ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« マジカルトイボックス第31回イベント参加申し込みは締め切ります(講演のみはまだ受け付けます) | トップページ | iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” »

「使い易い」パソコンとは(kokoroMLからの転載)

こころWebのメーリングリスト福祉技術支援活動 TREEWARE の石川さんがとても参考になる書き込みがあったので,ご本人の了解をもらって転載させていただきます。


ども,福祉技術支援活動 TREEWARE の石川です。いつもいろいろな情報ありがとうございます。

じつは最近,パソコンのご指導をしている方のパソコンが壊れてしまい,替わる機種を探している中で,気付いた点を述べたいと思います。

◆ [END]([HOME])キーが単独で使えるか
私がまず見るのはこの点です。残念ながら,ノートパソコンでは単独で押して機能するものは少ないのが現状です。たいていは[Fn]といったキーと同時に押さないと機能しないようになっています。
「[END]キーって何の役に立つの?」と思っている方も多いかもしれませんが,これが,使い方を知るとかなり役に立つのですよ。
一般的には,何らかの文書編集中,「カレット(テキストカーソル)を行末へ移動する」のに使われます。文章作成中,現在記述中の箇所より少し前に訂正したい部分が見つかった時,[←]キーで戻って修正したら,[END] キーを押すだけで行末に戻るので直ぐに続きを書けます。
私が指導している方は,操作方法の特性上マウスが使えないのですが,その方法を教えているので,知らない方よりも数段早く文章の修正ができているのではないかと思います。
あまり知られていないようですが[Shift]キーを押しながら[END]キーを押すと,編集中の位置から行末まで「選択」できます。じつは,これがかなり強力な機能です。たとえば,「文末を変えたい」場合ってけっこうあると思うのですよ。「~ます」を「~ました」とか「~ません」にしたり,あるいは「~です」を「~でした」,「~でしょう」など,日本語の場合は文末で「肯定/否定」が決まりますし,語尾の言い回し方次第で説得力が違ってくることも多いですから,その辺りを何度も修正する人も多いのではないかと思います。
そんな時,[Shift]+[END] という操作を知っていると,修正がかなり速くできます。この操作で「選択しておいて修正する」,あるいは逆に「修正後に行末まで選択して[DELETE](削除操作)する」という方法を試してみてください。マウスで操作するより数倍速いですよ。

このほかにも, [Ctrl]+[END] という操作で「文書末」へ移動できます。 その応用で,[Shift]+[Ctrl]+[END] という操作で,現在編集中の位置から文書の終わりまでを選択できます。
ホームページ閲覧中には,([Ctrl]+)[END] キーで, そのページの最後部を表示することができます。いちいちスクロール・バーにマウスを当てて操作する必要はありません。
ちなみに,[HOME] というキーは,ちょうど [END] キーの逆の操作ができます。つまり,[HOME] キーで行頭へ移動します。 [Shift]+[HOME]で「行頭まで選択」できますし,[Ctrl]+[HOME] で「文書頭」へ移動,[Shift]+[Ctrl]+[HOME] で「文書頭まで選択」できます。

このように,すごく便利な [END] キーなので, 単独で押せないパソコンは,個人的にお勧めしません。とすると,ノートパソコンの場合,かなり限られるのですよね。
私が知る限りでは,[HOME],[END] が単独で押せる PC が多いのは,HP 社,DELL 社,Lenovo 社です。(「全機種」ではないので注意)

◆ 「アプリケーション・キー」と「ファンクション・キー」
と・こ・ろ・が!
前述のうち DELL 社の PC には決定的に不利な条件のある機械が多いことに気付きました。「アプリケーション・キーがない」ことです。
「アプリケーション・キー」とは,フル・キーボードの場合,右側の[Ctrl] キーの隣辺りにある, メニューを表示させるためのキーです。
そのため「メニュー・キー」とも呼ばれます。これはマウスの右クリックの代わりになるので,特に「障害があるために,マウスが使えない」という方にとっては,非常に役に立ちます。
そ・れ・が・「ない!」のです。DELL 社のノート・パソコンには。
(ちなみに Logicool 社のキーボードは,そのキーが [Fn] 同時押しでないと利かないものがあるため,やはり個人的に避けています)

DELL 社のノート・パソコンには他にも不利な点があります。 なんと「ファンクションキーが単独押しで機能しない」機種があるのです。
「ファンクションキー」とは,キーボードの奥のほうに並んでいる,F1~F12 のキーのことですが,一部の DELL 社のノート・パソコンは,これらのキーを機能させるために,「通常」 [Fn] などのキーと一緒に押す必要があるらしいのです。
ファンクションキーも,いろいろと便利な機能を持っています。特に日本語入力の際には重要です。一例を挙げます。〔変換中の例〕

[F6] →ひらがな〔平仮名→ひらがな〕
[F7] →カタカナ〔片仮名→カタカナ〕
[F8] →半角  〔はんかく→ハンカク 〕
[F9] →無変換 〔んぽ→NPO,ようつべ→youtube〕

以下は,「フォルダ」を開いている時に可能な操作の一例。

[F2] →選択したファイルやフォルダの名前の変更
[F3] →「検索」画面の起動
[Alt]+[F4] →そのフォルダを閉じる。
[F5] →更新(ファイルの変更を反映して表示し直す)

さらには, [F1] キーは「ヘルプ」の呼び出しに使われていて,いつでも使用中のソフトの使い方のヒントを表示させることができます。

私が何よりも「ファンクションキー」でよく使うのは,「エクセル」というソフトの使用中に,現在のセルの「一部変更」をしたい時,[F2]キーを押すと簡単なのです。全部を入力し直す必要がありません。

じつは,お店で私が確認した DELL の説明員も,「困り顔」でした。
「BIOS(バイオス)の設定変更で(元のように)使えるのですが……」との話でした。私だったら,それを聞けば「あぁ,じゃ何とかなるな」と思いますが,事情が分からない人には「何のことやら」ですよね。
というわけで,マウス操作ができないとか,少なくともキーボードによる操作が重要な方は,DELL 社のパソコンにはご注意ください。

◆ 困りものの「光沢液晶パネル画面」
また DELL 社のパソコンに限らず,最近のパソコンにはちょっと困った共通点があります。それは表面ツルツルの「液晶光沢パネル」です。
おそらく,その「光沢パネル」の画面のパソコンで「文章作成」する機会の多い方の中には「なんて見づらいンだ!」と,頭にきている方もいらっしゃるかもしれません。なぜかというと,周囲(特に「背後」)にちょっとでも「明るい(色の)もの」があると,画面に映り込んで,表示されている文字が見づらくなることが多いためです。
一般の人が使う分には,画面の角度や部屋の照明などを調節し,映り込みを軽減することもできるかもしれませんが,障害者が使うことを考えてみてください。そうした方は,画面の角度や周囲の採光の状態などを自分で調節することができない方が多いわけです。
「光沢パネル」でないものは何かというと「ノングレア」と呼ばれるもので,液晶の表面が「すりガラス」のようにすこし雲っている感じのものです。周囲の「光」の直接的な反射を抑えてあり,「光沢パネル」のような見づらさはありません。以前はみんなそうだったのです。
ところが,最近量販店に陳列されているパソコンのほとんどは,光沢パネルなのです。見た目のキレイさにつられて買う人も多いのか,メーカー各社がこぞって採用していますが,使う側の立場で考えると,大きな間違いのように思います。
そうしたパソコンを障害者に試した場合,周囲で様子を見ている方が「『見づらい』ことが原因で効率が上がらないのでは……」と,気付くことができるでしょうか。それに気付かず,「やっぱりパソコンはムリね」といった結論を出されてしまう可能性もあるわけです。

◆ 「使い易い機種」を手に入れるウラ技
述べてきましたように,障害者が使うなら,[END] と [HOME] の単独押し,「ノングレア」のパソコンが断然お勧めなのですが,では入手するにはどうすればいいでしょうか。これはメーカーの「直販サイト」が穴場です。特に「法人向け」。「ビジネスに使う」パソコンですから,作業効率が重視され,まだまだ「ノングレア」も多く使われています。
特に,法人向け機種は「カスタマイズ」ができる場合があり,たとえば,本来は「光沢画面」を搭載した機種だけど,「ノングレア画面」を自分で選んで発注して購入できることもあります。
「『法人向け』では単独購入はムリ」と諦めないでください。業者にも依りますが,個人による注文も受け付けているメーカーもあります。

「法人向け」機種の直接購入に抵抗がある方は,法人向け機種の型番で検索してみてください。量販店の中には,その法人向け機種を大量に発注して,個人向けに販売しているところもあるようなのです。
この場合,業者のカタログにはない仕様の製品が手に入れられる可能性もあります。じつは最近,冒頭にあげた方の新しいパソコンも,そのような機種を手に入れました。もちろん,光沢ではない「ノングレア」画面,[HOME] と [END] キー単独押し,MS-Office 付き……で,なんとWindows XP 搭載! つまり,その方が今まで使っていた Windows XP の環境を,ほぼそのまま引き続き使える,ということ。もちろん「新品」です。それで価格は6万円弱。オイシ過ぎましたぁ~。

私がご相談を承っている方には,このような感じで「使い易い」機種を探すこともありますが,お近くに相談できる方がいない場合は,ぜひご参考にしていただければと思います。

長文で失礼いたしました。

石川さんの連絡先は下記になります。

▼ 福祉技術支援 TREEWARE
http://treeware.jp-help.net

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« マジカルトイボックス第31回イベント参加申し込みは締め切ります(講演のみはまだ受け付けます) | トップページ | iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/50407703

この記事へのトラックバック一覧です: 「使い易い」パソコンとは(kokoroMLからの転載):

« マジカルトイボックス第31回イベント参加申し込みは締め切ります(講演のみはまだ受け付けます) | トップページ | iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” »