ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« マジカルトイボックス第35回イベント講師紹介 | トップページ | 学校みたいに集中+休憩のルーティンをタイマー化:IdeaTimer »

おがっちのブログ「こっちの世界とあっちの世界」

おともだちのおがっちのブログより

こっちの世界とあっちの世界

すべて引用したいところだけど最後のところだけ

今、必要なのは「支援」ではなく、「理解」だ。

奈良の少年が言った、「障害者は困っている人。」
つまり、こっちの世界でうまくいかなくて困っているという状況。

アメリカに行って、サンドイッチの注文方法が分からなかったら、手招きで連れて行って実物を指差ししてくれる。これは「困っている内容」を理解できたから産まれた支援。

支援は「困っている内容」を理解できれば、自然発生的に産まれる。

大分で出会った彼と、奈良で出会った少年と共に実現したい夢が決まった。

こっちの世界とあっちの世界をつなごう。

今までの全てを潰そう。そして、前へ進もう。

これの元になる奈良の小学生の詩はこちら

なんとカンファレンス

支援ではなく理解することが大切。

そう思います。

ですが,理解した後に具体的に行動を起こせるのがやはり支援機器かも。

言葉だけ,気持ちだけでは何もできないから。

より明確な形を示せるのが支援機器だったり,支援グッズだったりすると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おがっちとは1時間ぐらいしか一緒じゃなかったんですけど,良い経験しているようですね。今度つくばで呑みたいですね。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« マジカルトイボックス第35回イベント講師紹介 | トップページ | 学校みたいに集中+休憩のルーティンをタイマー化:IdeaTimer »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コミュニケーション」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/55692622

この記事へのトラックバック一覧です: おがっちのブログ「こっちの世界とあっちの世界」:

« マジカルトイボックス第35回イベント講師紹介 | トップページ | 学校みたいに集中+休憩のルーティンをタイマー化:IdeaTimer »