ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 今日はこんなイベントに | トップページ | ブログ紹介:iPod & MacBook Paradise »

本日は電子情報通信学会

本日は電子情報通信学会の教育工学研究会です。
以前お知らせしたのと,若干演題に変更があった模様。
自分の覚え書きのためにもこちらに転記

-----

教育工学研究会(ET)
専門委員長 渡邉 豊英 (名大)  副委員長 宮寺 庸造 (学芸大)
幹事 中村 勝一 (福島大), 小尻 智子 (名大)
幹事補佐 森田 裕介 (早大)

日時 2010年 9月25日(土) 09:40~18:00

会場 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 研修棟2F 大研修室(〒239-8585 神奈川県横須賀市野比五丁目1番1号.京浜急行 京急久里浜駅下車, 2番のりばより国立久里浜病院行で約15分、国立特別支援教育総合研究所下車すぐ 2番のりばより野比海岸行(JR久里浜駅経由)で約20分、終点下車徒歩300m.

議題 障害者教育・特別支援教育/一般 【情報保障 実施予定】

9月25日(土) 午前 (09:40~10:55)

--- 委員長挨拶 ( 5分 ) ---

(1) 09:45 - 10:05
病院訪問教育における理科実験に関する実践 ~ 有意味受容学習に着目して ~
長谷川 健(大府養護学校)・○福本 徹(国立教育政策研)

(2) 10:05 - 10:25
病気のある子どもの教育の充実を目指したICTの活用について
○西牧謙吾(特総研)

(3) 10:25 - 10:45
特別支援学校におけるアシスティブ・テクノロジー活用事例の体系的整理と分析
○棟方哲弥・中村 均・金森克浩・土井幸輝(特総研)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

9月25日(土) 午後 (10:55~12:15)

(4) 10:55 - 11:15
重度肢体不自由児・者が操作可能な学習ソフトを作るためのFlash版スイッチ入力
機能ライブラリの開発とその普及に向けて
○竹島久志(仙台高専)・吉田悠亮・爲川雄二(東北大)・金森克浩(特総研)

(5) 11:15 - 11:35
肢体不自由児への視線入力システム適用についての検討
○金森克浩・土井幸輝(特総研)・畠山卓朗・藤本浩志(早大)

(6) 11:35 - 11:55
携帯電話を利用した書字の指導
○坂井 聡・宮崎英一(香川大)

(7) 11:55 - 12:15
オンライン個別の指導計画策定ツール”e-iep”の評価に関する報告
○成田 滋(明蓬館)

--- 昼食 ( 65分 ) ---

9月25日(土) 午後 (13:20~14:00)

(8) 13:20 - 13:40
行動調整の改善を目的とした言語指示パズル課題 ~ ADHD児童に対する実施事例を通して ~
○栗田季佳(京大)・前原由喜夫(慶大)・正高信男(京大)

(9) 13:40 - 14:00
自閉症児の発達段階に応じたコンピュータを活用した言語指導法
○大野裕子(瑞穂小)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

9月25日(土) 午後 (14:10~15:30)

(10) 14:10 - 14:30
視覚障害者児を対象とした触図筆ペンの開発
○田中 隆(安久工機/早大)・栗田晃宜(香川県立盲学校)・土井幸輝(特総研)

(11) 14:30 - 14:50
触図ディスプレイを用いたコミュニケーションシステムの開発
○林 大作・荻原貴文・遠西 学・中村直人(千葉工大)

(12) 14:50 - 15:10
点字の3次元拡大モデルの開発 ~ 点字プリンタと点字の3次元形状の関係 ~
○土井幸輝(特総研)・和田 勉・片桐麻優(日本点字図書館)・豊田 航・藤本浩志(早大)・西村崇宏(首都大東京)・澤田真弓・金森克浩・中村 均(特総研)

(13) 15:10 - 15:30
ロービジョン者のパソコン操作環境を最適化するための視覚特性評価キットの開発
○高橋信行・佐々木隆志・川原 稔(愛媛大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

9月25日(土) 午後 (15:40~17:00)

(14) 15:40 - 16:00
視覚障害者のためのレリーフ絵画の鑑賞におけるサイズの違いによる触覚認知への影響
○大内 進(特総研)

(15) 16:00 - 16:20
口話環境下の高等教育機関における聴覚障害学生の諸相 ~ 学生生活の困難を中心に ~
○杉中拓央(早大)・土井幸輝(特総研)・畠山卓朗(早大)

(16) 16:20 - 16:40
ろう学校におけるWeb会議システムを利用した協調授業の実験
○大塚和彦・新井孝昭・山脇博紀・米山文雄(筑波技大)

(17) 16:40 - 17:00
ろう学校高等部における「情報」の授業実践 ~ 手話絵本DVD作成を通して ~
○米山文雄・新井孝昭・大塚和彦・山脇博紀(筑波技大)

9月25日(土) 午後 意見交換会 (17:00~18:00)

(18) 17:00 - 18:00
研究・教育における障害者・健常者の協働実現を目指して

--- 会場世話人挨拶 ---

一般講演:発表 13 分 + 質疑応答 7 分

◆国立特別支援教育総合研究所 共催,IEEE Education Society Japan Chapter協賛

といった内容になったとのこと。朝の10時前から夜の6時までの長丁場なんですが,問題はこの台風の風です。
海沿いの施設なので,昼頃は強風が吹くかもしれません。皆さんお怪我の無いように気をつけてください。

ところで,発表に先立って障害のある人への情報保証として,連絡をもらいました。
これって,一般の学校での授業にも参考になるのではと思ったので,転記します。

■情報保障について

ご案内しておりました情報保障の内容は次のとおりです。各発表は「PC要約筆記」を,合わせて,質疑応答場面では「手話通訳」を実施します。なお,以下
についてご留意の程,お願い申し上げます。

1.当日のパワーポイントについて,要約筆記者に渡すため,印刷して4部持参いただけると幸いです。
2.要約筆記,手話通訳のため,質疑における発言は,主語を使うように心が
け,明瞭に区切って発言下さい。
3.発言は,所属と氏名を名乗ってから,交互に発言する場合には,毎回,○○です,とお名乗り下さい。
4.発言は,相手の質問や発言が完全に終わってからお願いします。
5.パワーポイントの内容は,読み取れない場合がありますので「発表の内容
は,ここに書かれているとおり」「図に示すとおり」などどとせず, 「1.問
題の所在,2.実験の内容,3.結果の順に報告します」,「ここに右肩上がり
の図があります。」などと説明を心がけてください。

さらに詳しい説明は,以下のページの「3. 発表時アクセシビリティガイドライ
ン」等をご覧下さい。
http://www.ieice.org/~wit/guidelines/index01.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 今日はこんなイベントに | トップページ | ブログ紹介:iPod & MacBook Paradise »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/49553802

この記事へのトラックバック一覧です: 本日は電子情報通信学会:

« 今日はこんなイベントに | トップページ | ブログ紹介:iPod & MacBook Paradise »