ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« Web上の教材リンク集 | トップページ | ハミガキタイム: 子どもが歯磨きを長時間するようになる歯磨きお助けアプリ。無料。 »

合理的な配慮としてのICTやデジタル教材

文部科学省は特別支援教育の在り方に関する特別委員会の中の合理的配慮等環境整備検討ワーキンググループを昨日開きました。

具体的な議事録が出ていないのですが,関係資料の中に合理的な配慮として下記の例を上げています。

合理的な配慮の例

・点字、手話、デジタル教材等のコミュニケーション手段を確保

・一人一人の状態に応じた教材等の確保(デジタル教材、ICT機器等の利用)

同僚の話によると米国では合理的な配慮以前にICTは考慮されるべき事項であるとのことですが,どちらにせよ障害のあるこどもたちにとってICTの活用を考慮に入れることは必須なのではないかと思います。(使う使わない以前のものとして)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« Web上の教材リンク集 | トップページ | ハミガキタイム: 子どもが歯磨きを長時間するようになる歯磨きお助けアプリ。無料。 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合理的な配慮としてのICTやデジタル教材:

« Web上の教材リンク集 | トップページ | ハミガキタイム: 子どもが歯磨きを長時間するようになる歯磨きお助けアプリ。無料。 »