ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« デジタル教科書3題噺 | トップページ | ICT活用による指導や支援の充実のための冊子「ICT活用ガイドブック」 »

教育コンテンツも所有から利用へ - 内田洋行が描く教育とICTの融合スタイル

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/06/29/edumall/index.html

知り合いから,表記の情報をいただきました。

デジタル教科書というよりももっと広い概念としての教育コンテンツの配信ですね。

欧米のある学校では教育コンテンツを独自に作成してそれを他の学校に売って学校の予算に当てているということを聞いたことがあります。

学校というとと書く無料で何でも手に入ると思ってしまうのですが,いろいろなものを作るにはそれなりにお金がかかります。

試しに作ってみたといったことではなく,安定して供給できるシステムが大切ですよね。

« デジタル教科書3題噺 | トップページ | ICT活用による指導や支援の充実のための冊子「ICT活用ガイドブック」 »

電子図書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« デジタル教科書3題噺 | トップページ | ICT活用による指導や支援の充実のための冊子「ICT活用ガイドブック」 »