特別支援教育支援グッズのご紹介:ゴムQ

静岡県立こども病院の鴨下さんから表記の製品のご紹介をいただきました。

皆さまや当事者のご意見をもとに完成しました特別支援教育支援グ

ッズが以下に紹介されております。

3月23日より販売も開始いたしますので、ご覧ください。

http://www.gomuq.com/html/info-shinseihin.html

との事,ゴムの製品の色々な使い方を紹介してもらいました。

ゴムQ新製品

ラッチ&タイマーとタイムエイドの製作講座

仙台高等専門学校で以下の製作講座が開かれます。

1.重度心身障害者コミュニケーション支援のためのラッチ&タイマー装置の製作

開催日:2010年 3月14日(日) 13:00~16:30
募集人数:10名(先着順)
受講料:3,000円(材料費)
締切日:2010年3月5日(金)
※3/8(月)現在で定員に達していませんので,引き続き申込を受け付けます.
クリックするとポスター(pdf)を表示します
2.発達障害者の生活支援のためのタイマー型タイムエイドの製作
開催日:2010年3月21日(日) 13:00~16:30
募集人数:10名(先着順)
受講料:3,000円(材料費)
締切日:2010年3月12日(金)<定員になり次第受付終了>
クリックするとポスター(pdf)を表示します

詳しくは以下のWebに
http://www.sendai-ct.ac.jp/information2009/2009extensionlecture/index.html#21-8

こんな値段では,決して手に入らないので,お薦めだと思いますよ。

イワタデザインのやさしいキーボード

イワタデザインさんのキーボードは視認性がよくなるような工夫を色々としています。

All Aboutに取材の記事があったのでそれの紹介。

岩田さんは、NECで通信管理に携わっていた頃、たった1つの打ち間違えが大損害に繋がる入力作業で文字の小さなキーボードの使いにくさを実感し、構想を 練りはじめました。その後、パソコン教室で高齢者が虫眼鏡を使ってキーを打っていることを知り、誰もがストレスなく、楽しく使えるパソコン製品を作りたい と考え、退職後「目にやさしいキーボード」を完成させたのです。

との事,主な対象は高齢者でしょうけど,見え方に課題のある人はけっこう多いので,普段使いのキーボードで,使いにくいと感じるお子さんのために,別のキーボードを用意してあげられるといいかと思います。
肢体不自由の学校だとキーガードがよく使われますけど,キーボードのデザインなども使う人に合わせて工夫したいですね。

愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所

kokoro weblogの記事で「ハミングマウス」というのがあったので,見に行ったところ愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所のwebページでした。

ハミングマウス

ハミングマウスというのは,オートスキャン型のスイッチインターフェースの動作の選択を視覚的に選ぶのではなく,音階で操作をさせるものです。
ドの音をカーソルが上に,レの音をカーソルが左にといった形で割り当ててタイミングを合わせてスイッチを押すようになっていました。
用途としては主に筋ジストロフィーの方のように筋疾患系の方や頚椎損傷の方などに有用な感じです。
以前,魅惑の機器ルームの福士さんが作られたワンキーマウスを見せてもらったのですが,あれと似たような動作だと思いました。
ワンキーマウスは視覚的に操作しますけど。

ワンキーマウス

ワンキーマウス

さて,愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所のwebページでいつくかオモシロイと思ったのは,スイッチの作り方に付いて紹介されているところです。
と言っても2種類しかありませんが,グリップスイッチとベルトスイッチの作り方が書かれています。細かく説明がありますので,関心のあるかはた試してみてはいかがでしょうか?

自動給餌器

マジカルでいつもお世話になっているOEさんからの情報提供です。

電話でお話ししていた、自動給餌器(FOOD CLOCK)の写真の送ります。
三重県内のS特別支援学校で毎朝の活動として水槽のえさやりをおこなっており、児童生徒にも好評とのことです。1月に三重県内で製作会をしましたが、肢体不自由特別支援学校の先生を注意に改造していただき、活用していただいていると思います。
タンクローリーのように本体が回転して餌が出るのがおもしろいですね。
価格は、3000円程度ですが、ネットやホームセンター、熱帯魚やペットショップで探すともう少し、安く購入できます。
夏のマジカルには持参します。
Esa1_2
Esa2
とのことです。
皆さん,夏のイベントをお楽しみに。

福祉用具ニーズ情報収集・提供システム

厚生労働省とテクノエイド協会のページ「福祉用具ニーズ情報収集・提供システム」というのがあります。
主に開発についての意見や施策についての意見などをここに書き込めるようです。

また,情報も提供されているようで,今見たところだと明日の「平成21年度障害者自立支援機器等研究開発プロジェクトの試作機器の展示とデモ」
なんてのが書かれていました。

機器開発について,予算面を含めて色々と意見を出していくことで,普及に役立てるといいかと思います。

悲しいお知らせ

マジカルではいつもイベントの展示に来てくださっていた城南電機(現:JOHNAN)が2月いっぱいで福祉機器からの撤退をしました。
ぽんぽんらんどをはじめ,色々な入力装置など発売して下さり,特別支援教育にとってはなくてはならない会社だと思っていたのにとっても残念です。
担当のNさんからは,力が足りなくてと連絡をもらいましたが,こちらこそお力になれなかったことを後悔しています。
Ponpon

そして実は,同じようにソフトを作っていた会社SORAさんも2月いっぱいで休業となったようです。
Sora
ウウム・・・

悲しい・・・

iphone用のtimetimerを買ってしまった・・・

iphone用のtimetimerを勢いで買ってしまった。。。
Img_0126
600円なり。

実物なら6,000円ぐらい

ソフト版なら24$(アクセスからなら4,200円

まあ,それから比べれば10分の1ということですが,たぶん使うのはこんな物あるよと他の人に紹介するため。
職場で買おうとする場合,iTunesからってどうやって決済出来るんだろう。

微妙だなぁ。

高性能オープナー イージー〔eg〕

固いキャップやカンのフタなどを簡単にあけることが出来る道具です。

思い出すと,小学生の娘も低学年の頃はよくカンのフタやペットボトルのフタをあけるのを手伝っていましたが,力が弱い人や,手指にまひのある人には便利そうです。


この他にも,オープナーって色々あるようです。

メールマガジン『ITまなびー東京』 

東京都障害者IT地域支援センターが発行するメールマガジンの紹介です。

紹介文によると

東京に限定した情報になってしまうのですが、

今週金曜日の3月5日から、
ITに関する研修・講習会等の情報を、ともかく一早くたくさんお届けする
新しいメールニュースのサービスを開始いたします。
その名も「ITまなびー東京」。 

福祉団体やNPO,あるいは当事者団体さんたちが、障害者(高齢者)の
IT関連の貴重なセミナーや研修を日々開催しておられます。
しかしながら残念なことに、その情報が十分に伝わらず、定員に達しない
ケースが少なくありません。あ~、もったいない。
そこで、有益な機会を逃さないよう、当センターができるだけこの種の
情報を調べ、わかっているものは全部皆さまにお届けしようと考えたのが
このメールサービスです。

▼サンプル版は、こちらから
http://www.tokyo-itcenter.com/500jigyo/itc_manabi-ml.html#sanple

▼申しこみは、こちらから
http://www.tokyo-itcenter.com/500jigyo/itc_manabi-ml.html


※発行は隔週の金曜日。ぜひご活用ください!。

との事,実は旧補装具研究所の時代には何回か行った事があるのですがこのセンターになってからは行った事が無い。ぜひ行かなければならないのですが,明日はセンターのHさんが来てくださって,某研究所の支援機器の展示についてアドバイスを頂く予定です。
情報としては東京都のことだけではないようなので,皆さんも登録してみてはいかがですか?
というか,私も登録してみます。

 

今日の昼食

今日の昼食

マイクロソフト、アクセシビリティリーダー育成キャンプを公開

pcwatchの記事から
マイクロソフト、アクセシビリティリーダー育成キャンプを公開

 マイクロソフト株式会社は2日、アクセシビリティリーダーキャンプを公開した。アクセシビリティリーダーとは、ITを活用することで障碍者が日常生活や社会生活をより円滑に行なえるような企画開発、支援を行なう人材を指す。

広島大学はDO-ITプロジェクトをやっていた巖淵さんがいた時代から障害学生への支援はさかんでしたね。

□アクセシビリティリーダー プロジェクトのページ    
http://www.microsoft.com/japan/enable/al/

「クラウド時代と<クール革命>」全文無料公開

角川書店のwebでCEOの角川 歴彦氏の「クラウド時代と<クール革命>」が期間限定で全文無料公開されています。

本が出版されるまでの間だけだということで,Flashで作られていて,当然ダウンロードも出来ない様になっています。

今後,角川書店の新刊でこのような形での紹介をして行くそうです。

Web2.0の時代になり,キンドルやipadといったグーテンベルグ以来の出版革命の時代に合わせて書かれているようです。

斜め読みしかしていないのですが,ページを自動で送ってくれるので,適当なペースで読めるのはけっこう都合がいい。

ipadなどが日本語対応になって,電子書籍が出てくれば肢体不自由者で本をよむことが好きな人にはとっても便利になりそうです。

もちろん,出版界にとっては電子化というのは脅威になるでしょうけど,色々な媒体で読めるようになると,便利になる人も多いはず。

リアルな本が読みたい人はこちらまで。

パネタイ オリジナルキーボードが作成できる新発想の入力機器!

kokoro weblogの情報を見ての紹介です。


パネタイ

機能としては,インテリキーのように紙に印刷してシートを上にかぶせるタイプのようです。

ただ,障害者用ということでは無いようで価格も3万円を切る廉価版です。

ただ,キーのリピート機能の調整など,入力が困難な方用の機能があるかはわからないので,調べてみる必要があります。

キッチンテープタイマー

しましま日記さんのブログからの情報です。

http://blogs.dion.ne.jp/tatejima/archives/9223356.html

デジタル表示が主流の中で時間量を直感的に示すデザインがよいのではないかと思いました。

との事、たしかに、タイムタイマーなど、視覚的に残量を示すことで残り時間の見通しを持たせるためには必要ですよね。

キッチンテープタイマー

ただ、動作音がすることと、終わった時の音のお知らせがするらしいので、聴覚に過敏なお子さんは気になるかもしれません。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »