ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 「学校教育の情報化に関する懇談会」(第12回)の開催 | トップページ | バリアフリー2011 »

あるGNOMEコントリビュータの小さなパッチがOSSユーザに残した大きなおくりもの

こちらの記事から

あるGNOMEコントリビュータの小さなパッチがOSSユーザに残した大きなおくりもの

OSSというのはオープンソースソフトウェア(Open Source Software)の略です。(詳しくはウイキペディアで)

それにしてもこれって「障害があるから出来ない」ではなくって「障害があっても出来る」という事の現れですよね。

多くの場合,苦手な部分の克服という考えになるけどやはり「得意な部分を伸ばす」という発想がないと障害のある人を活かすことはできないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 「学校教育の情報化に関する懇談会」(第12回)の開催 | トップページ | バリアフリー2011 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/51383084

この記事へのトラックバック一覧です: あるGNOMEコントリビュータの小さなパッチがOSSユーザに残した大きなおくりもの:

« 「学校教育の情報化に関する懇談会」(第12回)の開催 | トップページ | バリアフリー2011 »