ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 季刊「特別支援教育」38号 | トップページ | 朝日新聞より「バリアフリーなおもてなし全国初!行政機関が、福祉情報発信に「セカイカメラ」を活用」 »

一粒で二度おいしい情報「携帯を買って病気の子どもたちを支援しよう」

知り合いの方からの情報です。

一粒で二度おいしい情報

19年度~21年度までの3年間、先導的教育の情報化プログラムで病気による長欠児のICT活用について取り組んでいただきました会社より、その成果をさらにすすめるために、本年度下記のような取組を先ほど、正式にWeb上で公開したと連絡がありました。

http://netdebs.jp/cp/kodomoshien/

これは、企業のCSRの取組の一貫です。

たまたま購入した携帯等が上記の代理店であった場合、WEB上で登録するだけで、5,000円がキャッシュバックされるという特典です。
今回のWebをよく見ると、iphoneの場合さらに携帯用バッテリーも無料でもらえるようです。

購入された携帯電話が該当する通信会社であり、購入した携帯ショップが該当する会社の代理店(1,365店)であるという必要はありますが、この条件に合う場合は、登録するだけで上記の特典がもらえるという情報です。
http://www.netdebs.jp/shop_search/

その際、これとは別に、病気の子どもたちへの支援として2,000円が「病気の子ども達を支援する組織」にも、プールされるというシステムですので、購入した方々にとっては、登録しても徳はするけど、損はしません。

企業としては、該当する代理店で購入して欲しいという思いはあると思いますが、こちらとしては、購入した携帯が、たまたま上記の条件に該当する場合は、キャッシュバックがありますよというスタンスでおります。

なお、他社に対しても同様の依頼を行っていたようですが、現在の所上記の企業だけが具体的な対応を始めたということです。

とのこと,しばらく買い換えないので,私は無理かなぁ


		

« 季刊「特別支援教育」38号 | トップページ | 朝日新聞より「バリアフリーなおもてなし全国初!行政機関が、福祉情報発信に「セカイカメラ」を活用」 »

iphone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 季刊「特別支援教育」38号 | トップページ | 朝日新聞より「バリアフリーなおもてなし全国初!行政機関が、福祉情報発信に「セカイカメラ」を活用」 »