ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« [iPad]『こども脳機能バランサー』が待望のiPad対応。直感的な操作で楽しく脳トレ! | トップページ | テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル »

政府公報オンライン「発達障害って、なんだろう?」

これって,前に見たことがあったのですでにブログで紹介したような気がしていたのですがどうも検索したところ出てこなかったのでご紹介を。

発達障害って、なんだろう?

挿絵付きでわかりやすく紹介されています。
支援機器についてもたとえばLDの項目では

でも、苦手なことを少しでも楽にできるように、ボイスレコーダーを使いこなしたりと、ほかの方法を取り入れる工夫をすることができます。

http://www.gov-online.go.jp/featured/201104/contents/rikai.html

とか

配慮するでは

視覚的な情報を提示して説明する

発達障害の人のなかでも、自閉症などの広汎性発達障害の特性をもっている人の多くは、言葉で言われるよりも、目で見て分かる情報のほうが理解しやすいといわれています。その人が理解している言葉を使い、写真や絵などを添えて説明してあげると、理解しやすくなります。

http://www.gov-online.go.jp/featured/201104/contents/hairyo.html

といったことも述べられています。

本人が努力が足りないと指摘するのではなく,まわりがどう支援するかといったことやそのための支援グッズなども大切だという述べられているわけです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


関係者だけでなく,すべての人に見てもらいたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« [iPad]『こども脳機能バランサー』が待望のiPad対応。直感的な操作で楽しく脳トレ! | トップページ | テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コミュニケーション」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府公報オンライン「発達障害って、なんだろう?」:

« [iPad]『こども脳機能バランサー』が待望のiPad対応。直感的な操作で楽しく脳トレ! | トップページ | テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル »