ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« iPad,iPadminiを支えることでができるアームフォルダ | トップページ | ITパラリンピック2013 2013年3月24日開催決定! »

アナログとデジタルの「いいとこどり」支援とは ー 読み書き学習における紙とえんぴつとiPadの関係について

いつもお世話になっているキートンさんのブログより

アナログとデジタルの「いいとこどり」支援とは ー 読み書き学習における紙とえんぴつとiPadの関係について

なぜICTを活用するのか?といった議論が往々にして行われたりしますが,もう今さらそんな議論をするのは終わりにした方がいいように思います。

実際に紙の方がいい面もあるわけだし,デジタルの方がいい面もある。

なので,<<今の時点で>>どの場面なら,どちらを使うか?ということを精査していけばいい。

発達障害の子どもさんだったら鉛筆で各学習もあっていいし,タブレットでの学習もある。

肢体不自由,視覚障害のお子さんならより積極的にPCを使って「学習内容にアクセスさせていく」方が学習意欲も高まるはず。

そういった機器や教材の情報を先生方が知り得る状況にして,(すべてを知っていなくてもいい)必要に応じて引き出せるようにして,子どもたちに最適な学習環境を作ってあげた方がいいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤堀先生のこのデータはとても興味深いです。 もちろん,障害のある子どもさんの場合には違ったデータになるでしょうけど。こういった調査を丁寧にすることが大切なのではと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« iPad,iPadminiを支えることでができるアームフォルダ | トップページ | ITパラリンピック2013 2013年3月24日開催決定! »

Android」カテゴリの記事

iPhone,iPad」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/56931588

この記事へのトラックバック一覧です: アナログとデジタルの「いいとこどり」支援とは ー 読み書き学習における紙とえんぴつとiPadの関係について:

« iPad,iPadminiを支えることでができるアームフォルダ | トップページ | ITパラリンピック2013 2013年3月24日開催決定! »