ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« パワートラベラー POWER GORILLA パワーゴリラ | トップページ | 魔法のふでばこプロジェクト 学習支援マニュアル配布 »

電子書籍の「専用端末」はどこへ向かうのか ~ここまでの電子書籍端末総まとめ

こちらの記事から

電子書籍の「専用端末」はどこへ向かうのか
~ここまでの電子書籍端末総まとめ

タブレット型の電子書籍リーダーをほとんど自腹で購入されているそうで,それぞれの使い勝手についてコメントを入れているのはとても参考になります。

とくに,使い勝手の部分に言及されていて,

それにしても端末ごとに操作性がバラバラすぎるというのが、問題点の1つ目。そしてもう1つの問題点は、iOSやAndroidなど、スマートフォンおよびタブレットデバイスに用いられているOSが急速に普及しつつあり、今後こちらの操作性に収斂されていく可能性が高いことだ。

と書かれています。今のところでは,電子書籍データのページをめくるのには一定のルールが存在するのではなくそれぞれの会社のやり方がありますが,いろいろな端末を使う場合に,使い勝手が大きく変わるのは利用者にとって良くない。

車の運転にたとえて書かれているんですけど,車を変えてもアクセルの場所とブレーキの場所は変わらない。そういった「標準的な動作」を決めてもらわないと困るし,可能性としてはよく売れる端末orソフトに収斂するかもしれないと書かれてます。

国の方でもデジタル教科書だけでなく,電子書籍や電子書籍端末のあり方については検討されてきているでしょうけど,それを操作する側の「ユーザビリティー」については,「使いやすい」事よりも「売れている」ことが重要になってくるかもしれないという意味では,ベータとVHSのことを思い出してしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« パワートラベラー POWER GORILLA パワーゴリラ | トップページ | 魔法のふでばこプロジェクト 学習支援マニュアル配布 »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

電子図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/51691844

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の「専用端末」はどこへ向かうのか ~ここまでの電子書籍端末総まとめ:

« パワートラベラー POWER GORILLA パワーゴリラ | トップページ | 魔法のふでばこプロジェクト 学習支援マニュアル配布 »