ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« フューチャースクール推進研究会(第3回会合) | トップページ | 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 »

熊谷晋一郎特任講師が特別授業 「頑張らなくても大丈夫!」

東大先端研の熊谷晋一郎先生の特別講義が紹介されています。

熊谷晋一郎特任講師が特別授業 「頑張らなくても大丈夫!」

「がんばれ」って応援されて元気が出ることもあるでしょう。それに,自分でがんばるというのはいいでしょう。

けど,がんばってもどうにもならない人に言葉だけの応援をしてもどうにも状況が変わらない時に言われても元気は出ません。

熊谷先生はこう言っています。

例えば、熊谷さんは2時間かければ靴下が履ける。しかし、毎日2時間かけて靴下を履いていたらほかのことができなくなる。  「『できるけどしません』っていうのがとっても大事だよ。すごく時間がかかることは、人に手伝ってもらったり、楽にできる方法があるか考えてみてね」。

読字障害の子どもでも時間をかければ何とか本を読むことは出来るかもしれない。しかし,そうして途方もないほどの時間をかけていたら,他の子どもたちと同じ学習について行けない。それは本人ががんばっていないからではないはず。
ならば,電子図書などで読み上げることで内容を理解する方が良い場合もある。

そういった見極めをしていかなければ子どもたちがつらくなるだけです。

熊谷先生のお話しはとても大切な事を伝えてくれます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本もオススメです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
【日本ブログ村】のランキングにつながり,投票されます。
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« フューチャースクール推進研究会(第3回会合) | トップページ | 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/54160815

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷晋一郎特任講師が特別授業 「頑張らなくても大丈夫!」:

« フューチャースクール推進研究会(第3回会合) | トップページ | 認知・肢体などに障がいのある方々への学習支援 »