ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

FLASHをHTML5に変換できるGoogle swiffy公開、iPhoneやiPadにも対応

これはすごい

FLASHをHTML5に変換できるGoogle swiffy公開、iPhoneやiPadにも対応

試しにむかし作ってもらった雪を降らせるソフトをコンバートしたところ,雪の量はグッと減っちゃったんだけど,音楽も鳴っていました。

Snow

けっこうコンバートできそうです。
HTML5なら,汎用性も高いしこれのアプリが広がってくると面白そうです。

こちらから

http://swiffy.googlelabs.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

全国の特別支援学校に「特別支援教育に ICT活用を!」というパンフを配りました

6月28日~30日まで代々木のオリンピックセンターで特別支援学校の校長会が開かれています。

この大会で「特別支援教育に ICT活用を!」といったパンフレットと実践事例集をお配りしました。

_110408a__01

といっても私が作ったわけではなく,東京学芸大学が文部科学省の委託を受けて作った物です。

作成に付いてお手伝いをさせていただきました。

全国の特別支援学校の校長先生が集まる会でお渡ししましたので,校長先生方が学校にお戻りになる明後日以降で皆さんのところに紹介されるはずです。

そこで,ぜひ皆さんには「こんな資料が配られているはずだが!」ということを校長先生に聞いて下さい。

そして,ぜひ広めていただきたいと思います。

教育センター等学校の先生向けの研修会で使いたい場合には,資料に東京学芸大学の担当部署の連絡先が載っていますので,そちらに問い合わせればデータ等をお分け出るはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

たぶんタイムタイマーの代わりにはなりません「Energy Timer: このアプリは単なるカップ麺タイマーではない!無料」

いつものこちらから

Energy Timer: このアプリは単なるカップ麺タイマーではない!無料

カップ麺タイマーです。

しかし,時間が近づいてくるに従って緊張感を高めるようになっています。

ですので,タイムタイマー替わりにはなりそうにもありません。使うのが面白くなってしまうか,パニックになってしまいそうなので・・・

まあ,それでも試したい人はこちらから
http://itunes.apple.com/jp/app/energy-timer/id441919387?mt=8

音DEレインボー: 描くたびに音がなるお絵描きアプリ。お子様の心をグッとつかみます!無料。

いつものこちらから

音DEレインボー: 描くたびに音がなるお絵描きアプリ。お子様の心をグッとつかみます!無料。

これって前に紹介した音DEぬりえの姉妹ソフトのようです。

こちらを見ると,前に紹介したあいづちんを作られたかたですね。

次の作品が楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Kamehameha: かめはめ波!なんだかんだで入れておきたいiPhoneアプリ。無料

いつものこちらから

Kamehameha: かめはめ波!なんだかんだで入れておきたいiPhoneアプリ。無料

こういうの好きです。

こんな単機能でもソフトを作って紹介できるところがいい。


押すだけソフト集なんてのを作れば肢体不自由の重度のお子さん向けにいいかもしれない。

ダウンロードはこちらから
http://itunes.apple.com/jp/app/kamehameha/id293554503?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

しまじろうと やってみよう!: お子様の教育に!歯磨き、お着替え、ゴミの分別をしまじろうと学ぼう!無料

いつものこちらから

しまじろうと やってみよう!: お子様の教育に!歯磨き、お着替え、ゴミの分別をしまじろうと学ぼう!無料

前にも紹介したベネッセのソフトです。

教育関係の企業が作っているので,完成度高いですね。
これで無料というのは凄いです。

ダウンロードはこちらからhttp://itunes.apple.com/jp/app/id434801099?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

親指で操作する指輪型マウス「Genius 2.4GHz Wireless Ring Mouse」

kokoroweblogからの紹介です。

親指で操作する指輪型マウス「Genius 2.4GHz Wireless Ring Mouse」

指先で操作するトラックパッドといった感じですね。

手の麻痺があって震える人でも指先に巧緻性があれば操作可能ですから,マウスが使えない人でも操作できる可能性がありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

大阪府支援教育研究会(大支援研)ICT活用研究プロジェクト夏期講座案内

いつもお世話になっている大阪の研究会の案内が出されました。

ICT活用研究プロジェクト夏期講座案内

テーマ 9月から使える支援教育でのICT活用
8月16日(火)、17日(水)
 会 場 大阪府教育センター

詳しくはpdfファイルをご参照いただきたいですが,AからOまで14もの講座が開かれています。

もちろん,大阪の先生方の研究会ですが,近畿圏の先生方も参加されいますし,関東の方もわざわざ泊まりがけで参加している人もいます。

私も,情報普及,情報収集をかねて参加する予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

発話発声障害者のための無料iPadアプリVerbally, 文字だけでなく頻用語句も瞬時に入力

kokoroweblogで紹介されていました

発話発声障害者のための無料iPadアプリVerbally, 文字だけでなく頻用語句も瞬時に入力

もちろん,英語しか書けません。

ですので,日本語でのコミュニケーションエイドとしては全く使えないんですが私のような英語のコミュニケーションに不自由がある人には使えるかも。

まだ,ダウンロードしていないのですが試してみたいと思います。

解説には無料のAACソフトとしてははじめてみたいなことが書かれていましたが・・・

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/verbally/id418671377?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害者支援部会ブログ

知り合いの八王子のボランティア団体のブログです。

障害者支援部会ブログ

次のマジカルイベントではiPadを持ってきていただき,体験コーナーを開いて下さる予定です。

ちなみに,今回のイベントではドロップレットプロジェクトさんも来ますしe-AT利用促進協会さんも来ますので,iPad関係では,いろいろなソフトの体験ができると思います。

お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

EPUB3作れます

電子書籍のフォーマットの1つであるEPUB3の作成ソフトが無料公開されているようです。

イースト、最新の電子出版フォーマットEPUB3に対応した
EPUBファイル生成クラウドサービス「epubpack」(イーパブパック)を世界に向けて無償公開

EPUB3といえばDAISYとの互換ソフトですので,障害のある人へのアクセシビリティー機能が様々付加されていますし,iPadのibookもepub対応なので,様々な媒体で利用出来る可能性があります。

いろいろと勉強しなければならないのですが,縦書き,ルビ振り,段組などの機能も付加されているようです。

出版社にとっては,データの著作権保護の問題が大きな課題だと思いますので,それらの機能などをいろいろと調べてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

e-AT利用促進協会のfacebook

e-AT利用促進協会でfacebookを作ったそうです。

http://www.facebook.com/eat.taid

今のところのコンテンツとしてはなんといっても話題のiPad版のトーキングエイドです。

秘蔵映像などが乗っていますので,ぜひアカウントをとってご覧になることをお勧めします。

(たぶんアカウント無しでも見られると思いますが,あるといろいろと便利です。)

ちなみにマジカルトイボックスのfacebookアカウントはこちらになります。

http://www.facebook.com/mtbfb

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

OneSwitch.org.uk

知り合いの先生のブログから

英国のブログOneSwitch.org.ukにもろQの授業教材アイディア集と PowerPoint bo-yd's styleが紹介された!

もろQさんのブログで紹介されていたので,見に行ったのですが,結構面白いサイトです。

OneSwitch.org.uk

オリジナルだけでなくっていろいろなサイトの紹介もしているのですが,もろQさんが書かれているように日本語のサイトにもリンクを張っている。

で,それじゃ読めないでしょって,ことでgoogle翻訳へのリンクを下の方にしているので,訳にはなるけどそれなりに読めるようになっています。

もろQさんのサイトも英国人が見るとどんな感じだったのでしょうね。

Do It Yourself ってところには改造の方法なども紹介しています。
(これ日本語にすると「自分でやりなさい」と書いてあるのが笑えた)

まだすべてを見ていないのですが,とても参考になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マルチタッチで方程式が分かるiOSアプリ

Kokoroweblogからの紹介です。


マルチタッチで方程式が分かるiOSアプリ

いやー,こういう事って電卓ではできませんからとっても欲しかった機能です。

まあ,数学の先生としては途中の計算式を残しておいたほうがどういった課程で直していくのか後から確認できるので,いいのでしょうけど,それにしても視覚的に計算の過程を出てくるなんてとっても分かりやすいです。

たぶん,パソコンのソフトでそんなモノがあったのでしょうけど,指先ひとつで操作できる点がとってもいい。

これを,マウスでできるようになれば様々な入力装置を必要とする肢体不自由の子供さん達に使ってもらえるんだけどなぁ。

移項した後に計算をしないモードがあれば算数ノートとして使えますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ミキサーをスイッチでコントロールしたい

ある方からミキサーをスイッチでコントロールしたいがどのように改造すればいいか教えて欲しいとの相談がありました。

マジカルのこれまでの冊子をご覧になった方はすぐにお分かりだと思いますし,ある意味よく知られた方法なのですが意外と相談を受けることでもあるので,ここに書かせていただきます。

ミキサーなどは交流電源で動いているのが一般的です。

つまり,家庭のコンセントから電源をとって操作します。

家庭の電源は100Vの電流が流れているのですが,これってとっても大きな電流です。

市販のおもちゃがだいたい5Vですので,その20倍にもなるわけです。

ですから,間違えて電源を触ってしまうとショックで大事故になる危険性があります。

そのようなわけで,市販のおもちゃを動かすような小さな電流のものについては自作することもご紹介していますが,100Vのものをコントロールする際には市販品をお勧めしています。

そのなかで比較的安価に手に入るのがこれです。


電源リレー
http://www.p-supply.co.jp/comaid/drelay/index.html

パシフィックサプライさんが販売されています。
マジカルでもこれまでにスイッチ部分が付いていないものを購入してスイッチ部分だ付ける工作は行っていました。ちなみに,このスイッチ部分は当然ですが100Vの電気は流れていません。

012

ちなみに,スイッチ部分だけの工作ならなんとかなる
という方は,以下のキーワードで検索してみてください。
インターネットで同様の商品がスイッチ部分が付いていない状態で売られています。

キーワード「リモコンリレー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] なぞってみよう! HD: 指で図形をなぞる知育ゲーム。子どもに書く楽しさを教えよう

いつものこちらから

[iPad] なぞってみよう! HD: 指で図形をなぞる知育ゲーム。子どもに書く楽しさを教えよう


このソフトって以前に富士通で出していたキッズタッチシリーズのいろんなせんかけるかな?を思い出します。

今となっては発売中止ですが,基本的なコンセプトは10年以上前に考えられていたもので良かったのでしょう。

問題は,当時はipadのように手軽に使える端末がなかったことですね。

だとすると,キッズタッチシリーズのipad版を富士通が出してくれないかなぁ。

ダウンロードはこちらから(動画もあります)

http://nemite.hp2.jp/blog/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第32回イベント申込状況

マジカルトイボックスのイベント申込状況ですが,このブログの左上のリンクをクリックしていただくと最新状況が分かるようになっていますが,今のところ

体験セミナー(初級)

の申し込みは定員に達しました。

また,製作講座についてもそろそろ定員に達しそうです。

この他に

AACセミナー

体験セミナー(上級)

はまだ,定員に余裕がありますので,受け付けていますし,機器の展示については特に定員を考えておりませんので当日の参加も可能です。

イベントの申し込み状況は随時,マジカルトイボックスブログに書かせていただいていますので,気になる方はそちらの方をごらん下さい。

よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


発話に障がいのある方のコミュニケーションソフト「スピーチサポート」

知り合いからの紹介です

発話に障がいのある方のコミュニケーションソフト「スピーチサポート」

主に聴覚障害の方のコミュニケーション支援の機器用で,パソコン版とDS版があるようです。

ですが,使い方によっては自閉症の方にも利用できるかもしれません。

しかし,この機器の使い方を見て思うのは,話すことは可能でも相手の言っていることは
筆談で読み取るんですよね。

これが,音声認識で文字で表示してくれればいいと思うし,100歩譲って,両方ともパソコンを使って会話すればいいのではとも思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

子供向けサイト

インターネットの普及し始めは子供向けのサイトもなくて苦労しましたが,今はずいぶんといろいろなところで子供向けのサイトが作られています。

目黒区のWebサイトに子供向けのサイト一覧が出ていたので,ご紹介します。

子供向けサイト-目黒区HPガイド

誰もが良く知っているyahoo!きっずをはじめ主要なポータルサイトは子供向けのページを用意しているんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

発達障害児用ソフト「如意スクリーン」

先日参加したNEW education expoの時に近藤さんが紹介していたフリーソフトです。

如意スクリーン

Nyoiscreen

何も変わっていないと思わないでください。
私のブログの画面の色が暗くなっているはずです。

視知覚に課題のあるお子さんにはパソコンの画面が強過ぎで見えづらくなる人がいます。

そんな人に,画面にいろいろな色のスクリーンをかぶせて刺激を軽減させてくれます。

じつは,パソコンじゃなくっても教科書とか本とかそんなモノを見る際にも大切な事で

アクリル板のシートを教科書などに被せると読みやすくなる人もいるんです。

パソコンのいいところは自由に色も濃さも変えられる点ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

内田洋行、「デジタル教科書」のネット配信サービスを本格化

こちらの記事から

内田洋行、「デジタル教科書」のネット配信サービスを本格化
大手教科書会社4社と協力し、「EduMall」にて提供を開始

ソフトを購入すると7から8万円はしますので,こういった販売形態は増えると予想されます。

そうした時に,教育委員会や学校の予算として購入できるか,予算確保が可能かが課題になりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Alice for the iPad

不思議の国のアリスの電子絵本です。

今ちょっと手元にipadがないので,インストールできませんが,後ほど試してみたいともいます。

無料版と有料版があるようです。

Alice for the iPad-Lite

Alice for the iPad

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

発達障害児用ソフト「よんでみよう」

某特別支援学校行ったところ知られていなかったので,ご紹介します。

よんでみよう

Yondemiyou 視知覚の問題があり行とばしをしてしまうお子さんや,いま見なければいけないところが分からなかくなってしまうお子さんに読みを支援してくれるソフトです。

いくつかのカスタマイズの設定があって色を変えたり,文字の大きさを変えたりできます。

肢体不自由のお子さんに利用してもらおうとする場合にキーボードだけですべての操作が行えないのがちょっと難点ですが,単純にリターンキーだけで読み進めることもできるので,簡単に利用できます。

音声合成のソフトと併せて読み上げてくれそうな気がしますが,残念ながらそのような機能はありません。

ちなみにPC-TALKERを起動したところで操作していますが,どこも読み上げようとはしていませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

評価項目に現れてしまう教師の考え方

しましまさんの日記から

 

やっぱり「仕事に集中して取り組む」はNG。
「身じたくをしっかりする」もNG。

なぜなら「集中して」や「しっかり」が具体的に観察できないし、人によって解釈がまちまちになるので。

これ,とっても大事な視点ですね。

思わず抽象的な言葉で表現してしまうんだけど,それは相手には伝わらない。

子どもの評価をしているようでも,指導をしている先生の言葉かけにもその評価の内容が出てきてしまうとすればとても分かりにくい言葉になってしまいますね。

私も先日台所で「ここの電気が切れている」とかみさんに言ったところ目の前にある電気のことかと思っていたようで「切れて無いじゃない」と言われました。その上で「ここじゃ分からないでしょ。頭の上にある電気と言ってね」と怒られました。

確かにそうで,年取ってくると指示代名詞が多くなるんですけど,注意が必要ですね。

大人でもそうなのだから,子どもに対してはもっと注意を向けた表現を感がなければ通じませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

夢絵本『ももたろう』: 動く絵が楽しい絵本「桃太郎」。さあ鬼ヶ島へと出発だ!

いつものこちらから

夢絵本『ももたろう』: 動く絵が楽しい絵本「桃太郎」。さあ鬼ヶ島へと出発だ!

6月末まで震災対応として夢絵本シリーズが無料ダウンロードできるそうです。

興味のある方はお早めに

ダウンロードはこちらから

http://www.ninas.co.jp/products/yume02_j/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

魔法のふでばこプロジェクトフォーラムをメール会員に公開

e-AT利用促進協会ではメール会員というのを募集しています。

その会員になっているのですが,先日のご案内で以下の情報をもらいました。

Webにも公開されているようなので,ご紹介します。

-------------------------------------------- ■魔法のふでばこプロジェクトフォーラムをメール会員に公開します! --------------------------------------------

ソフトバンクグループと東京大学先端研の共同研究「魔法のふでばこプロジェクト」では、
全国34の研究協力校に対してiPadを無償で貸し出し、実際の教育現場における利活用
について取り組んでいただいております。

さて、このたび、研究協力校が参加し、相互に情報交換されているWebフォーラムの一部を
当協会のメール会員様にも閲覧いただけるよう公開することとなりました。

この公開は、研究協力校以外でもiPadなどのタブレット端末をご利用の先生方に
役立つ情報として参考にしていただくことを目的としています。
もちろん、メール会員であれば、タブレット端末をご利用でない先生方や興味のある
支援者、障害当事者の方々にも閲覧いただくことができます。

とのことです。もちろん,勝手に情報を漏らしてしまっては困りますので,下記のような注意書きももらっています。

【!注意!】 本フォーラムへの参加によって知り得た会員相互の名前や所属、連絡先に関する 個人情報については、当協会のメール会員規約 第12条 守秘義務 に定義する秘密事項です。 個人情報と連動してフォーラム内容を第三者に公開することは禁止します。

とのことです。

メール会員になるには,下記のから入るようになっています。

会員登録申請

また,掲載されていた,情報はこちら

お役立ち : 魔法のふでばこプロジェクトフォーラムをメール会員に公開

e-AT利用促進協会はこちらから

e-AT利用促進協会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「和太鼓」は凄い

「和太鼓」っていっても叩く,本物の太鼓のことではなくってパソコンソフト「和太鼓」のことです。


Microsoft Word 読み上げソフト
和太鼓(Wordaico) Ver 0.62

Wadaiko

このソフトは,ワードのアドインの形でワードの機能を拡張させることで動作します。

また,音声でテキストを読み上げさせるので音声読み上げのソフトが必要なのですがどれを入れればいいか,どのようにするかは上記のサイトに紹介されています。

このソフトの何が凄いかというとただ単にテキストを読み上げさせるだけではなくテキストの「ひらがな」のところを読んでくれるからです。

そんなの当たり前,と言わないでください。

日本語の場合にはひらがなと漢字があり,テキスト読み上げの際には漢字は漢字の読みを予測して読んだり,音声読み上げソフトに学習させたりしながら漢字を読ませます。

ですので,「田上」という人の名前の時に「たがみ」と読んだり「たのうえ」と読んだりするかは音声読み上げのソフトの設定次第で決まってしまいます。

日本語の漢字を利用する際の大きな課題であり,テキストを音声合成ソフトで読み上げるときにはどうこの問題を回避するかが課題でした。

DAISYなどでは,「人間の音声」でこれを解消しています。朗読なら読み間違いをしない限り間違いはおきません。

それに,イントネーションの問題もおきないです。

しかし,朗読というのは人の作業ですから膨大な時間がかかります。また,音声を男の人や女の人に変更することなどは容易ではありません。

そこで,昨年度まで文部科学省の調査研究の委託を受けてやっていたエッジでは文章をデータのデータベースを作ってそれから音声データを作成するという方法をとっていました。

これも凄いことですし,とてもなめらかに発音できますが,音声データを作るためにはサーバにアクセスしないという問題がありました。

これからの時代は常にネットワークに繋がっているので,この方法も良いとは思いますが,サーバへのアクセスが容易でない可能性もあります。

こういった課題を克服しているのがこの「和太鼓」です。

このソフトでは,漢字にルビをふり,そのルビの部分を読み上げます。

ですので,「三田(みた)さんと三田(さんだ)で会いました。」といった文章でも間違えずに読むことが可能です。

また,アメリカなどでは電子図書を読むWYNNなどのソフトにはマーカーを付ける機能,文章に注釈を付ける機能などが付いていたのですが,ワードならばある程度これからの機能を実現できます。

ですので,テキストデータさえ手に入ればAMIよりも手軽に読み上げができるのではと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


Egg!

いやーシンプルなソフトです。

こちらから

Egg!

小さなお子さんが動かしているんですが,珍しくyoutubeではなくQuicktimeなので,見られない人もいるかも。

ソフトはとってもシンプルで,何回か卵をタップすると動物が出てきて鳴くというだけです。

でもこういうの好きですね。

ダウンロードはこちらから
http://www.chilidawgsoftware.com/ChiliDawgSoftware/Egg%21.html

無料版と有料版があるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

クマとスカーフ

iPhone iPad用の電子絵本です。

ほかに「クマとタンポポ」という作品もあります。

凄いですね,これだけの出来栄えで無料というのは。

会社のサイトはこちら

コロプラ

ダウンロードはこちらから
http://itunes.apple.com/jp/app/id376314068?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

音DEぬりえ 音とおえかきのハイブリッド

こちらから

音DEぬりえ
音とおえかきのハイブリッド


こういったシンプルなソフトを紹介しているサイトのようです。

無料版と有料版があって調べたところ広告が出るか出ないかだけの違いのよう。

こういうのがいいですね。
まずは無料版で,試して気に入ったら有料版に移行するというのが。
はじめから有料版だと気が引けるし,かと言って試してみたいし。

こういった形態のソフトは多いでしょうね。

ダウンロードはこちらから
http://picxpic.com/?p=973


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

クリスマスケーキはiPhoneアプリ「ハッピーデコレーション」でお手軽に?

こちらから

クリスマスケーキはiPhoneアプリ「ハッピーデコレーション」でお手軽に?

いやー,こういった簡単なソフトいいですね。
その昔,大前ソフトというのでケーキのローソクを吹き消すソフトがありましたが,ケーキのデコレーションも出来ると楽しいですね。

当然,本物のケーキのほうがにおいもあるし雰囲気もあるし食べられるしいいんだけど,トッピングをつけたり外したりなんてことしたらぐちゃぐちゃになっちゃう。

何回もつくり直しなんて出来ませんから,どんなケーキを作ろうかなんて時にはいいですね。

それからもう一つ。病院の中の学校なんかだと,衛生管理の問題で食品の扱いが難しいので,バーチャルなケーキを作るとかにはいいかも。

無料ソフトの常で広告が出るのがいまいちなんだけど,気軽にダウンロードできるので,試しに使ってみるのはいいと思います。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id338223341?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

7notes mini (J) for iPhone: さすがの文字認識力。あの大人気手書きメモ帳がiPhoneに!

いつものこちらから

7notes mini (J) for iPhone: さすがの文字認識力。あの大人気手書きメモ帳がiPhoneに!

ATOKを作ったジャストシステムのソフトなのでとっても気になっていたのですが,昨日ダウンロードして使いました。結論から言うと「とてもいい」です。

私のように悪筆な書き方の人でもとてもよく認識するし,間違えたとしても候補の中に正解が探せる。

それに,全部の文字を書かなくても文字予測をしてくれるので,数文字書いて入力できる。

iPhoneは標準の入力方法が変更できないという致命的な問題があるので,このソフトで作成してメールソフトに渡すなどの「1ステップ」増えてしまうのは問題ですが,それにしても急いで書こうというときにも使えるソフトです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

【電子書籍が紙に負ける5つのポイント】

kokoroweblogからの紹介です。

【電子書籍が紙に負ける5つのポイント】

自分でも研究しているし,iPadにはいくつかの電子書籍も入れているし,紙の資料もpdf化して入っていたりするけれどもやっぱり印刷した資料を持ち歩いていて,「ペーパーレス化」出来ていません。

(完全)ではないけど,当然,資料が電子化してパソコンの中に入っていることは入っています。

こう考えると現在の自分の環境としては「紙と電子化の併用」となっています。

自分の状況で考えると「便利な方」を選んでいるからだと思います。

そこで,ここ話題の本はどうなのだろう。

じつは,本の自炊についてもいろいろとやろうと思っていましたが,まだ始められていない。本は好きで,月に10冊は読むしいつも持ち歩いていないと落ち着かないけどほとんど紙の本です。その理由の殆どは此処に書かれていることなのかもしれないと感じます。

ですので,電子書籍を進めるに当たってはこういったセンチメンタリズムをはねのけるだけのメリットを示さないといけませね。

さて,振り返って障害のある子どもたちにとっての電子書籍のメリットは今更書くようなことではないかもしれないけど,一番は「自分で扱えること」なのではないかと思います。肢体不自由の子どもたちなら自分でめくれることができるし,視覚障害の子どもなら自分で内容を知ることができる。ディスレクシアの子どもなら,自分で内容を理解できる。それぞれの方法などは様々なんだけど,やっぱり大事なのは「自分でやれること」

ここを押さえないと,紙の本の優位性には負けてしまう。そう思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

TRONイネーブルウェアシンポジウム「3.11以降のバリアフリーの後退を考える」

以下,知り合いからの紹介です。

TRONイネーブルウェアシンポジウム 「3.11以降のバリアフリーの後退を考える」

【日時】2011年7月2日(土) 13:30~16:30 (13:00 受付開始)
【会場】東京大学本郷キャンパス 工学部 2 号館 9 階 92B 教室
【主催】TRONイネーブルウェア研究会
【共催】T-Engineフォーラム
東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター

■ご案内
東日本大震災の後、首都圏をはじめとして今夏の電力危機に対応するため
節電などの対応策が計画されています。しかし、交通機関をはじめとする
公共機関では、インフラを維持するために照明を間引いたりエスカレータ
を停止させていることが多く、肢体不自由や弱視の方の移動に支障をきた
すような事例が多数報告されています。

また、管理者は、国・地方自治体・民間企業・商店街などいろいろで、照
明やエスカレータを止めることはできても、その程度や再開にあたっては、
判断はバラバラです。さらには、国のバリアフリーのガイドラインでは、
公共機関において高齢者や弱視者に配慮して十分な明るさを確保するよう
求めているものの、今回のような事態までは想定していません。

本シンポジウムでは、これからもエネルギー供給が逼迫する事態が考えら
れる中、エネルギー消費を抑えながら、いかに公共機関がバリアフリーを
実現していくかについて議論していきます。

■プログラム(予定)
※最新情報は、http://www.t-engine.org/ja/2011/0702.html をご覧ください。

13:00 受付開始

13:30~14:10 基調講演
坂村健(TRONイネーブルウェア研究会会長/東京大学大学院情報学環教授/
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長)

14:10~14:30 休憩

14:30~16:30 パネルセッション
パネリスト:
高村明良(筑波大学附属視覚特別支援学校 教諭)
三崎吉剛(東京都立大塚ろう学校 副校長)
立松英子(東京福祉大学・大学院 社会福祉学部 教授)
国土交通省
東京都
コーディネータ:坂村健

16:30 閉会

■TRONイネーブルウェア研究会とは
TRONプロジェクト(プロジェクトリーダー:坂村 健〈東京大学〉)は、誰もが
使えるコンピュータ環境の実現を目指しています。この誰もがというのは、
単に初心者でも使えるということではなく、国籍や年齢、そして身体の障碍
の有無を問わず誰にとっても使いやすいということを意味します。

私たちは、誰にでも使えるコンピュータの研究開発を推進し、そのための機
能を標準的な機能として普及させるために、1987年から『TRONイネーブルウ
ェア研究会』(会長:坂村 健)を組織し、活動を行ってきました。本研究会は、
毎年12月にシンポジウムを開催し、多くの方々と意見交換や討論を行い、
交流の輪を広げています。

■参加要項
【参加費】 無料(要参加申込)
【お申込方法】 sympo@t-engine.org 宛のメールで貴社名、参加者氏名、
参加者のEメールアドレスを明記のうえ、題名を
「7月2日(土)シンポジウム参加申込み」
としてお送りください。
─────────────
貴社名:
参加者名:
参加者のEメールアドレス:
必要な支援 (肢体、視覚、聴覚の不自由など):
─────────────
※複数の参加者を一度に申し込まれる場合は、上記を人数分
コピーしてご記入ください。
※メールの利用が難しい方は、ご遠慮なく下記のTRONイネー
ブルウェア研究会事務局までご連絡ください。

■会場ご案内
東京大学本郷キャンパス 工学部 2 号館 9 階 92B 教室
東京都文京区本郷7-3-1
アクセスと地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
アクセスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
・本郷三丁目駅 (丸の内線,大江戸線)徒歩 12分
・根津駅 (千代田線)徒歩 10分
・東大前駅 (南北線)徒歩 8分

■お問い合わせ先
TRONイネーブルウェア研究会事務局
東京都品川区西五反田1-29-1 コイズミビル 〒141-0031
TEL: 03-5759-8521 Fax: 03-5759-8306
E-mail: erg-office@t-engine.org
-------------------------------------------------------------------------

坂村先生からの震災についてのメッセージは以下に挙げられています。
http://allatanys.jp/B001/UGC020006720110515COK00816_6.html

たしかに,最近やっとエスカレータが動くようになってきましたが,動かなかったときには障害のある人や高齢者の方などはずいぶんと不便を強いられたように思います。

アクセシビリティーのある施設になるにはあとづけだといろいろと不具合があり,エレベータも分かりにくいところになるとの話です。

はじめから設計段階でいろいろな人に優しい物を作っていくことが求められているでしょう。

そういった意味では,デジタル教科書も最初から多くの人が使えるように意識されて欲しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教科書・教材及びICTの活用に関する基礎調査・研究

こんな研究を始めました

デジタル教科書・教材及びICTの活用に関する基礎調査・研究

そうしたところ「デジタル教科書・教材ってなに?」というご質問を学校の先生からいただきました。

当然のことですね。定義をはっきりさせないと。

で,以下のようなメールをお送りしました。


〇〇先生
△△先生

ご連絡ありがとうございます。

デジタル教科書については確固たる定義はありません。

ですが,先日出された「教育の情報化ビジョン」にはこのように書かれています。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305484.htm

=============================
(デジタル教科書)
○ いわゆるデジタル教科書は、「デジタル機器や情報端末向けの教材のうち、既存の教科書の内容と、それを閲覧するためのソフトウェアに加え、編集、移動、追加、削除などの基本機能を備えるもの」であり、主に教員が電子黒板等により子どもたちに提示して指導するためのデジタル教科書(以下「指導者用デジタル教科書」という。)と、主に子どもたちが個々の情報端末で学習するためのデジタル教科書(以下「学習者用デジタル教科書」という。)に大別されるいる。現在、教科書発行者から発行されているものは、いずれも指導者用デジタル教科書
である。また、これは教科書に準拠しているものの、法令上は、教科書とは別の教材に位置付けられる。
=============================

となっています。実は,教科書の定義は厳密でしてこの名前は通称です。
正式名称は「教科用図書」という名前になっています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/gaiyou/04060901.htm

ですので,それに対して「拡大教科書」などは「教科用特定図書等」という言い方をしています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kakudai.htm


今後はデジタル教科書はこの後者の「教科用特定図書等」の範疇に入るのではと思いますが,さまざまな著作権の絡みがあり,児童生徒用のデジタル教科書と呼ばれているものは発行されておりません。

市販されているのはここにあるような「指導者用デジタル教科書」ですが,これはデジタル教科書といっても良いでしょう。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/digital/
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/soft/digital/

また,デイジーコンソーシアムが作っている「マルチメディアDAISY版教科書」というのは,市販されているものではありませんが,「教科書のデジタルデータ」ですので,「デジタル教科書」と言ってもいいでしょう。
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/book/daisytext.html

これは,公的な機関として作成しているわけではなく「著作権法第33条の2」によって「視覚障害者その他視覚による表現の認識に障害のある者」に対して一定の定められた機関が障害者のために一般の図書をデジタル化して提供している行為です。
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/21_houkaisei.html

詳しくは上記のリンク先を読んでいただかないといけないのですが,私の解釈としてはデジタル教科書というよりは「教科書のデジタルデータの提供」と言った意味合いが強いと思っています。


さて,当研究所で行う場合の「デジタル教科書・教材」といったところの「デジタル教科書」は上記の中でも「学習者用デジタル教科書」をイメージしています。これは上にも書いているようにまだ発売はされていませんが,現在進められているフューチャースクール推進事業では,教科書会社が試作し文部科学省にそのライセンスがあり,学校に提供しての実証実験が進められています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/index.html

ですが,先日の展示会に行ったところでもそれに関係する会社以外ではまだ白紙の状態ですし,実際に進めている会社でも試行錯誤の状態のようです。

ですので,その段階で我々が障害のある子どもたちも使えるデジタル教科書はどのような仕様を満たしていた方がいいかを提案しようと思っています。

また,「デジタル教材」については,広く捉えています。実際にはパソコンの教育ソフトなどもその中に入ると思っていますし,これは「教科書」の内容には限定していません。

長くなりましたが,以上のように考えています。

ということです。今年はいろいろな学校にお伺いさせていただき,調査をしていきますので,おすすめの学校などがあれば教えていただけると助かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害のある子どもの教育におけるICTの活用

3月10日 震災の前日に行われた日韓セミナーの資料が登録されました。

障害のある子どもの教育におけるICTの活用

韓国でのデジタル教科書がどのように進められているか,アシスティブテクノロジーの位置づけなど非常に興味深い資料が載せられています。

韓国語だけでなく日本語に翻訳されていますので,ご心配なく。

ちなみにその他のセミナー資料もこちらから入手することが可能です。

ps.後日談ですが震災の当日,来日された韓国の方々は都内の某特別支援学校に見学に行っていました。当然ですが,電話連絡も取れず心配したのですがなんとその学校の先生とfacebookでのメッセージのやりとりができて,動向を伺うことが出来ました。電話もメールもダメでもfacebookにはつなげられたんです。
くにも導入するわけですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

国立特別支援教育総合研究所メールマガジン

国立特別支援教育総合研究所が月に一回発行するメールマガジンです。
国立
特別支援教育総合研究所メールマガジン

普通,メールマガジンだとテキストが送られてくるだけかテキストの中にリンク集が書かれているだけなのですが,今年度から「つづきはこちら」ということで,内容を深堀して読みたい人のための専用ページが用意されるようになりました。

ここでは,文字の量の制限が無いので丁寧な解説を書くことや絵などで解説できるようになっています。

まあ,1ヶ月遅れで構わないのなら,バックナンバーでもいいのですが無料で登録できますからこちらから登録してみるといいか思います。

国立
特別支援教育総合研究所メールマガジン

バックナンバー

解説ページの例


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

文部科学省の公式facebookページ

文部科学省がfacebookのページを正式に作りました。

文部科学省facebookページ

文部部科学省というと元々の教育関係の文部省と科学技術庁の統合なのでインターネットは科学技術としての側面もあり早くからyoutubetwitterの公式ページを作っています。

たとえば教育の情報化ビジョンに関しての記者会見はこれ


さてfacebookの中で特別支援教育に付いてはどのようなことが書かれているかというと今のところはこれぐらいしかないみたいです。

初等中等教育局

まあ,公的機関ですから個別の情報が流れることは無いでしょうけど,知りたい情報につながりやすくなったりするでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Universal design award 2011 受賞記念 坂井聡先生研修会

先日受賞された坂井先生の記念研修会が開かれるそうです。

Universal design award 2011 受賞記念 坂井聡先生研修会


富士通が開発し、香川大学教育学部で実証実験した携帯電話のソフトが公開されています。
このソフトは、3月にドイツでUniversal design award 2011という賞をいただきました。
今回のぱんだセミナーでは、受賞したソフトの活用方法をしょうかいするとともに、ICTの導入が障害のある人の生活をどのように変えていく可能性があるのか、意見を交換したいと思います。

【日時】 2011年7月2日(土) 14:00~17:00
【場所】 ぱんだ研究所
       ★千代田区飯田橋2-7-1 三政魚政ビル2階(魚屋さんの2階の貸事務所)
         http://www.chizulla.jp/shop/%E9%AD%9A%E6%94%BF:03-3261-4941.html
【講師】 坂井聡先生
      《プロフィール》
       香川大学教育学部卒業、金沢大学大学院教育学研究科修了
       香川大学教育学部附属養護学校など養護学校教諭を経て、
現在香川大学教育学部特別支援教育講座准教授
1997年自閉症のコミュニケーション指導で辻村奨励賞受賞
(著書)暮らしの中のコミュニケーション(やまびこの里)
     クラスルームコミュニケーション(こころリース出版会)
  自閉症や知的障害をもつ人とコミュニケーションのための10のアイデア(エンパワメント研究所)など
【司会】 内山登紀夫(よこはま発達クリニック、福島大学)
【定員】 20人
【受講料】7,000円(税込)

申し込み方法は下記アドレスに書かれています。http://www.ypdc.net/sakai.untitled.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

最重度知的障害および重複障害の理解と対応

表題の本の翻訳をお手伝いしました。

いやー,英会話さえ怪しいのに本の翻訳なって仕事やったので,とても苦労しました。

幸いに米国留学していた同僚と一緒に翻訳をしたので,ずいぶんと助けてもらいましたけど。
それと,google翻訳とアルクの翻訳にも助けられました。

やったのは
「Chapter 4 コミュニケーションの理解」というところです。

とても,専門的な本ですし,値段もお高いので,あるとすれば大学の図書館ぐらいかも。
編者の学芸大学には絶対あると思いますが・・・

一応アマゾンでも扱っているようですが,今は在庫切れのようです。



こちらが出版社のサイトです。

最重度知的障害および重複障害の理解と対応
http://www.shindan.co.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Griffin Technology Survivor for iPad 2: あの超タフケースの iPad 版。「守りたいならこれ!」と豪語できる名品!

いつものこちらから

Griffin Technology Survivor for iPad 2: あの超タフケースの iPad 版。「守りたいならこれ!」と豪語できる名品!

液晶も保護していますから学校でのハードな使用にも耐えられますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »