ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 特別支援教育支援グッズのご紹介:ゴムQ | トップページ | 1スイッチで遊べるソフト集(その1) »

ITパラリンピック

kokorowebのメーリングリストから表記のイベントの紹介をしてもらいました。

バンクーバーパラリンピック終了の翌日3月22日(月・祝)秋葉原の首都大学東京サテライトキャンパスにてITパラリンピックを開催いたします。

昨年に引き続き2回目の開催で、当事者の方々が伝の心やオペレートナビ、ハーティラダーを使ってパソコン操作を披露してくださいます。

また、福祉機器メーカーにご協力いただき、様々な入力機器のデモ・体験ができるコーナーも作りました。
伝の心やオペレートナビの他、パシフィックサプライからレッツチャットやペチャラ、視線入力ではMyTobii(マイ・トビー)や台湾ユーテックゾーンのSpring 、生体信号のマクトス、国立リハビリテーションセンターから脳インターフェイスBCI2000など。
http://www.rescue-ict.com/itParalympic_products.html

立命館大学と日本ALS協会近畿ブロックのご協力で、関西の患者さんともネット中継を行い、ホームページでは当日の様子をライブ中継で流す予定です。

当事者やご家族、支援者の皆さまのご来場を心からお待ちしております。

詳しい内容やプログラムはホームページをご覧ください。
http://www.rescue-ict.com/itParalympic_1.html


開催日  2010年3月22日(月・祝) 12時開場 13時開演 16時終了
場 所  首都大学東京・秋葉原サテライトキャンパス(秋葉原ダイビル12F)
内 容  障害があるために一般のマウスやキーボードが使えない人たちがいます。
  その人たちが独自の様々な工夫をして、パソコンやIT機器を使いこなしています。
その「IT使い術」を教えあい、知識を共有し、また世に知らしめることで障害のある人たちの社会参加を広めると同時にエンパワメントな活動になります。
入場料  無料
主 催  NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会
共 催  首都大学東京
協 賛  NEC CSR推進本部社会貢献室
協 力  立命館大学、日本ALS協会東京支部 日本ALS協会近畿ブロック
    ICT救助隊
URL  http://www.rescue-ict.com/itParalympic_1.html


お問い合わせ先:
NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会IT事業部 
TEL.03-3727-0479  Fax:03-3727-0478
メール  sakura_it@sakura-kai.net

なにやら面白そうなのは,ユーテックゾーン(自由新技)というところの視線入力の機器です。Webを見ても英語だし,詳しい説明が良くわからないのですが,面白そうな感じ。
それに,アドレスにcomと付けている後に,twなんてドメインがついているあたり,怪しさ満点。
迷惑サイトにつながっているのか,とびっくりしました。
時間があれば行って見てみたいです。

« 特別支援教育支援グッズのご紹介:ゴムQ | トップページ | 1スイッチで遊べるソフト集(その1) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/47784761

この記事へのトラックバック一覧です: ITパラリンピック:

« 特別支援教育支援グッズのご紹介:ゴムQ | トップページ | 1スイッチで遊べるソフト集(その1) »