ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« ICTやAAC技法を使った個別の指導計画の立て方 | トップページ | Step Timer »

来春から義務化される韓国のデジタル教科書事情

韓国は教科書を電子化するということでいろいろと情報が入っていますが,こんな記事があったので,ご紹介します。

来春から義務化される韓国のデジタル教科書事情

昨年,韓国に視察に行った同僚からきいたところでも,先生の教卓の中にPCが仕込んであり,ホワイトボードの中にもプラズマディスプレイが入っていて,すぐに使えるようになっていた人のことでした。

サムスン電子など電機メーカーも元気ですし,企業がいろいろと支援をしているのでしょうね。

ただ,特別支援教育についてはとりあえず,盲学校と病弱の学校について研究を進めているぐらいで,発達障害児への支援という面ではあまりやられていないのではという話も聞いています。

JAPETにはこんな記事もあります。
韓国のデジタル教科書モデル事業について

大切なのは,どう入れるかではなくてどう使うかなのだと思うのですが,量的変化は質的変化を生むという言葉もありますし,物が入ることで先生方の意識が変わるという側面もあるでしょうね。

ただ,問題なのはメンテナンスかな,と思います。
東京の高等学校でPCを導入したときに聞いたのは,必ず不具合のあるPCがあって,それのお世話に時間が取れれるとか。
そうなってくると本末転倒。支援員の導入なども必要なのでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« ICTやAAC技法を使った個別の指導計画の立て方 | トップページ | Step Timer »

電子図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/49679375

この記事へのトラックバック一覧です: 来春から義務化される韓国のデジタル教科書事情:

« ICTやAAC技法を使った個別の指導計画の立て方 | トップページ | Step Timer »