ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« エスカレーターの危険な乗り方:障害者への暴力 | トップページ | 視覚障害者のiPad,iPhoneの活用事例 »

普通学級の気になる児童への理解と対応 クラスで困っている発達障害のある子に教師ができること

こちらから

普通学級の気になる児童への理解と対応
クラスで困っている発達障害のある子に教師ができること

職場の同僚,お友達や知り合いの先生が講演をされます。

以下引用

講習実施の背景

普通級に発達障害のある子どもが在籍することが珍しくない今、そうした児童とどう関わっていけばいいのか、困り、迷っている教員がたくさんいらっしゃいます。そこで、発達障害のある児童の指導・支援の経験が豊富な講師や発達障害を持つ当事者をお招きして、講習会を実施しています。
第2回目の今回は、より実践的に学ぶプログラムを用意しました。教材づくりのための考え方を学び、実際に教材を使ってみるワークショップを通して、クラスの中で困っている児童への対応について学びます。

日時 2012年10月21日(日) 13時30分〜16時30分
会場 学研本社ビル3階 多目的ホール(東京都品川区西五反田2−11−8、JR五反田駅から徒歩5分)
会場の地図はこちらをご覧ください。
参加費 3,000円
定員 200名

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。

http://www.sainou.or.jp/imets/index.php/page/i_tokubetsu24


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


発達障害当事者のお話を聞けるのは貴重な経験です。

以下は講演者の本です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« エスカレーターの危険な乗り方:障害者への暴力 | トップページ | 視覚障害者のiPad,iPhoneの活用事例 »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« エスカレーターの危険な乗り方:障害者への暴力 | トップページ | 視覚障害者のiPad,iPhoneの活用事例 »