ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第1集 | トップページ | セミナー「トーキングエイドカフェ」東京&大阪 開催 »

弱視の子ケアへアプリ開発

こちらの記事から

弱視の子ケアへアプリ開発

知り合いの氏間先生が開発した「iPad(アイパッド)」専用の「日用視力測定ツール」です。

これだけで,がなにかできるということではないでしょう。

でも,視力を正しく評価し,子どもにとっての教材を作るためのツールとして有用ですね。

ダウンロードはこちら

日用視力測定 App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


意外と視覚の困難のある子どもって通常学級にもいます。
気になる場合に使ってみてはいかがでしょうか?

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第1集 | トップページ | セミナー「トーキングエイドカフェ」東京&大阪 開催 »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱視の子ケアへアプリ開発:

« 〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第1集 | トップページ | セミナー「トーキングエイドカフェ」東京&大阪 開催 »