ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« [iPad, iPhone] 小学4年漢字:ゆびドリル: 手書きで覚える採点漢字ドリル。4年生版。 | トップページ | これは怪しい,でも欲しい »

iPad用のCause and Effectソフト

いつもお世話になっている jalpsjpさんがブログで以下のエントリーを書かれました。

iPadと外部スイッチによる「はしたない?」実験

この中でiPadにスイッチをつけるための苦労話が書かれています。

とても参考になります。
ここで使われているフットスイッチは某iライブラリーでも購入してあったのですが,こんな使い方は想像していなかったです。

さて,このエントリーでiPad用のCause and Effectソフトのことが書かれています。

Cause and Effectというのは訳すと「原因と結果」といった意味です。そんな名前の本もありますが,本のことではなくシンプルに子どもたちがなにか行ったらすぐに結果を返してくれるソフトたちのことをCause and Effectソフトといってパソコン黎明期には注目されていました。

jalpsjpさんが書かれているように大前さんという方がそれをまとめた「大前ソフト」というソフト群がありますが,WindowsやMac用にいろいろ出ていました。

しかし,実はiPadのソフトでもそんな機能のものが結構ありますね。

iPadの場合は,触ったものが即変化をするので,スイッチ操作よりもより直感的に子どもさんに分かってもらえいます。

そのiPadのCause and Effectソフトのリストが書かれていたので,こちらでもご紹介します。

Cause and Effectソフト

しかし,ほかの一般のソフトとの並びでCause and Effectソフトがリスとされているって嬉しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TapSpeakというソフトがクリスマスで半額セールだとのメールをもらいました。 それでもちょっとお高いソフトですが,これもスイッチで操作出来ます。 TapSpeak

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« [iPad, iPhone] 小学4年漢字:ゆびドリル: 手書きで覚える採点漢字ドリル。4年生版。 | トップページ | これは怪しい,でも欲しい »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/53472825

この記事へのトラックバック一覧です: iPad用のCause and Effectソフト:

« [iPad, iPhone] 小学4年漢字:ゆびドリル: 手書きで覚える採点漢字ドリル。4年生版。 | トップページ | これは怪しい,でも欲しい »