ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 国立国会図書館デジタルアーカイブポータル | トップページ | ATACカンファレンス2010 京都 »

ファンコム解散とその後

以前紹介したようにいろいろなメーカーが支援機器の開発や発売,販売をやめていてパナソニック傘下のファンコムさんも解散となっていました。

しかし,コレクトスペースの記事によるとユーザーからの声でレッツチャットの開発は続くことになったようです。

支援機器の販売については,現在の提供体制ではメーカーや流通業者がサポートを全面的にやっていて,収益を大きく圧迫している状況があります。

利用者との中間に位置するサポーターになる人を育て,の人たちにしっかりとした仕事を提供しようとe-AT利用促進協会は「福祉情報技術コーディネーター」という資格を作りましたが,なかなかそれで仕事が出来る状況ではありません。

日本の中ではサポートにはお金を出さないという状況があります。たしかに,障害者自身が高額のお金を出せる余裕はないでしょうし,社会資源なり,公的資金なりがしっかり提供される必要がありそうです。

介護の問題など,日本での福祉の仕事はいろいろと解決していかないとならない問題もありますが,障害者のコミュニケーションを支援するということの意味の重要性を多くの人が理解してもらうことがなければ,なかなか環境整備はできないように思います。

« 国立国会図書館デジタルアーカイブポータル | トップページ | ATACカンファレンス2010 京都 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/48162744

この記事へのトラックバック一覧です: ファンコム解散とその後:

« 国立国会図書館デジタルアーカイブポータル | トップページ | ATACカンファレンス2010 京都 »