ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

信州特別支援教育カンファレンス2011開催決定

今年も信州特別支援教育カンファレンスが開催するそうです。

信州特別支援教育カンファレンス2011開催決定

日時は2011年2月11日(金)、12日(土)
会場は稲荷山養護学校だそうです。
都合がつけば,参加したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


講演会「DAISY教科書を活用した読みの困難な児童・生徒に向けた支援」

DAISYに関する講演会です。

http://www.normanet.ne.jp/info/seminar101223.html

講演会「DAISY教科書を活用した読みの困難な児童・生徒に向けた支援」

趣旨 財団法人日本障害者リハビリテーション協会では、2008年に教科書バリアフリー法と著作権法の改正によりボランティア団体の協力を得て、通常の教科書が読めない小・中学校の児童・生徒にDAISY形式のデジタル教科書を提供しています。今年の10月からはネット配信も始まり、無料でDAISY教科書が手に入る環境が整いました。しかし、来年度の教科書改定や製作ツールの整備など、ボランティアベースでは解決できない課題も抱えています。
本報告会では、昨年度からDAISY製作団体のネットワークにより推進してきたDAISY提供事業についてその取り組みと現状について報告を行い、この事業の成果として学校の先生、保護者、教育関係者等からDAISY教科書を活用した様々な有効な事例を報告していただきます。その報告を受けて国内外の動向を参考にしながら、今後の読むことに困難がある子どもたちに配慮したDAISY教科書のあり方と普及について考えるパネルディスカションを行います。

主 催:(財) 日本障害者リハビリテーション協会
助 成:独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
日 時:2010年12月23日(木・祝) 13:00~17:10
会 場:戸山サンライズ 大研修室
    http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm
定 員:100名(定員になり次第締め切りとする)
参加費:500円 情報保障:要約筆記あり。
希望に応じて手話通訳・点字プログラム・磁気ループを用意。
申込先・問合せ:(財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内

TEL:03-5273-0796
FAX:03-5273-0615
e-mail: daisy-seminar@dinf.ne.jp
URL: http://www.normanet.ne.jp/info/seminar101223.html
担当:吉広・長田

プログラム(予定) *変更の可能性があります。
13:00-13:10 開会挨拶 財団法人 日本障害者リハビリテーション協会   
        事務局長 湯澤茂男
13:10-13:30 DAISY版教科書提供の取り組みと現状について
       野村美佐子(日本障害者リハビリテーション協会情報センター長)
13:30-15:00 事例報告(保護者、先生、関係者などからの報告)
               (ホームページにて公募)
15:00-15:20 休憩
15:20:15:40 国内外におけるDAISYの動向
        河村宏(DAISYコンソーシアム会長)
15:40-17:10 パネルディスカッション テーマ:読むことに困難がある子どもたちに配慮したDAISY教科書のありかたと普及
モデレータ: 井上 芳郎(埼玉県立坂戸西高等学校)
パネリスト: 寺島 彰(浦和大学 こども学部)       
        田中 和美(元公立中学校特別支援教育コーディネーター)
        野口 武悟(専修大学 文学部)
17:10 閉会の辞

----------------------

年末押し迫ったところなのでなかなか参加しづらいかもしれませんが,ご都合のつく方はぜひ,実際に見られるといいと思います。

私は,この日は所属の太極拳の練習会兼,忘年会で行かれませんが・・・

ipad タッチャー

できマウス。のメーリングリストで紹介されていました。

ipad タッチャー

iPadにスイッチを付けるというので,どのようなものかと思ったのですが,改造を行っているわけではなく,静電誘導でタッチするところをクリックしたようにするようです。

アイデアとしてはとてもいいのですが,タッチする場所が固定されるので,操作するソフトが限られてきます。

ここら辺どのように発展するのか,楽しみです。

ちなみにATACではナムコがiPad版のとーキングエイドを出すようなので,スイッチ部分がどのようになるのか,期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここのところ忙しくて,更新が遅れました。

しばらくこんな様態になるかもしれません。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iOS 4.2: iPadの日本語入力キーボードに『50音キー』が追加、スクリーンショット公開

AppBankからの紹介です。

iOS 4.2: iPadの日本語入力キーボードに『50音キー』が追加、スクリーンショット公開

iPadのOSが上がって50音表が出来ました。
長押しして「つ」が「づ」や「っ」になったりといったフリップにも対応していますが,濁音や小文字に変換するボタンもあるので,あまり慣れていない人でも操作しやすでしょうね。

ただ,肢体不自由の人の場合,押す時間の調整が難しかったり,しますので,そこら辺の調整といったことが課題になりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

電子工作女子のすすめ

コレクトスペースで電子工作入門のテキストの紹介がありました。

電子工作女子のすすめ

いやーマンガになると分かりやすいですねぇ。

とてもいい感じです。

データはこちら。

http://koresupe.sakura.ne.jp/koubeatcom.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Resistance Calculator v3: 電子工作愛好家必見!抵抗値の計算が直感的にできる!3491

いつものこちらから
Resistance Calculator v3: 電子工作愛好家必見!抵抗値の計算が直感的にできる!3491

いやー,これってまったく障害者支援ではないんですけどマジカル的には必要な情報かと。
電気工作では抵抗といえば必需品。
自分自身はその理屈を熟知しているわけではありませんが,どの抵抗をどこに付ければいいかは,いつも悩みの種です。

そういった面では,これを使うと自分自身の支援になりそうです。
ダウンロードはこちらから。
http://itunes.apple.com/jp/app/resistance-calculator-v3/id286479147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

国民読書年記念国際シンポジウム「本を読むという文化―デジタル時代における展開‐創造性とアクセスを育む手段としての著作権‐」

国立国会図書館のイベントです。

国民読書年記念国際シンポジウム「本を読むという文化―デジタル時代における展開‐創造性とアクセスを育む手段としての著作権‐」

とても興味深く,2日目の午後

午後:

  • ・<テーマ6>特別なニーズのある人々及び印刷物を読むことに障害がある人々のアクセス方法
    • (1)著作権と印刷物を読めない障害者の読む権利との調和
    • (2)WIPOにおける視覚に障害を持つ人々及び印刷物を読むことに障害がある人々のための努力
    • (3)出版者と読むことに障害がある人々の著作物へのアクセス
    • (4)複製権機構と読むことに障害がある人々の著作物へのアクセス
    • (5)ディスカッション
  • ・<テーマ7>著作物へのアクセシビリティを強化するための連携協力
    • (1)パネルディスカッション

は,ぜひ聞きたいところなのですが別件の出張がありいけません。
ううむ。

(8)映像教材 障害児支える : 教育ルネサンス : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

本日の読売新聞の記事でアシスティブ・テクノロジーのことが取り上げられました。

(8)映像教材 障害児支える : 教育ルネサンス : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

葛飾ろう学校に訪問し電子黒板を使っての授業の様子を取材されたようです。

この中でアシスティブ・テクノロジーについて以下のように解説されています。

アシスティブ・テクノロジー 

障害のために実現できない学習上、生活上の課題を支援する技術。車いすや補聴器のほか、近年は、読み上げソフト、ICレコーダー、携帯メールなどの情報通信技術も活用されている。

記者の方と何回かやりとりしての文章なので,適切な表現になっているかと思っています。

iPadアプリこくばん

こくばんそのまんまのソフトです。

http://lounge.jp/projects/iphone/blackboard/

Blackboard!

ううん,このなにもない感じが素敵です。

やはり,現場で使えるのって単純な物を組み合わせて先生方が工夫してもらうのが一番だと思います。

逆に考えると,力量を問われるわけだけど。

レスラーカメラ -Wrestler Camera-: レアマスクを出せるか!?誰でもレスラーになれる。無料。3446

いつものこちらから
レスラーカメラ -Wrestler Camera-: レアマスクを出せるか!?誰でもレスラーになれる。無料。3446

学校での子供の写真て個人情報保護の問題があってマスキングされることが多いので,くまちゃんの絵を顔にかぶせればちょっと可愛い写真になるので,いいかも。

でも,公開研究会のような場だと不謹慎だと怒られそうですけど。

ゲーム感覚で楽しく学べる自作のエデュケーションソフト集

こちらにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へで他の人のブログを見ていたら,

【教材紹介】通級で使えるフリー学習ソフト 「漢字インベーダー95」

という言葉が目に入ってきたので調べてみました。

Dekoさんという方がご自身のお子さんのために作られたソフト群です。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA001954/mysoft.html


漢字インベーダー95

カナかなインベーダー

Dekoの恐竜先生

九九の修行道場

落ち物系のソフトなど昔懐かしいインベーダゲームやテトリス風のソフト群です。

養護学校でも使われていると書かれていますので,問い合わせがあったのでしょうね。

まだ,動作確認していませんが,95版なので64bitのWindows7だど上手く動かないかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

 

iPadアプリ「中学理科」

いつものこちらから
中学理科: 中学生なら苦手分野の発見に、大人なら楽しく理科知識の再確認に!フレミングの法則!3440

どこかの会社が作ったソフトなのかと思ったら大学4年生の学生さんが作った無料のソフトです。
それも,作者のブログを読んだところ半年ぐらいで作り上げているようです。
凄いですね。

障害のある子どもたちのソフトも作ってくれないかなぁ。

http://itunes.apple.com/jp/app/id401353452?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

[iPad] MOMOTRO for iPad: 「見て」「触って」「記録して」遊べる楽しい絵本!声を録音して読み聞かせも!3444

いつものこちらから

[iPad] MOMOTRO for iPad: 「見て」「触って」「記録して」遊べる楽しい絵本!声を録音して読み聞かせも!3444

iTunes Store

こういったインタラクティブな教材がたくさん出るのでしょうね。

ある一定の基準を設けて,整理していくだけでも学校の先生や子どもたちに有効だと思います。

IT技術者在宅養成講座(東京都重度身体障害者在宅パソコン講習事業)

以下の案内が来ました。

転載歓迎とのことなので,書かせてもらいます。

なお,東京都在住の人限定です。

<IT技術者在宅養成講座(東京都重度身体障害者在宅パソコン講習事業)
 受講生募集>

◆講習期間
2年間 (2011年4月 ~ 2013年3月)
1日 4~6時間,週4日以上の学習時間を各自で確保していただきます。

◆講習方法
年間の講習スケジュールとテキストに従って、在宅で学習を行います。
毎日の学習の最後に、インターネット上の講習システムを使用して、
学習報告・質問・課題提出などを行っていただきます。
このほかに、講師による自宅への訪問指導(月2回程度)や、
センターでのスクーリング(年4~5回 半日)があります。

◆申込資格
・「東京都内」に住所を有する方 
・身体障害者手帳を有しその等級が1級~3級の方 
・外出が困難で一般の教育・訓練・就労の機会が得にくい方 
・在宅で週4日以上、1日概ね4~6時間程度の学習時間が確保できる方
・高校卒業程度の学力を有する方 
以上の条件を全て満たす方 

◆募集人数
 5名程度 

応募締め切り: 2010年12月22日(水)消印有効

なお、講座の詳細・応募方法等については以下をご参照ください。

※平成23年度募集要項
http://www.tocolo.or.jp/syokunou/kyoiku/boshu.html


[iPad] Yahoo!あんしんねっとHD: 有害サイトはシャットアウト!お子様向けブラウザ。3427

いつものこちらから

[iPad] Yahoo!あんしんねっとHD: 有害サイトはシャットアウト!お子様向けブラウザ。3427

学校でのipadの導入が進んでいますし,こういったソフトを用意して,「使わない」ではなく「使いながら学ぶ」ことが大切です。
いろいろとやっていって小さな失敗を積み重ねながら子どもたちが学んでいくことが出来るといいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は遠出しませんが,また来週は遠征の予定です。

CTGの報告もなんとか今週に書きたいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] ボイスエイド: 声を失った方のコミュニケーションツール。無料。3392

いつものこちらから

[iPad] ボイスエイド: 声を失った方のコミュニケーションツール。無料。3392

これって以前紹介していた これ ですね。

シンボル中心かと思っていましたが,テキスト中心なのですね。

無料と書いてありますが,10回起動するまでは無料という意味で,ずっと使い続けるには年間使用料3600円がかかると書いてありますね。

ううむ,微妙な感じ。

新潟福祉機器展その2

新潟福祉機器展に行っている事務局スタッフからの画像です。

101113_113901

お近くの皆さん来てね!

イベント案内をお送りしました

先週末にイベント案内を肢体不自由特別支援学校にお送りしまいた。

明日の月曜日には学校についているかと思います。

今は,肢体不自由と知的障害の併置校が増えていることや知的障害特別支援学校に肢体不自由のお子さんがいらっしゃる場合があるので,本当はもっと多くの学校に送ったほうがいいのでしょうけど,予算の関係もあって上記のようなことになっています。

ただ,宣伝の意味もあるので「うちの学校にも送ってほし」ということがあればメールを下さい。
もちろん下記のpdfを印刷していただき,学校に貼ってもらうのは大歓迎です。

第31回イベントチラシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マジカル事務局が新潟福祉機器展に行っているのですが,来場者が少なく
思ったほど製作講座をやる人がいないようです。
お近くの人来てくださいね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

すべてがつながる気持ちよさ! コトバシる: 言葉を繋げて遊ぶゲーム。面白いぞぉ。3387

いつものこちらから
すべてがつながる気持ちよさ! コトバシる: 言葉を繋げて遊ぶゲーム。面白いぞぉ。3387

お勉強というよりは言葉遊びとして遊んでもらえるかも。 ナムコらしいパックマンが出てくるところがかわいいですね。

http://itunes.apple.com/jp/app/id400633727?mt=8

GPS Recorder X: GPSで行動記録を録るならコレ!登山・散歩・ドライブのお供に!3388

いつものこちらから

GPS Recorder X: GPSで行動記録を録るならコレ!登山・散歩・ドライブのお供に!3388

ツーリングが好きなので(最近は全然だけですが)GPSには興味があって,ガーミンのGPSなんてのが欲しかったりしたのですが,今はiphoneで出来るので,地方に出張するときには重宝しています。

この記録ソフトを使うと,徘徊老人の行動記録なんてのも取れるかも・・・

あんまりそういったのって好きではないのですが・・・

野尻湖ぴあ

EBC9E6EE-3857-4934-A825-F66BB4D7EE9D

シアトル日記その6

記録として写真も撮っていたのですが,日記に連動して写真も入れれば良かったと反省しています。
とりあえず今回は少し入れます。

スノーホーミッシュで2つめに見学に行ったのは,実は朝まちがえてはじめに行ってしまったEMERSON ELEMENTARY SCHOOLという小学校でした。

Sany0294_s

ここでは,小学4年生のLDの(?)お子さんのアセスメントの様子を実際に見せてもらいました。

最初はPCを使って,文字入力をしたのですが,どうも文字を上手に拾えないようだったので,FUSIONという,ワープロのような専用機を使って文字入力を試してもらいっていました。

Sany0287_s

実際にどれが使えるのかといろいろと試行されていたのですが,後で伺ったところだとこれもアセスメントだとのこと,ある程度試行錯誤しながら検討するという様子でした。

ちなみにこのアセスメントを行った教室はPTやOTもしている部屋のようです。

日本では一般の小学校にそんな部屋があるなんて想像出来ませんね。

Dsc00240_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出張に行っているときの方が,こんな事ができますねぇ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] ひらがな!: ひらがな神経衰弱も楽しめる五十音順知育アプリ。3373

ひさびさのこちらから

[iPad] ひらがな!: ひらがな神経衰弱も楽しめる五十音順知育アプリ。3373

なぜか,開発もとのサイトをクリックしてもエラーが出ちゃうんですよね。
どうしてなんだろう。

有料なので,ちょっとお試しとできないのですが,音も出るみたいだし面白そうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな事やっていないで,早くアメリカ出張の報告を書けと言った

声が聞こえてきそうですが・・・

ちなみに今は宮崎行きの飛行機待ちで羽田からです。。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

“チョーク&トーク”

はるえ先生CAST訪問記が面白いです。
表題の“チョーク&トーク”とは

2003年の教育改革時(この背景も長くなるので、ここでは省きますが)に導入されたいくつかの指導プログラムが、こうした「ワークショップ型」の授業を ベースにしていたことで、教師が一方的に「教える」スタイルではなく、子ども一人ひとりの学習しかたを重視するワークショップスタイルがここ10年で広ま り、旧来型の指導は「チョーク&トーク」と呼ばれ、脳科学的にも45分座りっぱなしで話を聞いているのはどんな子にとっても注意の維持が困難だし、ノート を写すということは学習効果が低いとされ(根拠となった研究を現在探してます)、敬遠されるようになったそうです。法律や規則で「してはいけない」と決め られているわけではありませんが、仮に「チョーク&トーク」型の授業をする先生は管理職にチェックされ、指導する。それでも指導を改めない場合、他の問題 (勤務態度など)と兼ね合わせて、解雇されたり契約更新されないこともある、というのは事実のようです。

とのこと。日本では依然“チョーク&トーク”の授業が進められていますし,私の子どもの小学校の授業でも紙に書いたカードに磁石をつけて黒板に張ったり,小グループでの討議をしての授業なども行われていましたが,圧倒的に前を向いての一斉授業になっていますね。

この前,NHKの番組で中学の先生が席替えのソフトを作って子どもたちの要望に合わせて席を替えるようなくじびきソフトが紹介されていましたし,毎月席替えをする小学校が取材されていました。

しかし,どこに座るかが問題になるというのは,やはり旧来型の一斉授業を多くやるからなのでは感じました。

スノーホーミッシュの小学校でもどの教室にもスマートボードが設置されていましたし,先生はネットワーク上のフリーソフトをうまく活用していました。

やはり,ここの子どもたちの力を高めるためのICT機器の活用というのをもう少しうまく使えないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんとかATACの原稿3本のうち2本が完成しました。

あとは,坂井先生と一緒にやるプリカンファレンスの原稿です。

セミナーの原稿は上記のような話題を書きました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第31回イベント「スイッチラッチ&タイマー」について

第31回イベントで作る「スイッチラッチ&タイマー」の紹介をします。

スイッチラッチ&タイマー

(特徴)

  1. 簡単操作:つまみ1つで電源のON/OFF、機能切り替え、タイマー時間設定が行える
  2. 2出力:2つの機器を同時に制御可能
  3. 入力補助機能:スイッチのONをOFFに、OFFをONに切り替える(入力を反転する)ことが可能
  4. 出力補助機能:電子制御機器の使用を支援する3種類のパルス出力

たとえば

  • CDプレイヤのplay/pauseボタンをスイッチの操作と同期させる
  • テレビリモコンの自動チャンネル送りをゆっくりに
  • パワーポイントなど、スイッチを放した時に動作する機器を、押した時に動作させる

といった事が可能になります。

3と4は内部スイッチで切り替え、また3と4を同時に使用することも可能です。

以下は画像となります。

Landt_fixed_pic

Landt_fixed_pic2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第6回 コミュニケーション用具支援ネットワーク研修会のお知らせ

以下のイベント案内をもらいました。

来年なのですが,関心のある方はぜひご参加下さい。

第6回 コミュニケーション用具支援ネットワーク研修会のお知らせ

「コミュニケーション用具支援ネットワーク研究会 」は、作業療法士などのリハビリテーション関連職、保健師、メーカー、行政など多職種間で、コミュニケーション用具やその支援技術に関する情報を共有する場として発足した会です。
第6回の研修会を下記に示す日程で行うことにしました。今回の会場は、東京都リハビリテーション病院です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催日程
日   程: 2011年1月30日(日) 午前10時~午後16時30分
場   所: 東京都リハビリテーション病院  http://www.tokyo-reha.jp/
会   費: 500円

プログラム

9:30 受付開始
10:00 研究会挨拶
10:05「意思伝達装置ガイドラインについて」
      埼玉県総合リハビリテーションセンター
     相談部 福祉工学担当 河合俊宏
10:45 「世田谷区在宅支援の事例」
      世田谷区立総合福祉センター 及川 由紀
11:15 「NPOの講習会等の活動紹介」
      NPO法人 ICT救助隊(申請中)
      今井啓二理事長
11:35 東京都リハビリテーション病院見学
~高次脳機能障害患者への自動車運転の取り組み~

昼食(12:00~13:20)
13:20 「地域リハビリテーション科の事例」~ネットワーク構築について~
東京都リハビリテーション病院 スタッフ
休憩(14:20~14:30)
14:30 交流会
16:30 閉会

下記の必要事項をご記入の上、2010年12月10日(日)までにメールにて返信ください。
宛先:国立精神・神経医療研究センター リハビリテーション科OT室 作業療法士 樋口
mail:fyot5489@yahoo.co.jp tell:042-341-2712(内線)3769
1. 氏名:
2. 所属 施設名:、住 所:〒、電話番号:、メールアドレス:
3. 職種:
4. みんなに聞いてみたいこと
5. 施設紹介
注1)ネットワーク作りのため、参加者の名簿(名前、施設名、アドレス等)、施設紹介及びQ&Aを配布予定です。ご協力お願い致します。もし掲載不可の場合は、その旨を申し込み時に伝えてください。
注2)「みんなに聞いてみたいこと」は、コミュニケーション用具支援ネットワーク研修会のメーリングリスト上で皆さんから回答をいただく予定です。質問は個人名が特定できないように充分ご配慮お願い致します。

まあ,この前にマジカルのイベントがありますので,こちらの方もよろしく。

千客万来

昨日は隣の学校の学校公開と併せて研究所公開というのがありました。

今回は支援機器展示室の紹介を拡張し,研究所で開発した機器の展示と支援機器販売業者に来てもらっての展示もありました。

見学者の通路に会場があったこともあってかたくさんの方が見に来てくださいました。

逆にiライブラリーはあまり人が来なかったのですが・・・

それでも「このブログを見てきました」と言ってくださった方がいらっしゃったので,とても嬉しかったです。

さて,ATACの原稿が3本,1月のセミナーの原稿が2つ,雑誌の原稿が1本あるので来週はそれをこなさなければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シアトル日記その5

ううん,あいだを開けてしまいました。こういったものはまとめて書かないといけませんね。いろいろな原稿の締め切りが今月の10日前後に重なっているので,それらも早く片付けなくてはいけません。気をつけないと。

===============

2日目はスノーホーミッシュ学校区に行きました。シアトルから北に向かって1時間半ほど車で移動した所なので,標高も高かったのかもしれませんが,ずいぶんと寒いところでした。それでも,ジャンパーなようなものを着ている人もいれば半袖のTシャツだけの人もいるので,いろいろだなぁと思いました。

さて,ここではまずCASCADE VIEW ELEMENTARY SCHOOLという小学校に行ってPTの資格があってATスペシャリストのPam Hundleyさんに会いに行きました。
Pamさんはこの学校区ですべての学校のサポートをしているのですが,起点の学校から毎日いくつかの学校を訪問してサポートを行っているとのことでした。
ただし,シアトルの学校区とは違い小学校10校中学校2校高校2校といった小規模なので,支援のしやすさもあるようです。(誤解を受けないように書くと,シアトルも他の地域に比べれば格段に支援はよくやっているとのことでした。ここでは規模の話として考えて下さい。)

まずは,この学校の見学をさせていただきました。
ご存じのようにアメリカの学校の新学期は9月から始まるので,年度が変わったばかりなのですが,前年度の終わり8月に学校中のPCの更新があってすべての教室にスマートボードが設置され,教材の提示に有効にしていました。
しかし,導入されたばかりなので,これから活用を進めるとのことでした。あとで聞いたところでは,このPCは経済政策の一環として入れてあるとのことでした。
学校のPCはシンクライアントのようになっているようで,サーバで一括して管理して,ソフトについてもそれを活用しているとのことです。

障害のある子どものためにソフトとしてはWYNNというソフトが学校区にすべて入っていて,どのマシンからも使えるようですが,障害のある子どものためにBookshareからダウンロードしてあるデータについては教師が管理していて,障害のないの子どもたちには使えないようになっているとのことでした。

リソースルームでは,肢体不自由や知的障害,自閉症など様々な障害の子どもたちがいて,それぞれの担当の教員と活動をしていました。
面白かったのは,教室を薄暗くしていて,視覚的な刺激を軽減させていたことでした。

Pamさんの部屋に連れて行ってもらうと,PTとしてのフィジカルなトレーニングの部屋の奥にAT関係の機器やソフトなどがたくさん配備され,必要に応じて学校区の子どもたちに貸し出すようにしているとのことでした。

iPadについても今後活用を検討しているとのことで,実際に見せてもらいましたが,有料ソフトのインストールについてはiTunesカードで購入しているとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第7回新潟福祉機器展

今年も新潟で行われる福祉機器展にマジカルトイボックスとして参加します。

http://kaigogoyoukiki.net/blog/2010/10/%E7%AC%AC%EF%BC%97%E5%9B%9E%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%A9%9F%E5%99%A8%E5%B1%95/

主に,マジカルイベントでいつも作っているスイッチやおもちゃの改造の講座を開きます。お近くの方は参加費無料ですので立ち寄ってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »