ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ぷれ信州特別支援教育カンファレンスin須坂

個人的にとても気にいっている長野県の先生方のイベント「信州特別支援教育カンファレンス」の「ぷれ」版が開かれるそうです。


ぷれ信州特別支援教育カンファレンスin須坂

定番というか鉄板のメンバー5人がお話しをされるようなので面白いこと間違い無しですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間がとれれば聞きに行こうかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「アンドロイド 障害者用」で検索をかけたら・・・

なぜか一気に職場で2台,自宅で2台のAndroid端末のお世話をすることになったので,さてどんなソフトがあるだろうかと「アンドロイド 障害者用」で検索をかけたら筆頭だったのはこちら


日本Androidの会

うむ,なるほど,でもいろいろと研究段階なのだろうという感じです。

その後に続いているのはやはり「たすく」のソフトの記事などが半分ぐらいです。

たとえば・・・

発達障害者向けスケジュール作成アプリにアンドロイド版-都筑のIT企業が開発

そのほかに,どんなのがあるだろうと探していたらやっぱりというか,情報が少ないのか,自分のブログがけっこう上位にあったりしました。

アンドロイドにマウスをつなげる

ということは,まだまだ未開拓な感じなのですね。

とりあえず,こちらの参考に探してみます。

Android携帯用・障害のある人に便利なアプリ一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにか有力な情報をお持ちの方はご紹介ください。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

教材教具・支援機器のモニター調査報告データベース

国立特別支援教育総合研究所発達障害教育情報センターで行っている教材教具・支援機器のモニター調査の結果がデータベースになっています。

ものの紹介だけでなく,利用してどのような効果があったかを書かれていますので,試してみたい,どんなものがあるのか知りたいという方はぜひのぞいてみることをお薦めします。

教材教具・支援機器のモニター調査報告データベース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった地道な事例の蓄積が効果を発揮します。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

(再掲)第36回特別支援教育教材・教具展示会作品募集

以前紹介した第36回特別支援教育教材・教具展示会作品募集ですが,応募が少ないようです。

ですので,日数もあまりありませんが,いま応募すれば入選の確率は高いですよ。


●平成23年度(第36回)特別支援教育教材・教具展示会作品募集!
 応募締切迫る!    (財団法人障害児教育財団)

 メールマガジン第53号(平成23年 8月号)でご案内したところですが、現在、
財団法人障害児教育財団では、特別支援教育に携わる教職員が、日常の教育活動
の中で創意工夫し、実際の教育活動に活用している教材・教具(コンピュータに
よる学習ソフトウェアを含む)を募集しています。
 本年度は以下のとおり募集をしています。ふるってご応募ください。

 ◇賞 文部科学大臣賞
    国立特別支援教育総合研究所理事長賞
    障害児教育財団理事長賞(金賞、銀賞、銅賞、佳作)
 ◇応募締め切り 平成23年10月7日(金)必着
 ◇応募先    財団法人障害児教育財団 事務局
         〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5丁目1番1号
          電話046-839-6888

※10月7日(金)が締切となっていますので、応募を検討されている方がい
らっしゃいましたら、お早めにご連絡ください。

 ○過去の実施状況及び本年度の募集要項・応募用紙はこちら→
  http://www.nise.go.jp/cms/7,381,31,132.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと2週間,がんばってみませんか?

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

全入化時代における 障害者のための支援技術

大学入試センターの上野先生のブログです。

全入化時代における 障害者のための支援技術

以下抜粋

10月1日に日本教育会館で、大学入試センター入学者選抜研究機構の第2回セミナーガ開かれます。テーマは、「大学入試を考える~全入化時代に入学者選抜は必要か~」という刺激的なものです。


提案の要旨だけ載せます。

○障害種別による支援からニーズ優先へ
○支援技術(AT)の日常的な普及が前提となる
○測定すべき 基本的能力 とは何か
○特別措置の波及効果と今後の努力目標

とのことで,「支援技術(AT)の日常的な普及が前提となる」というお話しをいただけるのはとても心強いです。

大学入試センター入学者選抜研究機構の第2回セミナーはこちら

http://www.dnc.ac.jp/modules/research/content0049.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特別なものとしてではなく,支援技術を当たり前に使える仕組みを考えていきたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ATACの発表申込はもうすぐ〆切

ATACカンファレンス2011の発表申込〆切が今週です。

いまやっている研究成果を発表しようと思っています。

参加は当日でも可能なのですが,発表する人は参加の申込もしないといけませんから検討している人は申し込みしないといけませんね。

ちなみに,私が頼まれているプリカンファレンス,昨年 坂井さんとやったのはなかなか申込者が増えなかったのですが,今回は順調のようでもしかすると,定員に達して〆切になるかもしれません。

嬉しい限りです。

Atac


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ATACがだいぶ変わってきた,という人もいます。もちろん,状況も変わっているでしょうけど,自分たちが参加しやすいように参加する側からも変えていけるといいのではと思っています。皆さん,発表してみませんか?

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ふぁんた時間♪

iPadのソフトを探していたら行きつきました。

ふぁんた時間♪

良質の朗読図書です。

それもポッドキャストで聞けるようになっていますので,学校で子どもたちに聞かせるのにいいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルチメディアDAISYでなくても,音声合成でなくても録音の図書だけでもいい子どもさんもきっといっぱいいるでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

国際福祉機器展 H.C.R.2011のコムフレンドブース

来月の上旬には国際福祉機器展 H.C.R.2011が開かれます。

そろそろご案内が来ていますが,その中でコムフレンドのブースで面白い機器が展示されるようです。

 

「MEMO dayplanner(メモ デイプランナー)」

ホワイトボードにタイムエイドを付けたような機器ですね。

これ以外も色々な情報が載っています。

こちらをご参考に。

国際福祉機器展H.C.R.2011に出展いたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は10月6日に行く予定です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ごみしゅうしゅう車のしゅうたくん絵本: ゴミの分別の大切さを学ぶ八王子市による絵本。無料。

いつものこちらから

ごみしゅうしゅう車のしゅうたくん絵本: ゴミの分別の大切さを学ぶ八王子市による絵本。無料。


八王子市が市民と学生と協働で作ったそふとだそうです。

ダウンロードはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった形のソフトも出てくるんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第33回イベント申し込み状況

イベントのご案内をし今のところ4名の方の申し込みをいただいております。

過去とどのくらい違うのかと気になって,調べたところ昨年度は10月から受付が始まっていたのですが同じ4名に達していたのは10月14日だったようです。(5名ですが)

これもひとえにぽっしゅんさんの人気ではと思っていますが,もしかするとしめ切り前に定員に達するのではと思っております。

参加をご検討の方は,お早めのご連絡をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国の肢体不自由特別支援学校にはイベントご案内の発送をしました。 しかし,特別支援教育になり,併置校も多くあったり知的障害特別支援学校でも肢体不自由のお子さんが通われていたりして、ご案内が届いていない場合もあるかも。ご案内が郵送されると出張で出やすいという場合にはマジカル事務局までメールでご相談ください。 mtb@magicaltoybox.org

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特殊教育学会3日目

特殊教育学会への参加もいよいよ3日目となりました。

本日のメインは自主シンポジウム
「教科書バリアフリー法と特別支援教育
―デジタル教科書の可能性と視覚障害以外の障害への対応―」

への参加です。当初予定されていた梅田さんが不参加のため代理として指定討論者としてお話しをさせていただきました。

近藤さんからの話題提供を受け,3人の指定討論者がそれぞれの立場でコメントを述べ討議を深めていったのですが,やはり大切なのは「教科書のテキストデータをどのように障害のある子どもに提供できるか」という話だったのではないかと思います。

これについては,技術的な課題や法律的な課題,出版社にとっての金銭的,時間的な課題などもあるでしょうが,なるべく早く(新しい学期が始まったらすぐに)子どもたちの元にデータが提供されていく方法をいろいろな人の知恵で実現させていくことなのではと思います。

また,それは「完成された」デジタル教科書を追い求めて「こうあらねばならない」という事でなく,今できることが何なのかを「子ども中心」で解決していこうとすることだと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終日で参加者が少なかったのはとても残念でした。LD学会の近藤先生のセッションは200名以上の参加がいたのに,特殊教育学会はその10分の1というのはどこに違いがあるのだろうと感じます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特殊教育学会2日目

昨日の特殊教育学会でのメインはポスター発表です。

これは,肢体不自由教育研究の中間報告という形で,特別支援学級の全校調査をした結果を報告しました。

文部科学省の調査では肢体不自由特別支援学級に学ぶ小中学生は4000人あまりいます。

そのお子さんたちの教育環境がどのようになっているかをインターネットのアンケートサーバを使って調査させてもらいました。

ICTやAT関係で書かせてもらうと,半数のお子さんは学年の教科指導をされているので,コミュニケーションの支援というよりも教科学習への支援が求められています。

逆に言うとVOCAなどの機器を使っているお子さんは5%程度しか使われていません。

コンピュータの利用率も意外と少ないです。これは,使わなくても大丈夫なのではなく,情報が得にくい環境にあったり,使える機器が少ないというコメントが多くあるので,そういった状況を改善しないと,必要な子どもに必要な機器が届かないという事になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は,最終日,デジタル教科書の自主シンポジウムに参加します。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

コドモアプリ 第一弾 – のりもの – でんしゃ -: 赤ちゃんでも遊べる動く電車のゲーム。

いつものこちらから

コドモアプリ 第一弾 – のりもの – でんしゃ -: 赤ちゃんでも遊べる動く電車のゲーム。

有料ソフトですが,逆に無料ソフトにすることで変な広告を入れて子どが困らないようにというコンセプトで作っているそうです。

なら,無料でも、と思う人もいるでしょうけど,ソフトを作るのにはそれなりのコスト(時間的,金銭的)なものがかかっていますから,わがままは言えないと思います。
もちろん,学校だと無料のソフトしか入れられないということもあるかもしれませんが,いつまでもその次元にとどまっているのではなくって,どうしたら有料のソフトを入れられるかも検討してもらえればと思います。

ダウンロードはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はよい天気ですね。やっと台風が去った感じです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特殊教育学会1日目

弘前大学で行われている日本特殊教育学会に来ています。

今回は、直前に台風が来たことから前日夜行で来ようとした人が運休になって乗りたい列車に乗れなかったなどのトラブルもあったようです。

私は,噂のはやぶさに乗ってきたのですが満員でした。

東北でいろいろとイベントがあることや,3連休の初日だということもあったのでしょうが,全席指定のはずのはやぶさで立って乗っている人が何人もいました。

さて,特殊教育学会には自分が主催する自主シンポ,自分の発表するポスター,の他に連名でのポスター発表や代理出席する自主シンポなど,3日間何かしら発表をする予定になっています。

初日の23日は先日のLD学会で発表している研究のシリーズでのポスター発表や自分の主催する自主シンポなどがありました。

自主シンポジウム「特別支援教育におけるICT及びアシスティブ・テクノロジーの活用」は同じような名前の自主シンポジウムをこれまで2つやっていて,それの続きとして行いました。

指定討論者からの話として20年前から同じような実践が行われ,同じような機器が使われてきているが「本当に進んでいるのだろうか」といったご指摘がありました。
自閉症の教育については同じように20年前にはとても不十分だったにもかかわらず,今は「自閉症って何」といったことを研究するようにはなっていません。もちろん,自閉症を知らない人もまだたくさんいますが,どう広めるかなどといってレベルの話は終わっています。
それなのにアシスティブテクノロジーは20年前の議論をまだやっている。これはどうしたわけだろうと言われました。

考えなければならない大切なことです。

ですが,それに対する答えを話題提供者,指定討論者や会場の皆様からいろいろと出してもらいました。

詳しくは大会報告にまとめて書かなければならないのですが以下の事項かと思っています。

・教員を支援するためのATスペシャリストなどの専任の人を養成すること。
・保護者からのニーズをうまく広あげていくこと。
・障害者の権利条約が変わってきているのでの考え方を十分に浸透させること。
・個別の指導計画を米国のIEPと同じような位置づけをしその中でATを明記すること。
・実践をまとめて次の世代につなげられる形を作ること。たとえばジャーナルや学会など。
・誰もが知っているような状況になること。

などです。これらを整理し,出来ることからはめていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2時間の自主シンポジウムは足りないぐらいでした。終わりかけがこれから佳境に入ったといった感じです。もちろん,外での延長戦はあったのですが。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

おすすめサイト「ipadで使えるインタラクティブな教材を作ろう!」

iPadには豊富にソフトが流通していますが,先生方がきがるに教材を作れるソフトがありません。
「いいや,作るのではなく使うべきだ」
「教材を作っている暇はない」
「子どものアセスメントが先だ」

といった言葉が決まれそうですが,子どものアセスメントをすればするほど,「子どもにぴったりの」ソフトが欲しくなります。学校の教室や子どもたちの表情を動画で出したい,子どもたちの声を出したい。インタラクティブな絵本を作ってみたい。
などといったニーズが出てきます。
そこで,知り合いのある先生が表記のようサイトを作って教材を作ろうとするまでの経緯を紹介してくださいました。

iPadで使えるインタラクティブな教材を作ろう!

ここには,今まで作りためていたPPTでの教材をどのようにiPadで再現するか,その経緯が詳細に書かれていますので,パソコンのPPTで作った教材をiPadで使いたいと思っている先生方にはたいへん参考になります。

最終的にはこんな感じになったそうです。

いかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特殊教育学会1日目が終わりました。報告の前に夜中で見かけたお店の名前がとても印象的だったので,それを紹介してしまいました。 次のエントリーで1日目の報告をします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

kintaに来ました

1316791313070.jpg

1316791338093.jpg

1316791348314.jpg
いやー、運命を感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思わず入ってしまいました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

DO-IT Japan 2011 秋季プログラム特別企画 「障害のある子どもの高校入試を考える」 シンポジウム

DO-IT Japan 2011のシンポジウムが開催されます。

以下,引用

DO-IT Japan 2011秋季プログラム特別企画 「障害のある子どもの高校入試を考える」シンポジウム インターネットやタブレットPCの普及により、学習に困難があった子どもたちの学習環境が大きく変わりつつあります。鉛筆を持てない子どもはワープロで字を書く事ができるようになり、教科書が見えない子どもは拡大ソフトを使ったり、音声読み上げソフトを利用して学習できるようになってきています。 こういった技術は、読み書きが苦手な子どもたちにとっても効果的だと多くの研究が示しています。読みの苦手な子どもたちも、読み上げソフトを使えば内容を理解する事が可能ですし、書くのが苦手な子どもたちの中にはワープロを使えば長い文章を書く事が出来る子どももいます。その一方で、こういった技術を活用した教育には以下のような疑問を抱く人が多いのが実情です。

・鍛えれば読めるようになるのにICTは不要では?
・ICTは学習の妨げになるのでは?
・ICTを使わせたいが入学試験では利用できないのでは?

このシンポジウムでは、ICT、特別支援教育、制度について専門家の話題提供を受けて、研究者・当事者・教師・行政関係者を討論者に迎え、これからの障害のある子どもの入試を自由に論じ、向かうべき方向を整理してみたいと考えています。

● 主催:東京大学先端科学技術研究センター・佐賀県
● 後援:文部科学省・厚生労働省(予定)
● 協力:日本マイクロソフト株式会社・富士通株式会社・ソフトバンクグループ

● 日時:2011年10月22日(土)
● 会場:東京大学 安田講堂(東京都文京区本郷7-3-1)
● 参加費無料,予約不要

【プログラム】
12:30‐13:00 受付
13:00‐13:10 開催主旨説明・挨拶
13:10‐13:40 話題提供1
「なぜ今、障害のある子どもの高校入試を考えるのか?
-能力を活かせない社会と追い詰められる子どもたち-」
中邑賢龍(東京大学)・障害のある当事者

13:40‐14:10 話題提供2
「ICTを活用して学力向上を目指す障害のある子どもたち-最新の支援技術とは?-」
巖淵守・平林ルミ(東京大学)

14:10‐14:40 話題提供3
「障害のある子どもの高校入試の現状と合理的配慮という考え方」
近藤武夫(東京大学)

15:00‐16:00 指定討論
「みんなで入試を考える -大胆と思われる入試の提案と検証-」
指定討論者:
上野一彦(大学入試センター:特任教授)
神山 忠(岐阜特別支援学校・教員)
樋口一宗(文部科学省初等中等教育局特別支援教育課)
森本登志男(佐賀県 最高情報統括監)
当事者団体代表

16:00‐16:15 総括・閉会挨拶

詳しい事は以下のアドレスから。
http://doit-japan.org/index.html

また,ニューズレターの会員登録も出来るようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都合がつけ行こうと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

CA1748 - 動向レビュー:デジタル教科書をめぐって / 澤田大祐

少し前(6月20日)に書かれた文書ですが,デジタル教科書についてまとめた国立国会図書館のサイトに載せられた記事になります。

CA1748 - 動向レビュー:デジタル教科書をめぐって / 澤田大祐

PDF版もあります。

http://current.ndl.go.jp/files/ca/ca1748.pdf

基本的には国内,海外の情報のサーベイといった感じです。

デジタル教科書については日本では

・指導者用デジタル教科書
・学習者用デジタル教科書

という2つが教育の情報化ビジョンに出ています。

しかし,それとは別に障害のある子どもたちには

「教科書のデジタルデータ」が必要となります。

これは,どんなにデジタル教科書が優秀になっても求められるような気がします。
というか,デジタル教科書が高機能になってしまえばなるほど,シンプルな教科書のデジタルデーが必要なります。

しかし,いろいろな制度と,法律の関係から,今簡単に教科書のデジタルデーは必要な子どもたちに提供されているとはいえません。

そこら辺を明後日の以下の自主シンポジウムでお話ししたいと思います。

特殊教育学会の自主シンポジウム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3日目の自主シンポジウム,名前はないんですけど,代理で出ます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

面白いBDアダプター

本日,製作講座をしたのですがなぜかBDアダプターのコードの同じ側をプラグと両面基盤の両方に付けている人を見つけました。

1316692484258.jpg


半田の技術はとてもすばらしかったのですが,,,

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん優秀な人たちでしたよ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

瀬戸の月

1316692097384.jpg
「萩の月」ではなく「瀬戸の月」だそうです。

ううむ,この前大阪で「面白い恋人」というお菓子を見ましたが,そんな感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から特殊教育学会です。 台風が去って良かった。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

半田付けしないで作れるBDアダプター(英語ですけど)

知り合いの先生のFBで紹介されていたサイト,いろいろと面白そうな記事があったので見てみたら半田無しでBDをつる方法を紹介していました。

No-Solder Battery Interrupter


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銅箔テープを使っているようですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント案内「難病コミュニケーション支援講座」

以下のイベント案内がKokorowebのメーリングリストからいただきました。


NEC難病コミュニケーション支援講座 秋葉原会場

日時:2011年10月8日(土)、9日(日) 10:00~17:00
会場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル12階(1202室)
JR「秋葉原駅」電気街口改札出て右 徒歩約1分
主催:NPO法人ICT救助隊
共催:首都大学東京(健康福祉学部)
協賛:NEC CSR推進部社会貢献室
受講料:2,000円(スイッチ作成材料費含む)

Webのチラシは下記になります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月の3連休,いろいろと出かける用事もありそうなのですが1日だけでも参加できるといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPhone, iPad] なぞる距離測定: 地図上をなぞって、アバウトな距離を測ることができます。無料。

いつものこちらから

[iPhone, iPad] なぞる距離測定: 地図上をなぞって、アバウトな距離を測ることができます。無料。

いやー,こういったシンプルなソフト,いいですね。

それに,学校だと先生と生徒で距離を測る時に使えます。

きっと,社会の授業なんかで重宝するはず。

ダウンロードはこちら

なぞる距離測定 App
価格:0
ジャンル:ユーティリティ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうソフト好きです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] ピッケのつくるえほん for iPad: オリジナルの絵本が作れる絵本メーカー!

いつものこちらから

[iPad] ピッケのつくるえほん for iPad: オリジナルの絵本が作れる絵本メーカー!

子どもさんでも簡単に絵本が作れそうです。

いくつかのサンプルもyoutubeにアップされているようです。
今は,期間限定で800円が700円だそうです。

ダウンロードはこちら

ピッケのつくるえほん for iPad App
価格:700
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完成されたものがepubになっていると,他のマシンでも動かせていいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント紹介「日本橋ツアーと製作会」

いつもお世話になっている大阪の先生方の研究会です。
大阪の先生だけでなく,近県の先生も参加されていますし,お問い合わせをすればたぶん大阪の先生だけでなくても参加できるようです。

大コンブログ「10月例会のお知らせ」

以下,抜粋


1.日  時  平成23年10月15日(土)  

2.集合場所
 【午前の部】
 <オプション企画>  松屋町にておもちゃ教材を選定
    9時30分  地下鉄鶴見緑地線松屋町駅中央改札口前
 <日本橋ツアー企画> 日本橋にて改造に必要な電子パーツを選定
   10時30分  地下鉄堺筋線恵比須町駅南改札口前
 【午後の部】
 <製作会> 
   13時30分  大阪市立住之江特別支援学校
   〒559-0022 大阪市住之江区緑木1-4-167    
   TEL:06-6683-2622
   地下鉄四つ橋線「北加賀屋」下車 3号出口より西へ200m
            

3.行  程 <日本橋ツアー企画>         
   10時30分 地下鉄堺筋線恵比須町南改札口集合 
   10時40分 主要パーツ店の巡回と購入
   ~12時00分 Aコース Bコース に分かれて順路に従い、巡回して部品を購入
   12時00分 各自昼食・各自自由行動
(別行動をとられた場合は、最終的に住之江特別支援学校へご集合ください。)
   13時30分 大阪市立住之江特別支援学校(3階図書室)集合 製作実習
     (1)押しスイッチ(てのひらワンプッシュのスイッチ)の製作
     (2)フィルムケーススイッチ(握って親指ワンプッシュのスイッチ)
       BDアダプター(外部スイッチが使えるようにするアダプター)の製作
     (3)改造マウス(左クリック部分に外部スイッチが使用可)の製作
     (4)プチ・スヌーズレン(3色自動点滅LEDを使った工作)の製作
   16時00分 終了・後片付け
   17時00分 解散・有志による懇親会

参加申し込みなど詳しくは同ブログをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月15日は別のイベントもあるし,ちょっと大阪までは気軽に行けないので残念です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

決定版!!!iPadのソフト情報源【まとめ】

iPhone,iPadのソフトってたくさんあってどれがいいか迷いますよね。

そこで,特別支援教育に使えるソフトはどんなものがあるかを教えてくれる情報源をまとめてみました。


特別支援教育に役立つiPad・iPhoneソフト100

とりあえず,わたしが紹介していったソフトをリスト化したものです。この後にもいろいろと出てきたので,また改訂しないといけませんね。

iPhone、iPad用アクセシビリティ・アプリ一覧

東京都障害者IT地域支援センターのWebサイトに一覧が紹介されています。これを見て私もリスト化したいと考えました。

魔法のふでばこプロジェクトフォーラムをメール会員に公開

ソフトバンクや東大の先端研がやっている「魔法のふでばこプロジェクト」に参加されている学校の先生方情報交換しているフォーラムを覗くことが出来ます。ここで,いろいろなソフトの情報交換が行われています。

iPhone/iPad Apps for AAC

【iPhone, iPad and iPod touch Apps for (Special) Education 】

どちらの海外のサイトです。もちろん英語です。ソフトも英語なので,日本だと不具合があるかもしれません。それでも,絵だけ見れば分かるものもありますので,参考程度に。

お宝発見!!iPadの活用を紹介したブログです

小学校の特別支援学級の先生が作られたブログです。子どもさんと一緒に実践しての得た知識なので,説得力が違います。

以上となります。これ以外にも有力な情報があれば皆さんお教えくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LD学会でソフトの情報をこのブログから得ていますといわれたので,とりあえずリスト化してみました。ブログだと埋もれちゃうので,どっかリンクリストを作った方がいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

LD学会3日目

昨日はLD学会3日目でした。

都内での学会は自宅から通えるので楽でいいです。

地方の方にとってっも東京で遊ぶところもあって良かったのかも。まあ,それでも地方に行けば行ったでそれなりに楽しいこともあるかもしれませんけどね。

さて,3日目は科学研究費補助金という国の予算をもらって行っている(まあ自分の仕事はすべて国の予算ですけど・・・)研究の発表を共同研究者が行ったので,それの発表がありました。

発表題目は「姿勢保持練習ゲームの第一次試作~発達障害者等への適用を目指して~」ということで,ゲームなどを行い、子どもが楽しみながら姿勢の悪さを自分から直せないかという研究です。

LD学会は学校の先生がとてもたくさん参加される学会なので,こういったゲームを行うよりも体の中心の筋力を鍛える方が良いのではといったご意見もありました。たしかに,自ら進んで体を鍛えていければいいのでしょうが,そういったモチベーションを保ち,自分の体を動かしていくのではなく,「動かされて」鍛えていくよりは主体的に体が動き「いつの間にか鍛えていける」という方がいいのではと思います。
もちろん,自分の体を鍛えるのもそれが楽しいと思える目標設定が出来ればいいのでしょうが,そういった本人のモチベーションよりも先生方の目標が先行しがちなので,ゲームであっても良いのではと思います。

ちなみに,今回の研究ではWIIフィットとiPadを利用しています。

研究の概要は以下になっています。

発達障害者の療育におけるゲーム性を応用した身体制御機能訓練用補助装置に関する研究

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに面白かったのは,研究分担者が実験を行っていた時にフィードバックの音を変えただけで子どもさんのやる気が変わったことです。ちょっとしたことでも子どもたちの理解の度合いは変わるんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

物欲に負けてしまった

いろいろと迷っていたのですが,どうしたわけかLD学会の帰りに買ってしまいました。

Img_0390

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで,いろいろと試しています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] 小学1年生かん字ドリル: 学年必習漢字80字の書き順や書き方を学ぶ知育アプリ

いつものこちらから

[iPad] 小学1年生かん字ドリル: 学年必習漢字80字の書き順や書き方を学ぶ知育アプリ

漢字の学習ソフトっていろいろと出てきていますね。

これも,まとめて整理していけるといいかと思います。

それにしても往年のキッズタッチシリーズを思い出しますね。

キッズタッチシリーズのiPad版,またはAndroid版が出ないかなぁ。

ダウンロードはこちら

小学1年生かん字ドリル App
価格:170
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同シリーズは3年生版まで出ているようです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

LD学会2日目,教育工学会1日目

本日は,午前中は教育工学会,午後はLD学会の発表のはしごでしたら,無事に発表ができました。

責任在籍時間が終わって他に回ることもできるのですが,疲れたので,部屋に残って休憩しています。

ポスターは4:30まで掲示していなければならないのですが,参加者は他の発表を見に行っているようで,ここはパラパラと人が来るだけです。

明日は,別の研究で共同研究者が発表するので,午前中からLD学会に参加予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ終わりそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

移動中

教育工学会からLD学会へ移動中です

LD学会1日目

昨日はLD学会跡見学園女子大学に行ってきました。

主幹校は筑波大学なのですが,あいにく校舎の改築をされているという事で,お近くの跡見学園女子大学に行ってきました。

とても綺麗な大学だったのですが,参加者も多く,人気のアラン・カウフマンさんの記念講演は入場のために長蛇の列をなし,定員いっぱいになって入れない人も出ていました。

特殊教育学会に比べてとても勢いを感じますし,学校の先生の参加が多いという印象もあるので,一般の小中学校の先生への関心の広がりは大きいと感じます。

この中で私は東京大学先端技術研究センターの近藤先生の「新しい支援技術」というお話を聞いてきました。

近藤先生はアメリカ視察の時からずっとお世話になりっぱなしのかたで,とても気さくでお話も上手な方です。

会場は満員で,特殊教育学会で支援技術の自主シンポをやってもパラパラとしか入らないので,やはりどうやって一般の先生方に関心を持ってもらうか,考えなければと思いました。

さて,内容については,米国でのデジタル教科書の利用について中心的にお話をされていました。

私も以前からいろいろと教えてもらっているので,再確認することも多かったのですがキーワードとして「いろいろなことを試すためのポケットをたくさん用意する」というのが印象的でした。

障害のある子どもさんは必要な支援技術は一律ではありませので,A君に読み上げが良かったからB君も読み上げが良い,というわけではありません。そのためにも,先生方が様々な情報を持っている,または得られるようになっていることが大切だと思います。

私的にはとても満足できる講演なんですが,もしかすると現場の学校の先生にとっては専門的な知識が多かったのかもしれません。学校の先生は「明日なにが使えるの?」といった具体的なことを求めますからね。

さて,本日は自主シンポジウムで

9月18日(日)10:00-12:00

読み書きの特別支援教育における支援技術利用のあり方(2)
〜支援技術の教育現場での利用を3つの視点(Assessment,Intervention,System)から考える〜

というのがあって,ぜひ聞きたいところなのですが,午前中に南大沢に行って別の学会の発表をしてから午後からの参加となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううむ,電車が遅れないことを祈ります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

LD学会

1316228123767.jpg
今日からこちらに来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ロジクール、マルチタッチ対応の「ワイヤレス タッチパッド」

パソコンの入力というとマウスかキーボード,特にマウスの場合は代替の方法としてはトラックボールがありますが,手の可動域が狭い人の場合はノートパソコンのタッチパッドなんかが便利なんですよね。

だけど,実はノートパソコンのタッチパッド部分だけを外付けして売っている製品はあまりありません。

有名どころではmacintoshのMagic TrackpadがありますがWindowsだとあまり見ない。

そこでこの製品

ワイヤレス タッチパッド

Windows7のマルチタッチにも対応するそうです。

ただ,対応OSがWindows7しか書いていないので,XPとかVistaでは使えないかもしれません。

まあ8も出てくるようなので,新しいマシンで使うことを考えてもいいかもしれませんが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPadなどのタブレットマシンがはやってきていますので,こういった製品は増えるかもしれませんね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

100円のiPadケース

黄昏すいっちクラブのブログを見ていたら100円でiPadのケースが売っているとのこと。

ipadのアクセシビリティを高めるツール

おもわずポチッとしてしまった・・・・

さて,来るのが楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100円だったけど,送料500円なので600円かかりました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

平成22年度「民間組織・支援技術を活用した特別支援教育研究事業」(発達障害等の障害特性に応じた教材・支援技術等の研究支援)最終報告書

文部科学省の調査研究の報告書が出されました。

平成22年度「民間組織・支援技術を活用した特別支援教育研究事業」(発達障害等の障害特性に応じた教材・支援技術等の研究支援)最終報告書

以下が各研究団体が出した報告書です。

慶應義塾大学最終報告書 (PDF:677KB)
東京大学先端科学技術研究センター・人間支援工学分野最終報告書 (PDF:912KB)
財団法人日本障害者リハビリテーション協会最終報告書 (PDF:279KB)
財団法人日本障害者リハビリテーション協会最終報告書(別添) (PDF:1484KB)
特定非営利活動法人エッジ最終報告書 (PDF:615KB)

それぞれに特徴があって興味深いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電子図書の研究報告書なんですけど,やっぱり紙に印刷して読むんだろうな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害の重度化と多様化に対応するアシスティブ・テクノロジーの活用と評価に関する研究

国立特別支援教育総合研究所で昨年まで行われていた表記の研究の報告書がWebに掲載されました。

B-261 障害の重度化と多様化に対応するアシスティブ・テクノロジーの活用と評価に関する研究
http://www.nise.go.jp/cms/7,5214,32,142.html
B-262 特別支援学校におけるアシスティブ・テクノロジー活用ケースブック-49例の活用事例を中心に学ぶ導入,個別の指導計画,そして評価の方法-
http://www.nise.go.jp/cms/7,5215,32,142.html

以下は,それぞれの目次の抜粋です。

「障害の重度化と多様化に対応するアシスティブ・テクノロジーの活用と評価に関する研究」

目 次
第1章 研究の趣旨と本報告書の概要
Ⅰ 研究の背景・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
Ⅱ 研究の目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
Ⅲ アシスティブ・テクノロジーの定義・・・・・・・・・・・・・・ 2
Ⅳ 本報告書の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3

第2章 アシスティブ・テクノロジー活用事例の収集と整理-研究所実践事例データベース最近の3年間の事例を対象に-
Ⅰ はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
Ⅱ 方 法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
Ⅲ 結果と考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
Ⅳまとめと今後の課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14

第3章 アシスティブ・テクノロジー活用の学校事例-学校訪問調査から-
Ⅰ はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
Ⅱ 学校事例の収集方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
Ⅲ 調査結果とまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17

第4章 アシスティブ・テクノロジー活用の実際-研究協力機関による活用事例の報告とまとめ-
Ⅰ はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 65
Ⅱ 研究協力機関等から得られた活用事例のテーマの候補一覧・・・・ 66
Ⅲ 活用事例のフォーマットと事例の詳細・・・・・・・・・・・・・ 71
Ⅳ 活用事例一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 72

第5章 アシスティブ・テクノロジーの活用と評価について-活用実践事例の成果から-
Ⅰ はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 177
Ⅱ 個別の指導計画と個別の教育支援計画・・・・・・・・・・・・・ 177
Ⅲ 効果や評価について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 181

第6章 教育工学研究におけるアシスティブ・テクノロジーを活用した研究の現状と展望 [2045KB pdfファイル]
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 185

第7章 研究パートナーによる報告 [2354KB pdfファイル]
(1) 大阪府立茨木支援学校・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 207
(2) 京都府立城陽養護学校・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 221
(3) 長野県立稲荷山養護学校・・・・・・・・・・・・・・・・・ 229

第8章 まとめと今後の課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 235

資 料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 237
資料1 活用事例一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 239
資料2 QIAT関連資料(邦訳版)・・・・・・・・・・・・・・・・・ 245
研究体制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 265
執筆者一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 268

「特別支援学校におけるアシスティブ・テクノロジー活用ケースブック」

目 次

本ケースブックについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ⅰ
第1章 学校におけるアシスティブ・テクノロジーの活用の基本 ・・・・・・・・・・ 1
第1節 基本的な考え方-位置付けと用語の解説-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
第2節 学校における活用事例の事例数の推移と傾向・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
第3節 体系的な整理の枠組みと事例フォーマット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
第2章 学校でアシスティブ・テクノロジーの活用に取り組むために・・・・・・・・・ 7
第1節 校内体制と指導体制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8
第2節 設備・機器・予算・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
第3節 効果的な研修の方法と内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
第4節 個別の指導計画と個別の教育支援計画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
第5節 評価の考え方と方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
第3章 アシスティブ・テクノロジー活用事例・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 25
第1節 はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26
第2節 研究協力機関から得られた活用事例のテーマの候補一覧・・・・・・・・・・・・・ 26
第3節 活用事例のフォーマットと事項の説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 33
第4節 活用事例一覧(コラムを含む。)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34
第4章 さらに進んだ実践のために-まとめにかえて-・・・・・・・・・・・・・・・ 161
資料
・活用事例の一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 167
執筆者一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 171

ここには,様々な実践事例を納めていますので,ぜひ学校での研修等でご活用ください。
また,ケースブックについては全国の特別支援学校にお送りする予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだけまとまった事例集はあまりありません。興味をがある章だけでもいいのでお読みください。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント紹介「共有玩具で遊ぼう!!」

スペース96さんからのご紹介です。

共有玩具で遊ぼう!!

 

共有玩具で遊ぼう!!

日時:9月18日(日)10:00〜17:00
場所:アルカキット錦糸町11Fエスカレーターホール
   (JR錦糸町駅そば)
主催:株式会社タカラトミー
協賛:社団法人日本玩具協会/財団法人共用品推進機構
内容:パネル展示

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうどLD学会の発表があるので,残念ながら行けそうにありません

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

中身が多すぎるとだめだな

本日は,研修の講義をしました。

今回は100人を超える大人数の方でとても熱心に聞いて下さり,反応も良かったのですが,伝えたいことが盛りたくさんで自分でタイムエイド使ってやったのに予定よりも15分もオーバーしてしまいました。

講義を聴いて下さった先生方申し訳ありません。

最終的な振り返りの時間をつぶしてしまいました。

やはり,伝えいたいことは絞らないといけませんね。

この前引退したスティーブンジョブズの事について書いてある「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」では伝える内容は3つまでと書いています。

人が憶えられる内容なんてそんなに多くありませんからね。

大切なことのみ,印象に残るように話す事が大切です。

気をつけないと。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は学校訪問です。小さい子どもたちの様子が見られるので楽しみです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Windowsマシンのタブレット面白そうだけどACコネクタは?

iPadやAndroidタブレットなどが出てくる中,それでもWindowsのソフトが使いたいことがあってWindowsマシンのタブレットの必要性があります。

その際に問題になるのは

1.バッテリーの持ち
2.指先で操作する場合の快適さ
3.重さ(軽さ)

などです。特に2番目の問題は重要でマウスやキーボードを基本としているWindowsのOSをどう指先だけで操作するかは課題ですが,下記の製品はその1つの解決策です。

Windowsマシンの新しいカタチ!? ドッキングするタブレット端末「LaVie Touch」レビュー

専用のソフトがついていて,指先でも操作しやすくなっているようです。

ただ,この製品1点気になることがあって本体だけで充電できるのか,製品情報を見る限りで分からないんです。ドッキングステーションがないと充電できないようだと持ち歩いて使うことが難しく,家に帰ってからでないと充電できない。

たぶん底面にあるんだろうと思うのだけど,その画像が出てないんですよね

実物見に行かないとだめかな。

製品情報はこちら

LaVie Touch

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

WindowsOSが動くなら,市販のデジタル教科書は問題なく動くはず,,, だと思うんだけど・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シンボルは使えばいいってもんじゃない その2

これもそう


ハルヤンネさんのブログより

画像が見にくいんで,間違えてるかもしれないけど

「ひとをなぐる いけない」
「ひとりごと いけない」
「みんなのばしょ しずかにする」
「あし うごかさない」
「??? やめて」

これじゃコミュニケーションボードでなくって,指示書ですね。
使いたくならないようにしているといわれても仕方ないです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とかく大人は自分の思うようにしてもらいたがるけど,子どもからの発信をどうするか考えなくっちゃ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シンボルは使えばいいってもんじゃない twitterで話題の「わかりにくすぎる案内版」の改良案が続々と登場!

新宿の某ビルの案内板が分かりにくいとTwitterで話題になっているそうです。

twitterで話題の「わかりにくすぎる案内版」の改良案が続々と登場!

こりゃ分かりにくい。

以下のような改善案が出ているとのこと。






皆さんはどうすればいいと思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新宿は近くなんで,探しに行ってみようかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] Relax Melodies HD: オリジナル環境音がカンタンに作れるリラックスツール。無料。

いつものこちらから

[iPad] Relax Melodies HD: オリジナル環境音がカンタンに作れるリラックスツール。無料。

広告が入るソフトなので,無料版だと子どもさんに使わせるのはちょっと問題かもしれません。

それよりも,授業の雰囲気を作るための環境音楽として使ったり,スヌーズレンの時の音として使うのは楽しいかも。

有料版ならたぶん広告がないと思うので,子どもたちに使わせてもいいでしょうね。

ダウンロードはこちら

Relax Melodies: A white noise ambiance for sleep, meditation & yoga App
価格:0
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス
Relax Melodies Premium: A white noise ambiance for sleep, meditation & yoga App
価格:250
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPadだと,いろいろな楽器をこれでだけでそろえられるのがいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

時代の風:認知症と情報通信技術=東京大教授・坂村健

お知り合いの先生からいただいた情報です

時代の風:認知症と情報通信技術=東京大教授・坂村健

個人情報保護は「情報を守る」という視点では大切なことなのでしょうけど,震災など大きな事件があった時にこれが災いして必要な人に情報が行き渡らなかったり,必要な人が誰なのかも教えてらもらえないなどの齟齬が生じてしまう。

この記事では

ネット時代のプライバシーの意味は、「他人に知られない」ことより「自分の情報がどう流れているかを把握し管理できる」こと。むしろ必ず起こるであろう次の「有事」に向け--これからのプライバシーについて我々が自ら考え、進んだ情報通信技術を前提とした新しい社会構造を、今こそ提案すべきなのだろう。


と結んでいる。これまでとは違った早さで情報が早く遠く,広く行き渡っていくこの時代に自分の情報をどうコントロールできるか把握できるかが大切なことでしょうし,これこそが情報教育の肝だと考えられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校はとかくお役所なので,情報を出さないことが大切,みたいな風潮があるけど世の中の流れをみてどう出していくかを検討してほしいです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

お宝発見!!iPadの活用を紹介したブログです

小学校の先生のブログなんですけど,iPadを活用した記録が細かく紹介されていますし,何より★の数でオススメ度が分かりますので,とても参考になります。

app記録簿
教育目的で使用したappの感想を記録していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳しいことが知りたい人はATACに参加されるといいみたいですよ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第33回イベント案内を作りました

たいへんお待たせしました。

マジカルトイボックス第33回イベント案内が出来ましたので,ご案内します。

マジカルトイボックス第33回イベント

【主  催】マジカルトイボックス
【テーマ 】教材100連発!!
【期  日】2012年1月7日(土)〜8日(日)
【会  場】国立オリンピック記念青少年総合センター
【内  容】AAC セミナー、製作講座、交流会
【参 加 費】17,000円(参加費,宿泊代,食事代,資料代,教材費)
【定  員】45名(申し込みしめ切り 2011年12月18日(日))
【連 絡 先】マジカルトイボックス事務局(event33@magicaltoybox.org
【Web   】http://www.magicaltoybox.org/mtb2012-1event.pdf
【講  師】本田祐介氏(長野県伊那養護学校)

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっと出来ました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ユニバーサル・デザインの原則

デジタル教科書を考える上で,ユニバーサルデザインといった言葉は外せません。

特に参考にしようとしているはUDL(学びのユニバーサルデザイン)です。

おすすめのサイトはこちらになります。

UDL情報センター

しかし,ユニバーサルデザインという考え方はずっと以前より日本でも話題になっており,マジカルトイボックスのアドバイザーの松本廣先生は以下にその翻訳を載せていただいています。

ユニバーサル・デザインの原則

以下は7つの原則です。

原則1:公平な利用

 どのようなグループに属する利用者にとっても有益であり、購入可能であるようにデザインする。
指針:
1a.すべての利用者にいつでもどこでも同じように有益であるよう供給する。
1b.どのような利用者も差別したり辱めたりすることがない。
1c.すべての利用者のプライバシーや、安心感、安全性を可能な限り同等に確保する。

原則2:利用における柔軟性

 幅広い人たちの好みや能力に有効であるようデザインする。
指針:
2a.使用する方法を選択できるよう多様性をもたせて供給する。
2b.右利き、左利きでも利用できる。
2c.利用者が操作した通り容易に確実な結果が得られる。
2d.利用者のペースに応じることができる。

原則3:単純で直感的な利用

 理解が容易であり、利用者の経験や、知識、言語力、集中の程度などに依存しないようデザインする。
指針:
3a.不必要な複雑さは取り除く。
3b.利用者の期待や直感に一致させる。
3c.幅広い読み書きやことばの能力に対応する。
3d.情報はその重要性に応じて一貫性があるよう整理する。
3e.連続的な操作に対しては、それが効果的に促されるよう工夫する。
3f.仕事が終了するまでの間や終了した後に、タイムリーなフィードバックがある。

原則4:わかりやすい情報

 周囲の状況あるいは利用者の感覚能力に関係なく利用者に必要な情報が効果的に伝わるようデザインする。
指針:
4a.必要な情報は絵やことば、触覚などいろいろな方法を使って必要以上と思われるくらい提示する。
4b.不可欠な情報と,それ以外の周囲の情報とは十分コントラストをつける。
4c.必要な情報はあらゆる感覚形態に応じて出来る限りわかりやすくする。
4d.様々な方法を用いて基本要素を区別して伝達する(すなわち、手引きや指示が簡単に提供できるようにする)。
4e.感覚に制限がある人々が利用するいろいろな技術や装置は共用性があるよう供給する。

原則5:間違いに対する寛大さ

 危険な状態や予期あるいは意図しない操作による不都合な結果は、最小限におさえるようデザインする。
指針:
5a.危険や誤操作が最小限となるように要素を配置する(最も利用される要素を最も使いやすいようにし、危険性がある要素は取り除くか、分離するか、遮蔽する)。
5b.危険や間違いを警告する。
5c.フェイル・セーフ(安全性を確保する方法)を提供する。
5d.注意の集中が必要な仕事において、意識しないような行動が起こらないように配慮する。

原則6:身体的負担は少なく

 能率的で快適であり、そして疲れないようにデザインする。
指針:
6a.利用者に無理のない姿勢を維持させる。
6b.操作に要する力は適切にする。
6c.反復的な操作は最小限にする。
6d.持続的な身体的努力は最小限にする。

原則7:接近や利用に際する大きさと広さ

 利用者の体の大きさや、姿勢、移動能力にかかわらず、近寄ったり、手が届いたり、手作業したりすることが出来る適切な大きさと広さを提供する。
指針:
7a.座位、立位など、どのような姿勢の利用者であっても、重要な事柄がはっきり見えるようにする。
7b.座位、立位など、どのような姿勢の利用者であっても、すべての構成要素に手が届くようにする。
7c.腕や手の大きさに応じて選択できるよう多様性を確保する。
7d.支援機器や人的支援が利用出来るよう充分な空間を用意する。

もう一度読み返して,勉強したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教科書はすべての子どもが使うものですからUDLやUDに則るというのは大前提ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので


PowerPointをしゃべらせよう

いつもお世話になっている特別支援学校の先生がPowerPointの中にあるテキストを音声合成で読み上げる方法を紹介しています。

PowerPointをしゃべらせよう! PowerTalkを利用して 1

PowerPointをしゃべらせよう! PowerTalkを利用して 2

PowerPointをしゃべらせよう! PowerTalkを利用して 3

そんなに簡単な設定ではありませんが,PowerPointさえあれば無料で出来ますので,興味のある先生はぜひ試してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやー。このサイトはいつも勉強になります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害のある 子ども達のための 読書サポート

こちらは本当の電子図書です。

伊藤忠記念財団が昨年度から「電子図書普及事業」として,特別支援学校全校にマルチメディアDAISY版の電子図書を配布しているそうです。

全部で31タイトルもあり,中には新刊の本も載せられているそうで,どれも出版社や著作者の許諾をとって配布しているそうです。

しかし,課題もあってこの財団としては文化庁の認可をもらった団体なので障害のある子どものためならば著作権者の許諾無く電子化して配布することも可能なのですが,今回の事業では著作権者に配慮してすべて許諾をとっていることや,配布されたCD-ROMには、コピープロテクトを書けているそうです。

まあ,著作権法での規定では視覚障害等の印刷物を読めない人という限定されている対象なので,特別支援学校のたとえばろう学校の生徒さんの場合には対象となりませんので,そういった場合には許諾をとってもらっていることで学校で自由に貸し出しが出来ますし,コピープロテクトがあることで,安心して使えるという面もあるようです。

学校の中で眠っている可能性もありますので,ぜひ特別支援学校の先生方はこのCD-ROMがきていないか、確認して授業などで使ってもらえればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コピープロテクトがあるので、つかいづらいという声も多かったそうですが,逆に安心して使えるという声も多かったそうです。興味深いですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

懐かしすぎる...。中学英語教科書『NEW HORIZON』が大人向け向けAR書籍として新発売

いやー,デジタル教科書じゃないんですけど,面白そうです。

懐かしすぎる...。中学英語教科書『NEW HORIZON』が大人向け向けAR書籍として新発売

私も中学はNEW HORIZONだったけど,内容なんて全く覚えていないなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPhoneのソフトもあるみたいなので,試しに買ってみようかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

自宅でのネットワークストレージ「Pogoplug」

クラウドの活用が叫ばれインターネット上にデータを置いてそれの同期を行うなえばどのマシンでも,外出先でもデータを扱えるようになりました。

特にDropboxはiPhoneでもデータを参照できるので重宝しています。

しかし,もしもサービス会社が突然停止してしまうととんでもないこともなるのも事実です。

かといって,自宅サーバもデータの共有方法が面倒だったりするのですが,以下の製品ならiPhoneでもデータを参照できるので,良さそうです。

Pogoplugに全俺が感動ッ!!

オンラインストレージを自作できる「Pogoplug」日本上陸!

Pogoplugを購入&設置してみた

価格的にも1万円を下回っているし,余ったUSBのハードディスクも持っているので,試してみようかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アマゾンのレビューではデータ量が多くなると遅くなると書かれています。 ちょっと気になりますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Bookshare公認のデジタル図書リーダー「Read2Go」

Bookshareのブログで「Read2Go」の説明動画が紹介されていました。

このソフトは前に紹介したVODと同じようにDAISYなどの電子ブックのリーダーソフトです。VoiceOverの音声再生機能で読み上げが出来るそうです。

日本語が使えるか(たぶんだめだろうけど)ダウンロードして試してみたいのですが,1,700円というのはちょっとそれなりの金額なので,躊躇しています。

ダウンロードはこちら

Read2Go App
価格:1700
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり人柱で試してみようかな

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPhone,iPad用の音声認識ソフト「Dragon Dictation」認識率はすごくいい

知り合いの先生から紹介された音声認識ソフトです。

もともと,PC用に作られたドラゴンスピーチはとても認識率が高くって有名だったのですが,これの精度はとても高かったです。

iPhoneで話し言葉をバッチリ認識! 「Dragon Dictation」

ダウンロードはこちら

Dragon Dictation App
価格:0
ジャンル:ビジネス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter対応の音声認識ソフトでは,けっこうとんでもない認識をしたので,子どもと正しく認識するかゲームみたいに遊んでいたんですけど,これは良さそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

絵日記: iPhoneで絵日記が書けるアプリ。子どもの1日を子ども目線で記録に残そう!

いつものこちらから

絵日記: iPhoneで絵日記が書けるアプリ。子どもの1日を子ども目線で記録に残そう!

子ども向けの絵と文字を入力する絵日記ソフトだそうです。

iPhoneでも使えますので,写真も貼り付けられるといいなと思うんですけど,そうすると複雑になるのかな。

ダウンロードはこちら

絵日記 App
価格:85
ジャンル:ライフスタイル
絵日記 LITE App
価格:0
ジャンル:ライフスタイル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料版があるので,まずは無料版でお試ししてから気に入ったら有料版を使ってもいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

らじる★らじる

radiko.jp は民放しかなかったんですけど,NHKが聞きたいと思っていました。

らじる★らじる

これで聞けるそうです。

ただ,まだスマートフォン対応のソフトは出ていないようでとりあえずAndroid用のソフトを10月に出すとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはりラジオはいいですね。 本日は,お休みをいただいて自宅モードで聞いています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

視覚障害の方のiPhone,iPadの活用

iPhone,iPadというと,タッチパネルを操作するので,視覚障害の方のように指先で入力と出力を行う方にとっては操作しにくいというイメージがありますね。

しかし,iPhone,iPadにはVoiceOverという機能があり,これでOSの基本的な機能を音声でフィードバックすることが可能なため,全盲の方でも操作を行うことが出来ます。

以下は,外国の方がやっているので,操作の様子が分かりにくいかもしれませんが,音声を頼りに画面上のボタンやキーボードでの操作をしている様子です。

これを見ると,タップでポイントを確認しながら,ダブルタップで選択を行っている様子が分かります。
標準のiPhoneの操作とは違うので,私たちが行うと戸惑うでしょうけど,なれればそれなりの早さで操作することが可能になりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめてVoiceOverを使った時には,解除の仕方が分からなくってとっても困った経験があります。もしも試される方は,あらかじめ操作方法を確認してからやってくださいね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ゲームセンター気分になれるiPad用のアーケードコントローラー

いやー,ここに書かれているように他のアプリでも使えるようなら,スイッチインターフェースとして購入して改造してあげるんだけどなぁ。

どういう仕様なんだろう。

ゲームセンター気分になれるiPad用のアーケードコントローラー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううむ,昨日はは2時に起きたので23時間起きてる。 そろそろ寝ないと。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ライフログをとれるかも「レコロ」

以前,畠山さんが面白そうな機械を首にかけていたのでお聞きしたところ認知症の人やアルツハイマーの人のライフログをとるためのカメラだとのこと。

30秒間隔で撮影し,向きが変わった時にはモーションセンサーでそのたびに変わって自分がどのようなものを見ていたかを撮影する機械だといっていました。

これを見返して,自分の行動を確認するそうですが,それと同じようなことができるおもちゃを見つけました。

インターバルレコーダー「レコロ」


3秒間隔から最大24時間間隔で撮影できるそうです。

もちろん,専用のライフログを撮る機械にはかないませんし,先ほど紹介した機械の優秀なのは画像の整理ソフトだそうです。

この他にもタイムスタンプやGPSなどもあるようなので,あくまで簡易的な目的にはなるでしょうけど,試しにとって見たらおもしろかもしれません。

ただし,プライバシーの問題があるので,撮影した画像を自分で使う分にはいいですが公開する場合には気をつけないといけませんね。

こんな動画が撮れるそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動画で撮影されてしまうので,1枚1枚ではないかもしれませんね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「国民の読書推進に関する協力者会議」報告書の公表について

文部科学省から以下の報告書が公表されました

「国民の読書推進に関する協力者会議」報告書の公表について

この中の「第2章 読書環境・読書活動の現状
 (3)読書環境の変化の動向、特にICTの影響」には以下のような記述があります。

電子書籍には、その取扱いをめぐって、解決すべき課題も種々存在する一方で、出 版側における経費の削減や「絶版」の回避、読み上げや文字の拡大機能等の活用によ る障害者や高齢者のアクセシビリティの向上などの様々なメリットも指摘されてい る。このような中、まだ数は少ないものの、図書館の中にも電子書籍の貸出に取り組 む館や、地域資料等のデジタル・アーカイブ化に積極的に取り組む館も出てきている。

図書が電子書籍されることで障害のある人へ使い勝手がよくなるというメリットも指摘されています。大切なことですね。

私が最近思うのは学校ではいかに「本を読む」事を子どもたちに教えてあげられるかが大切だと思っています。

人間の文化の中でなんといっても言語は知識を伝える媒体としては優れています。これをうまく使いこなせるか,使いこなせないかで情報格差が大きくなっていきますし,そうでなくても人の書いたものを読むことはその人の英知を学べる最短の方法になります。
(もちろんあえればいいのですが,死んでしまった人には会えませんからね。)

そのためには,学校の図書館機能を高める方法が大切だと思いますし,図書館の機能にICTの活用のセンター的な機能があってもいいのではと思います。図書館こそ,情報のセンター的なところだからです。

この時に,本はこれまでのように紙媒体の文字だけでなく,録音図書や電子図書,紙芝居や学習ソフトなども豊富にそろっていて子どもたちが気軽に扱えるようになっていければいいと思いますし,PCや電子情報端末の使い方も図書館で学べるといいのではと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校にはICTの支援員が入るようになってきました。特別支援学校にはぜひアシスティブテクノロジースペシャリストがICTの活用の支援を行える業務になってほしいと思います。その時に図書館の仕事とリンクできると良いのではと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadで自作教材を作りたい

某メーリングリストで学校の先生からiPadで自作教材を作りたいと相談がありました。

iPadのこれまでのコンセプトからすると,実は一番自作教材が動作しにくい感じがします。

学校の先生方が作る自作教材で一番なのはPowerPointです。
そして,2番目がflashです。

しかし,PowerPointで作った教材の場合,ただ単に紙芝居のように絵をめくるだけならばkeynoteで再生するか,GoodReaderなどのビュアーソフトで動かせるのですが,動画を動かしたり,音声を再生できません。

flashはもちろん,対応外なので論外です。(これって,いくつかの抜け道がありますが抜け道なので学校ではお勧めできない)

そうなると,以下の3つの方法があるかなと考えました。

1)デベロッパー登録をしてappを作る

2)HTML5で作る

3)epubで作る

1)については年間で10,800円ほどのデベロッパー登録をすればmacは必要ですがソフトを作れます。作成ソフトも無料です。(たとえば http://golog.plus.vc/iphone/906/

オブジェクト言語だとはいってもC言語なので,敷居は高いですが一般書籍が多数出ていますのでそれらを参考書にがんばるという方法はあります。

ただし,配布方法は一筋縄ではいかないでしょうね。自分のiPadにいれてちょっと試すというのは簡単そうですが。

2)のHTML5を作るというのは、今後の流れでしょうね。スティーブンジョブズが引退して,アップルの体制が変わることでflashに対しての姿勢が変われば違うかもしれませんが,現状ではflashが動きませんので,それに変わるのはHTML5になります。
たとえば,こんな風にflashのデータをHTML5に変換するということが考えられます。
http://kinta.cocolog-nifty.com/kinta/2011/07/post-2609.html

3)は新しい方法としておもしろそうです。epubの中に動画も埋め込めるようなので簡単なアニメーション的な方法も考えられそうです。
iPhoneのiBooks用EPUBに動画を埋め込む
epubについては,いろいろと勉強して動作の仕組みを理解したいと思います。

きっとこの他にも方法があるかもしれませんが,私の理解しているのは以上の方法です。
他の皆さんで何かいいアイデアがあれば教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は飲み会なので電車で出勤しようと思います。始発電車で行こうかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadで曲なぞり「Baby Piano HD」

カシオの光ナビゲーションキーボードというのがあります。

これは,あらかじめ設定した曲をキーボードが光ってナビゲーションしてくれて,どのキーを押すかをガイドしてくれます。

これの他に,間違えたキーを押しても曲をなぞってくれるモードもあります。

マジカルでは、この機能を使い,特定のキーを押すのを外部スイッチに引き出して,曲を1スイッチだけで子どもが演奏出来るように改造したりしています。

今回紹介する「Baby Piano HD」はこれと同じような機能を実現してくれます。

私はLITE版をダウンロードしたので,演奏できる曲が限られていたのですがフルバージョンだといろいろな機能も付加されているようです。

ダウンロードはこちらから

ベビーピアノHD ライト App
価格:0
ジャンル:教育
ベビーピアノ HD App
価格:170
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日から,お客様がいらっしゃいました。 明日は歓迎会です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadでDAISYを再生するソフトVOD

iPhoneを買ってずいぶんと早い時期に買ったソフトなんですが,こちらに紹介するのを忘れていました。

DAISYとは、Digital Accessible Information SYstemの略で、日本では「アクセシブルな情報システム」と訳されています。

詳しくはDAISY研究センターのサイトをご覧ください。


さてVODというのはVoice of DAISYの頭文字をとったものです。

詳しい仕様については下記のサイトに紹介されています。

実は,無料のお試し版があるのを知りませんでした。
私が購入した時には3000円でしかもお試し版はなかったのに・・・

Voice of DAISY

ダウンロードはこちら

VOD App
価格:2300
ジャンル:ブック
VOD LITE App
価格:0
ジャンル:ブック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DAISYのことについては,このサイトでいろいろと紹介されています。 DAISY研究センターとは違った視点で興味深いです。

お道具箱日記「野に咲くDAISYは どこへ行く」

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadかスイッチか?

iPadかスイッチかといった2者択一の考えというのは実は適当ではないんですけど,先日行ってきた進行性の筋疾患の患者さんがいる学校だとiPadってどう使えるのだろうかと考えさせられました。

上肢が多少動かせる間は確かにiPadの方が,面白いですし簡単に楽しめます。

しかし,上肢の機能が低下し,指先の操作も難しくなった方の場合にはタッチスクリーンよりはやはりマウスやトラックパッド,スイッチの方が圧倒的に操作しやすくなります。

その際に,課題となるのは手元の操作とPCの画面の因果関係が理解できるか。

つまりこんなマトリックスかなと思いました。

1


ここではBの人はiPadはピッタリですね。また,Cの人の場合はiPadよりはPCです一致などをつなげた方が使いやすい。

Aの人は,どちらも使えるので,使いたいものによって使い分けられる。

ここで問題なのはDの人。直接操作しないと理解できない人にはどんな機器であってもまずはその「因果関係」を理解してもらうことからはじめないといけない。

そのためにiPadを使うこともあるだろうし,簡単なおもちゃからはじめた方がいい場合もある。

きっと,特別支援学校の重度重複の担当をされる先生方にとってはここが一番の課題だと感じられていると思います。

iPadでは,それに対してどのような解決策があるか,またそれをどのように評価しているかが今後の課題ですね。

重度のお子さんの評価方法については,また別のエントリーで書きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から担当のお客様がいらっしゃいます。 楽しみです。 このブログを見ている方は一言「見てました」とお話し下さい。 ついでにクリックも・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

android携帯を買おうかと思ったけど

槇になっていたこの機種,「HTC EVO WiMAX ISW11HT」そろそろ物欲の虫が出てきたので今使っているイーモバイルのPocketWifiに変わって購入しようかと家電量販店に。

一括0円という文字が躍っているので「おお」と財布のひもが緩みかけたところなんと通信端末はMNP対応ではないとのこと。

そうなると,新規購入になるので42000円也。これでも他店より安いんですよと販売員の軽いノリのお姉ちゃんはいうんだけど躊躇して帰ってきてしまいました。

カカクコムで調べたところでも新規はそれなりに高いようですが,場合によっては新規一括0円もあるみたい。

いろいろと調べるとauの秋モデルではWIMAXの新型が出そうな様子。

こうなると,「待ち」かなと思ってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週にはもしかすると新しい動きがあるかも・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

関わる大人の自己有能感を高める

年下ですが講演でのお話しがとても上手で,いつも教えてもらいたいと思っているカワヤス先生のブログから

子どもの自己有能感を高めることがよく話題になりますが、私は、それと同じくらい、親の自己有能感や、先生の自己有能感を支えることが大切だと思います。大人の自信の源となる研修は、結果的に子どもたちに多くのものを還元してくれます。「よくわかった」という研修・講演も大切なのは間違いありませんが、それ以上に「前向きになれた」という気持ちで会場を後にできたかのほうが大切だと思うのです。

名古屋市教育センター主催講演会 発達障害のある子どもの理解と支援講座 「発達障害のある子どもたちと共に育つ学級づくり、授業づくり」より

子どもたちのコミュニケーション支援を考える時によくお話をするのは先生方が「ウンウン」とがんばって子どもが楽しいということはないはずで,先生方や保護者の人が楽しいと思えるような環境作りがなければ子どもも楽しくない。コミュニケーションは「双方向」なのでどちらも楽しくなければと思っています。

先生方の「後ろ」を押せるような仕事がしたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日紹介したFeel Clockですが,作りがシンプルでとてもいいです。 変にお勉強くさくなくって。これなら,子どもと一緒に遊びながら時間の勉強ができますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] Feel Clock: 子どもに時計の読み方を教えるのに便利な知育アプリ。無料。

いつものこちらから

[iPad] Feel Clock: 子どもに時計の読み方を教えるのに便利な知育アプリ。無料。

わりとシンプルな時計アプリのようです。

ダウンロードはこちら

Feel Clock App
価格:0
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風がたいへんそうですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

再掲:第30回(平成23年度)肢体不自由児・者の美術展(しめ切り9月20日)

前にも紹介した第30回(平成23年度)肢体不自由児・者の美術展ですが,しめ切りが9月20日です。

新学期も始まりましたので,先生方も子どもたちも忙しいかとは思いますがぜひとも応募をしてください。

楽しい作品,すてきな作品をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八雲病院,八雲養護学校ともポスターが張っていました。 応募してくれるかなぁ

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

コレクトスペース

本日はあこがれのこちらにお伺いしてきました。

コレクトスペースSUNSUN

元々の目的は隣の養護学校デジタル教科書の研究で視察をしたかったのですが,それにもましてコレクトスペースさんを見に行きたかったです。

田中さんの熱い思いをいろいろと聞くことができ,とても勉強になりました。

また,こちらではスイッチ入力をされる方は,オペーレートナビよりもワンキーマウスとスクリーンキーボードを使っているのが印象的でした。

PCを使うといった場合に,文字が中心ではなく、私たちもマウスの操作と半々で操作をしています。
筋ジスの人にとってもいかにマウスの操作を実現するかといった面と文字の入力とのバランスや使い勝手の問題,効率だけでは計れない事などとても教えられました。

またお伺いしたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問した時に以下の資料をもらいましした。 これには,とかく筋ジスの方は身体面を問題にされるが,学校現場では特に社会心理面の教育が必要だとお伺いしています。これって,筋ジスだけでなく身体障害のお子さんの多くにも共通する課題ですね。 デュシェンヌ型筋ジストロフィーのお子さんを持つ家族のためのガイド

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ICT夢コンテスト 応募

以下のご案内をいただきました。
ご紹介します。

現在募集中のICT夢コンテストの募集締切りは9月30日となります。

 http://www.cec.or.jp/yume/yume_top.html
ご応募をよろしくお願い致します。
また、関係する方々にご紹介頂けましたら幸甚に存じます。

このコンテストはICT利活用の実践事例を募るものです。
次世代を担う子どもたちの教育に関わって情報リテラシー向上に役だてられれば
と考えております。
学校部門・地域部門と二つの募集部門を設けております。

 学校部門は授業をはじめとした様々なICT利活用実践で、授業に活力を産む
ICT活用実践、楽しい授業・わかったという授業実践、模範になる実践、普及
できる実践などを応募頂きたいと存じます。
 地域部門は家庭、地域、企業のICT利活用実践で、情報活用力の実践事例、
協業学習・普及活動・新たな取り組み事例、学校・家庭における情報活用力の実
践相互理解事例を募ります。
ICT支援員の実践(活動)事例も応募OKです。
詳細はホームページを参照下さい。

受賞者には副賞とともに、当財団のCEC成果発表会のレジュメ集に掲載の原稿
の提出と、会場の分科会でご発表をしていただきます。

以上、応募をお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。

ICT関係の実践報告会がれに年3月初旬に開かれていますからこれに向けての募集ですね。

各学校での実践のご紹介をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かしら,発表をするというのはたいへんなことなんですが,それをめどにすることは日々の実践を見直すきっかけになりますので,是非応募してみてくださいね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Apple IDの新規作成方法。iPhone/iPod touch/iPad編。

いつものこちらから

Apple IDの新規作成方法。iPhone/iPod touch/iPad編。

iPadを購入して,ソフトをインストールするにはApple IDが必要になります。

しかし,ここでも紹介されているようにクレジットカードの番号が必要になり,学校での利用の場合にネックになります。

しかし,無料のソフトをインストールする場合にはクレジットカードを必要としないでApple IDを取得できます。
これならば,学校でiTunesカーどをを購入できれば,有料のソフトを入れられますし,それが難しくてもiPadさえ購入できれば無料のソフトで何とかなります。

まあ,時代に学校のシステムが追いつけないだけなので,いろいろな学校の実践が積み重なってくれば解決することもあるかと思います。

ちなみに,全国肢体不自由教育研究協議会では広島県の実践としてiPadの活用について紹介されるようですので,注目ですね。


分科会 7 情報教育・支援機器の活用

自作支援機器及びiPadの活用

障がいの重い児童のコミュニケーションを支援するため簡易に音声を録音再生できる自作装置と、15台の iPadを活用した授業実践の紹介

広島県立広島特別支援学校 教諭 内田 俊行

分科会のPDFはこちらから

分科会一覧表


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜景も見ずにホテルに籠もって仕事してました・・・・org.

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »