ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« csun2012その3 | トップページ | csun2012その4 »

入試における「漢字」の書き取りって

学校の試験や大学入試では漢字の書き取りが必ずありますよね。高校入試だと配点率は1割にも占めるようです。

しかし,大学入試ではこんな事件がたまにおこったりします。

受験票に「正解」が… 小樽商科大で出題ミス

今はパソコンの時代なので書くことよりも読むことができれば相当なことができるはずです。

それに,大学に入ってから手書きのレポートを出すよりもパソコンでのレポートの方が圧倒的に多くなっているので,パソコンの操作ができる方が大切なスキルのようにも思います。

ところで,漢字の「とめ」「はね」って試験ではよくチェックされて×が付くことがありますが,実は基準って曖昧で,間違えた読みをしなければよい場合もあるそうです。

高校生がこんなビデオを作りました。これの最後を見ると,やはりパソコンのスキルの方が大切なのではと思ってしまいます。

【「漢字テストの不思議」】

http://www3.jvckenwood.com/tvf/archive/grandprize/tvfgrand_29a.html

flashの動画なので,iPadだと見られません。PCで見て下さい。

そんな中,発達障害の学生がパソコンの入力で大学に入った記事が出ました。

書くのが苦手、発達障害の20歳合格 鳥取大、PC使う

私も手書きはけっこう苦手です。就職した頃にワープロが導入されてどれだけ自分が助けられたことか。そういった意味では,私も読み書き障害があったのかもしれません。

しかし,たくさんの文章をワープロで書けるようになっていくと,文章の内容は豊かになったと感じます。
「表現する」ということがとても大切なことなのでしょう。

入試の試験で漢字を書くのか,パソコンの操作スキルを計るのか選択してもいい時代なのではと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の記事の後ろ姿って東大の近藤さんのように見えますが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« csun2012その3 | トップページ | csun2012その4 »

支援機器」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「漢字テストの不思議」、PCで見ました。
とても参考になりました。面白い!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/54133384

この記事へのトラックバック一覧です: 入試における「漢字」の書き取りって:

« csun2012その3 | トップページ | csun2012その4 »