ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« [iPad] リリーさんのおだんご: 岡本真夜さん朗読。心が暖かくなる「ラヂオえほん」の動く絵本。無料。 | トップページ | 客を見て、オススメを見やすくしてくれる自販​機 »

ICT活用を阻むもの

昨日は大阪支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座に参加させていただき,特別支援教育におけるICT活用という話をさせていただきました。

さて,講義の中でも話したのですが,なかなかICTの活用が普及しません。

「使って効果があるか分からない」「使い方が分からない」「何が使えるか分からない」といった課題があり,それを改善するためには「基本的な考え方を理解すること」「事例の紹介すること」「情報の紹介すること」が大切ですと伝えました。
Ict

参加した先生方には「実践事例を作る」「実践事例を紹介する」「コミュニケーションをはかる」ということをお願いしました。

Photo

言葉だけで見ると当たり前ですね。

ICTに限らないことです。

また,普及を図るためマーケッティングの理論について紹介し,普及率16%の理論について話しました。

イノベーター理論

ここでは,冒険的で最初に革新的な事を行うイノベーターや自ら情報を集め,判断を行えるオピニオンリーダーだけでなくすでに採用を子おこなっている人に相談して追従的に行うアーリーアダプターにまで広まらないとICT活用は普及しないという話をしました。

しかし,実はこの16%の壁を作っているのはイノベーターである私たちなのでは,と自戒を込めて思いました。

本来ならば,一番大切なのは「子どもたち」の教育や生活を良くすることが肝心ですが,往々にして先進的な実践をしていると「評価」されます。

これがくせ者で,「他の人には真似ができない」事をやるから評価されるんですけど,普及のためにはそうではいけない。

実は,自分が評価されるために「普及しない」事を無意識に認めているんじゃないかと。

誰もがやるようになってしまうと,存在価値が薄れますし,誰もがやる実践だと目立ちません。

でも本当は,子どもたちにとって良いことをすればいいはずなので,「当たり前」の実践を積み重ねないといけない。

そのためには日常的な「当たり前の指導」を積み重ねていくことやそれを評価していく仕組みがいるのではないかと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座に参加された先生方,ぜひ応援のクリックをお願いします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« [iPad] リリーさんのおだんご: 岡本真夜さん朗読。心が暖かくなる「ラヂオえほん」の動く絵本。無料。 | トップページ | 客を見て、オススメを見やすくしてくれる自販​機 »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/52494311

この記事へのトラックバック一覧です: ICT活用を阻むもの:

« [iPad] リリーさんのおだんご: 岡本真夜さん朗読。心が暖かくなる「ラヂオえほん」の動く絵本。無料。 | トップページ | 客を見て、オススメを見やすくしてくれる自販​機 »