ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 訪問看護・リハビリの現場から生まれた、筆談にかわる新しいタイプのコミュニケーションアプリ「話せる文字パッド」 | トップページ | 障害者IT支援団体データベース »

第4弾「魔法のランププロジェクト」がスタートします

今週の土曜日には「魔法のじゅうたんプロジェクト」の研究発表会です。

それに先だって,魔法のプロジェクトで下記の発表がありました。

第4弾「魔法のランププロジェクト」がスタートします

以下開催概要からの抜粋

今回、「魔法のじゅうたん」から、「魔法のランプ」に変更したのは、校内での学習は基より、例えば眼鏡のように障がいのある子どもたちが必要とする場所のどこでも活用し、社会参加を促進する取り組みに発展させたいという趣旨です。ぜひ、趣旨をご理解いただき、ご応募いただければと存じます。

とのこと。まあ「ことば」というのはそれをイメージするために大切な要素ですから,こじつけだといわれればそうかもしれませんが,覚えやすくていいですよね。

ちなみにこれまでの名前は

魔法のポケット
魔法のふでばこ
魔法のじゅうたん

でした。

だとすると,次は「魔法の鏡」かなぁ?

なんの脈絡もないけど。

さて,全国で50の学校が対象とのこと。皆さん,ぜひぜひ応募してみて下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


現役だったら絶対応募するんだけどなぁ。うらやましい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 訪問看護・リハビリの現場から生まれた、筆談にかわる新しいタイプのコミュニケーションアプリ「話せる文字パッド」 | トップページ | 障害者IT支援団体データベース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4弾「魔法のランププロジェクト」がスタートします:

« 訪問看護・リハビリの現場から生まれた、筆談にかわる新しいタイプのコミュニケーションアプリ「話せる文字パッド」 | トップページ | 障害者IT支援団体データベース »