ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« CSUN2011旅行記その6 | トップページ | 学びのユニバーサルデザインガイドライン表(日本語版) »

CSUN2011旅行記その7

iPad用のスイッチインターフェースですでに発売されているのはablenet社の「Blue2」という商品です。

Sany0013_s

<blue2の写真>

ゲームパッド風の2つのスイッチがついているBluetooth接続のスイッチインターフェースでした。

これで,abluenetが発売している「SoundingBoard」というソフトを1スイッチまたは2スイッチでコントロール出来ます。

とっても興味があったので「会場で買えないの?」と交渉したのですが,残念ながらNGでした。

「月曜日になったらインターネットで注文して。」

と言われたのですが,会場で買えば関税もかからないし,時間もかからないので,とっても買いたかったです。

さて,これのキーコードはどれなのだろうと見てみたところ,4つのモードを持っていて

「PgUp,PgDn」
「←,→」
「↑,↓」
「マウスの左クリック,マウスの右クリック」
「スペース,リターン」

となっていました。

iPadのソフトはそのうちの「スペース,リターン」を使ってステップスキャンまたはオートスキャンを行っていました。いくつかのモードを持っているという事は,iPadだけでなく,PCの操作もできるようにと考えているようです。

さて,このスキャンタイプのソフトを見ていた視覚障害の専門家が言うには「これって送る信号は標準化されているの」ということです。

そう,こういった機器の信号は標準化がなされていないんです。

一時期,GEIDIの仕様でWindowsのキーボードナビゲーションに準じて「tab,enter」でのオペレートを推奨しようという話になったことがありましたが,なかなか海外のソフトではそのような事にはなっていませんね。

視覚障害者のスクリーンリーダーでも同じ事があったようで,最初はバラバラだったのがそのうちに統一化されてきたとのこと。

ただし,それは一番売れているソフトの仕様に合わせるようになったとのことなので,エビデンスがあってというわけでもないようです。

しかし,やはりこういったものの標準化というか,仕様のガイドラインは示していきたいところですね。

ちなみに上記のソフトは49.99ドル
スイッチインターフェースは149ドルでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« CSUN2011旅行記その6 | トップページ | 学びのユニバーサルデザインガイドライン表(日本語版) »

CSUN」カテゴリの記事

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/51210209

この記事へのトラックバック一覧です: CSUN2011旅行記その7:

« CSUN2011旅行記その6 | トップページ | 学びのユニバーサルデザインガイドライン表(日本語版) »