ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« シアトル日記その3 | トップページ | REVIVE USB »

シアトル日記その4

IEPの次に面白かったのはATと教材の違いの話です。

向こうの人がATと教材の話をしていたので,違いは何ですかと聞いたところ「アクセス(アクセシビリティー)です」と明快に答えてくれました。

私がこれまで書いた本では,その違いは「本人が主体になっているかどうか」と言ったことを書いていたのですが,それよりもこちらの方がより分かりやすいと感じました。

Photo

100728

(これまで講義で使っていた図)

つまり,学習のための様々な教材であったり取得したいと思っている情報などにアクセスできないのが彼らの障害な訳です。

視覚障害があれば見ることに困難があって印刷媒体が見られません。

肢体不自由なら教科書をめくることが出来ず,教科書にアクセスできません。

そういった事に対してATはアクセスできるように出来るという事が大きな役割なのでしょう。

やはり,学校なので,学校としてのベースというのは「学習」が主体になっているべきで,それに対してのどのようにアクセスできるのかを様々な形で提供することがとても大切なのだと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« シアトル日記その3 | トップページ | REVIVE USB »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/49848441

この記事へのトラックバック一覧です: シアトル日記その4:

« シアトル日記その3 | トップページ | REVIVE USB »