ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« おめめどう講演会は無事終了しました | トップページ | 特別支援教育でのICT機器活用における3つのフェーズ »

ATIA会場 その5

ATIAにいったあとに大分に行ったりおめめどうの講演会があったりで,中断しました。

ATIAに参加して最大の収穫はこれです。

Img_0131


Ablenetのblue2を買ってきました。

これは2年前にCSUNに行った時から目を付けていて,欲しいと思っていたiPad用のスイッチインターフェースです。

CSUN2011旅行記その7

その後,2012年のCSUNの時に,買いたいと交渉したところ,インターネットも買えるからといわれたので、注文したところ米国以外ではダメとの事で別のスイッチインターフェースを購入することになりました。

Blue2™ Bluetooth® Switchを注文してみました

Blue2™ Bluetooth® Switchを注文してみました(その2)だめだって

この顛末からP社の社長さんに直談判したのですが,電波法の関係もあって交渉は難航。難しいそうです。

ただし,これは輸入できているので,何とかしてもらいたいとは思っています。

テクラ・シールド by Komodo OpenLab Inc.

2年がかりの思いでいたのですが,今回のATIAでは,OAKの海外展開でI淵さんがAblenetの人とお話をしていたこともあり,ついでに購入が可能か聞いてもらったところ,現物を売ってもらえるとのこと。

展示の最終日に取りに伺うとのことで150ドルでゲットできました。

そんなわけで,現物を手に入れることができ大満足です。

実は,これってBluetoothのUSBドングルも付いているので,PCにも簡単につなげることができます。

前にも紹介したSoundingBoardでの動作確認もできました。

研修会などでご紹介していきたいと思っています。

SoundingBoard App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


iPad用だとスペースとリターンキーに対応するソフトしか使えないですが,アメリカだとけっこうそういうソフトが多いようです。

ここら辺のソフトの機能は整理していく必要がありますね。
ちなみにトーキングエイドは標準だとスペースとhキーです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« おめめどう講演会は無事終了しました | トップページ | 特別支援教育でのICT機器活用における3つのフェーズ »

ATIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATIA会場 その5:

« おめめどう講演会は無事終了しました | トップページ | 特別支援教育でのICT機器活用における3つのフェーズ »