ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム | トップページ | 東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト »

マイクロソフトのパワーポイント教材

このブログでも何回も紹介していますし,いろいろなところに行くたびに紹介しているんですけどもそれでも,情報教育に詳しい先生が知らなかったりするのでご紹介します。

特別支援教育でのパワーポイント活用

一昨年のマジカルイベントでも東大の近藤さんに来てもらって紹介してもらいましがこれの良いところは「基本の素材」を提供しもらっていることです。

つまり,大切なのは「先生方の力量」

これがあれば万能なのではなくって,先生方の指導力を「支援」するツールになることです。

まあ,それでもマニュアル社会なので,指導実践事例集などがあるといいのかもしれませんが,これを使っていろいろと教材をカスタマイズできます。


ここからが応用編。


パワーポイントのデータは最近のスマートフォンなどでは再生できます。
iPadやアンドロイドなどでも動作が可能なので,それに入れてもいいのですが,パワーポイントのデータをFLASHが動作できる端末(iphoneやipadはNG)で再生するために変換するソフトがあったりします。

Free PowerPoint® to Flash® Converter

フリー版でもアニメーションやハイパーリンクが実現します。

実はこういうソフトって色々あって,

Adobe Captivate

なんてのも同じようなことができます。

ここでもう一回ひねりを加えると

FLASHのデータをHTML5にするツールなんてのもあります。
そうすればipadやiphoneで動きます。

FLASHをHTML5に変換できるGoogle swiffy公開、iPhoneやiPadにも対応

まあ,はっきりいってここまでしなくってもすのままのパワーポイントのデータで動くんですけど。。。

いろいろいじくりたい方は試してください。


ですけど,最後にまた書きます。

大切なのは「先生方の指導力」 であって,教材には指導力はありません。
どう教えるかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム | トップページ | 東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/52156579

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトのパワーポイント教材:

« デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム | トップページ | 東北の特別支援学校へ支援機器をプロジェクト »