ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

お出かけ道具

幸いな事に8月には各地での研修会に呼んでいただく予定です。

自分というよりもATやAACの事に関心を持っていただく先生方が増えてくれればと思っております。

Img_1111

写真は持って行く道具です。
呼ばれているところによって,持ち物も変わるのですが基本セットかなと思う物を整理して見ました。

マジカル関係の各種の本が真ん中に重ねて置いてあります。

iPadにはもちろん,トーキングエイド等の各種ソフトが入っています。

そのiPadを便利に使うためのインターフェースがいくつかあります。

・iPadタッチャー
・トーキングエイド用スイッチインターフェース
・英国から輸入したスイッチインターフェース
・Bluetoothのスピーカー
・マジカルオリジナルのスイッチ
・プレゼン用のコードレスマウス
・AppleTV

などです。

持っていく荷物の大半がこれらで埋まってしまいそうです。
空港の荷物検査に引っかからないようにしないと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は富山へ移動予定です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「障害があるんじゃないただ足がないだけだ」オスカーピストリウス

オリンピック真っ盛りですね。

このオリンピックの目玉といえばオスカーピストリウスではないかと思います。

彼がパラリンピックではなくオリンピックに出られるようになったのには様々なハードルがあったようです。

前回の大会までの経緯はここに書かれていました。

http://www.kanpara.com/choujin/07_oscar.html

また,公式のWebサイトには下記のような事が書かれていました。

“You're not disabled by the disabilities you have, you are able by the abilities you have.”
(障害があるからできない、ということはない。持っている機能を使えばできるのだ)

公式サイト

彼の出場する400メートルリレー,1600メートルリレーは8月9日10日からです。

400メートルリレー

1600メートルリレー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のインタビュー記事はこちら

INTERVIEW 「義足のブレードランナー」オスカー・ピストリウスが語るオリンピック出場

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

おやこでスマほん : お子さまと一緒に名作童話を読みましょう!英語の勉強にもなるかも?!無料Androidアプリ

こちらから

おやこでスマほん : お子さまと一緒に名作童話を読みましょう!英語の勉強にもなるかも?!無料Androidアプリ


久々のAndroidアプリの紹介です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絵本アプリですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

学生教育研究会 夏期学校 お別れの会

それはまるで偶然のように連絡がありました。

金曜日にふとした思いつきで大学時代のサークル仲間と30年ぶりの同窓会をしたいと思いつき,手帳に「教研 同期会 予定を立てる」と書き留めました。

「教研」というのはもちろん教職員組合の「教研集会」ではありません。

私が入っていた「学生教育研究会」の略称でした。このサークルは今は無き東京都立大学のサークルで地元の小学5年生から高校1年生,当時の青鳥養護学校の子どもたちを夏によんで「夏期学校」というのを2週間ほどやるサークルでした。

まあ,教員の卵のための自分たちで学校をやろうという変わったサークルでした。ですが,実は教員になりたい学生だけでなく工学部や経済学部の学生も入っていて必ずしも教員志望の学生のサークルではありませんした。

そういった学生仲間での「教研」は大学に入ってパラダイムが変わった私には様々な事を教えてもらったところです。

高校までの自分は他人との距離感をとるのが苦手で,人とのコミュニケーションが嫌いでした。(今の私を知っている人には想像できないかもしれませんが。)

そして,その結論として考えたのは人との関係を作らなくてもいい(と思っていた)数学の勉強をきわめて大学の数学の先生になろうと思っていました。

しかし,大学に入っていきなり誘われたこのサークルでは人との関係の楽しさを沢山教えてもらいました。

サークルでの学年会とよばれる小集団(1年目は高一学年会に所属しました。)による様々な会議では自分の受けてきた教育はどのような物だったのかを振り返り,夏期学校での目標を作るための「めざす子ども像」というのを作りました。

この通称「受け振り」をすると,本当に自分という存在はなんだったんだろうか,教育ってなんなのだろうかという事を考える事になりますし,それを通じて仲間を強く意識できました。

サークルでの活動が楽しくなればなるほど大学での勉強はつまらなくなってきました。単位も落としまくり,留年。

退学して,別の大学に行く事も考えましたが,最終的には何とか卒業できました。

人が嫌いだった私はこんなサークルに入っていてもけして人との付き合いのある教員にはならないと思っていたのが,こんな不完全な自分も自分として認めた上で教員になってもいいのではないかと思うようになり,教員になる事にしました。

それでも1つだけ拘っていたのは「養護学校」の教員だけはなれないと思ったのです。
実は,大学に入学してすぐにサークルの先輩の紹介で青鳥養護の生徒を今は無き梅ヶ丘病院から通学させるガイドヘルパーのようなアルバイトをしていました。

そのお金がどこから出ているのかはよく分かりませんでしたが,保護者の方からいただくお金は当時としてはけっこうな高額でたいへん助かりました。

彼は,自閉症と知的障害のある高等部1年生でしたが,就学猶予で入学が遅れていたそうで年齢的には大学1年の私とは1歳しか違いがありませんでした。

自閉症の特性で病院から学校までは世田谷線という路面電車に乗って通学してくれたのですが,社内の特定の場所に立とうとして,途中の国士舘大学の学生に睨まれたり,下校の時には絶対に電車に乗ってもらえないので,歩いて帰るのですが,車好きなので環七通りに出るとなかなか動かなかったりと自閉症の事をよく分かっていなかった私には戸惑う事ばかりでした。

そんな経験もあり,逆に障害のある子どもの教育は自分ではできないと思い込んでいました。

そんな私が特別支援教育の専門家になるなんて自分としては思いもしません。

さて,話が大きくそれたのですがその「教研」ですが,その同期の仲間から昨日の昼間に留守電がありました。

まるでセレンデピティ,なにかあるのかと電話をすると訃報の知らせ。

大学1年の高1学年会で一緒だったMの奥さんで1年後輩のボッコが無くなったとの連絡でした。

ガンだったようで,昨年の夏にはまだ病気も分かってなかったぐらいの急な話だったようです。

昨夜はとりあえず,千葉の葬儀場まで行き,連絡が取れた数人の大学の仲間に会う事ができました。

まさかこんな形での同期会を望んでいたわけではないのですが,やはり親の世代の葬儀ではなく自分たちの世代になってきたのを思い知らされました。

式場を出る時には当時の他のメンバーにも声をかけて同期会をしようと話しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の自分を作ったのは当時の大学のサークルだと言っても過言ではありません。人とつきあう事の楽しさ,コミュニケーションの楽しさをしっかりと教えられた時代でした。そのために大学へはずいぶんと長く通う事になったのですが,とても良い経験をしました。 大学も引っ越し,名前も変わったので,今は同じような活動ではないのでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

夏休2日目

どうも暑くって夜中に目が覚めます。

まあ,3時ぐらいならいつも起きている時間なので・・・

さて,夏休2日目です。(日付が変わっているので3日目ですが)

ネットをやる時間を1日1回と決めPCもよっぽどの事がない限り立ち上げないようにしています。

結構面白い。

もしかすると,急いで連絡が欲しい人には迷惑をおかけしているかもしれませんが。

こうしてPCやネットから意図的に離れてみると,それほど頻繁につなげなくっても大丈夫なのではと思ってしまいます。

まあ,職場に行けばそんなわけにもいきませんが,自宅ですからね。
出張先でも頻繁にメールを見たり,Webで情報見たりしていて,途切れる事がないのですが,それこそアディクションな状態かもしれません。

以下に時間をとられているのかを再認識しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週の月曜日までこの状態を続けます。 連絡とりたい方,申し訳ありません。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

やろうぜ! iPadバンド!! 本物感溢れるiPad演奏用スタイラス「PIX&STIX for iPad」(動画あり)

こちらから

やろうぜ! iPadバンド!! 本物感溢れるiPad演奏用スタイラス「PIX&STIX for iPad」(動画あり)

動画もあります。

とくにドラムスティックって肢体不自由の子どもたちにはとってもいいのではと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記事にも書いてあるようにiPadって色々な形に変化するのが面白いです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

読書ノート「やめられない心」依存症の正体

この休みは,買い貯めていた本を読もうと思っています。

まあ,どれもパラパラとは目を通しているので,それほど時間もかからないと思うのですが,腰を据えて読む方がはかどるので,読んだ本で面白かったのをいくつか紹介していきます。

というか自分の備忘録ですが・・・


お酒やたばこ,ギャンブルなどの依存症になる傾向の人を「アディクション体質」というそうです。その昔の訳は「嗜癖(しへき)」といったそうですが,あまりはやらず,それも言葉の響きから自分からこの言葉を口にすることもないですが,実は誰でもアディクションになりやすく,それを自分で認知するためには,訳さないこの言葉の方が適当なのではと訳者が書いていました。

さて,アディクションになるには3つの段階があるということで,本書では

第1段階 内面に変化が起きる

第2段階 ライフスタイルに変化が起きる

第3段階 人生が崩壊をはじめる

と書いています。自分のことでいうと,「アルコール」「Webのブラウズ」「頻繁なメールのやりとり」「仕事」はもしかすると第1段階に入っているのではないかと思えます。

アディクションの危険なことは人を物として扱うようになることだそうです。自分の満たされない欲求を様々な形で満たそうとする課程で,周りの人を物として扱う。そして,人よりも物を優先すると書いています。

なぜ物なのかといえば,人は自分のいくことを聞きませんが,物は文句も言わないですし,すぐに答えてくれるからだそうです。

良く,支援機器の話をする時に機器はそれを使って「人とのつながりを高める」事にあると,話をします。それでもやはり,実際には機器の方に興味を持ち,それだけになってしまいがちだと危惧されることがあります。

ある意味,そうですね。自分と機器の関係だけで社会的な相互交渉がない物だとすると,やはり機器を使うことは危険を伴います。

教育の分野でもどんな学びを子どもにさせてあげたいのか,その学びの後にどこにつながっていくのかを考えてあげないと,子どもと機器の関係だけで自己完結してしまい,ゲームと同じになるかもしれません。

逆にアディクションにならない人の特徴として以下の4つのことに目を向けるといいます。

1.家族や友人
2.精神性や”高次の力”
3.自分自身の力
4.コミュニティー

つまりは,外とのつながりをどのように求めていくかです。

この本でもネット中毒やメール中毒の話が書かれています。メールはコミュニケーションじゃないの?とも考えられますが,メールを送る相手に過剰な要求をしたり,常に携帯を手放せず,いつメールが来る下記になっている状態はやはりアディクションの傾向があるのでしょう。

今の,情報化社会だと即時で連絡が取れないとイライラすることがあります。しかし,それは自分の都合であって相手の気持ちや都合,状況を判断できていないことになります。

やはり,相手の事が考えられなければコミュニケーションとは言えませんね。

アディクション体質を直すためのプロセスとして,本書ではいくつかの事を具体的に書かれていますがその1つに「自分に正直である事」と書いています。そのためには「自分をよく観察し、監視する」事が必要になります。

メタ認知として自分を見られるようになるのはとても難しい要求ですが,それをしないで問題解決はできないのでしょうね。

そのためには「自分がどのように見られているか」周りからの言葉を傾聴できないといけないのでしょう。


やはり,自分の時間の使い方を見直さないといけないと思いました。仕事としてPCに向かう時間は多いですし,ネットワークの活用が私の仕事である事は間違いありません。

ですが,ネットワークコミュニティーに埋没しやすいのも事実なので,メールやFaceBookなどの使い方は見直してみたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後いくつかのエントリーを書いたら,本日は終了とします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

日本デジタル教科書学会に発表します

本日(かな?)日本デジタル教科書学会のエントリーが採択されました。

日本デジタル教科書学会 設立記念全国大会

演題はこれ

『アクセシビリティのあるデジタル教科書作成について』

本当は翌日のATACに合わせて早めに終わって新幹線で移動したかったのですが,まあ仕方ありません。
発表したらすぐに移動します。

埼玉の井上さんも同じような題名で発表されるようですね。

当日参加もできますが,事前申し込みの方が安いようなので参加しようかと思っている方はお早めに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ,投稿論文の書式が分からないので原稿も作れない状態ですが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

今日から少しの間夏休をとりました

本日より来週の月曜日まで夏休みをいただきました。

Webやブログ,メールやfacebookなど,少し制限をして(やめると言えないところが弱いですけど)
なるべく,1日に1回程度にしてみたいと思います。

といっても今日も結構やってましたが・・・これから,少し反応悪くしたいと思います。

ブログは1日1エントリーをしたいので,ブログを書き込んだ時だけネットにつなげるようにしてみます。

では,本日はこれでおしまいに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ,緊急の連絡があれば反応するかもしれませんが・・・ 無いことを祈っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

DO-IT Japan 2012 夏季プログラム特別企画 一般公開シンポジウム

また今年の案内が来ました。

DO-IT Japan 2012 夏季プログラム特別企画
一般公開シンポジウム

転載自由とのことで以下引用

--- DO-IT Japan 2012 夏季プログラム特別企画 一般公開シンポジウムのお知らせ(転載自由)

DO-IT Japanには,大学進学を目指す,さまざまな障害のある小学生や高校生が
参加しています。現在,国内でも教育における障害者差別禁止の制度変更が
準備されつつあります。障害のある児童生徒たちが高校や大学を受験する際,また
進学後も,障害により生じている困難があっても,他の生徒と同様,フェアに試験や
授業を受けられるよう,将来的に「合理的配慮」の提供が学校や大学に求められる
ようになると考えられます。

本公開シンポでは,以下の3つのテーマに関して,障害学生にとっての教育と社会の
将来像についてゲストや会場の皆様と議論したいと思います。ご関心お持ちの
皆様のご参加をお待ちしております。

テーマI:DO-IT Japanの参加者からも,肢体不自由のある生徒が代筆やパソコンを
使用して,また,視覚障害のある生徒が点字や時間延長を受けて受験するといった
事例が報告されていましたが,昨年,読字障害のある生徒が代読により受験して
高校進学したり,書字障害のある生徒がワープロ利用により大学合格を果たす
といった事例も登場してきました。また障害学生数は統計上1万人を超え,試験での
配慮も変革が進みつつあります。現時点での最新の状況を情報共有します。

テーマII:しかしながら,これらの配慮が得られるかどうかは,地域や学校,教育
機関ごとに大きな格差があり,社会的な合意や認知を得るまでには至っていないと
いう現状も変わらず存在します。そこでシンポ中盤では,どのような配慮ならば
合理的で公平といえるのかに関して,「学校の学習や指導において,本質的に生徒に
求められているものは何か」という問いかけから試験の本質を考えます。

テーマIII:こうした配慮のある社会実現のためには,国・大学だけの取り組みでは
限界があります。社会全体に配慮があることへの理解と取り組みが必要です。そこで
DO-IT Japanでは,企業の方々のお力を積極的に借りながら,未来の配慮ある社会の
実現を目指しています。シンポ後半では,DO-IT共催企業の方々に,将来への展望を
語ってもらいます。

※ 公開シンポ開催日午前中に,同会場にて米国の障害学生支援に関する
公開セッションを開催しております。文末の同時開催企画のお知らせを
ご覧ください。


<開催概要>

日時:2012年8月4日(土)13:30~17:00
場所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
東京大学先端科学技術研究センター
3号館南棟大ホール(一般公開シンポジウム)
4号館2階講堂(交流会)
地図:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html
参加予約:必要(後述の「お問い合わせ・参加申し込み」をご参照ください)
参加費:無料(交流会参加者のみ軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます)
※当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能

<プログラム>

■ 13:30 - 14:30 テーマI:
「高等教育における障害学生支援の最新情報 2012」

田中 久仁彦(独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 特別支援課 課長)
「全国の高等教育機関における障害学生に関する実態調査・結果報告」

上野 一彦(独立行政法人大学入試センター 特任教授)
「大学入試センター試験における障害者特別措置の現状と今後」

司会:近藤 武夫(東京大学 先端科学技術研究センター 講師)

14:30 - 14:45 休憩

■ 14:45 - 15:45 テーマII:
「試験の本質を考える:書字障害の生徒に漢字書き取りの出題は適切か?」

西辻 正副(文部科学省 初等中等教育局 視学官)
「国語における学習指導要領が達成を求める教育目標の本質とは」

DO-IT Japan大学生リーダー
「さまざまな障害のある学生における読み書きの困難と代替手段」

司会:中邑 賢龍(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

15:45 - 16:00 休憩

■ 16:00 - 17:00 テーマIII:
「産学官連携でつくる配慮ある社会」

(1)「配慮ある社会への取り組み」
加治佐 俊一(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者)
加藤 晋平(株式会社エデュアス 取締役)
板東 久美子(文部科学省高等教育局 局長)
油井 元太郎(KCJ GROUP 株式会社 教育開発部 部長)

(2)「クロージング:DO-IT Japan2012でのチャレンジ」
DO-IT Japan 2012スカラー/2012ジュニアスカラー
中野 義昭(東京大学 先端科学技術研究センター 所長)
藤田 正美(富士通株式会社 副社長)

司会:巖淵 守(東京大学 先端科学技術研究センター 准教授)

<交流会>

■ 17:20 - 19:00
「公開シンポジウム参加者,DO-IT Japan参加者との交流会」


<お問い合わせ・参加申し込み>

以下の予約サイトで参加申し込みをお願いします
http://kokucheese.com/event/index/46271/

DO-IT Japan事務局
〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター 3号館309
電話: 03-5452-5064
Fax : 03-5452-5064
メール:info@doit-japan.org
ホームページ:http://doit-japan.org/


<同時開催企画のお知らせ>

会場:3号館南棟大ホール(一般公開シンポジウムと同じ会場)
参加費:無料,予約不要
※ 公開シンポと同様,当日の会場には要約筆記による情報保障あり,
車いすでの会場への入場可能

■ 9:40 - 10:40 一般公開セッション1:
「DO-IT Japan2012 障害学生による海外研修報告会」
話題提供者:山崎 康彬(DO-IT Japan 大学生リーダー)
・車椅子ユーザかつDO-IT Japanの大学生リーダープログラムに参加している
山崎さんから,支援技術に関する世界最大の会議の一つであるCSUNカンファ
レンス参加や,南カリフォルニア大学での障害学生支援や学生生活の見学を
目的地とした今年度のDO-IT Japan海外研修から得た経験について発表します。

■ 11:00-12:00 一般公開セッション2:
「国際的な障害者への配慮の考え方と障害学生の自立:合理的配慮を知る」
話題提供者:近藤武夫(東京大学先端科学技術研究センター 講師)
・国際的に障害者差別禁止法の整備が進みつつあります。この枠組に基づいて
提供される合理的配慮は,障害学生の高等教育への参加にどのように影響して
きたのでしょうか。米国の例と日本の最近の障害学生支援の進展/残された
問題を通じて考える話題提供を行います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も参加したいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

学習リモコンを使って写真撮影

マジカルトイボックスのスタッフでいつも来て下さるN氏がイベントで紹介していたデジカメがとても好評でした。

以下はその紹介です。

学習リモコンを使って写真撮影

デジカメは機種によって使い勝手が大きく違いますので,ご参考になれば幸いです。

学習リモコン.pdf


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤外線リモコンについては、前回のイベントで作ったスイッチ対応学習型赤外線リモコンがあれば改造無しで操作できますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

色弱、難聴サポートから多目的トイレマップまで――バリアフリーを促進するiPhoneアプリ8選

こちらから

色弱、難聴サポートから多目的トイレマップまで――バリアフリーを促進するiPhoneアプリ8選

教育用というよりも成人の方向けが多いですが,まとまって紹介されていていいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソフトのリンク先もあるので,リンク先は省略しますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第34回イベントご参加ありがとうございました。

マジカルトイボックスの第34回イベントが無事終了しました。

ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。

そして,展示に来て下さった団体や企業の皆様,スタッフの皆様,大変ありがとうございました。

皆様のおかげで良い会を開くことができました。

これをきっかけにして,子どもたちのコミュニケーションが高まってくれればと思っております。

さて,来年の夏のイベントも日程が決まりました。

平成25年7月20日(土) です。

(ちなみに第35回イベントは2013年1月12日(土)〜13日(日)です)

同じ会場でおこないますので,今年参加された方も参加ができなかった方も来年もご参加いただければと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製作講座の第1部にご参加いただいた方でBDアダプターキットをお持ちいただかなかった方,事務局にご連絡下さい。お渡しするのを忘れておりました。こちらでお送りさせていただきます。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

体験セミナー

1342939523179.jpg

島田療育センター

1342931866913.jpg
ピコピコルーム

テクノツール

1342931622868.jpg
オペレートナビ

パナソニック

1342931462403.jpg
レッツチャト

スマイルエピソードシンポジウム

1342931355561.jpg

黄昏スイッチくらぶ

1342931213748.jpg

伊藤忠財団

1342931021223.jpg
マルチメディアデイジー図書

こことステップ

1342930885037.jpg

レインボープロジェクト

1342930809927.jpg

I want

1342930738071.jpg

エスコアール

1342930631240.jpg

キートンコム

1342930548078.jpg

工房たーちゃんのおうち

1342930461651.jpg

おめめどう

1342930368370.jpg

高専プロジェクト、楽暮プロジェクト

1342930270100.jpg

アクセスインターナショナル

1342930152460.jpg

クレアクト

1342930075636.jpg
マイトビー

製作講座が始まりました

1342929953216.jpg

1342929955169.jpg

1342929956892.jpg

e-AT利用促進協会、ユープラス

1342929678338.jpg
トーキングエイド

パシフィックサプライ

1342929510625.jpg

ドロップレットプロジェクト

1342929427267.jpg

TREE WARE

1342929268871.jpg

マジカルトイボックス

1342929130228.jpg

1342929135697.jpg
マジカルコーナー

本日はマジカルイベント当時

本日は第34回マジカルトイボックスイベントです。

お天気の方は最高気温25度と過ごしやすい日になりそうです。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

このブログでは逐次様子を紹介させてもらいますね。

1342903317630.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

準備に忙しかったのですが,なぜかそういうときは物が欲しくなるのでこんな物を衝動買いしてしまいました。 今日ブログを見て下さった方はぜひ下記の応援ボタンを押して下さいまし。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

良い習慣のための20秒ルール,悪い習慣をやめるための20秒ルール

特別支援学校ではiPadがとても普及しています。

先生方がなんでこんなにも使うようになったのか,を考える上でのヒントとして「20秒ルール」というのがあるのではと思いました。

これの出展は「幸福優位7つの法則」という本です。


この中で

「法則6 二〇秒ルール――変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える」

というのがあります。

これは,良い習慣を身につけさせるためにはそれをおこなうために20秒以上時間をかけずに取りかかれるようにすると良いと著者はいっています。本の中でギターの練習をするエピソードが書かれているのですが最初はギターケースの中に入っていたギターの練習が途中で頓挫するシーンがあります。実際に弾こうと思ってから音を鳴らすために20秒以上かかっているためやらなくなったといっています。

そこで,今度はギターラックを買い,リビングの真ん中にギターを置くようにしていつでも思いついた時に弾けるようにしたところ練習が習慣付いたとのことです。

逆に無駄にテレビを見てしまうので,どうしようかと考えた時にはリモコンをわざわざソファーから歩いて20秒以上かかる場所にわざと置いていたそうです。そうすることで,面倒になり無駄なテレビを見なくなったそうです。

つまり,本人のがんばりに依存するのではなく以下に人間の心理を上手く使って物事をできるようにするか(やらないようにするか)を考えることが必要かと書かれてました。

ひるがえってiPadです。これまでのパソコンなら電源を入れてWindowsが起動するまでに数分かかります。ソフトが立ち上がるまでにも数十秒かかります。それだけでもすでに20秒ルールを大きく逸脱します。

それだけでありません。様々な周辺機器を用意するのにも時間がかかり,学校の先生方よっぽど意欲的にならなければすぐに使い始めないでしょう。

それに比して,電源はすぐに入り,ソフトの起動も簡単でティスプレイが入力装置なiPadなら20秒以内にすぐに使い始められる。

どこでも人気になるはずです。

逆に先生方に使わせないようにするのであれば,学校の金庫にしまい,利用する際には貸し出し簿を作って教頭先生の許可がなければ使えないようにしておけば誰も授業に使わないようにできるでしょう。

教材は使ってなんぼ,壊れることを恐れて管理を厳しくするよりも壊れるぐらいに使っていくことで授業に定着していくのではと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「幸福優位7つの法則」とても面白い本です。ぜひ読んでみて下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

はじめに道具ありき?

昨日までうどん県に行ってまいりました。

うどん県はかつての中邑賢龍さんが活躍した場所で,ATやAACが根付いている地域です。

なんで,ここではそれらが上手く普及しているのかを調べることも1つの課題でした。

1つの答えとしては地域的にも比較的狭く,相互の情報が行き渡りやすいということもあるのではと感じました。

東京などでは先進的にやっている先生も必ずいますが,落差が大きく,皆さんの物になっていない気がします。それは,お互いの顔を見ずにそれぞれがばらばらに実践をしているからなのではと感じます。

うどん県の場合はその中の中心となるうどん大学が核になって各学校の実践がされているのではと思いました。外部機関との連携というお話しを聞いた時にその資料の中にうどん大学がなかったのでお聞きした時に「あまりにも近い存在なので書くことを忘れた。」といわれました。良い意味でも悪い意味でも大学が地域に根ざしているのだと思います。

さて,そんな中機器の活用についてお聞きしたN先生が面白いことをおっしゃっていました。

支援機器やICTの活用で良く聞かれる言葉に「はじめに機器ありきではない,どのような指導をするかを考え,そのために機器を使うことだ」というのがあります。

至極もっともなことです。

ですが,その先生がおっしゃるのは「機器をどう使うか」というのを考えた方がいいのでは、ということ。

逆に「指導法」のような物が先にあると「その指導法がすきだ」とか「きらいだ」とかになってしまうが,機器自体にはそのような縛りがあるわけでなく使う人がどう使うかの工夫ができ,様々なアイデアを出せるのだとのこと。

そうすることで,たくさんの先生が色々な工夫をしながら授業に使ってもらえるので「こうした使い方をしなさい」という縛りを設けない方が良い実践が生まれてくるのだというのです。

ただし,その際には必ず「ゴールを提示する」事を忘れないのだとのこと。そして,そこに至るまでの道のりは各自で考えるようにするとのことです。

その先生自身にはどうすればいいかはすでに考えているのだそうですが,それはいわないそうですし,違ったやり方をしても評価するようにしているとのことです。

これって,学校マネージメントの考え方に通じますね。学校の管理職も目標だを提示し,その途中の過程は教員それぞれに任せるようにすれば学校の先生方はやる気も出るし,自分の自信にもなるように思います。

支援機器を考える上でとても参考になるお話しでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは別のエピソードなのですが,中邑さんがいらっしゃる時にはけっこう反発もあったそうです。とても刺激的なお話しをされる方ですので。ですが,東大に出られてから,いなくなってはじめて失った物の大きさを感じたとのことで,いらっしゃるうちに学んでおけば良かったという話があったそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

パラリンピックのプロモーションビデオがかっこいい

こちらから

If This Paralympics Ad Doesn't Inspire You, You Probably Don't Have A Pulse

とにかくビデオを見て下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Youtubeじゃなかったのでシェアーの仕方が分からなかった

平成24年7月21日(土)追加
MSNで共有できました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特別支援教育における情報モラルとコミュニケーションの指導

表題の本に原稿を書かせてもらいました。

特別支援教育における情報モラルとコミュニケーションの指導

 

これは,和歌山大学の江田裕介教授がおこなった研究の成果物です。私は,研究の協力者としてお手伝いをさせていただきました。

豊富な事例と参考になるリンク先が載っていますので,特別支援学校での指導の参考になるものです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの中で

特別支援教育における情報教育と情報モラル教育の課題

という章を書かせてもらっています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックスイベント案内更新しました。

マジカルイベントまであと3日となりました。

さて,展示予定の業者さんからの展示内容の紹介などをいただき,イベント案内が更新されています。

いかに最新情報を載せていますので,ご覧下さい。

http://www.magicaltoybox.org/mtb2012-7event.html

付け加えさせていただいたのは

●NPOこことステップ
●レインボープロジェクト
●テクノツール

また

パナソニック ヘルスケア(株)
ケイ・ツー・ エム・プランネット
パシフィックサ プライ・川村義肢

の宣伝文句を付け加えました。

ではたくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AACセミナーと機器展示は当日の参加が可能です。 まだお迷いの方はぜひお越し下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

スヌーズレンの代わりにいかが「どこでも花火が楽しめる! 夏の宴に最適な花火を再現できるプロジェクター」

こちらの記事から

どこでも花火が楽しめる! 夏の宴に最適な花火を再現できるプロジェクター

いやー,これスヌーズレンとして教室で使えそうですね。
音は消した方がいいかもしれませんが。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベント直前なのですが本日よりうどん県に出張予定です。 準備大丈夫かなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

facebookでのiOSアプリ情報

facebookでは個人の情報交換の場以外にも,ブログやWebサイトのような機能もあります。

情報が気軽に登録できる面はブログよりも手軽ですので,企業も活用しはじめています。

さて,iOS端末用の情報を紹介しているページが2つありますので,ご紹介します。

●PP団

愛知県立みあい養護学校小学部の情報端末活用に関する研究プロジェクトチームだそうです。

●お道具箱日記  iPad海外100連発

前回紹介したサイトですね。

●トーキングエイド

トーキングエイド for iPadの公式facebookページです。

●特別支援教育こみゅ神戸@iPad

AT(支援器機)・教具としてのiPad等携帯情報端末の活用実践、検証を中心に特別支援教育(教育)全般についての情報交換するページです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからもfacebookを活用される方が増えるのでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

MyScript Calculator : 筆算と電卓のいいとこ取り!手書きで計算できる電卓アプリ!無料Androidアプリ

こちらから

MyScript Calculator : 筆算と電卓のいいとこ取り!手書きで計算できる電卓アプリ!無料Androidアプリ

これはすごい。

手書きしていくと数式が完成するそうです。
まあ,学習場面でどう使うかというと,先生の指導力が問われますが,式を立てたり計算の理解をさせる場面での利用など,使い方は色々考えられると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPhone版やWindows版などが出るといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

これで手話使用者とも自由に会話できる! 手話を通訳してくれるスゴイ手袋が登場

こちらの記事から

これで手話使用者とも自由に会話できる! 手話を通訳してくれるスゴイ手袋が登場

すごいですね,こんなのが75ドルでできるんだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの記事は40ポンドで視線入力だそうですけど

£40 eye-tracking glasses may change the way millions of Multiple Sclerosis sufferers interact with the world

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

今日の朝日新聞の「花まる先生」は必読ですよ!

今日の朝日新聞「花まる先生」には港特別支援学校の川上康則先生が紹介されています。

「障害は特別じゃないよ」

まだWebには出ていませんが,後日Webにも出てくると思います。

新聞には目をつぶった中学生の手に他の子どもがペンとタオルで一瞬タッチする写真が載っています。

事前の情報提供がなくまた見ることが出来ない人に少しだけ触られるのはとても気持ちが悪いし不安になります。

川上先生は「少しだけ触られるのは、分かりにくいし気持ちが悪い。握手や手を添える時には、しっかりと」おっしゃっています。

あまり書くとネタバレなのでまずはコンビニ等で買って読んでみて下さいね。

川上先生のブログはこちら

特別支援学校教師の研究ポートフォリオ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日書かれたエントリー「特別支援教育の視点」は、正義の御旗か?も必読ですよ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

暗算マスター FREE – 子供から大人まで楽しめる暗算力養成アプリ。脳トレにも最適です!!

こちらから

暗算マスター FREE – 子供から大人まで楽しめる暗算力養成アプリ。脳トレにも最適です!!

無料版と有料版があるようです。

ダウンロードはこちら

ANZAN MASTER FREE App
価格:0
ジャンル:教育
ANZAN MASTER App
価格:85
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういったソフトも豊富に出てきていますね。 ジャンルを絞って比較してもらえるといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

AppBANKにトーキングエイドが登場している!!!

いつものこちらから

[iPad] トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD: コミュニケーション支援機器がiPadにやってきた。無料。

すごーいい,メジャーデビューですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして一般の人に知られるというのは嬉しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

コグニション

こちらから

コグニション

文字の認知ができない子どもでも操作が可能だとのことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえずダウンロードだけしました。 これから試してみます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Homemade AT pageではんだづけのページがあった

オクラホマにあるHomemade AT pageというWebページを紹介してもらったのですが,ここになんと半田付けのページを見つけました。

Basic Soldering Instructions

賢龍さんはよくアメリカではもうすでに作るよりも使い事にシフトしているとおっしゃるんですけど,こういった自作のページを見つけるとまだまだ多様な状況なのではと思いました。

まあ,買う方が多いんでしょうけどね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあサイトの名前がHomemade AT pageですからね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

カタカナ先生: ひらがな覚えた子の次のステップに!動物の名前をカタカナで答えよう。無料。

いつものこちらから

カタカナ先生: ひらがな覚えた子の次のステップに!動物の名前をカタカナで答えよう。無料。

シンプルなカタカナ学習ソフトです。

個人の方が作られているようで,この他に算数先生と時計先生というソフトも作っているようですね。

ダウンロードはこちら

カタカナ先生 App
価格:0
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料のソフトの常で広告が入ります。それも手前にあるので,お子さんが間違えて押してしまうかもしれません。有料版も用意して,非表示になるといいのですが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

小さいマトリョーシカ: 水彩画のようなイラストが綺麗。末っ子マトリョーシカが旅する物語。無料。

いつものこちらから

小さいマトリョーシカ: 水彩画のようなイラストが綺麗。末っ子マトリョーシカが旅する物語。無料。

無料の絵本アプリです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やさしい感じの絵のタッチですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

○○○タイマーのようなキッチンタイマー

時間の設定はアバウトだし,設定した時間になると音が鳴るので聴覚過敏のお子さんには向かないけど

某○○○タイマーに似た製品がけっこうお安くAmazonで売っていたのでご紹介。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京だと立川のお店で売っていたようです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント案内をご確認下さい

特別支援学校を中心に郵送した第34回イベント案内の一部に誤りがございました

たいへんお手数とは存じますが、下記の最新版のイベント案内をご確認願います。

http://www.magicaltoybox.org/mtb2012-7event.html
もしくは、pdf版
http://www.magicaltoybox.org/mtb2012-7event.pdf

おもな誤りは下記の箇所です。

AACセミナー開催時刻 (誤)  9:30~11:30 → (正)  10:00~12:00
イベント開催時刻 (誤) 10:00~17:30 → (正) 10:00~17:00

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
お詫び申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Aa! 動物エレベーター どうぶつさんといっしょに数字をおぼえよう!

こちらから

Aa! 動物エレベーター
どうぶつさんといっしょに数字をおぼえよう!

実はこのソフトkamapさんのブログで紹介してされていたものです。

iPad版トーキングエイド、発売!

実際に使っていらっしゃる人がいると説得力がありますね。

ダウンロードはこちら

Animal Elevator for iPad App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが,トーキングエイド廉価版の方も出してもらえるといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

お勧めサイト「みさきのイラスト素材」

豊富なイラストを掲載しているサイトを紹介してもらいました。

みさきのイラスト素材

商用利用の場合にはライセンス料を払うことになるそうですが,学校の場合には無料で使えるそうです。
以下は利用規程です。

利用規程

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲストブックもあるようなので,使った後には感想などを書いておくといいでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

小学生手書き漢字ドリル1006 – はんぷく学習シリーズ : 子供も大人もスマホに手書きして頭の体操!無料Androidアプリ

こちらから

小学生手書き漢字ドリル1006 – はんぷく学習シリーズ : 子供も大人もスマホに手書きして頭の体操!無料Androidアプリ

こちらの会社,教育用のソフトを色々出されていますね。

http://www.gakko-net.co.jp/

AndroidだけでなくiOS専用のソフトもありました。

たとえばこれ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料版でお試しして,広告無しにするには有料版を購入するようになっているようです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

お勧めFaceBookページ「お道具箱日記  iPad海外100連発」

知り合いのjalpsjpさんが最近FaceBookページをはじめられました。

やはり,ブログよりもFaceBookの方が手軽なようでしばらくはこちらを主にされるそうです。

お道具箱日記は私にとってはとても学ぶことの多いサイトなのでもちろんこちらの方もお勧めです。

お道具箱日記  iPad海外100連発

ちなみにfacebookに入ってなくてもFaceBookページは見られます。

ですが,コメントを書いたりアクションをするには登録していると便利です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

facebookの利用については,個人情報がどのように扱われているのかという心配や仕様が変わったりと色々気になるところもあります。まだの方は,その著書で色々と教えてもらっている美崎栄一郎さんがFacebookバカという本を書かれていますので,これを読んでみるといいです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[PR] けいたいえほんライブラリー2: 感受性を伸ばす良作えほんを6冊も楽しめる!無料。

いつものこちらから

[PR] けいたいえほんライブラリー2: 感受性を伸ばす良作えほんを6冊も楽しめる!無料。

これ前に紹介したこのソフトの続きですね。

[PR] けいたいえほんライブラリー: 外出先でも気軽に楽しめる、6種類の童話が詰まったえほんアプリ。無料。

ダウンロードはこちら

けいたいえほんライブラリー2 App
価格:0
ジャンル:エンターテインメント


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グリコのおまけにしては立派ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

お勧めサイト「特別支援教育デザイン研究会」

以下のサイトを紹介されました。

特別支援教育デザイン研究会

オンラインでダウンロードできる教材やイラストなどが登録されています。

東京学芸大学の小池先生が中心となって作られたようですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オンラインのソフトもありますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

学校の先生なら皆さん読んで欲しい

おめめどう のブログより

伝わりやすい声かけ 資料

この中にある

おめめどう資料 自閉症・発達障害の人に、伝わりやすい声かけ

20120705_212351

これは,自閉症,発達障害のお子さんだけでなく視覚障害のお子さんにとっても分かりやすい伝え方ですし,それこそどんなお子さんに対しても大切な視点です。

その意味では,学校の先生ならすべての先生に読んでもらいたい資料です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A4見開きで2ページというのがとてもいい分量ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害児・者へのICT利活用を促進するための研修会(講演会)のお知らせ

研修会のご案内です。


【期日】8月9日(木)
【名称】障害児・者へのICT利活用を促進するための研修会(講演会)
【会場】兵庫県民会館 11階 パルテホール
【内容】講演
【Web】http://www.assistech.hwc.or.jp/ASSISTECH/event/seminar/seminar_20120809.pdf


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も少しお話しさせていただきます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadの教育に対する可能性を沖縄で見る

沖縄県での実践が朝日新聞で記事になりました。

iPadの教育に対する可能性を沖縄で見る

昨年12月に訪問させていただいた学校のそれぞれの活動を丁寧に取材されています。

研究成果の報告書も近々Webに公開されるでしょう。

この研究で作られたソフトは以下のようなものがあります。

特別支援学校用のiPadソフト集

この後にも,追加でいくつものソフトが出されていましたね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の内田洋行の発表会でもいくつかが紹介されていたようです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ついに出ました「iPad版トーキングエイド」

デルデルサギともいわれ,いつになったらとの期待の大きかったiPad版のトーキングエイドがやっとAppleの審査を通ったようで,昨日iTunesストアーに登録されました。

7/3リリースしました!

以下引用

お待たせいたしました。トーキングエイド for iPad「テキスト入力版」および「シンボル入力版」をリリースいたしました!本日7/3より、AppStoreにてダウンロードできます。

今回リリースしたのは、STDという買い切り版です。ダウンロードは無料でできますが、機能制限がついています。この機能制限を超えて利用する時に「購入」の手続きを行なっていただきます。

ということで,テキスト版とシンボル版は下記からダウンロードできます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

機能制限はありますが,まずは無料版の形でダウンロードしてお試ししてから,良ければ有料版にバージョンアップするといいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

5月27日にイベント申し込みをした岸和田支援学校の先生へ

マジカルトイボックス事務局の金森です。

5月27日にイベント申し込みをされた大阪府岸和田支援学校の先生へ

iPhoneからのお申し込みのようですが,事務局からのメールが届いていないようです。

メールの着信拒否をされている可能性が高いので,どなたからのメールでも着信できる設定にしていただけますでしょうか?

その際には,マジカルのイベント申し込みのアドレスからメールが送られるとは限りません。

ちなみに5月27日のお申し込みはすでに受け付けておりますので,参加可能です。

どうぞよろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベント申し込みをされる方はできるだけPCでのメール送信をお願いします。 また,その際にも着信拒否の設定はなるべくされていないアドレスをお願いいたします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

研究成果/学習支援マニュアル

魔法のプロジェクトの報告書の全文が読めるようになりました。

研究成果/学習支援マニュアル


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すみません,今週は色々とあって更新が遅れそうですが1日1エントリーは何とかしようと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

続きを読む "研究成果/学習支援マニュアル" »

シンプルなくじ引きソフト「くじぽん」

1名から9名までが参加できるシンプルなくじ引きソフト

くじぽん です。

知り合いの特別支援学級の先生お勧めソフトです。

彼女の目利きは間違いありませんので一押しでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料ですので,まずはダウンロードしてみて下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad, iPhone] ibisPaint X: 描いた工程が動画になる!他の人が描いた動画を見て学ぶことも!!無料

いつものこちらから

[iPad, iPhone] ibisPaint X: 描いた工程が動画になる!他の人が描いた動画を見て学ぶことも!!無料


前に紹介した おえかキロクの高機能版と行ったところです。

ですので,子どもさんによっては難しく感じるかもしれません。

ですが,できることも高機能なのでおえかキロクでは満足できない人にはお勧めです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラウドにアップロードしたりYoutubeに上げたりできるようですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ワードのルビの色を変える

前回のエントリーPowerPointでルビ振りがしたいで,ワードのルビの色が変更できないことを書いたところ

ルビの色を変える

というサイトを教えてもらいました。

実は,ワードの文字の飾りにはフィールドコードというのを設定することで,けっこう色々なことができることが分かりました。

フィールドコードについては,下記のサイトが参考になります。

Word2007(ワード2007)実用編:フィールドコードの使い方

これを使えば,けっこうワードでも色々なことをが出そうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも貴重な情報を下さるjalpsjpさんありがとうございます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント案内「第3回福祉情報教育フォーラム inくしろ」

以下のイベントがあります。

【期日】9月22日(土)
【名称】第3回福祉情報教育フォーラム inくしろ
【会場】釧路市交流プラザさいわい 3F 大ホール
【内容】講演・事例発表
【Web】http://www.tc.knct.ac.jp/~kkiyota/WEIT2012/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日程的にはまだ先ですが。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

SwypeCam iPadやiPhoneで全画面をシャッターにできるカメラアプリ

こちらから

SwypeCam iPadやiPhoneで全画面をシャッターにできるカメラアプリ

お友達のkingstoneさんのブログで絶賛の簡単にシャッターが押せるソフトです。

詳しくは上記ブログをご覧下さい。

ダウンロードはこちら

SwypeCam App
価格:0
ジャンル:写真/ビデオ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうシンプルなソフトいいですね。先日買ったiPadタッチャーでもいけそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »