ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” | トップページ | AT,ICT関係の本決定版 »

ブログは見せてはいけない?

昨日は肢体不自由特別支援学校のATの研究会に参加しました。

マイクロソフトの方(知り合いですが・・・)の講演があってパワーポイントの有効な使い方と関連する情報を聞いてきました。

この内容については,別エントリーで書きたいと思います。

さて,最後に私も少し話をすることになったので,会場で使っているPCでインターネットで活用できる情報としてパワーポイントの達人のぽっしゅんのサイトを紹介しようと思って,見ていたところ「ぽっしゅん」bo-yaのページはみられるのですが,ぽっしゅん教材製作日記はセキュリティーのために表示されませんでした。

どうも,ブログサイトについては一括で制限をかけているようで,見せない様にしているようです。たしかに,ブログサイトというのは個人が書きますので,どういった情報が載っているのか不確定ですし,時には危ないことが書いてあっても分からない。

2ちゃんねるほどではないでしょうけど,子どもたちの目に触れさせたくないのかもしれません。

特別支援学校というのは大抵は都道府県が設置者なのでネットワークは公立高校と同じ管理部局になる場合がある。

そういった場合に,高校生がブログに書き込みをすることも想定できるので,見せない様にしているのでしょう。

ただ,一括で見せないようにするというのはどうなのかぁと感じます。

つまり,教育上よくないから見せないとするのではなく,どれが良いもので,どれが良くないものなのかを峻別するために教えるのが学校教育なのではないかと思いました。

外国の例だとフィルタリングの設定もあるが,PC室には必ず,管理する指導員のような人がいて悪いことをしないように(間違えたりしないように助けてあげるためでもありますが)見張っているそうです。

フィルタリングというのは万能ではないし,良いものも見えなくなってしまうし,悪いものも見えてしまう。ある程度そういった割り切りが必要だと思いますし,どれが良くてどれが悪いのかを子どもたちに教えることも必要なのではと思います。

そういったわけで,上記の研究会ではこのブログやぽっしゅん教材製作日記は紹介できなかったので,下記の3つを紹介してきました。

国立特別支援教育総合研究所セミナーI
「ぽっしゅん」bo-yaのページ
国立特別支援教育総合研究所 情報関連支援機器等展示室「iライブラリー」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに,国立特別支援教育総合研究所のサイトはMTで作っているので,当初はフィルタリングがかかって見られなかったようです。
その後,申請してもらってホワイトリストに入れてもらったとか。
確認してないけど,このブログは駄目だろうな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” | トップページ | AT,ICT関係の本決定版 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

この件に関して、私もこの一年悩みました。勤務先のシステムが県立学校の規則によるフィルタリングがかかり、ブログはおろか、画像の表示すらできない状態です。情報や教科の授業に支障が出る程なので、これではいけないと考えています。ただし、紹介のあった外国のような人員の配置は望めない状況なので、工夫が必要なんでしょうね。

伊藤さん
コメントありがとうございます。

まあ,実績としてここを見せることで授業が良くなる,または見せないことで授業に支障をきたすという事を訴え続けるしかないでしょうね。

はじめまして、
いつも、勉強をさせていただいています。
私もそう思います。
卒業後は、情報があふれていて、
どのように選択できるのかが
子ども自身に問われるのだと思います。

yamayamaさん
コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。
情報をどのように得ることが出来るか,そして得た知識をどのように自分の表現で出すことが出来るかは,障害の有る無しに関係なく大切な要素ですね。

学校の役割はそこだと思っています。

こんにちは。私の県でも同じような状況です。

システム管理側で使用履歴はわかるわけですから、あまり先手先手で規制をしない方が望ましいと思っています。技術的なことはわからないのですが、ログを自動チェックして、怪しい時には管理者に警告を出するようなシステムを作って管理すれば、ある程度は解決できるのではないでしょうかね。

takapyさんどうも

そうですね,セキュリティーの設定でできるでしょう。
紹介した所はWebアクセスの履歴は全部とっているようですから。
まあ,リアルタイムに警告をするのは難しいかもしれません。

別の事例で,研修の講師の先生がUSBメモリーにデータを入れて
講義をしようとPCに差したところ,持ち込みUSBは禁止になっていたので
ネットワークのセンターから電話が入ったという話を聞いたことがあります。

個別の学校では管理も難しいという課題もありますが,
大規模な行政の場合にはフレキシブルに対応できないという面もありますね。

ATもそうですが,アメリカのように高等学校も含めて学校区単位ぐらいで管理するのがいいのではと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログは見せてはいけない?:

« iPhoneアプリ ”痰の吸引#1口腔・鼻腔編” | トップページ | AT,ICT関係の本決定版 »