ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 特別支援学校の様子をテレビなどで紹介 | トップページ | Reflection - iPhone、iPadの画面をMacにAirPlayで表示 »

iPadを遠隔操作で自由に動き回れる「自分の分身」にするロボット『Double』

こちらから

iPadを遠隔操作で自由に動き回れる「自分の分身」にするロボット『Double』

セグウェイのうようなマシンの上にiPadをのせ,遠隔操作で動かしながらテレビ会議をする事ができるそうです。

まだ,発売されていないようですが,プロモーションビデを見るととても面白そうです。

こういったもののイメージとして7年ほど前にカナダのトロント大学に行った時に使われていたISDN回線を使ったテレビ会議システムを使った病弱の子どもたちが小学校や中学校の子どもたちの授業へ参加するためのシステムを思い出します。

当時の物はそれほど回線が速くなかったのですが,ちょっとしたアバターになっていて手を上げられるようなギミックがあって見るだけでなくて授業に参加する事ができていました。

院内学級の子どもたちが前席校の子どもたちの授業に参加するための未来のシステムとして使えるのではと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の12月に20万円ほどで発売される予定だそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 特別支援学校の様子をテレビなどで紹介 | トップページ | Reflection - iPhone、iPadの画面をMacにAirPlayで表示 »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 特別支援学校の様子をテレビなどで紹介 | トップページ | Reflection - iPhone、iPadの画面をMacにAirPlayで表示 »