ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 | トップページ | csun2012その5 »

CEC成果発表会特別講演:「ゾウの時間、ネズミの時間、コンピュータの時間」

こちらから

CEC成果発表会特別講演:「ゾウの時間、ネズミの時間、コンピュータの時間」

サンディエゴに行っている間にcecの発表会がありました。

残念ながら参加できなかったのですが,特別講演がブログで紹介されていました。

この中で

コンピュータは時間加速装置と見ることができます。 いまさらコンピュータの無い社会に戻るわけにはいかないでしょうが、コンピュータとの賢い付き合い方を考えることは、是非とも必要です。 とくに子供たちは成長途上にあるのですから、身体も精神も健全に成長させる上で、どのような時間環境に置くべきかは、よく考えなければなりません。

というのはとても考えさせられます。
自分もコンピュータにとても依存していると感じます。
サンディエゴに行ってもフリーのWifiスポットを探してメールを見ようとします。

これまでなら,海外に出張に出るといえば連絡も取れないので「しかたない」と諦めていたのに今ならメールが届くので,仕事をしてしまいます。出張自体が仕事なのに。

そして気がつけばブログを書いたり,FaceBookに書き込みをしたり。

そんな中,1番落ち着けたのは通信のできない飛行機の中だったりします。

ブログの関さんは下記のようにまとめています。

忙しいことを自慢げに語っている自分がいる。そして、2歳にしてiPadを使いこなしている孫のことを自慢している自分がいる。

本川先生の講演を聴いて、「もっとゆったりと流れる時間の中に身を置きたい!」と思いました。
たとえば、「ライブを聞きにいっている時」「動物園で子供たちを相手に、ゾウの紙芝居をしている時」そして「孫とお散歩している時」です。
それがもうすぐ65歳になる私にふさわしい時間の過ごし方ではないかと、気づかされた講演でした。

やはり,平日はしっかりと仕事をして,週末ぐらいはネットにつなげない1日(いや半日かな)というのを実践してもいいのかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本読んでみよう。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 | トップページ | csun2012その5 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/54175740

この記事へのトラックバック一覧です: CEC成果発表会特別講演:「ゾウの時間、ネズミの時間、コンピュータの時間」:

« 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 | トップページ | csun2012その5 »