ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 夢絵本『ももたろう』: 動く絵が楽しい絵本「桃太郎」。さあ鬼ヶ島へと出発だ! | トップページ | 発達障害児用ソフト「よんでみよう」 »

評価項目に現れてしまう教師の考え方

しましまさんの日記から

 

やっぱり「仕事に集中して取り組む」はNG。
「身じたくをしっかりする」もNG。

なぜなら「集中して」や「しっかり」が具体的に観察できないし、人によって解釈がまちまちになるので。

これ,とっても大事な視点ですね。

思わず抽象的な言葉で表現してしまうんだけど,それは相手には伝わらない。

子どもの評価をしているようでも,指導をしている先生の言葉かけにもその評価の内容が出てきてしまうとすればとても分かりにくい言葉になってしまいますね。

私も先日台所で「ここの電気が切れている」とかみさんに言ったところ目の前にある電気のことかと思っていたようで「切れて無いじゃない」と言われました。その上で「ここじゃ分からないでしょ。頭の上にある電気と言ってね」と怒られました。

確かにそうで,年取ってくると指示代名詞が多くなるんですけど,注意が必要ですね。

大人でもそうなのだから,子どもに対してはもっと注意を向けた表現を感がなければ通じませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 夢絵本『ももたろう』: 動く絵が楽しい絵本「桃太郎」。さあ鬼ヶ島へと出発だ! | トップページ | 発達障害児用ソフト「よんでみよう」 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

 昔、進路希望表の「将来なりたいもの」に「仮面ライダー」と書いてきた高機能自閉症児を担任したことがあります。「そうか、それでは悪の組織に目を付けるくらいスポーツ万能で成績優秀にならないといけないな。そうじゃないと改造手術を受けられないからな」と話すと真剣に聞いています。同僚からもらった早稲田大学の赤本を渡し「これを毎日解きなさい」そして、「毎日100kmマラソンしなさい」と「進路指導」しました。二日目に「僕は仮面ライダーになるのは無理です」と言ってきました。
 指示を具体的にすると、本人が理解しやすいと言うことがこの事例からも分かります。「鬼の指導」とも陰口言われましたが(^^;)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評価項目に現れてしまう教師の考え方:

« 夢絵本『ももたろう』: 動く絵が楽しい絵本「桃太郎」。さあ鬼ヶ島へと出発だ! | トップページ | 発達障害児用ソフト「よんでみよう」 »