ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 芝桜の丘 | トップページ | WearaBraille, a virtual wireless Braille keyboard, with an iPhone and VoiceOver »

低価格のコミュニケーション支援ツール「ねぇ、きいて。」が350円

atac2010で紹介されていた「ねぇ、きいて。」というiphone用のVOCAアプリが発売になったようです。

それも,障害者のためのソフトとしては破格の350円です。

愛知工業大学・鳥居研究室で作られたということなので,研究としての要素もあるので,この値段になたのかもしれませんが,安価に使えることはとても喜ばしいことですね。

メイン画面はこちら

Img_0276

利用については,支援者モードと使用者セルフモードがあるようです。

支援者モードの時には,選択してもらいたいカテゴリーをあらかじめ支援者で選びます。
カテゴリーは12種類。

Img_0277

この中からカテゴリーを選び,選択してもらいたいシンボルを1から4まで選びます。


Img_0278


Img_0279

この状態から,どれかをシンボルを押せば読み上げてくれます。


Img_0280

使用者セルフモードの時にはカテゴリーの選択や選ぶシンボルの数などには制限がなくそのまま操作するといった感じです。

作成のコンセプトとしては,複雑な機能を持たせないで分かりやすく使えることを目指していたようで,少し触ればすぐに使い方がわかります。

逆に気になるのは,この中に伝えたい言葉が無い時,言葉や絵を追加するモードはないようなので,現状の機能ではあきらめないといけません。

ですが,それでも気軽に購入できる値段であることやはっきりした音声や絵で作られているので,これで十分という人もいると思います。

また,障害のあるひとだけでなく,幼児や外国の人向けにも利用対象者を考えているので価格面で安くなったのでしょう。

ソフトのサイトはこちら

コミュニケーション支援ツール「ねぇ、きいて。」

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id431606329?mt=8


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 芝桜の丘 | トップページ | WearaBraille, a virtual wireless Braille keyboard, with an iPhone and VoiceOver »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/51581719

この記事へのトラックバック一覧です: 低価格のコミュニケーション支援ツール「ねぇ、きいて。」が350円:

« 芝桜の丘 | トップページ | WearaBraille, a virtual wireless Braille keyboard, with an iPhone and VoiceOver »