ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

日本ハンドサッカー協会のWebサイト

日本ハンドサッカー協会のWebサイトができました。

日本ハンドサッカー協会

ご存じない方もいると思うのでご紹介を

☆ ハンドサッカーってどんなスポーツ?より

ハンドサッカーの精神
 「ハンドサッカーとは、既存の競技では十分に対応しきれない様々な実態の障害をもつ子ども達に合わせ、活躍の場を広げ、個々の能力を引き出し、心身を健全に育成するために考え出された競技である。ハンドサッカーのプレイヤーおよび指導にあたる者はこの根本に流れる精神を大切にし、競技・指導に努める。」(ハンドサッカー競技規則序章より)

成り立ち
 肢体不自由の特別支援学校には、様々な実態の児童・生徒が在籍しています。体育の授業では、車椅子バスケットなどのパラリンピックを始めとするポピュラーな障害者スポーツや電動車いすサッカーなどの特定の障害種別による競技は、授業でみんなが一緒に行うのは困難でした。そんな理由で陸上競技などの個人種目が多かったのです。しかし、生徒がやりたいのは…球技でした。こんな悩みをもった教員がみんなで一緒に参加できる競技はないものか、「なければ作ろう!」と試行錯誤した結果生まれたものがハンドサッカーの原型となるものでした。

とのことで,まさに私が教員をはじめた時にはじまったスポーツです。

今年は東京国体に合わせてオープン競技として実施される予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京の学校を中心として広まった競技ですが、国体をきっかけに全国に広まってくれるといいなと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

情報モラルを考える「ネットに流れた情報は消せない」

まずはこちらの記事から

集団キス、全裸の男子生徒…中学生「乱れた写真」ネット拡散 大阪

以下,引用。

大阪府南部にある市立中学校の生徒が撮影し、短文投稿サイト「ツイッター」などにアップした集団キスや全裸の男子生徒が写った写真などがインターネット上で拡散し、学校側が「軽率な行為だった」として生徒らを厳重に注意、指導していたことが23日、分かった。同校によると、問題画像が急速に広まったことに在校生らはショックを受けているといい、校長は22日の修了式で動揺しないよう呼び掛けた。

彼らにとっては「ちょっとした軽い気持ち」だったのでしょう。まあ,このぐらいいいんじゃないぐらいのことだったのかもしれません。しかし,そのことの影響度合いと,波及効果は彼らにはよく分からなかったのだと思います。

ネットにあげられた情報は際限なく拡散します。まあ,自分もネットに情報をいろいろと書いていますので場合によっては問題もあると思うのですが,その中でも「個人情報」が一度出てしまうととんでもないことになる。

また,その時点ではOKと思っても,後々で取り返しの付かない場合も出てくる。

とても考えさせられる記事です。

特別支援学校の子どもたちの場合には特に情報の扱いなどが苦手になってしまう危険性もあるので,彼らにどう伝えられるかということは大きな課題でしょう。

さて,その上で教材となる情報をいくつか紹介します。


「保護者のためのインターネットセーフティガイド」シリーズ

特別支援教育における情報モラルとコミュニケーションの指導


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり,実体験を伴って学ぶ非通用もあるでしょうが,それを大きく影響してしまうこともありますので教材は豊富に用意していかないといけませんね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント案内「教育ITソリューションEXPO」

前にも紹介した「教育ITソリューションEXPO」が近づいて来ました。


「教育ITソリューションEXPO」

今回の目玉はなんといっても特別支援教育ゾーンがあることですが,その中でも特別支援学校の先生のセミナーが用意されていました。

タブレット端末は特別支援教育に革命をもたらす!

平日なので学校の先生方はなかなか参加しづらいですが,ご都合のつく方はぜひ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん私は行こうと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

卒業式での視覚支援について

YAJIC先生のブログより

卒業式・視覚支援

卒業式にプロジェクターを使っての児童生徒への視覚支援を行う学校が増えてきました。

卒業式といえども学校での学習活動の1つです。

子どもたちに分かりやすい教育活動をしていくということを学校がどう作っていくかはとても大切な事です。

YAJIC先生の

ちなみに、教務主任の先生曰く、去年までと一番違っていたのは来賓の方たちだったとか・・・大人だって、視覚支援することで話に注目するんですから。中には、話す人でなく画面に注目するのは失礼なんていう人もいるけど、話に全然注目しない(聞いてない)方が、はるかに失礼だと思いますよ。

というのは心にしみる言葉です。教える側がそれを意識できるかどうかは,子どもをどう見ているかという先生のセンスが問われていると思いますし,ある意味で子どもたちの権利を保証していることだと思います。
今話題になっている「合理的な配慮」として学校ですぐにできる対応ではないかと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PPTのファイルの作り方も大切ですね。 そして,どの校長先生にもこのくらいのことはやって欲しいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

e-AT教育機器制作セミナー

e-AT教育機器制作セミナー

本日はこちらで

DropTalk HDのお試し版が出ました。

あの有名ソフトDropTalk HDのお試し版が出ました。

まずはどんなソフトか試す時にはいいですよ。

DropTalk HD Free App
価格:0
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気に入ったらアプリ内課金でバージョンアップできるそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

東京都公式スマートフォン用アプリ「まもれ!シューマ&エルメ」をリリース!

こちらから

東京都公式スマートフォン用アプリ「まもれ!シューマ&エルメ」をリリース!

東京都の公式アプリだそうです。

アプリを使って消費生活情報を提供するとのことです。

ダウンロードはこちら

まもれ!シューマ&エルメ App
価格:0
ジャンル:ゲーム

Android版はこちら

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.tokyo.metro.shouhiseikatu.mamore&feature=search_result


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういったものって,内容の更新が大切ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

私もパニック寸前聴覚過敏の世界が体感できるインタラクティブゲーム「Auti-SIM」

こちらから

私もパニック寸前聴覚過敏の世界が体感できるインタラクティブゲーム「Auti-SIM」

聴覚過敏を疑似体験するソフトです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだソフトをダウンロードしていないので,動作確認はできませんが動画で雰囲気は分かります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

東京書籍、平成25年高校教科書のデジタル版をiPad向けに発売

こちらから

東京書籍、平成25年高校教科書のデジタル版をiPad向けに発売

以前紹介したこの記事の製品

iPad版高等学校用の学習者デジタル教科書(東京書籍)

ついにダウンロードできるようになりました。

初の学習者用デジタル教科書ではないでしょうか。

ちょっと気軽に変える価格ではないのですが,ぜひ試してみたいと思います。

ダウンロードはこちら

社会と情報 App
価格:4300
ジャンル:教育
新編生物基礎 App
価格:4300
ジャンル:教育
国語総合 App
価格:4300
ジャンル:教育
数学1+A App
価格:4300
ジャンル:教育
家庭基礎 App
価格:4300
ジャンル:教育
新数学1+A App
価格:4300
ジャンル:教育
新編化学基礎 App
価格:4300
ジャンル:教育
Power On I App
価格:6500
ジャンル:教育
All Aboard! I App
価格:6500
ジャンル:教育
現代社会 App
価格:4300
ジャンル:教育
NEW FAVORITE I App
価格:6500
ジャンル:教育
PROMINENCE I App
価格:6500
ジャンル:教育
新編数学1+A App
価格:4300
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

指導者用デジタル教科書で考えれば1桁違いますので,画期的に安いですが,学習者用の紙の教科書から考えると1桁高いです。 まだ,高等学校の場合には無償給付ではないので,自費で買う事になると思いますが,この価格をどうとらえるかは今後の議論になるでしょうね。 そして,小中学校のように無償給付の紙の教科書と置き換わるのか,それとも補助教材として提供していくのか,これも課題ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Leap Motionを超えるジェスチャー・コントロール登場?(動画)

こちらから

Leap Motionを超えるジェスチャー・コントロール登場?(動画)

以前紹介したこれ

これ未来から来たの? 立体的なジェスチャーでMacやPCをコントロールできる「LEAP」がプレオーダー中! (動画)

と同じようにモーションセンサーでコンピュータを操作する製品です。

キネクトを使うOAKといい,非接触の入力機器が今は旬かもしれませんね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は富士通はこんな製品をひっそりと出しています。

視線アシスト
けっこうすごい技術なんだけどなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPhone5を岩や水中に投げても壊れない米軍ミルスペック準拠の保護ケース

こちらから

iPhone5を岩や水中に投げても壊れない米軍ミルスペック準拠の保護ケース

すごいですね。ただ,やはり無理に投げたり水につける必要はないと思いますけど・・・

ちなみにこんな製品も見つけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はやり一般製品になっていると,価格も安くなるのでいいかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

時間との勝負に挑むときはコレ。緊張感をオシャレに楽しむカウントダウン腕時計

こちらから

時間との勝負に挑むときはコレ。緊張感をオシャレに楽しむカウントダウン腕時計


Time Timer社の腕時計型Time Timerですね。

国内だとアクセスインターナショナルが販売していたのですが,今は終了となっていますね。

新しいバージョンになったので,再開するかな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事のように障害者用と書かれていないのがいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第36回イベント

お待たせしました。
マジカルトイボックス第36回イベント案内を作りました。
皆様のご参加をお待ちしております。
============================
THE MAGICAL TOY BOX(マジカル トイ ボックス)
第36回イベント
今回のテーマは「携帯情報端末は特別支援教育を変えられるか?」
期日:2013年7月20日(土)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
東京都渋谷区代々木神園町3−1 Tel 03−3467−7201
(交通= 新宿より小田急線で約5分。参宮橋駅から徒歩7分。)
参 加 費:AAC セミナー(事前申込 2000 円・当日 2500 円),製作講座 1000 円
AAC セミナーと製作講座は定員がございますので,事前にお申し込みください。
講師:高松崇氏(NPO 法人支援機器普及促進協会)
============================
イベントのアドレスは下記になります。
http://www.magicaltoybox.org/mtb2013-7event.pdf

また,参加申し込みはこちらになります。

http://kokucheese.com/event/index/81266/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多数の方のご参加をお待ちしております。

また,当日,同時開催で下記の講演会も予定しております。

「自閉症・発達障害の人へのコミュニケーション支援」講演会
http://kokucheese.com/event/index/81265/

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第12回 子どもの福祉用具展 ~キッズフェスタ2013~

こちらから

第12回 子どもの福祉用具展 ~キッズフェスタ2013~

なんと昨日紹介したバリアフリー2013と日程が重なってしまいました。

今年はかけもちかなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日まで大阪で日曜日はキッズフェスタかな

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント紹介「バリアフリー2013」

毎年の春に参加している大阪で開かれる福祉機器展のバリアフリー

今回もe-AT利用促進協会のブースがあります。

以下はイベントページからの引用。

4月20日(土)
ワークショップ
5号館 第1会場

[1]10:30~11:30
NPO法人e-AT利用促進協会
「重度障害のある人の能動的生活を支援するテクノロジー
~キネクトを利用した新しいスイッチ『OAK』~」
巖淵 守氏<東京大学先端科学技術研究センター 支援情報システム 准教授>

[2]12:00~13:00
「読むこと、書くこと、聞くことに困難のある人の生活に役立つアイテムの紹介
~文房具からiPadまで~」
村瀬 直樹氏/松谷 正大氏/田代 洋章氏 <なんとカンファレンス実行委員会>

[3]13:30~14:30
「魔法のじゅうたんプロジェクト実践報告
~タブレット端末を利用した学校生活と日常生活の工夫~」
坂口 卓哉氏<京都市立東総合支援学校 教諭>
山本 一寿氏<大阪府立視覚支援学校 教諭>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も参加したいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

2日目

2日目
ATコンシダレーション演習


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

パソコンとタブレットPCのアクセシビリティ

パソコンとタブレットPCのアクセシビリティ


iPadを持ってるひとが多いです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

講習会が始まりました

講習会が始まりました


中邑先生の特別講演が始まりました

スイッチで操作できるiPadアプリ

前に書いたエントリーで海外ではiPadをスイッチで操作できるソフトがあると書きました。

しばらくそれらを紹介していきたいと思います。

こちらにも紹介した

How to Use Voice4u with A Switch(スイッチでVoice4uを使用する方法)

Bluetooth Switch Interfaceを作られたRJ Cooper & Associates, Inc.のソフトから。

Scan To Pictures App
価格:450
ジャンル:教育
Scan To Pictures Lite version App
価格:0
ジャンル:教育

下のソフトは無料版ですので,機能制限があります。

これは1スイッチのオートスキャンの場合にはキーボードの”1”で操作。
2スイッチのステップスキャンの場合にはキーボードの”1”と”2”のキーで操作するようになっているみたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

英語版のソフトなので,雰囲気を試すためにはまず無料版から使用してみた方がいいかと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ウェブブラウザーでiPhone/iPadアプリができる「Monaca」はすごい!

こちらから

ウェブブラウザーでiPhone/iPadアプリができる「Monaca」はすごい!

iPadだけでアプリができるとのこと。

Webアプリなので,動作環境が限定されず,様々な端末で動きそうですね。

ダウンロードはこちら

Monaca App
価格:0
ジャンル:ユーティリティ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日はお休みをいただいて,前の職場の教え子たちの卒業式に参列予定です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

脳波を感知して好みの選曲をしてくれるヘッドフォン

こちらから

脳波を感知して好みの選曲をしてくれるヘッドフォン

局にタグ付けされた情報を元に選局するとのことですが,どれほどの精度なんでしょうね。

この会社,生体反応を上手く使った機器を開発していてとても興味深いです。

http://neurowear.com/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OAKと組み合わせると結構面白いのでは

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

人気の絵本がソフトになった「Counting with the Very Hungry Caterpillar for iPad」

あおむしの算数アプリ,今だけ無料でダウンロードできるそうです。

Counting with the Very Hungry Caterpillar for iPad

ダウンロードはこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

今年のATACの予定が出ました

ATACのサイトに今年の予定が出ていました。

今年のカンファレンス・セミナー

以下引用


ATACカンファレンス2013 東京 <詳細はもうしばらくお待ちください>
[日時]  2013年8月24日(土)~ 25日(日)
[場所]  都市センターホテル
[主催]  ATAC,NPO法人e-AT利用促進協会

ATACカンファレンス2013 京都 <詳細はもうしばらくお待ちください>
[日時]  2013年12月13日(金)~ 15日(日)
[場所]  国立京都国際会館
[主催]  ATAC,NPO法人e-AT利用促進協会

昨年と場所が逆パターンですね。 ううむ,冬はすでに予定していましたが,夏は微妙だなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すでに入っている予定がパスできないようなら冬のみかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「日用視野測定ツール」広島大学の氏間先生作のアプリです

広島大学の氏間先生が「弱視者等の読書評価と教材表示支援システムの開発と評価」として作られたアプリです。

以下,紹介文より引用

本ソフトの特徴
・iPadを使って日常の見える範囲(以下,日用視野)を測定できます。
・測定者と被検者の2名で測定します。
・被検者は,画面中央の注視点を見つめ,一瞬表示される視標を応え,測定者が
それを入力していくだけで,日用視野が測定できます。
・視標に数字,ひらがな,ランドルト環を選択できます。
・指標の配色を設定して測定できます。
・日用視野の方向を4方向,8方向で設定できます。
・繰り返し回数を,1回・2回・3回から選択できます。子供の状態や測定時間の
制限により選択してください。
・結果を,図示しますので,わかりやすいです。
・視距離設定して,入力すると,日用視野を角度で自動計算します。

とのことです。
見え方が気になる人はお試し下さい。

ダウンロードはこちら

日用視野測定 App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーザ登録して使うソフトのようですね

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マトリックスメーカー(パシフィックサプライのブログより)

パシフィックサプライのブログより新製品の紹介がありました。

マトリックスメーカー

まだ,発売開始ということではなく導入検討中ということらしいですし,ダウンロードできると書いていますがどこからなのかよく分かりませんでした。

ご紹介してあったエーブルネットはこちらで製品の紹介をしていました。

Matrix Maker

あと,インターネットで調べるとイギリスのインクルーシブテクノロジーが販売していて,動画も載せてありました。

Matrix Maker Plus

これを見る限りはボードメーカーに似た製品のようですね。

11,000以上の Widgit シンボルと, 3,000以上の IT 関係の絵 13,000以上の SymbolStix のシンボルがあると書いています。SymbolStixのシンボルはTobiiでも使われていましたね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際の製品が見てみたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障害のある学生の修学支援実態調査…JASSO調べ

こちらから

障害のある学生の修学支援実態調査…JASSO調べ

こういった一般情報に障害学生の実態についても記事になるというのは時代が変わってきていると感じます。

出典元はこちらになります。

「平成24年度(2012 年度)大学、短期大学及び高等専門学校における
障害のある学生の修学支援に関する実態調査」結果の概要について

以下引用

独立行政法人日本学生支援機構では、全国の大学、短期大学及び高等専門学校を対象に障害のある学生(以下、「障害学生」という。)の修学支援に関する実態調査を実施しました。今回の調査では、障害学生数は11,768 人(全学生数に対する割合0.37%)で前回調査より1,532 人増加しました。在籍学校数は前回調査より14 校減って793 校となり、回答校数1,197校の66.2%となっています。また、卒業者数は1,660人で、そのうち進学者は179人、就職者は831人となっています。

東大先端研の近藤先生によると日本と米国での障害学生の割合の差は40倍以上ですので,増えたといってもまだまだなのだとは思いますが,社会の仕組みと相まって多くの人が関心を寄せてもらえればと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「支援発達障害」って書いてあったけど,誤植では?

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

これはハマる!! 自分の出身地でも結構ハード :全国市町村ジグソーパズル

こちらから

これはハマる!! 自分の出身地でも結構ハード :全国市町村ジグソーパズル

地図のパズルなんですが,とっても小さな単位まであるそうで「自分の地域」でやれると楽しめるかもしれませんね。

ダウンロードはこちら

全国市町村ジグソーパズル App
価格:0
ジャンル:ゲーム


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地図パズルのソフトも色々とあるようですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

指先での操作が困難な人へがiPadを操作する方法

iPadはとても優れた機器だと思います。

操作する対象を直接触ることは知的な障害がある人だけでなく,すべてのユーザによって分かりやすいと思います。

しかし,その指先の操作が困難な人の場合、どんな代替手段があるのでしょうか。

1)アシスブティタッチを使う

指の震えがあったり,対象へのポインティングが確実ではないが何とか画面のどこかを押せる場合にはアシスティブタッチという方法があります。

iPhoneのAssistiveTouchで出来ること、便利な使い方をまとめてみました

アクセシビリティ

2)マウススティックを使う,ヘットポインタを使う

指先は使えない,でも何らかのスティックを口にくわえたり,頭を操作して使うヘッドポインタを操作することが出来るなら別の方法もあります。

指が使えない人にiPadのすべての操作を

ここに紹介している

iPad (2012) vs. RCA Studio II (1981) head control

ふざわたかしホームページ

iPhone用マウススティック完成!

などが参考になるでしょう。

3)外部スイッチを使う

外部スイッチを使う方法は以下の2通りがあります。

●VoiceOverを使う

●特定にキーコードに対応するソフトを利用する

です。VoiceOverを使っての操作には下記の製品があります。

iPad用Bluetoothスイッチインターフェース「テクラ・シールド by Komodo OpenLab Inc.」

しかし,VoiceOverはもともとが視覚障害者のための操作方法のため,標準のiPadの操作とは異なる部分が多く,切り替えて使うと混乱します。また,すべてのソフトがVoiceOverに対応しているとは限らないので,利用方法は限定的です。

次にキーコードを送るソフトの場合。

以下の製品があります。

ワイヤレススイッチボックス

トーキングエイドforiPad用のスイッチインターフェースですがスキャン入力のためにキーコードを送っています。

もちろん,キーコードを受けて操作できるソフトというのはとても限られていますが,アメリカ製のソフトではけっこうキーコードで受け付けられるソフトがあります。

Switch-Friendly Apps (as of 10-3-12) and Notes About my Bluetooth Devices

また,こういった障害者のためのものではなく音楽をやる人のための譜面としてiPadを使う人がページタナーにスイッチを使うという方法があります。

これを利用すれば,PDFファイルなどはスイッチでめくれることができます。

AirTurn(エアーターン)足元でページをめくる画期的なツール

4)脱獄する

iPadはAppleがアプリや環境設定を厳格に管理しているので,基本的な設定をいじれません。しかし,「脱獄」という方法を使うと,外部のマウス入力を可能にしてくれます。

しかし,この方法,OSのバージョンアップのたびに利用できなかったりAppleからの承認を受けていないので,その方法はオススメできかねます。

ですので,Appleに直接,マウス操作の機器が使えるようにお願いをするのがいいかと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後,Appleの方針が変わりマウス入力ができるかもしれません。それを期待したいところです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

描くだけで配線ができる不思議なペン「テクノペン」

こちらの記事から

描くだけで配線ができる不思議なペン「テクノペン」

電気工作といえば「半田付け」ですが,こんな便利な製品があるんですね。

まあ,もちろん耐久性の問題とか色々あるでしょうけど,ちょっとした補修には使えそうです。

こんな製品もあるそうです。

BarePaint 導電インク (50ml)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

両方とも,注文してみようかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPad版高等学校用の学習者デジタル教科書(東京書籍)

東京書籍より学習者のデジタル教科書がiPad版アプリとして発売するそうです。

教育ソフト・ICT(東京書籍のサイト)

これを見るとラインナップとしては英語,数学,国語,理科,社会,情報,家庭科で,価格も4,800円〜6,800円とのこと。

現代文は一部教材のみ収録となっているので,著作権の問題があるのかもしれません。

先生との通信機能や書き込みツール,ノート,問題集・ワークなどICTならではの機能や映像資料などとても興味深い内容です。

アクセシビリティの機能として,どのようなことが実現されているのかぜひ早く試してみたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年度末のこの時期なので予算の執行が・・・ 自腹かなぁ・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

How to Use Voice4u with A Switch(スイッチでVoice4uを使用する方法)

日本語のサイトの方にはまだ掲載されていないようですが英語版のサイト方には丁寧にVoice4uでスイッチ操作するための解説が書かれていました。

ただし,この機能バージョン2.5にならないといけないようで3月から4月の間にバージョンアップすると書かれています。

How to Use Voice4u with A Switch

たぶんこの機能,Bluetoothのスイッチインターフェースの仕様から考えると"#1"のキーで操作できるのではと思います。

Bluetooth Switch Interface

ですので,このコードを送れるBluetoothキーボードを改造すれば操作可能でしょうね。

ダウンロードはこちら

Voice4u JP App
価格:4300
ジャンル:教育

ただし,教育利用については無料ライセンスプログラムもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次のバージョンが楽しみです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

PowerPointでふりがな

いつもお世話になっているぽっしゅん教材製作日記より

PowerPointでふりがな

そうか,前にワードを貼り付けるの午後紹介しましたが,エクセルの方が簡単そうですね。

PowerPointでルビ振りがしたい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもやはり,標準でルビ振りできてもいいのだが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ITパラリンピック2013 2013年3月24日開催決定!

以下のイベントがあるそうです。

ITパラリンピック2013
2013年3月24日開催決定!

以下引用

ITパラリンピックとは 必見「スイッチHAL の奇跡」 筋萎縮で文字入力を断念した患者さんにHALが光を!

障害があるために、一般のマウスやキーボードが使えない人たちがいます。 そんな人たちが様々な工夫をしてパソコンやIT機器を使いこなしています。そんなIT使い術を教え合う、それがITパラリンピックです。

とのこと,日程が3月24日(日)とのことで

2013-03-23 (土) 第2回 特別支援教育に役立つ電子情報支援技術の基礎研修と支援機器の実習(宿泊研修会)

と重なっているので,参加できませんがご都合のつく方はぜひ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「スイッチHAL」というのがとっても気になるんですけどねぇ

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

アナログとデジタルの「いいとこどり」支援とは ー 読み書き学習における紙とえんぴつとiPadの関係について

いつもお世話になっているキートンさんのブログより

アナログとデジタルの「いいとこどり」支援とは ー 読み書き学習における紙とえんぴつとiPadの関係について

なぜICTを活用するのか?といった議論が往々にして行われたりしますが,もう今さらそんな議論をするのは終わりにした方がいいように思います。

実際に紙の方がいい面もあるわけだし,デジタルの方がいい面もある。

なので,<<今の時点で>>どの場面なら,どちらを使うか?ということを精査していけばいい。

発達障害の子どもさんだったら鉛筆で各学習もあっていいし,タブレットでの学習もある。

肢体不自由,視覚障害のお子さんならより積極的にPCを使って「学習内容にアクセスさせていく」方が学習意欲も高まるはず。

そういった機器や教材の情報を先生方が知り得る状況にして,(すべてを知っていなくてもいい)必要に応じて引き出せるようにして,子どもたちに最適な学習環境を作ってあげた方がいいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤堀先生のこのデータはとても興味深いです。 もちろん,障害のある子どもさんの場合には違ったデータになるでしょうけど。こういった調査を丁寧にすることが大切なのではと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPad,iPadminiを支えることでができるアームフォルダ

iPadやiPadmini用のアクセサリーってたくさん出ていますね。

車いすや机に付けられるアームがあると便利なのですが,こんな製品が出ていました。

iPad・タブレット アームスタンド フレキシブルアーム 横画面専用 簡単取り付け iPad Retina・iPad3(第3世代)・iPad miniなど7~10.1インチまで対応 【サンワダイレクト限定品】

 

これなら向きを自由に変えられるのでいいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市販品だと安いですね。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

書籍「苦手が「できる」にかわる! 発達が気になる子への生活動作の教え方」

表記の本の献本をしてもらいました。

苦手が「できる」にかわる! 発達が気になる子への生活動作の教え方

Img_1616

まだ,一般の書店には配本されていないようです。

発達が気になる子どもたちへの様々な配慮について,図解でわかりやすく解説されています。

インターネットならこちらの書店からも購入できるようです。

苦手が「できる」にかわる! 発達が気になる子への生活動作の教え方


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

PP団「特別支援学校へのiPad導入ガイドVer.2.1」完成

PP団による「特別支援学校へのiPad導入ガイドVer.2.1」のご紹介がありました。

以下のような内容が掲載されているそうです。


以下引用

どのような方に参考にしていただけたか把握したいと思いますので、
お手数ですが、ダウンロードを希望される方は、
下記をコピーしてメールしてください。
<宛先  teampp@miai-sh.aichi-c.ed.jp>
折り返しパスワードをお知らせします。
(手動で行いますのでお時間をいただきます)

校内の研修会でご利用をされる以外は、配布はご遠慮ください。


******以下をコピー******
お名前(                  )
お立場(                  )
所 属(                  )
メールアドレス(              )
    


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PP団の正式名称は「Panasonic教育財団助成研究Projectチーム」だったんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPhone, iPad] アニマルまるあんき: 可愛いアニマルと一緒に脳トレしよう!無料。

いつものこちらから

[iPhone, iPad] アニマルまるあんき: 可愛いアニマルと一緒に脳トレしよう!無料。

短期記憶の学習にいいかもしれません。

ダウンロードはこちら

アニマルまるあんき App
価格:0
ジャンル:ゲーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

アクセシブルEPUBの作成について

アメリカのBookshareチームのブログです。

アクセシブルEPUB 3ファイルを作成するための10のヒント

Googleくんによる,なんちゃって翻訳で訳すとこんな感じ。

1.コンテンツとプレゼンテーションを分離

2.完全なナビゲーションを提供

3.可能な限り意味のある構造体を作成

4.各タグの内容を定義する。

5.写真だけのためではなく、表やテキストに画像を使用

6.画像の説明にaltテキストを使用する

7.ページ番号を含める

8.言語の定義をする

9.MathMLを使う

10.メディアコンテンツへの代替アクセスを提供


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DIAGRAM Centerというのは昨年のCSUNにいった時にもお聞きしたところです。 こちらが,画像などについてアクセシブルにするための動きをしているそうです。 今回のCSUNでも何か発表があったと思うので,参加した同僚にも聞いてみたいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

描けるセルボイスレコーダー: マスにボイスを録音して自在に再生。オリジナルのラップムシが作れるぞ!

いつものこちらから

描けるセルボイスレコーダー: マスにボイスを録音して自在に再生。オリジナルのラップムシが作れるぞ!

VOCAとして活用できそうですね。

ダウンロードはこちら

描けるセルボイスレコーダー App
価格:170
ジャンル:エンターテインメント

無料版はこちら

描けるセルボイスレコーダーLite App
価格:0
ジャンル:エンターテインメント


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日より高知に出張。 お子さんたちに会えるのが楽しみです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

技術動向レポート 障がい者のICT利用の現状と課題

こちらから

技術動向レポート
障がい者のICT利用の現状と課題

これは,冒頭にあるようにみずほ情報総研が平成24年1月から3月にかけて障がい者に対してのアンケート調査についてでした。

対象の人数や誰が対象になっているのかが不明確だったので,引用文献から,下記のデータではないのかと思います。

障がいのある方々の
インターネット等の利用に
関する調査研究

約2000人に対してのデータですのでそれなりですが,ここの分類は「視覚障がい」「聴覚障がい」「肢体不自由」「知的障がい」となっていますので,われわれ教育の関係者にとってはそれ以外はどうなのだろうと気になるところではありますが,こういった統計調査を行う際には対象としにくいのだろうと予想されます。

さて,このデータからは以下の2点が読み取れるのではと思いました。

・Webなどへの情報アクセスの課題

・スマートフォンなどの携帯情報端末の利用の可能性

これは,どちらも特別支援教育でのICT活用で話題になっている事項ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもやはり,入院しているなどの病弱者や多く存在する発達障害者のデータも欲しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

コミュニケーション支援の基礎知識&おすすめアプリまとめ

いつもお世話になっているketonさんのブログです。

コミュニケーション支援の基礎知識&おすすめアプリまとめ

コミュニケーション支援についてATとAAC,VOCAの3つの関係についてご紹介されていました。

以下引用

こういう風に総合の関係を整理してもらえるといいですね。

私も奈良の村瀬先生と書いた「特別支援教育とATを活用したコミュニケーション支援」の12ページに以下のような表を書きました。

Aacat

同じような図ですね。

最近はこれに,教育分野でのAIMを付け加えて話をすることがありますが,基本的な考えを知ってもらうにはこの図が参考になればと思います。

やはり,いかに「コミュニケーションをとれるようにするか」そして,そこに「どのような内容を盛り込めるか」が大切だと思います。

ちなみに,技術でのコミュニケーションとは別に内容をどのようにするかという意味では下記の川上先生のブログの記事はとても参考になります。

「些細なこと」かどうかは、本人が決める。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前のパンダパパさんのPPTでもそうですが,とても良い情報が出てきていますね。
これらをまとめていないと。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

富士通,高齢者用スマート杖開発

こちらの記事から

Fujitsu makes 'smart walking stick' to help elderly

英国の記事なので,英文です。

私のなんちゃって翻訳だと「富士通,高齢者用スマート杖開発」ということかと思います。

そして,googleさんによるトンデモ翻訳だと下記の様に書いてあるようです。

富士通では、 "スマートなステッキ"が高齢者に役立つようになり

次世代の杖は、高齢者が自分の道だけでなく、そのような心拍数や温度などのモニターのものを見つけるのに役立つように設計されています。

その場所は、オンラインでも続けることができます - そしてそれは、ユーザーが倒れたかもしれないと思った場合、電子メールアラートを送信するように設定することができます。

高齢者のための技術は、日本の人口の高齢化のための主要な関心事である。

(中略)

スティックは、ホストコンピュータにデータを送り返しますので、介護者または親族がストリーミングされている、そのような心拍数などの追加データと、ユーザの位置を見ることができます。

(以下略)

ということで,ステッキに付けられたAndroidで利用者が倒れた時に、関係者に通知する機能だとか心拍数などをモニターする機能だとかがあるそうな。

日本でも報道されたのかなぁ?

視点としては「介護者」に置かれているようだけど,本人を支援する仕組みがあるといいなと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

'Mature customer'を
「熟女顧客」だって!

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

【再掲】2013-03-23 (土) 第2回 特別支援教育に役立つ電子情報支援技術の基礎研修と支援機器の実習(宿泊研修会)

〆切まであと1日ですね。

2013-03-23 (土) 第2回 特別支援教育に役立つ電子情報支援技術の基礎研修と支援機器の実習(宿泊研修会)

現在定員50名に対して46名のお申し込みがあるようです。

今回は,文部科学省と国立特別支援教育総合研究所の後援ももらえました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国の熱心な先生方にお会いできるのを楽しみにしています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

色覚の異なる人の色の見えを体験できるアプリ「色のシミュレータ」

こちらから

色覚の異なる人の色の見えを体験できるアプリ「色のシミュレータ」

私たちは物事に対して,自分を基準として判断します。

それはある意味当然のことなのですが,そのために理解できないことを否定してたり、見なかったことにする場合があります。

見えに違いのある人に対しても,なかなか理解できなかったりそれほどいないだろうという誤解もます。

しかし,このソフトを使えばどのように見えるのか,それがどれほど困難を生むのかが疑似体験できます。

また,この記事にある様に320万人いるということはクラスで1人はいる計算になります。

無料のソフトですので,試してみてもらえればと思います。

ダウンロードはこちら

色のシミュレータ App
価格:0
ジャンル:ユーティリティ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カラーユニバーサルデザインっていわれる様になってきましたが,奥が深いですね。 最近の教科書でもいろいろと,対応していると書いてあるけど色だけではない様な気もしています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ここにあります!明日の自立を支える福祉機器 ~障害のある方々の自立促進を支援する福祉機器等の一般公開~

こちらから

ここにあります!明日の自立を支える福祉機器
~障害のある方々の自立促進を支援する福祉機器等の一般公開~

厚生労働省での支援機器の展示会だそうです。

この日は高知に出張なので,残念ながら見に行けません。

都合がつく方はぜひおいで下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この発表会,なかなか日程が合わないな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

簡単に線をつなげるだけでプレゼンが作れる「ロイロノート」

ロイロという会社はとても独創的なソフトを作るところです。

以前に北海道の研修会で社長さんにお会いしたのですが、お若いのにとても優秀な方でした。

今回ロイロノートというiPadを使ったソフトを開発されたようです。

ロイロノート

テレビではその様子が紹介されていたとのことです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_36263/

3月7日まで無料でダウンロードできるとのことです。
気になる方はお急ぎ下さい。

ロイロノート App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども同士でデータの共有できるのが良いですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »