ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

[iPhone, iPad] 書き取り日本一周 FREE: 手描きで答える県名・地名当てクイズゲーム!無料。

いつものこちらから

[iPhone, iPad] 書き取り日本一周 FREE: 手描きで答える県名・地名当てクイズゲーム!無料。

書き取り日本一周の無料版ということで,広告が出る代わりに機能は同じだそうです。

手書きでの文字の学習や日本地図の勉強にいいかもしれません。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id450747084?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろ書きためてきた教育に使えるアプリ,AACに使えるアプリを一覧で整理しようかと思います。皆さんの応援があればその気になるので,下のボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベントで知った情報から 導電性糸「テクノ手芸」

イベントに参加されている先生からスイッチになる変わった糸の紹介をしてもらいました。

以下,マジカルのメーリングリストでご紹介いただいた内容です。


さて、今回、ちょっと珍しい物を入手した、というくらいの軽い
気持ちで持って行った導電性糸(導電糸)が、思いも寄らぬ!?
反響があったようで、非常にうれしさいっぱいで帰って参りました。
どうせならもう少し”イイモノ”にして行けば・・・とも
思いましたが、多くの方と導電性糸についておはなしする中で、
いろんなアイディアも生まれてきたので、それは別の機会に表現
できたらいいな、と思います。

取り急ぎ、導電性糸関連のWebを挙げておきます。

テクノ手芸ウェブ
http://techno-shugei.com/index.html

テクノ手芸の載っている大人の科学マガジンVol.27
http://www.amazon.co.jp/dp/4056058180


スイッチサイエンス(導電性糸を扱っているサイト)
http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=99


メカロボショップ(導電性糸を扱っているサイト)
導電性糸についていろいろ載っています。
http://www.mecharoboshop.com/Products/physicalcomputing/lilypad-arduino

アマゾンの「テクノ手芸(単行本)」のページ
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E6%89%8B%E8%8A%B8-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E6%89%8B%E8%8A%B8%E9%83%A8/dp/4862670954/ref=pd_rhf_p_img_4

杉浦電気さんも、「テクノ手芸」を早速ご注文されたようです。
今回のマジカルのイベントから、爆発的に広がるかも!?
と言うわけで、今日はとてもお世話になりました。
ありがとうございました。

これですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく,イベントでご紹介いただいた情報を報告していきたいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

体験セミナー(初級)

Img_0337


本日最後のコーナーです。

PPT2010の新機能の紹介などイベントスタッフでも知らないこともありました。

朝から参加された方もいました。
お疲れさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで画像はのアップは終わりです。 さて,寝ようかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

エスコアール

Img_0336


島田療育センターピコピコルーム

Img_0334


Img_0335


NTTドコモ

Img_0332


Img_0333


PENTAX

Img_0330


Img_0331


バンダイナムコゲームス

Img_0328


マジカルの展示コーナー

Img_0325


Img_0326


Img_0327


トビーテクノロジージャパン

Img_0324


パシフィックサプライ・川村義肢

Img_0323


こことステップ

Img_0322
いつも協賛金ありがとうございます。

NEC

Img_0321


パナソニック

新型レッツチャットです。

Img_0320


工房たーちゃんのおうち

Img_0318

Img_0319


黄昏スイッチくらぶ

Img_0317


第32回イベント終了しました。

先ほど自宅に帰ってきました。

たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

概算としては,参加者,スタッフ,展示業者や団体などを合わせると200名ぐらいの参加となりました。

取った写真でアップしていない分をこれから上げてく予定ですが,例年以上に密度の濃い会になったかと思います。

参加者のアンケートも好評でした。

さて,来年のイベントは以下の予定になっています。
またこれから準備です。

第33回イベント
日時:2012年1月7日(土)~8日(日)
講師:本田祐介氏(長野県伊那養護学校)

第34回イベント
日時:2012年7月22日(日)
講師:三室秀雄氏(光明特別支援学校)

参加してくださった方々,お手伝いいただいたスタッフの皆さん,展示に来てくださった業者や団体の皆さん。大変ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場ではiphoneでアップしたんですが,回線の関係もあって時間がかかりますね。 それでも,ブログのほうを見に来てくださっている方々のおかげ,1位になりました。 頑張ったかいがあります。 応援,本当にありがとうございました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

製作講座

1312003803517.jpg

明電ソフトウェア

1312003660206.jpg

おめめどう

1312002983479.jpg

e-AT利用促進協会

1312002657532.jpg

1312002673214.jpg

テクノスジャパン

1312001689737.jpg
オデコン
Yahooでも売ってます

タイムズコーポレーション

1311998245526.jpg

アクセスインターナショナル

1311997664858.jpg

TREE WARE

1311997188850.jpg

信州スイッチラボ

1311996560584.jpg
振動するおもちゃなど

ドロップレットプロジェクト

ライオンさんも

1311995661016.jpg

機器展示

1311992332708.jpg

1311992343886.jpg

AACセミナー

1311991629985.jpg
セミナーは盛況です。


ありがとうございました1位になりました。

レインボープロジェクト

たっちゃんのコネク島のiPad版

1311991321153.jpg

1311991334873.jpg

1311991338477.jpg

1311991342590.jpg

イベント当日です2

さて、そろそろ自宅を出発します。

【サンコー】エアドラムスティック【ARDRMSTC】

バチの中に振動センサーが付いていて,振ったり叩いたりするといろいろと音が出るそうです。

イベントに間に合えば買いだめして紹介したんですけど,残念です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず,注文だけしておこうかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント当日です

イベント当日となりました。

あいにくの雨ですね。

新潟の方は大雨で大変のようです。

これまでのイベントでは,冬のイベントで大雪が降って大変だったこともありましたが,雨が降った日はあまりなかったように記憶しています。

まあ,夏のイベントで熱中症になった方がいらっしゃったこともあるので,暑さで体調を崩すことはなさそうなので,良いかもしれません。
もしも,盛夏でその上,電力不足で冷房が止まったりしたら大変なことになったでしょうから。


みなさん足場が悪いと思いますが,お気をつけていらして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとちょっとで1位が近づいてきました。 皆さんありがとうございます。 イベントの様子は逐次ブログにアップしますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

明日のイベント情報 その4

Webの方に上げていなかったのですが,以下の業者や団体からも展示してもらうことになっています。

レインボープロジェクト

こことステップ

国立特別支援教育総合研究所

タイムズコーポレーション

・PENTAX&桐が丘リモートカメラ活用グループ

です。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと半日ですね。 最後の支度をしています。 応援よろしくお願いします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

明日のイベント情報 その3

イベントの展示コーナーの会場図です。

ただし,電源の配線や機材の都合などによりこれとは異なる場合もあります。

実際に会場でご覧になってお確かめ下さい。

Photo


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2位になりました。 ありがとうございます。 もう少しです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援

表記の本の執筆をお手伝いしました。

言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援

私はもちろんAAC関係のところを書いています。

残念なことにマジカルのイベントには間に合わず,発行が8月上旬とのことです。

以下目次

●目次

まえがき

I 言語・コミュニケーションの発達とその障害
A ことばの発達を支えるもの
1 対人的コミュニケーション
2 ことばの発達を支えるもの――乳児期の知覚・認知発達
3 最初のことばが出る前
4 発音するスキル
B 言語・コミュニケーション発達の流れ
1 語彙の獲得から語連鎖へ
2 文法の確立
3 談話
4 学齢期の言語
C 話しことばの遅れ
1 障害のタイプ
2 語彙が育ちにくい子ども
3 語をつなげて話すことが難しい子ども
D 話しことばの評価
1 なぜ評価が必要なのか
2 言語・コミュニケーション評価の観点
3 「言語・コミュニケーション行動」の評価の実際
4 自発話の分析
5 「発達状況」の評価の実際
6 「言語・コミュニケーション環境」の評価の実際
7 適切な長期目標・短期目標の設定
E 話しことばへの支援
1 支援の実際
2 音声表出が難しい子どもへの支援(AAC)
3 語彙を育てる支援
4 文の理解と表現を育てる支援
5 談話のスキルを育てる支援
6 家庭での配慮
コラム1 アメリカの学校における支援の実際(IEP の活用など)

II 自閉症スペクトラムの子どもの言語・コミュニケーション
A 自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
1 自閉症スペクトラムの概説
2 知的障害のある自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
3 知的障害のない自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
B 自閉症スペクトラムの子どものコミュニケーションの評価
C自閉症スペクトラムの子どもへのコミュニケーション支援
1 支援の実際
2 要求の表現を育てる支援――「要求させる」支援になっていませんか?
3 小グループのなかでのかかわりを育てる支援
4 行事への参加に向けた支援
5 家庭での配慮
コラム2 支援の専門性――日米比較から

III読み書きの発達とその障害
A 読み書きの発達
1 仮名文字の習得
2 漢字の習得
3 アルファベットの習得
B 読み書きの困難
1 仮名文字を読むこと・書くことの困難
2 漢字を読むこと・書くことの困難
3 文章による書記表現が難しい子ども
C 読み書きの評価
D 読み書きへの支援
1 支援の実際
2 仮名の書字の支援
3 漢字の読み書きの支援
4 家庭での配慮

amazonでは予約ができるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントの準備もいろいろあるんですが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

明日のイベント情報 その2

明日のイベントですが,すでにお知らせしていますように製作講座と体験セミナーの受け付けは終了しています。
予想を超える申込があり,定員をオーバーして受け付けているので,申し訳ありませんがキャンセル待ちはありません。

ご了承下さい。

その代わりですが,製作講座で作る部材については,残ったものについてはお分けできるかもしれません。ただし,製作講座に参加された方を優先していますので,製作講座修了後にお問い合わせ下さい。事前には受け付けられません。


また,AACセミナーと機器展示は当日の受付が可能です。

ただし,必ず受付を通って下さい。ふらっと来て見に来るということではなくイベント会員としてご参加いただくという形をとりたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングが3位に上がりました。 ありがとうございます。 あと一息かな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

明日のイベント情報 その1

超朝方人間の私なんですが,今日は暑苦しいために目覚めてしまいました。
もしかすると,寝なおすかも。

さて,明日のイベントの情報を少しずつ。

AACセミナーでは大西さんが体調不良でドクターストップなんですが,奥平氏は元気に来て下さる予定です。

さて,おめめどう  ってどんなところは?

ご存じの方も多いと思いますが,以下がおめめどうのサイトです。

おめめどう

また,奥平氏(ハルヤンネ氏,またはダダ母)のブログはこちら

ふたつめの「月がまわってくる」~自閉症・発達障害支援会社社長のブログ~

この2つを見ていただければ,お分かりになるかと思います。

有名なのはレイルマンという小説です。

レイルマン2

レイルマンの方は売り切れていますし,レイルマン2も現在の本で絶版予定だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん,応援ありがとうございます。 ただ,まだ4位ですね。 明日のイベントまでにトップに行くのは難しいのかなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「学びのイノベーション推進協議会」(第1回)の開催について

先日のフューチャースクール推進研究会と呼応する形で文部科学省が進める「学びのイノベーション推進協議会」が開催されます。

「学びのイノベーション推進協議会」(第1回)の開催について

来週の水曜日8月3日に開かれるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやーイベントまであと少しです。 おもちゃや電池など買い出しに回っています。 せっかくのイベントなので,この時期ランキングが1位になっていると嬉しいんですけど。 皆さん,応援してくれませんか?

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第1回フューチャースクール推進研究会

昨日は総務省にて第1回のフューチャースクール推進研究会が開かれました。

基本的には当日の議事次第や配布資料は後日Webでの発表があるようなのですが,委員は守秘義務が課されているのでどのような話があったかについては,後日のご紹介ということで。

発表されている資料のみご紹介。

・総務省「フューチャースクール推進事業」及び文部科学省「学びのイノベーション事業」に係る提案公募開始(平成23年7月6日)

・「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2011」の公表

・「教育の情報化ビジョン」の公表について


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadを使った被災地の障がい児のための学習支援 ~岩手県・福島県の特別支援学校10校にiPadを貸し出し~

ソフトバンクグループが被災地の特別支援学校にiPadの貸し出しをするそうです。

iPadを使った被災地の障がい児のための学習支援
~岩手県・福島県の特別支援学校10校にiPadを貸し出し~

対象となるのは以下の学校だそうです。

岩手県

岩手県立釜石祥雲支援学校

福島県

福島県立富岡養護学校および同校の教員・生徒が避難されている以下8校。
福島県立いわき養護学校、福島県立相馬養護学校、福島県立大笹生養護学校、福島県立あぶくま養護学校、福島県立西郷養護学校、福島県立石川養護学校、福島県立猪苗代養護学校、福島県立会津養護学校

とっても良い取り組みですね。
応援したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

DO-IT Japan 2011 夏季プログラム公開企画 「障害のある児童生徒・学生の受験における光と影」 ~入試や大学での支援の最新情報と体験者の生の声から考える~

以下,転載自由とのことでご紹介させていただきます。


一般公開シンポジウムのお知らせ(転載自由)

==================================================
DO-IT Japan 2011 夏季プログラム公開企画
「障害のある児童生徒・学生の受験における光と影」
~入試や大学での支援の最新情報と体験者の生の声から考える~
==================================================

DO-IT Japanには,大学入学を目指す,様々な障害のある高校生や
障害により読み書きに困難のある小学生が参加しています。

障害のある児童生徒・学生が高校や大学への進学を目指す際,どのような配慮が
必要でしょうか?また,大学入試では実際にはどのような配慮が受けられ,
その配慮の申請手続きはどんなものなのでしょうか?さらに今後,将来的には
どのような配慮が行われるようになると予測できるでしょうか?

高校や大学での配慮の現状と,障害のある大学生たちの受験の実体験を通じて,
今年も彼らの「受験」を取りまく現状と未来について議論します。

開催概要
* 日時:2011年8月5日(金)
13:30~16:30(公開シンポジウム)
17:30~19:30(交流会)
* 場所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
東京大学先端科学技術研究センター
3号館南棟1階大ホール(公開シンポジウム)
4号館2階講堂 (交流会)
地図:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html
(3号館南棟は,上記地図の3号館の南隣「新棟建設中」と書かれた棟の1階です)
* 参加費:無料,予約不要(交流会参加者のみ,事前予約と軽食費1,000円が必要)
* 当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能


* プログラム
13:30 - 15:00 前半「大学での障害学生支援および受験に関する最新情報」

 司会:近藤武夫(東京大学)

 話題提供者1:白澤麻弓(日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク PEPNet-Japan)
 「聴覚障害学生の可能性を広げる支援:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
 (PEPNet-Japan)の取り組みから」

 話題提供者2:青柳まゆみ(筑波大学 障害学生支援室)
 「筑波大学における障害学生支援」

 話題提供者3:立脇洋介(独立行政法人 大学入試センター)
 「大学入試センター試験における特別措置の現状:発達障害学生への特別措置開始を中心に」

 話題提供者4:田中久仁彦(独立行政法人 日本学生支援機構)
 「全国の高等教育機関における障害学生の現状:平成22年度の実態調査から」

15:00 - 15:20 休憩

15:20 - 16:30 後半「当事者の体験談と将来への提言」

 話題提供者5:大学入試を経験した様々な障害のある学生たちの体験談
 「大学入試や高校受験での配慮の経験と今後に残された問題」

 話題提供者6:中邑賢龍(東京大学)
 「未来の子どもたちの教育環境や学力評価とその配慮:テクノロジーからの提言と展望」

16:30 - 17:00 「DO-IT Japan 2011 夏季プログラム・クロージングセッション」

17:30-19:30 交流会 「公開シンポジウム参加者,DO-IT Japan参加者との交流会」

※ 交流会のみ,事前参加予約をメールまたはFaxにて,8月1日までに,
お名前・人数をお書きの上,ご予約をお願いいたします(特に書式等は設けておりません)。
※ 当日,交流会受付にて,軽食費1,000円を申し受けます。尚,交流会への当日参加受付も
行っておりますが,会場が満席の場合,ご予約頂いている方を優先とさせて頂きます。


※ DO-IT Japan夏季プログラムでは,同会場(3号館南棟大ホール)にて以下のセッションも
 一般公開しております(参加費無料)。

 8月4日(木)13:30~16:00(定員90名.事前申込が必要です)
 「自己肯定物語のすゝめ ~将来の目標のためにやるべきこと? ちょっと待って、今つながろうよ!」
  熊谷晋一郎・綾屋紗月(東京大学)

 8月5日(金)11:00~12:00(事前申込不要)
 「米国における障害のある児童生徒・大学生への合理的配慮の現状」
  近藤武夫(東京大学)


* 参加申し込み・お問い合わせ先:
DO-IT Japan事務局
〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター 3号館310
電話: 03-5452-5064
Fax : 03-5452-5064
メール:yoyaku@doit-japan.org
ホームページ:http://doit-japan.org/
---


以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第32回イベント,AACセミナー講師変更のお知らせ

マジカルトイボックス第32回イベントのAACセミナーで講演していただくことになっていた大西俊介氏ですが,体調不良のためイベントに参加ができなくなりました。

そのためAACセミナーの講師は奥平綾子氏(株式会社 おめめどう)のみとなります。
ご了解下さい。

また,大西氏につきましては1日も早く体調が回復していただくようにお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教科書に関するブログ「お道具箱日記」

前にも紹介した「お道具箱日記」ですが,ここ最近デジタル教科書についていろいろと書かれています。

とても,まとまっていてよく分かります。

お薦めです。

お道具箱日記


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

夏のイベント「第26回リハビリテーション工学カンファレンス」

今年の夏もリハビリテーション工学協会のカンファレンスが開かれます。

第26回リハビリテーション工学カンファレンス

今年は,以下の日程のようです。

会期:2011年8月24日(水)~26日(金)
会場:大阪市中央公会堂 

AAC,AT関係の発表は以下のものがあります。


24日(水) 一般演題 1-C-1 コミュニケーション1   C会場 12:30~13:30
演題番号 演題名 発表者 所属
1C1-1 ろう者向け携帯端末による文字変換ソフトの開発2011 安田 喜一 有限会社エヌ・エム・シィー
1C1-2 脳幹部梗塞の方へのコミュニケーション支援 鈴木 康子 埼玉県総合リハビリテーションセンター 相談部 地域支援担当
1C1-3 事例から考える肢体不自由者意思伝達装置の適合 伊藤 和幸 国立障害者リハビリテーションセンター 研究所
1C1-4 関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを使用したコミュニケーション発達支援の試み 木村 秀生 大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学専攻
24日(水) 一般演題 1-C-2 コミュニケーション2  C会場 13:40~14:40
演題番号 演題名 発表者 所属
1C2-1 コミュニケーションエイド「リンゴ」の事例報告 藤井 聡 川村義肢株式会社 グループ事業開発本部
1C2-2 MSエクセルで作るコミュニケーションエイド「しゃべる文字盤」の開発~試用評価用と学校行事用の開発と今後の方向性~ 大島 淳一 富山県高志リハビリテーション病院 研究開発部
1C2-3 小型頚部筋電位制御ユニットの試作と性能評価 大惠 克俊 名古屋大学 大学院 工学研究科
1C2-4 多様なスイッチ入力方式に対応した学習ソフトを作るためのFlash用ソフトウェアライブラリの開発 竹島 久志 仙台高等専門学校

25日(木) 一般演題 2-C-2 コミュニケーション3  C会場  10:40~11:40
演題番号 演題名 発表者 所属
2C2-1 現補助金制度におけるAAC機器の供給課題と新たな解決策 中村 内彦 川村義肢株式会社
2C2-2 コミュニケーション機器用操作スイッチの標準化に関する一考察 畠中 規 横浜市総合リハビリテーションセンター
2C2-3 重度障害者用意思伝達装置の利用支援調査結果の考察 井村 保 中部学院大学 リハビリテーション学部

26日(金) 般演題 3-D-1 児童・小児  D会場 9:30~10:30
演題番号 演題名 発表者 所属
3D1-1 障害のある子どもの在宅環境の現状と課題(その7)抱きかかえ介助における介助者の腰部負担について 西村 顕 横浜市総合リハビリテーションセンター 研究開発課
3D1-2 障害のある子どもの在宅環境の現状と課題(その6)-訪問調査からみた入浴時の介助動作の現状- 野口 祐子 聖学院大学 人間福祉学部 人間福祉学科
3D1-3 障害のある子どもの在宅環境の現状と課題(その5)―入浴介助における困難事項とヒヤリハットの経験― 阪東 美智子 国立保健医療科学院 建築衛生部
3D1-4 重症児における感覚統合訓練用遊具の使用(3) 佐々木 和彦 大阪府立箕面支援学校
26日(金) 一般演題 3-D-2 教育  D会場 10:40~11:40
演題番号 演題名 発表者 所属
3D2-1 視覚障害者による化学構造式描画の試み 上條 治夫 日本大学短期大学部
3D2-2 学校における手づくり支援用具の紹介 佐々木 和彦 大阪府立箕面支援学校
3D2-3 障害児向け療育支援デジタルコンテンツの活用に関する研究 太田 緑 市立稚内病院 リハビリテーション科
3D2-4 「ユニバーサルサービス」の発展・普及に向けた人材育成(その2) 糟谷 佐紀 神戸学院大学社会リハビリテーション学科

もちろん,私の見落としもあると思いますので,詳しくは協会のWebページをご覧になってください。

例年,いろいろと仕事が入っていけないんですが,今年は久しぶりに参加したいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] ゴ・ゴ・ゴリラ: サンプラザ中野くんが歌う「ラヂオえほん」の絵本アプリ。無料。

いつものこちらから

[iPad] ゴ・ゴ・ゴリラ: サンプラザ中野くんが歌う「ラヂオえほん」の絵本アプリ。無料。

まだ,ダウンロードして試していないのですが,動画を見る限り面白そうです。

サイトはこちら。

http://ehon.jfn.co.jp/books/book1.html

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id448288075?mt=8


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

来年度のイベントは平成24年7月22日(日)の予定です

今年のイベントも終わっていない鬼が笑うような来年のイベント予定ですが,会場のオリンピックセンターの予約が始まったので,会場を確保しました。

(日時)平成24年7月22日(日)
(場所)国立オリンピック記念青少年総合センター

です。講演者をどなたにお願いするか,まだ決まっておりませんが(私の中では何人か候補はいるのですがいまはまだ公表できません)マジカルファンの皆様(そんな人いるかな?)スケジュール表に入れておいて下さい。

正式に決まりましたら,またご案内します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第32回イベント申込みについて

第32回イベントは、多数の方にお申し込みいただきました。どうもありがとうございます。

7月22日にて、第32回イベントの事前申し込みは終了させていただきました。

なお、AACセミナーおよび一般展示・実演のご参加については、当日、受付いたしますので、センター棟309号室に

直接おいで下さい。

たいへん申し訳ございませんが、製作講座、体験セミナーのキャンセル待ちはお受けしておりません。ご了承下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事前申込をされた方で,まだ参加費を振りこまれていない方は当日,会場にてお支払い下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

お薬飲んだ?: 飲み忘れや、飲み間違いを防ぐお薬の友アプリ!無料。

いつものこちらから

お薬飲んだ?: 飲み忘れや、飲み間違いを防ぐお薬の友アプリ!無料。

タイマーで,薬をのむ時間になるとアラートが出て看護師さんから飲むように促されます。

まさに「時間支援」です。

まあ,写真があったりと好き嫌いが出てきますが,これが気に入る子どももいるだろうし完全にパーソナルな使い方としては良いかと思います。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id441186541?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掃除をしていたらルータの電源を切ってしまった。 再度入れなおしたところインターネットにつながらない。

電源を切って入れ直すということを2回ほどやっても駄目だったので,
NTTに電話しました。

確認してもらったところ,回線上は問題ないということで,
ONUとアクセスポイントの電源を入れ直す指示を受けました。

その際にONUから先に電源を入れ,安定してからアクセスポイントを入れるように指示されたところうまくつながりました。

電源を入れる順番があるそうです。

そういえば,その昔,パソコンの電源をいれるのも順番があり,気を使っていましたが,最近はだいぶ大雑把になっていました。

勉強になりました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト2

以前書いた

東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト

ですが,具体的にどうすればいいかを書き忘れておりました。

イベントに参加される方々に提供してもいいおもちゃなどがあれば持ってきていただきたいのです。

それを,マジカルとしてお預かりし,東北の特別支援学校に送りたいと思います。

また,企業からの提供もお願い出来ればと思っています。

提供先については,こちらからコンタクが取れて,受け取ってくださる学校を責任をもって連絡させてもらいます。

勝手に送りっぱなしでは,学校も迷惑でしょうし,支援機器も使われないでしょうから。

まずはおもちゃ類から,それもイベントに参加してくださっている学校にと思っています。

皆さん,ご提供の程よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあて,面白いおもちゃを物色してこなくては。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

総務省が「フューチャースクール推進研究会」、ICT活用のガイドライン改訂

ITproのニュースより

総務省が「フューチャースクール推進研究会」、ICT活用のガイドライン改訂

総務省のWebには以下のように書かれています。

総務省は、学校現場におけるICT環境の構築・運用や授業での具体的なICTの活用方法、クラウド・コンピューティング技術の活用方法などについて検討し、ガイドライン(手引書)2012(仮称)を策定することを目的として「フューチャースクール推進研究会」を開催します。

というわけで,総務省のフューチャースクール推進事業に合わせて以下の3つの検討を行います。

(1)「フューチャースクール推進事業」の実施方針、進捗状況の確認、実施主体への助言等について (2)ガイドライン(手引書)2012(仮称)の策定について (3)その他学校教育の情報化に関する情報通信技術面の課題等について 

この研究会,文部科学省の「学びのイノベーション事業」のための「学びのイノベーション推進協議会」と連携しながら動いていきます。

来週の27日が第1回の会議予定です。今回は研究指定校に盲学校と病弱特別支援学校が入ります。また,昨年度から参加している小学校でも特別支援学級などもありますので,特別支援教育関係の委員として声をかけてもらいました。

障害のある子どもたちや支援を必要としている子どもたちこそICTの活用は有意義であることをご提案出来ればと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

パソコン通信体験アプリ「Welcome to NIFTY-Serve」: 懐かしのダイヤルアップ音とNIFTY-Serveを疑似体験!無料。

いつものこちらから

パソコン通信体験アプリ「Welcome to NIFTY-Serve」: 懐かしのダイヤルアップ音とNIFTY-Serveを疑似体験!無料。

ううん,涙が出そう・・・・なっ懐かしい・・・

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id447556735?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はとっても有意義な会議でした。会議だけで終わること無く,形にしなければ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座

以前紹介した大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座ですが,参加申し込みが今日までのようです。

タイトルを見ると何を話しするんだか分からない,私の講座に10人も申し込んでくれるなんて嬉しいです。

講座の解説見てもよく分かりませんね。

失礼しました。

iライブラリーというのはこちらです。

特別支援教育に活用できる支援機器がこれだけ揃っている場所は実は日本では他にありません。

品川から1時間半はかかる,ちょっと不便なところですがぜひ見に来て欲しいと思います。

ただし,そうは言っても来られない人のためにWebを作って,動画で紹介しています。

今回の講座では,ここに紹介している機器を先生方に試用してもらって実践事例の提供をお願いしようと考えています。

実はおんなじことをこちらでもやっています。

学校現場で欲しいのはやはり「事例」なんですよね。

また,その他に昨年度やっていた研究の紹介お手伝いしたこちらの研究の紹介も予定しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

実践障害児教育2011年8月号「1冊まるごと特集ICTで変わる障害児教育の現在と未来」

実践障害児教育2011年8月号「1冊まるごと特集ICTで変わる障害児教育の現在と未来」

昨日職場に届いた冊子を見てあらためて,今回の号は力が入っていると感じました。

特別支援教育関係のメジャーな雑誌としてこれだけ全面にICTを取り上げてもらっているのはなかなかないと思います。

自分で書いているのもなんですが,オススメです。

「以下目次」

【ICTってなんだろう?】「できる」「わかる」「楽しい」を三つの“A” で実現しよう  …金森克浩 【ICT教育推進のためのスキルアップ】ICTの特性・利便性を理解し積極的に授業への導入を図ろう  …小林 巌 【ICTでもう一歩先の未来へ】「どう使うか」から「どんな能力を育むか」を考えよう  …中邑賢龍
ここは概論へんです。特に中邑先生のお話は最近よくお聞きする海外のお話や大学入試制度のお話,デジタル教科書の実践なども書かれていて「制度自身」にも目を向けて,ICTを利用することに躊躇している時代ではないといわれているような感じです。

以下は実践事例など

拡大・書き込み・ネット検索でさまざまな学びを支援する 塚本光夫

実践 【電子黒板を使った朝の会】
画像や動画を映して、見やすく効率のよい授業へ
眞保謙一郎


先進国での取り組みから学ぶ子どもに使いやすく効果的なシステム
梅田真理


子どものさまざまな困難を解決する最も身近なICT機器
坂井 聡

実践 【見て聞いて自分で管理】
携帯電話でどこでもスケジュール
渡邊 倫・大久保直子


ICTの活用で学びの姿はこう変わる!
東原義訓

実践 【日常のツールとして】
ICT活用で広がる学習、深まる理解
五十嵐俊子

実践【思いを伝え、願いを実現する】
iPodで広がる自発的コミュニケーション
山内雅子

実践【読み困難へのマルチメディアデイジー教科書の活用】
アクセシビリティの改善で自信と意欲を育てる
赤瀬 瞳

触れるとしゃべる! 子どもの活動を広げる「魔法の紙」
生田 茂


ネットワーク活用で情報を「使える」スキルの獲得を
金森克浩

実践 【子ども同士で「知」を伝え合う】
ネットで実現! 地域を越えた学びの共同体
太田容次

実践【専用ネットワークを活用した支援システム】
すべての教職員で子どもの情報を共有
佐囲東 彰


時間が「見て」わかる携帯用アプリTAM-L/F無料公開!
坂井 聡・宮崎英一
[iPadアプリ] フィンランドの特別支援教育の先生が考えた算数ドリル
お知らせ板

とても多彩な内容で,一言で解説できませんが,これまでは比較的特別支援学校での実践が中心でしたが,小学校の校長先生が事例を書いてくださっていたり,今はやりのiPad,iPod,iPhoneの教材の紹介,デジタル教科書関連の動向なども紹介していますので,ぜひ書店に行って見てください。

実践障害児教育2011年8月号「1冊まるごと特集ICTで変わる障害児教育の現在と未来」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて,本日はデジタル教科書の研究協力者との会議の予定です。
各界のそうそうたる方々をおまねきしての会議なので,とても楽しみです。
残念なのは,台風の影響で参加できない先生が出ているのですが,
またご相談していきたいと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第32回イベント、7月18日現在の参加申し込み状況

第32回イベント、7月18日現在の参加申し込み状況です。

AACセミナー:49名
製作講座:定員に達しました
体験セミナー(初級編):定員に達しました
体験セミナー(上級編):6名

となっています。

なお、体験セミナー(上級編)のお申し込みは7月22日をもって、締め切らせていただきます。検討中の方は、お早めにお申し込み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントまであと10日になりました。 展示やAACセミナーは当日参加も可能ですので,ぜひ見に来てください。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教材の活用及び支援的方法実践について

大阪教育大で表記のサイトがありました。
http://www.fuzoku-se.oku.ed.jp/digital/index.html

パワーポイントの教材の実践で,指導案なども紹介していますし,実際使われた教材も掲載されています。

特筆すべきは市販の絵本が使われていることです。

子どもたちの指導では,やっぱり慣れ親しんだ絵本を題材にしたほうが子どもたちの興味関心を引きますので,使いたいところです。

でも,その時に問題になるのは,著作権。

担当の先生が自分のクラスの生徒にその授業のみに素材を使う分には問題になりませんが,他の人に配布するのは問題になります。

大阪教育大のこのプロジェクトの場合には著作権者に許諾を取り,改変しないことを条件に認めてもらったそうです。

とても素晴らしいことです。

利用条件についてな下記に載せられています。


http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/deed.ja


ですので,この利用条件を遵守して皆さんご活用くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

実践障害児教育2011年8月号

学研の「実践障害児教育2011年8月号」にも原稿を書いています。

ただし,学研さんの方はまだ目次が出ていないので雑誌のタイトルのみご紹介。

目次が出たらまた解説します。

「ICTで変わる障害児教育の現在と未来」

こちらのも特集としてICTが全面に出ていますので,必見です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特別支援教育の実践情報「伝え合う力」をどう育てるか

特別支援教育の実践情報の2011年8月9月号は発刊されました。

今号の特集は『「伝え合う力」をどう育てるか』です。

その中で「アシスティブ・テクノロジー(AT)を活用したコミュニケーション支援」について書かせてもらいました。

また,今回の号ではATを活用した授業づくりとして知り合いの先生方の実践を寄せてもらいました。

概論編では坂井聡先生の「子どもの実態に応じたコミュニケーション支援~「伝え合う力」を育てるために~」もありますし,青木先生の「視覚シンボルでコミュニケーション」もありますので,ぜひ買ってお読みいただければと思います。

特別支援教育の実践情報の2011年8月9月号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

富士通、延期していたキーボード付スレートPCの発売日を決定

スレートpcにギミックでキーボードが下から出てくるパソコンが発売になります。

富士通、延期していたキーボード付スレートPCの発売日を決定

OSはWindows7ですので,普段使いのソフトや周辺機器がそのまま使えますが,逆に起動は遅かったりタッチパネルの使い勝手は悪いかもしれません。

割り切った使い方が出来ればけっこう面白そうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

平成22年度学校における教育の情報化に関する調査結果

文部科学省が平成22年度学校における教育の情報化に関する調査結果を発表しました。

平成22年度学校における教育の情報化に関する調査結果

被災された373の東北の学校はのぞいている集計できなかったようです。

速報値のために特別支援学校のデータが出ていませんので,なんとも言えない状況ですが新たに校務支援システムの配備率などのデータも出ていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ポケットAAC

さっき紹介した東京都障害者IT地域支援センターのiPhone、iPad用アクセシビリティ・アプリ一覧で見つけたソフトです。

ソフトの紹介で

「ポケットAACは日本語の言語疎通及び文字学習と言語疎通に不自由な方のためのアプルです。」
と書かれています。「アプル?」と疑問に思ったので,発売元のサイトを見たところどうも韓国の会社のようです。

すごいですね。日本のAACのソフトも韓国で作っちゃうなんて。

でも,日本市場で大丈夫なんだろうか。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id428834993?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPhone、iPad用アクセシビリティ・アプリ一覧

東京都障害者IT地域支援センターのサイトにiPhone、iPad用アクセシビリティ・アプリ一覧が紹介されています。


一覧になっていますし,ソフトの簡単な解説が載っていますので,いいですね。

これを見ると,センターで閲覧出来るようです。
Tokyoitsupport

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

講演会のご案内 「DAISYの新時代―EPUB3とDAISYの連携によるインパクト」

以下のご案内をもらいました。
イベント前日なんで参加したいんですが,微妙です・・・


◆講演会のご案内

「DAISYの新時代―EPUB3とDAISYの連携によるインパクト」

2011年7月29日 14:00-16:30
参加費無料

主催:日本DAISYコンソーシアム
会場:日本財団ビル 大会議室
(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
地下鉄銀座線「虎ノ門駅」、地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」、
地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
会場アクセス:
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

国際的に共同開発が進められたEPUB 3 の公式勧告が
電子書籍規格の標準化団体IDPF(International Digital Publishing Forum)
によってまもなく発表されます。

この新しい仕様にはこれまでのDAISYのすべての機能が内蔵されていますので、
今後アクセシブルな電子書籍のフォーマットとしてEPUB3の普及が期待されます。

このような国際的な動向に焦点をあて、日本DAISYコンソーシアムは
多くの皆さまにEPUB3と連携するこれからのDAISYについて知っていただくために
講演会を開催することにいたしました。

これから始まるDAISYの新時代について皆様と語り合うことができたら幸いです。

■対象者
従来の教科書や出版物を読むことが困難な人々とその支援者
教科書等の出版者、教育・福祉行政関係者、福祉機器、支援技術関係者
その他、情報アクセスに関心をお持ちの方

■要約筆記あり
●希望に応じて手話通訳・磁気ループ、テキストデータ送付(視覚障害の方)

■参加申込先: 日本デイジーコンソーシアム事務局
財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内 担当:有田・野村
TEL: 03-5273-0796  FAX: 03-5273-0615
Eメール: dinf-j@dinf.ne.jp

【プログラム】

13:30 受付開始
14:00 開会の辞

14:10-15:10
講演「DAISYの新時代―EPUB3を使って自分らしい知識のスタイルを選ぶ」
講師 河村 宏 DAISYコンソーシアム 会長

15:10  国内におけるDAISY普及について

報告1 DAISY教科書提供事業について
野村 美佐子 日本障害者リハビリテーション協会
濱田 滋子  特定非営利活動法人 奈良DAISYの会

報告2 サピエにおけるDAISYオンライン
杉山 雅章 特定非営利活動法人 全国視覚障害者情報提供施設協会

15:40 展示およびDAISY体験会について説明
15:55 展示・体験会
16:30 閉会挨拶

【出展予定団体・企業】
オリンパスイメージング株式会社、シナノケンシ株式会社、
有限会社サイパック、支援技術開発機構、
全国視覚障害者情報提供施設協会、NPO法人奈良デイジーの会、
日本障害者リハビリテーション協会、有限会社エクストラ、
株式会社タイムズコーポレーション


必要事項をご記入の上、メールdinf-j@dinf.ne.jp
またはFAX(03-5273-0615)でお申込下さい。

------------------
お名前(ふりがな)

ご所属

ご連絡先
□〒
□住所

□Tel
□FAX
□e-mailアドレス

下記に該当するものをご明記下さい。
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)プログラムのテキストデータ送付希望
4)磁気ループが必要
5)パソコン要約筆記が必要
6)その他
------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「ふっ」と吹く息で文字を選択・入力 障害者向け Twitter 投稿用 iPad アプリ『息鳥』

これは面白そう

無料で提供しているようですね

「ふっ」と吹く息で文字を選択・入力
障害者向け Twitter 投稿用 iPad アプリ『息鳥』

こちらにも記事が

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110713/362394/

50音表が何でよこならびなんだろう。。。配列が変えられるといいのに・・・

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id438630073?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

海外サイト「The National Public Website on Assistive Technology」

アシスティブテクノロジーや支援機器について紹介しているサイトです。

The National Public Website on Assistive Technology

知り合いから紹介してもらいました。 いろいろな支援機器を検索したり比較してみることが出来ます。 ジョージア工科大学が作っているようです。 東大先端研のAT2EDのような感じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

楽暮プロジェクト・セミナー2011.9.4

以下のイベントの案内をもらいました。

第8回 楽暮プロジェクト・セミナー 障害のある方とのコミュニケーション 「スイッチとシンボルで広がる子どもの世界」

今回のセミナーでは、長野県の特別支援学校の自立活動専任として、自閉症から
重度重複障がいの子どもたちまでの支援に携わっていらっしゃる矢島悟氏から、
コミュニケーション支援の実践例を多数紹介していただきます。また、ワークショップ
では、実際に支援機器に触れたり、パソコンでPowerPointを使った教材制作の講座
を開催します。そのほか、支援に関する様々な機器や玩具の展示の他、書籍の
販売も予定しています。コミュニケーション支援に関する様々なヒントが得られる
セミナーです。

【日時】平成23年9月4日(日)10時00分~15時50分(受付・展示開始9:30)
【場所】仙台市福祉プラザ プラザホール(1階)
【内容】
 [講演] 矢島 悟氏 (長野県伊那養護学校 教諭)
   「スイッチとシンボルで広がる子どもの世界 ~特別支援学校での実践を踏まえて~」
 [ワークショップ1] 触ってみよう支援機器
 [ワークショップ2]  パワーポイント教材制作講座(入門編)
   ※パワーポイントがインストールされたノートパソコンをご持参ください。
【展示】 (株)アクセスインターナショナル、パシフィックサプライ(株)、iWANT、楽暮プロジェクト
【参加費】 一般1,500円,学生500円(当日受付でお支払いください.)
【定員】100名程度(当日参加も可能です.)
【タイムテーブル】9:30 受付開始,展示開始
 10:00 挨拶(10分間)
 10:10 講演(110分間)
 12:00 昼食・機器展示・書籍販売(50分間)
 12:50 質問回答(あらかじめ質問用紙を配布します)
 13:20 ワークショップ1 (40分間)
 14:00 休憩(10分間)
 14:10 ワークショップ2(90分間)
 15:40 クロージングトーク(10分間)
 15:50 閉会,しばらく展示
【参加申込み】
 次の情報をを電子メールrabo_event@yahoo.co.jp
またはFAX(022-718-1987)でお知らせください.申込締切:平成23年8月26日(金)
 1.氏名 2.所属等(名札記載用) 3.連絡先 4.ワークショップ2の参加形態:制作する/参観のみ/未定
※当日参加も可能ですが,名札や資料の準備の都合がありますので,できるだけ事前にお申し込みください.
【駐車場】
 仙台市福祉プラザの駐車場は利用できません.公共交通機関まはた近隣の駐車場をご利用ください.
【主催】楽暮プロジェクト

詳しくは以下のWebまで

http://www.geocities.jp/rabopj/event201109/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「まほろば」バリアフリーパソコンサポート

iPadのソフトを探していましたら,行き当たりました。

まほろば

丁寧に情報が提供されていていいですよ。

私のブログにもリンクを張っていただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「タブレット型情報通信端末を利用したトーキングエイド」と最新支援機器学習会

研究会のご案内です。


「タブレット型情報通信端末を利用したトーキングエイド」と最新支援機器学習会

 厚生労働省「障碍者自立支援機器開発事業」の助成を受けて開発されている、トーキングエイド for iPadや、最新支援機器についての事例の説明や、実際に機器を触りながら、意見交換を行います。

紹介予定の代表的な支援機器は次のものです。

・NPO法人e-AT利用促進協会/トーキングエイド tester
 http://www.facebook.com/eat.taid
・ボードメーカー
 http://www.accessint.ne.jp/communi/sound/109.html
・インテリキーUSB
 http://www.accessint.ne.jp/communi/computer/IKUSB-OM.html

今回の開催は、e-AT利用促進協会さんから、facebookページの活動を見たということで、声をかけていただきました。開発機器を実際に触れる意見交換等は、なかなかできない機会だと思いますので、急な日程ではありますが、支援機器に興味のある方はぜひご参加いただければ幸いです。

詳しくは案内文をご覧ください。
http://hokkaido.tokubetsushien.com/wiki/index.php?%BA%C7%BF%B7%BB%D9%B1%E7%B5%A1%B4%EF%B3%D8%BD%AC%B2%F1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Accessible Publishing Best Practice Guidelines for Publishers

支援技術開発機構のサイトから

Accessible Publishing Best Practice Guidelines for Publishers

WIPOの作業部会が発表した出版者向けのガイドラインが発表されました。 国連障害者権利条約の実行のためにデイジーコンソーシアムが研究した内容等も盛り込まれています。

http://www.editeur.org/files/Collaborations/Accessibility/WIPO.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] 夜のともだち: ボクとクマとの約束を巡るストーリー。音楽も素敵な絵本。無料。

いつものこちらから

[iPad] 夜のともだち: ボクとクマとの約束を巡るストーリー。音楽も素敵な絵本。無料。

iPad用の電子絵本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教科書教材協議会「DiTTビジョン201X」アニメを公開

デジタル教科書教材協議会が「DiTTビジョン201X」のアニメイメージアニメをyoutubeに公開いています。


この他に委員の人たちのインタビューも上がっているようです。

http://www.youtube.com/user/DiTTchannel

アニメには病気で学校に行けない子供の絵や色覚を調整する機能があるなど,障害のある子どもを意識したものも描かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ハミガキタイム: 子どもが歯磨きを長時間するようになる歯磨きお助けアプリ。無料。

いつものこちらから

ハミガキタイム: 子どもが歯磨きを長時間するようになる歯磨きお助けアプリ。無料。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id389161454?mt=8

ある意味タイムエイドですね。

私は電動歯ブラシを使っています。

どうしてかというと歯を磨くのが下手なのもあるのですが,根本的に「歯磨きが嫌い」なんです。

ですので,適当にすませて終わってしまおうとするので,虫歯になりやすい。
この歳なので歯槽膿漏も気になります。

ですが,この電動歯ブラシは30秒ごとにシグナルが出て磨く位置を切り替えてくれる。
2分間で完了です。

そうすれば,どこを磨けばいいか分かるし,見通しも持てる。

そんなわけでとっても重宝しています。

このアプリはそんな機能になっているようなので,歯磨きが嫌いなお子さんにはぴったりなのでは。

ちなみに,歯磨きソフトっていろいろあるようで,知り合いからこんなソフトを紹介してもらいました。

5分はみがき
http://itunes.apple.com/jp/app/id347879237?mt=8

こっちは5分なんでちょっと長いですけど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

合理的な配慮としてのICTやデジタル教材

文部科学省は特別支援教育の在り方に関する特別委員会の中の合理的配慮等環境整備検討ワーキンググループを昨日開きました。

具体的な議事録が出ていないのですが,関係資料の中に合理的な配慮として下記の例を上げています。

合理的な配慮の例

・点字、手話、デジタル教材等のコミュニケーション手段を確保

・一人一人の状態に応じた教材等の確保(デジタル教材、ICT機器等の利用)

同僚の話によると米国では合理的な配慮以前にICTは考慮されるべき事項であるとのことですが,どちらにせよ障害のあるこどもたちにとってICTの活用を考慮に入れることは必須なのではないかと思います。(使う使わない以前のものとして)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Web上の教材リンク集

某研究所のiライブラリーサイトに教材サイトのリンク集が・・・

教育ソフトリンク集


ご参考までに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト

この夏のマジカルイベントでは東北3県の特別支援学校を支援するためにカンパ箱を用意しようかと思ったのですが,これではマジカルとしてちょっと芸がない。

マジカルらしいことといえばやっぱりスイッチやスイッチトイです。

ですので,スイッチやスイッチトイをイベント後に送りたいと思います。

そこで,参加される皆さんにお願いです。

東北の特別支援学校に送るおもちゃを提供してもらえませんか?

不要物ではなくって学校で使って子どもたちが喜んでいたもの。
そういったおもちゃを提供してください。

マジカルからはスイッチ等をそれにセットしてお送りしようと思います。
ただし,子どもたちが喜んでいたからと言って,使いふるしではなくって
新品のおもちゃをお願いします。

どれを送るか,どこに送ったかはこのブログやマジカルのWebページに載せたいと思います。
スイッチトイだけでなくって,他の支援機器でもかまいませんが,
「新品」でお願いします。

主な送り先は肢体不自由特別支援学校を想定しています。

ご協力をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マイクロソフトのパワーポイント教材

このブログでも何回も紹介していますし,いろいろなところに行くたびに紹介しているんですけどもそれでも,情報教育に詳しい先生が知らなかったりするのでご紹介します。

特別支援教育でのパワーポイント活用

一昨年のマジカルイベントでも東大の近藤さんに来てもらって紹介してもらいましがこれの良いところは「基本の素材」を提供しもらっていることです。

つまり,大切なのは「先生方の力量」

これがあれば万能なのではなくって,先生方の指導力を「支援」するツールになることです。

まあ,それでもマニュアル社会なので,指導実践事例集などがあるといいのかもしれませんが,これを使っていろいろと教材をカスタマイズできます。


ここからが応用編。


パワーポイントのデータは最近のスマートフォンなどでは再生できます。
iPadやアンドロイドなどでも動作が可能なので,それに入れてもいいのですが,パワーポイントのデータをFLASHが動作できる端末(iphoneやipadはNG)で再生するために変換するソフトがあったりします。

Free PowerPoint® to Flash® Converter

フリー版でもアニメーションやハイパーリンクが実現します。

実はこういうソフトって色々あって,

Adobe Captivate

なんてのも同じようなことができます。

ここでもう一回ひねりを加えると

FLASHのデータをHTML5にするツールなんてのもあります。
そうすればipadやiphoneで動きます。

FLASHをHTML5に変換できるGoogle swiffy公開、iPhoneやiPadにも対応

まあ,はっきりいってここまでしなくってもすのままのパワーポイントのデータで動くんですけど。。。

いろいろいじくりたい方は試してください。


ですけど,最後にまた書きます。

大切なのは「先生方の指導力」 であって,教材には指導力はありません。
どう教えるかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム

以下のイベント案内をもらいました。
すでにこの日に予定が入っているので,参加できません。残念。

イベント名称: デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム

日 時: 7月28日(木)10:00-12:00(受付開始9:30~)
会 場: 秋葉原UDXギャラリー
定 員: 300名
参加費: 1,500円(税込)
※教員など学校関係者の皆様は無料でご招待いたします。


プログラム:
10:00-11:00 第一部 特別対談「デジタル教育の展望」
登壇者  小宮山 宏(株式会社三菱総合研究所理事長/前東京大学総長/DiTT会長)
     長尾 真(国立国会図書館館長/元京都大学総長)
安西 祐一郎(慶應義塾学事顧問/前慶應義塾長)
モデレーター  中村 伊知哉(慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授/DiTT副会長)


11:00-12:00 第二部 (近日発表)


参加方法:件名に「デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム参加申し込み」と表記し、
下記の必要事項をご記入の上、dittexpo11-sympo@f2ff.jp までお申し込みください。


必要事項
氏名:
会社名:
所属:
役職:
メールアドレス:
電話番号:
領収書:要/不要、宛名(要の場合)


本シンポジウムの詳細につきましては、
http://www.f2ff.jp/dittexpo/outline/index.html をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

???

???

絆

[iPad] 拡大鏡 ルーペ 虫眼鏡:iPad 2 が虫眼鏡になる!字が読みやすいように画像を簡単に調整できる。無料。

いつものこちらから

[iPad] 拡大鏡 ルーペ 虫眼鏡:iPad 2 が虫眼鏡になる!字が読みやすいように画像を簡単に調整できる。無料。

残念ながらiPad2を持っていないので,動作確認できません。

しかし,弱視の人にはオススメというか定番アプリになっていると思います。

ダウンロードはこちらから

http://itunes.apple.com/jp/app/id440693630?mt=8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ICT夢コンテスト

こんな案内をもらいました。

皆さんへご紹介。

 学校におかれましても、企業におかれましても盛夏のなかの節電に様々な工夫をされてご活躍のことと存じます。日頃は当財団法人コンピュータ教育開発センターをご支援いただき誠に有難うございます。本メールは、過去のCEC成果発表会にご参加いただいた教職員関係の皆さま、参加頂きました企業の皆さまにお送りさせていただきます。

 当財団ではICT夢コンテストを開催します。

 http://www.cec.or.jp/yume/yume_top.html

 これまでのマイタウンマップ・コンクールを発展させ、ICT活用授業実践公募を統合させる形で当コンテストを立ち上げました。このコンテストはICT利活用の実践事例を募るものです。次世代を担う子どもたちの教育に関
わって情報リテラシー向上に役だてられればと考えております。学校部門・地域部門と二つの募集部門を設けております。

 学校部門は授業をはじめとした様々なICT利活用実践で、授業に活力を産むICT活用実践、楽しい授業・わかったという授業実践、模範になる実践、普及できる実践などを応募頂きたいと存じます。

 地域部門は家庭、地域、企業のICT利活用実践で、情報活用力の実践事例、協業学習・普及活動・新たな取り組み事例、学校・家庭における情報活用力の実践相互理解事例を募ります。 詳細はホームページを参照下さい。

 受賞者には副賞とともに、当財団のCEC成果発表会のレジュメ集に掲載の原稿の提出と、会場の分科会でご発表をしていただきます。

 以上、ご紹介させて頂き、応募の検討をよろしくお願い申し上げます。

平成23年7月6日
(財)コンピュータ教育開発センター
ICT夢コンテスト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

児童1人1台 iPad 絆プロジェクト整備で授業改善

こちらから

児童1人1台 iPad
絆プロジェクト整備で授業改善

平成22年度総務省予算による「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」(以下、絆プロジェクト)の予算で学校全体で209台のiPadが導入されたそうです。

でも,学校のWebページを見てもICTというのが前面に出ていないのがいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

メール会員募集のお知らせ

マジカルトイボックスではこれまでに年に2回のイベントを中心的な活動として行ってきました。

そのほかにメーリングリストを使って会員の方への情報提供をしていました。

この「会員」というのは年会費2000円で夏のイベントに参加できない方への資料の提供とメーリングリストへ参加していただいたのですが,多くの方にマジカルの活動を知ってもらうために,無料でメール会員に登録させていただく事にしました。

参加ご希望の方は以下のアドレスまでお申し込みください。


mtb@magicaltoybox.org

メールには

(お名前)
(ご所属)
(登録希望メールアドレス)

をお書きください。
また,メーリングリストはGMOのfreemlのシステムを利用していますので,メールには広告が入りますので,その点はご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第36回特別支援教育教材・教具展示会作品募集

障害児教育財団では今年も教材教具展を開いています。

〆切は平成23年10月7日(金)とのことです。

先生方の夏休みの研究課題としてご活用下さい。

第36回特別支援教育教材・教具展示会作品募集

平成23 年6月

都道府県・指定都市教育委員会特別支援教育担当主管課長
都道府県・指定都市特別支援教育センター等所長殿
特別支援学校長、特別支援学級等設置校長

財団法人
障害児教育財団理事長鈴木勲

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
当財団の事業実施に当たりましては、日頃よりご高配いただきまして誠にありがとうございます。
このたび、「第36回特別支援教育教材・教具展示会」を国立特別支援教育総合研究所の協力により、下記のとおり実施することといたしました。
つきましては、貴管下関係職員にご周知いただき、多数応募いただきますようよろしくお願い申し上げます。

第36回特別支援教育教材・教具展示会作品募集要項

主催

財団法人障害児教育財団

後援

文部科学省
財団法人日本児童教育振興財団
独立行政法人
協力財団法人才能開発教育研究財団
国立特別支援教育総合研究所
社団法人日本教育工学振興会
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
社団法人日本教材備品協会
全国特別支援教育推進連盟

1.目的
障害のある子どもの教育に携わっている教職員が、日常の教育活動の中で創意工夫し、実際の教育活動に活用している教材・教具(コンピュータによる学習ソフトウェアを含む。)を一堂に集めて展示し、新しい教育方法の開発に資するとともに、優れた作品を顕彰し広く普及することにより、障害のある子どもの教育方法等に生かす教材・教具の製作、活用を奨励することを目的としています。

2.応募資格
特別支援学校、特別支援学級及び特別支援教育センター等で障害のある子どもの教育に携わっている教職員(個人のほか、グループによる応募も可)とします。

3.応募方法
応募に当たっては、次の(1)教材・教具一般、(2)コンピュータによる学習ソフトウェア、の区分により応募願います。なお、コンピュータを利用した教材・教具について、ソフトウェアが全体の一部とお考えのときは教材・教具一般として、ソフトウェアが中心とお考えのときはコンピュータによる学習ソフトウェアとして、その判断は応募者に委ねることとします。
特に、デザイン、写真、絵、音楽等の使用については、著作権に十分ご留意願います。

(1) 教材・教具一般
提出内容:所定の応募用紙(1作品につき1枚必要)に必要事項を記載し、作品概観及び障害のある子どもの教育活動等における作品使用時の様子がわかるよう写真等(各1枚ずつ)を添付の上、ご応募ください。
実物作品は、書類による予備審査を通過した方のみ、後日送付していただきますので、応募時には必要ありません。

(2) コンピュータによる学習ソフトウェア
提出内容:所定の応募用紙(1作品につき1枚必要)に必要事項を記載し、障害のある子どもの教育活動等における作品使用時の様子がわかるよう写真等(1枚)とともに、学習ソフトウェアはCD-R、又はDVD-R 等に記録し、インストール方法及び操作方法の説明書を添付の上ご応募ください。
なお、学習ソフトウェアを動作させるために使用するコンピュータ本体、OS、使用言語等は、学校で入手・使用が可能なものとします。また、周辺機器等を主催者側で用意できない場合は応募者に借用を求めることがあります。

(3)注記
①応募作品は1人2作品までとします。教材・教具一般とコンピュータによる学習ソフトウェアの両方に応募することは可能ですが、この場合も合計2点以内とします。
②応募用紙、添付書類、記録媒体は、原則として返却いたしません。ただし、特に返却の希望のある場合は、お申し出ください。
③特許、実用新案、意匠の登録を受けたものは公報を、出願中のものは願書の写を添付してください。
④審査にあたり応募者本人が特定されることとなりますので、応募作品に氏名・校名等の個人情報を入れないようお願いします。
⑤募集要項・応募用紙はWEB ページ(http://www.nise.go.jp/)からダウンロードできます。

4.応募締切平成23年10月7日(金)必着

5.応募先財団法人障害児教育財団事務局
〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5丁目1番1号℡ 046-839-6888

6.審査
(1) 予備審査・・・応募時の書類による審査及び学習ソフトウェアの動作実演による審査(予備審査結果は応募者全員に封書で通知)
予備審査員・・・国立特別支援教育総合研究所の研究職員を委嘱

(2) 本審査・・・予備審査を通過した方から提出していただく実物作品及び学習ソフトウェアの実演による審査

-作品搬入要領-

予備審査通過作品は実物を搬送していただきます。原則として、搬入できる作品の大きさは、幅1m、奥行き2m、高さ1.8 mを限度とします。
ただし、教育活動で利用中などの場合は、模型又は写真(六ツ切り大)も認めますが、その場合は、実物と同様の構造や機能が確認できるものとします。

・本審査員(予定)
石井清人(財団法人才能開発教育研究財団研究部長)
西尾典眞(国立特別支援教育総合研究所理事)
尾崎祐三(全国特別支援学校長会長)
古谷春秀(社団法人発明協会発明奨励グループ部長)
小田豊(国立特別支援教育総合研究所理事長)
三浦和(全国特別支援教育推進連盟理事長)
宍戸和成(筑波大学附属久里浜特別支援学校長)
宮木立雄(財団法人日本児童教育振興財団常務理事)
柘植雅義(国立特別支援教育総合研究所教育情報部長)
森田和夫(社団法人日本教育工学振興会専務理事)

7.費用
教材・教具一般の作品搬入に要する費用は応募者の負担とし、返送に要する費用は当財団が負担します。コンピュータの周辺機器等の借用を応募者に求めた場合は、送付・返送両方の費用を当財団が負担します。

8.優秀作品展示会日程等
優秀作品の展示・演示は、国立特別支援教育総合研究所において以下の日程で開催します。
日程:平成23年11月30日(水)~12月9日(金)(土・日を除く)

9.発表
(1) 審査結果は、予備審査及び本審査ともに終了後速やかに応募者宛通知します。

(2) 入賞作品は、当財団刊行の「特別支援教育教材・教具開発」(第36 集)に掲載し、入賞者及び関係機関に配布します。また、国立特別支援教育総合研究所において、WEB ページへも掲載します。http://www.nise.go.jp/(「報告書・資料」→「教育コンテンツ」→「特別支援教育教材・教具展示会」)

10.表彰
文部科学大臣賞及び財団法人日本児童教育振興財団奨励金1作品:30万円
国立特別支援教育総合研究所理事長賞及び財団法人障害児教育財団奨励金1作品:20万円
財団法人障害児教育財団理事長賞及び財団法人日本児童教育振興財団奨励金
金賞1作品:15万円、銀賞2作品:各10万円、銅賞3作品:各5万円、
佳作20作品程度:各1万円

※過去の最高賞受賞者で今回上位3賞に入賞した方は教材達人(特別支援教育教材・教具卓越創作者)として遇し、位記を授与します。教材達人は永世とし以後の応募作品は無審査で展示いたします。

Webのデジタル教材「熊本市地域教育情報ネットワーク」

熊本市教育センターのサイトでWebで活用できるデジタル教材が200点ほどアップされています。

どれもflashで作られているようなので,残念ながらiPad等では見られませんが,PCで参照できますので,ご紹介します。

熊本市地域教育情報ネットワーク

利用するにあたっては利用許諾条件を良くお読みいただいてご活用下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

製作講座,体験セミナー(初級)の受付を終了しました

第32回イベントの製作講座が定員に達しましたので受付を終了いたしました。

また、体験セミナー(初級編)も受付を終了しております。

多数のお申し込みありがとうございました。

なお,AACセミナー,体験セミナー(上級)の受付はまだやっております。

また,展示のみの参加は無料ですので,当日受付でご参加いただけます。


イベント案内はこちら→第32回イベントチラシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

A Vision for Implementing Accessible Instructional Materials (AIM) in a Large Urban School District. Enjoy!

最近こだわっている言葉にAccessible Instructional Materials (AIM)というのがあります。

アクセス可能な教材といった意味です。

どのような子どもたちでもその学習課題に到達できないようなシステムになっているのは公教育としてはどうかなと思っています。

アメリカのBookshareというところでは,AIMなデジタルテキストデータを障害者向けに提供している団体です。n

ここで,のビジョンがyoutubeにアップされていたので,ご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル読解力:日本4位 評価の一方で課題も

毎日新聞の記事から

デジタル読解力:日本4位 評価の一方で課題も

話題のPISAの調査の中で「デジタル読解力」という調査も行ったようです。

これは,プリント読解力調査とは別にPCを使っての調査を行った結果です。

日本は第4位ということで,子どもたちの能力の高さが伺えます。

(誰かが1位じゃなきゃいけないんですかといいそうですが・・・)

ですが,この調査の中で国語・数学・理科の授業でコンピューターを使う生徒の割合が、OECD平均の10分の1に満たなかったと書かれています。

つまり,授業ではあまりコンピュータは使われていないということです。

良くとらえると,コンピュータなんか使わなくっても学力は付けられるという考えもありますが,学校の先生方が使いこなせていないのではないかという考え方もあります。

また,別の調査では

「マルチメディア作品の作成では、「自分で上手にできる」、「誰かに手伝ってもらえばできる」と回答した生徒の割合が参加国・地域の中で最も低く、表計算ソフトを使ったグラフの作成については、OECD平均より低い水準にある。」

ということで,やはり各差が出てきているようです。子どもたちの個に応じた指導にはコンピュータなどの情報機器の活用は必須すし,先生方が上手に使いこなせるようになってもらわないと子どもたちの学ぶ機会が広がらないのではと思います。

参考資料

OECD生徒の学習到達度調査(PISA2009)デジタル読解力調査の結果について

(PISA2009)デジタル読解力調査のポイント(PDF:262KB)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

声の大きさを計るソフト

風船をふくらませて声の大きさを計るアプリが知りたいと知り合いから相談されました。

私は知らなかったのですがサノッチ先生がご存知だったのでご紹介していただきました。

NoiseLevel

発達障害のお子さんなど自分の声の大きさが分からずに大きな声になってしまう時にモニタリングするのに使えますね。

115円と安価ですが,iphoneを持っていないといけないので,機械も買うとなると高価になります。

そういった人には専用機があります。

声のものさし「ボイスルーラー」

専用機なので,細かい設定まで配慮がされていますのでいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

変わった入力機器「amenbo」

コレクトスペース さんのブログより

あめんぼ

ダブル技研さんといえばリーダブルという本のページをめくる機械をつくっている会社です。

この説明を見ていると,さすが日本は技術大国だなぁと感心します。

微妙な指の動きでコンピュータなど様々な機器が操作できるようになると面白いでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第30回(平成23年度)肢体不自由児・者の美術展

昨日までの校長会での配布資料で肢体不自由特別支援学校の校長先生方には表記のものもお配りしています。

第30回(平成23年度)肢体不自由児・者の美術展

Adca_bijutsu


この中で「コンピュータアート」部門というのがあるんですが,例年応募点数が少なく,また応募の地区も偏っています。

ぜひ,肢体不自由特別支援学校の先生方は校長先生に「こんな資料を貰っているはずだが」といってもらってきてください。

応募の締切は9月20日と夏休み明けなので,夏休みの宿題にしていただいてもいいですし学校の活動に位置付けてくださってもいいです。

iPadなど手軽に書ける機器も登場していますから,肢体不自由のお子さんでもいろいろな作品を制作することが可能になっていると思います。

先生方,ぜひ工夫をして作品の応募をしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »