ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 日本特殊教育学会 第48回大会 | トップページ | 米国の大学が教室内での「Kindle」の使用を禁止に »

健康

支援機器関係で頑張っている先生で病気になっている人の話をよく聞きます。
もちろん,支援機器関係でなくても特別支援学校の先生でも病気になる人も聞きますし,小中学校の先生でも結構あるようです。

それでも,身近な人が病気になるとこの世界(支援機器関係)で頑張るのは体も蝕むのかなぁと心配になります。

自分も,昨年の秋ぐらいから右肩が痛くてしょうがないのですが,それでも,仕事に支障はないので,なんとかやっていられますから,軽症かなと思っています。
(学校にいたらいい迷惑でしょうけど)

なので,ぜひ支援機器の指導を頑張ってやっている先生が,無理せずに長く続けていただきたいと思います。

最近話題の単語に「サスティナビリティー(持続可能性)」という言葉が出ています。ぜひ,皆さん持続可能な仕事の仕方をしてもらえればと思っています。

« 日本特殊教育学会 第48回大会 | トップページ | 米国の大学が教室内での「Kindle」の使用を禁止に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康:

« 日本特殊教育学会 第48回大会 | トップページ | 米国の大学が教室内での「Kindle」の使用を禁止に »