ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« サイト紹介「aki room」 | トップページ | 日本語デジタルテキストのアクセシビリティと教育的な課題 »

日本教育工学会での発表

本日は日本教育工学会でのポスター発表をしてきました。

演題は「アクセシブルな学習ソフトを作成するための指針に関する研究」です。

Img_1274

これはこのソフトの開発のためにおこなってきた研究に関わってのことです。

アクセシブル学習ソフト研究会

今回はおもにソフトを開発するさいに障害なる子どもたちが使えるような機能として学習ソフトに標準でどのような機能を持ってもらいたいか,またオプションとしてどのような機能がふかしているといいかを整理したものです。

ディスカションとしてはより具体的にソフトを評価できるような基準を作って欲しいというご意見をいただきました。

実は,これの元になっているのはデジタル教科書の研究なのですがそれの元はWCAGです。

WCAG2.0には評価のための判定基準が設けられています。

その意味では,デジタル教科書にしても学習ソフトにしてもそれがアクセシブルかどうかの判定基準をはっきりと示し,それに合致しているかどうかといった判定が行えるものになっていると良いのではと思いました。

まあ,そのためには多くの学習ソフトについて丁寧に検証していかなければなりませんね。

また,これはアクセシビリティとは違いますが学習履歴をとれることも重要だとのご意見もいただきました。

確かに,エビデンスをとれるようにすることも学習ソフトには必要な機能でしょうね。

最近の研究でもいくつかそういったことが始まっています。
それも整理されてくるといいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんと明日の午前中の発表は台風のために中止になってしまいました。

さて,飛行機は出るのかなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« サイト紹介「aki room」 | トップページ | 日本語デジタルテキストのアクセシビリティと教育的な課題 »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/55673796

この記事へのトラックバック一覧です: 日本教育工学会での発表:

« サイト紹介「aki room」 | トップページ | 日本語デジタルテキストのアクセシビリティと教育的な課題 »