ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« なぜデジタル教科書か?米国NIMASの経験から学ぶ | トップページ | リンゴの足し算: リンゴで覚える二桁の足し算。両手を使った計算から卒業しよう! »

肢体不自由児自立へ「教科書」作成 横浜の特別支援学校

先日関肢研(関東甲越地区肢体不自由特別支援学校研究協議会)で紹介されていた横浜市の特別支援学校の取り組みが新聞の記事になっていました。

肢体不自由児自立へ「教科書」作成 横浜の特別支援学校

「教科書」と書くと,誤解を受けてしまいそうですが,先生方が指導を行うにあたっての目安となるものを作るのは大切だと思います。

いつまでたっても「先生の感覚」で授業内容を考えていっては問題でしょう。

ただし,いわゆる「教科書」と同様にこれに縛られすぎ、子どもが見えなくなるのも問題です。

「子どもを見る目」を育てるための教科書として活用してもらえるといいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入手方法が書かれていなかったのが,残念ですが市販化されるかもしれません。(記憶が曖昧です)

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« なぜデジタル教科書か?米国NIMASの経験から学ぶ | トップページ | リンゴの足し算: リンゴで覚える二桁の足し算。両手を使った計算から卒業しよう! »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

 「自立活動」の教科書というのは難しいですね。障害の些細な違い、理学療法的な知識、心理リハビリテーション的な知識、いろいろなものが絡んできますからね。
 常に危惧しなければいけないのは「教科書通りやればいいんだろう」的な受身の教員が出ることでしょうね。それで事故が起きれば「こんな教科書があるから事故が起こったんだ」となりますからね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肢体不自由児自立へ「教科書」作成 横浜の特別支援学校:

« なぜデジタル教科書か?米国NIMASの経験から学ぶ | トップページ | リンゴの足し算: リンゴで覚える二桁の足し算。両手を使った計算から卒業しよう! »