ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« ipadタッチャー注文しました | トップページ | 手話ステーション Lite : 指文字と手話250語を収録!動画付きの解説でお手軽学習!無料Androidアプリ »

文部科学省:情報活用能力調査に関する協力者会議 第1回会議 配付資料

文覚科学省で情報活用能力調査に関する協力者会議を開いているそうです。

情報活用能力調査に関する協力者会議 第1回会議 配付資料

工程表はこんな感じ

1322132_1_1

対象となるのは小学生と中学生で特定の学年に対して情報活用能力を調べるそうです。

これ自体に異論もないし,調べることは大切だと思いますがさて障害のある子どもたちの場合にはその情報活用能力というのは同じものを求めるべきなのだろうか,確かにその障害の状態によって違いがあるので一概に調査も出来ないだろうし,知的障害が伴ってくると調べることも難しくなる。

しかし,障害のある子どもたちにこそ情報活用能力はより高く求めてもいいのではと思っています。

そうでなくても,彼らは情報が入りにくくなっているのだから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まあ,これ以前に特別支援学校教員の情報活用能力が問われるように思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« ipadタッチャー注文しました | トップページ | 手話ステーション Lite : 指文字と手話250語を収録!動画付きの解説でお手軽学習!無料Androidアプリ »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ipadタッチャー注文しました | トップページ | 手話ステーション Lite : 指文字と手話250語を収録!動画付きの解説でお手軽学習!無料Androidアプリ »