ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

文部科学省「第2期教育振興基本計画について(答申)(中教審第163号)」

文部科学省が第2期教育振興基本計画について(答申)(中教審第163号)を出しました。


第2期教育振興基本計画について(答申)(中教審第163号)

この中で,特別支援教育やICT活用に関する部分としては

40ページ

1-2 ICTの活用等による新たな学びの推進
・ 確かな学力をより効果的に育成するため,言語活動の充実や,グループ学習,ICTの積極的な活用をはじめとする指導方法・指導体制の工夫改善を通じた協働型・双方向型の授業革新を推進する。
・ デジタル教科書・教材のモデルコンテンツの開発を進めつつ,各教科等の指導において情報端末やデジタルコンテンツ等を活用し,その効果を検証する実証研究を実施する。実証研究の成果を広く普及すること等により,地方公共団体等に学校のICT環境整備を促す。また,学校において多様な情報端末でデジタル教材等を利用可能とするため,デジタル教材等の標準化を進める。さらに,できるだけ早期に全ての教員がICTを活用した指導ができることを目指し,教員のICT活用指導力向上のための必要な施策を講じる。

51ページ〜52ページ

基本施策6 特別なニーズに対応した教育の推進

【主な取組】
6-1 円滑な就学手続の実現及び障害のある子どもに対する合理的配慮の基礎となる環境整備等
・ 障害者権利条約に掲げられたインクルーシブ教育システムの構築に向けて,就学手続に関係する法令改正等を行い,新たな手続の下での円滑な就学手続を実現する。
また,個別の教育支援計画・指導計画の作成等による指導,乳幼児期を含めた早期からの一貫した支援体制の構築,職業教育・進路指導の充実,ICT等の活用を含めた教材の確保,バリアフリー化の推進や特別支援学校の教室不足の解消を含めた施設・設備の整備,専門性ある教員・支援員等の人的配置,交流及び共同学習の実施,合理的配慮の充実に向けた調査研究及びデータベースの整備等に取り組む。
さらに,意欲・能力ある障害者の高等教育における修学機会の確保に向けて,支援する。
※ 障害者の権利に関する条約において,「合理的配慮」とは,「障害者が他の者と平等に全ての人権及び基本的自由を享有し,又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって,特定の場合において必要とされるものであり,かつ,均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」とされている。
6-2 発達障害のある子どもへの支援の充実
・ 発達障害のある子どもへの支援の充実を図るため,小・中学校における通級による指導への対応や特別支援教育支援員を含めた教職員体制の整備について検討し,必要な措置を講じる。また,全ての教職員が発達障害に関する知識・技能を身に付けられるようにするための施策を実施するとともに,特に,特別支援学級の新任担当者研修や管理者研修を集中的に実施する。幼稚園,高等学校等についても,特別支援教育体制の一層の整備を図る。さらに,ICTを活用した指導方法の開発や(独)国立特別支援教育総合研究所による積極的な情報発信を行う。
6-3 特別支援学校の専門性の一層の強化
・ 特別支援学校の教職員の特別支援学校教諭免許状の取得に係る研修の充実を図る。また,域内の教育資源の組合せ(スクールクラスター)や特別支援学校のセンター的機能を活用するため,特別支援学校間でネットワークを構築し,域内の特別支援教育を支える体制の構築を促す。

68ページ

12-3 ICTの活用による学習の質の保証・向上及び学習成果の評価・活用の推進

・ デジタルコンテンツの実態に関する調査研究等を実施するとともに,その質の保証や普及・奨励を図るための仕組みを構築し,平成26年度を目途に本格運用を開始する。また,民間団体と地方公共団体等が連携して実施するICTを活用した学習成果の評価や社会的通用性の向上に資する取組(eポートフォリオ,eパスポート)を支援し,その成果を普及する。

102ページ

24-1 学級規模及び教職員配置の適正化など教職員等の指導体制の整備
・ 国の責務としての義務教育の機会均等と水準確保を図るため,少人数学級の推進,習熟度別指導,小学校における専科指導の充実,教育格差解消のための補充学習支援などを含め,学力向上に向けたきめ細かで質の高い教育の実現に向けた取組が求められる。
深刻な事態にあるいじめ問題への対応については,養護教諭を含めた教職員等による相談体制の整備や生徒指導に専任的に取り組む教職員の配置など教職員の目が行き届き,一人一人に対してきめ細かく対応できる環境の整備が求められている。
また,特別支援教育についても,増加傾向にある発達障害等の障害のある児童生徒に対する通級による指導等を行うため,教職員等による指導体制の充実が必要である。

104ページ

25-2 教材等の教育環境の充実
・ 新学習指導要領を踏まえ,平成23年度に定めた教材整備指針に基づき教材の整備を計画的に推進するとともに,観察・実験や実習等の教育活動を充実させるために必要となる施設設備の整備を支援する。
・ 教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数3.6人(※),教材整備指針に基づく電子黒板・実物投影機の整備,超高速インターネット接続率及び無線LAN整備率100%,校務用コンピュータ教員1人1台の整備を目指すとともに,地方公共団体に対し,教育クラウドの導入やICT支援員・学校CIOの配置を促す。
※ 各学校に,①コンピュータ教室40台,②各普通教室1台,特別教室6台,③設置場所を限定しない可動式コンピュータ40台を整備することを目標として算出。
・ 平成24年度からの「学校図書館図書整備5か年計画」により「学校図書館図書標準」の達成に向けた図書の整備や新聞の配備を促進するとともに,司書教諭の発令促進や学校図書館担当職員の配置促進等により,本と子どもをつなぐ人的体制の一層の充実を図る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本的には,本年度の予算化されたことを書かれていますので,これに呼応した施策があります。

たとえばこれの17ページとか

06-2 平成25年度予算(案)説明資料 (PDF:1612KB)


ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

DAISY4からEPUB3への橋渡し役、DAISY Pipeline 2

こちらから

DAISY4からEPUB3への橋渡し役、DAISY Pipeline 2

京都にお住まいの図書館の方のブログです。

DAISYは電子書籍の草分けとしては障害のある子どもたちのためにもとても有効だと思います。

ただし,今の世の中の流れからするとDAISYの形式で再生するよりも次の世代のEPUB3になっていた方が再生ソフトが多くなると予想されます。(現在はまだDAISYの再生ソフトの方が優秀ですし,障害者のための機能はいいと思いますけど)

なので,DAISYで作られたデータがEPUB3に変換できればと思って調べたら,このサイトに行きあたりました。

以前に河村さんからもPipelineというのがあると伺ってはいたのですが,「じゃあ実際にどうすればいいのか」ということが分からなかったので,具体的な例を示してもらったので,参考になります。

手元にあるデータで試してみたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカのBookshreもWeb上の再生ソフトreadiumを使っていましたので,今後のデータ形式としてのepub3でどれだけ優秀な再生ソフトが出てくるかが重要なのではと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

【教育とApple】障害を抱える子どもを支えるiOSデバイス

こちらの記事より

【教育とApple】障害を抱える子どもを支えるiOSデバイス

いつもお世話になっている河野先生の記事です。

ご自身の書籍にも書かれていますが「高次の読み」と「低次の読み」の違いをどう判断し,支援するのか,学習するのかそこら辺学校では明確にしていないことが「読み」二困っている子どもたちへの指導の重要なことだと書かれています。

ある小学校では「自動化」という話をしていました。

たぶん,障害のない子どもたちは「低次の読み」は訓練すれば「自動化」するのだと思いますが,障害のある子どもたちの場合にはそれが簡単ではない。

まさに,そこでの「アセスメント」が大切なのではと思いました。

河野先生のこの本はオススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに,河野先生,この4月から東大先端研にお勤めになりました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

NHK「障がいのある人の暮らしを豊かにする驚きの技術」。

こちらから

「障がいのある人の暮らしを豊かにする驚きの技術」。

NHKのEテレで24日に放送されたそうです。

再放送は2013年5月 1日(水) 午後1時05分から

ビデオ録画しておこうかな。

ちょっと気になるのは

「NPOがこれまで制作したいろんな形のスイッチたち。」

って,写真があったんだけどどこかで見たようなフィルムケーススイッチもあるし,どう考えても市販品のジェリービーンスイッチも写っているところ。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビでどんな風にとりあげられているのか,興味ありますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPhoneを学習リモコンにする赤外線アダプター&アプリ

こちらから

iPhoneを学習リモコンにする赤外線アダプター&アプリ

これとiPadタッチャーを組み合わせればスイッチでの操作が可能ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアコンなどの双方向通信しているリモコンはできない場合があるそうです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPad用のスイッチインターフェースの大本命「できiPad。」が発売開始

待ってました

iPad用のスイッチインターフェースの大本命である「できiPad。」が発売開始されました。

「できiPad。」

以下引用

製品名:「できiPad。」 機能:iOS製品を外部スイッチで操作する (一部操作できない機能もあります) 対応:iPad(1から3) ・iPadmini ・ iPhone4 ・ iPhone4S ・ iPhone5 iPodTouch(VoiceOver搭載) ・AppleTV(2以降) 寸法:横55x高14x奥80mm(スイッチ接続部と突起部含む) 重さ:95g 電源:単3の乾電池か充電式電池4本、またはACアダプタ ファームウェア:バージョンアップ可能 スイッチ:付属しません

詳しくは,下記のfacebookをご覧になるとよいかと思います。

https://www.facebook.com/dekimouse.org

これだけの機能で17000円(本体価格は15800円だそうです,2013年5月3日訂正)というのは格安だと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製品ではなくて,モニターの機器を借りているので,これからご紹介をしたいと思いますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

AAC機器の教室準備キット(ただしアメリカですが)

Enabling Devicesという会社から定期的にメルマガが届くんですが,アメリカの来年度(つまりは9月以降かな)に向けての製品紹介としてクラスで揃えるためのAACディバイスのキットがお安くなっていますよとメールが来ました。

Classroom Ready Kits

キットは3種類で

Featured Communicator/AAC Kits(コミュニケーションのためのAACキット)

eatured Adapted Music Kit(音楽活動のためのキット)

Featured Computer Access Kit(コンピュータアクセスのためのキット)

という形になっていました。

1300ドルから2000ドルぐらいということなので,最近の為替レートが変わってきているので微妙ですが13万円から20万円ぐらいでしょうか。

けっこうな金額かもしれませんが,1セットあたり20個ぐらいありますので,単品で買うよりもお安いでしょうね。

こういうセットものがあると,特別支援学校で何が必要なのかを考える時によいでしょうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たぶん,リソースルームやATセンターなどで買うのでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

わいわい文庫~マルチメディアデイジー図書の寄贈

これまでにも何回か紹介したわいわい文庫の2013年度版ができあがったそうです。

昨日,私の方にも持ってきて下さいました。

わいわい文庫~マルチメディアデイジー図書の寄贈

こちらのサイトにはまだ2012年度版の情報しか載っていないようですね。
ですので2013年度版はこれからかな。

全国の特別支援学校へ寄贈してもらっていますが,アンケートを戻してもらっていない学校には翌年度はお送りしていないようです。

ですので,2012年度版がもしも来ていない場合にはぜひ連絡をしてアンケートを送り下さい。

また,特別支援学級でも連絡を取れば送ってもらえるようです。

今回は,いろいろな学校での実践事例集を発行しましたので,どうやって使うかが分かっていいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は著作権処理をして障害のない人にも提供できる形式のデータも作られたそうです。 広がっていくといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

プラネタリウム? 超リアルな小宇宙をスマホで堪能できる『ポケットプラネッツ』がステキすぎる

久々のAndroidねた

プラネタリウム? 超リアルな小宇宙をスマホで堪能できる『ポケットプラネッツ』がステキすぎる

天体の学習教材に良さそうですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

あのデジタルペンがやっと日本で発売「Livescribe™ wifi スマートペン 2GB」

これは予約したい

Livescribe™ wifi スマートペン 2GB

このデジタルペンの特長は専用のノートに位置情報があるので,正確に筆跡を落とすことができます。

ただし,残念だったのは日本での販売店がなかったので,並行輸入するしかなかったのです。

実は,私も持っているのですが,やはり英語なので,いろいろと不便な面があり使えない状態でした。

しかし,日本での代理店があれば困った時にも相談できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううむ,先行予約だけど,注文しちゃおうかなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「書籍」タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる

中邑賢龍さんと近藤武夫さんの特別支援教育でのATに関する決定版ともいえる本が出ましたね。

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育
学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる

いやー,これは買わなくちゃ。

まだ読んでいないのですが,以下が目次です。


はじめに これまでのPCと何が違うか?
1 タブレットPCやスマホで何が変わるか?
1 子どもの新しい学習ツールとしてのタブレットPC
(1)場所を選ばない学習ツール
(2)All in Oneのエージェント
2 子どもの学習基礎能力を補うタブレットPC
(1)読みを補助する機能
(2)書きを補助する機能
(3)記憶やメモを補助する機能
(4)計算を補助する機能
(5)注意を補助する機能
(6)思考整理を補助する機能
(7)見通しを補助する機能
3 子どものコミュニケーションを支援するタブレットPC
(1)コミュニケーションに音声を使うことが苦手な子どものために
(2)言葉で説明が上手くできない子どものために
4 子どもに気づきを与えるタブレットPC
(1)勉強のポイントがつかめない子どものために
(2)調べ学習(辞書・インターネット)が苦手な子どものために
5 子どもの生活を支援するタブレットPC
(1)スケジュールの把握が難しい子どものために
(2)道に迷いやすい子どものために
2 アクセシビリティ 障害のある子どもがタブレットPCを使うには
1 肢体不自由のある子どもに便利なアクセシビリティ機能
(1)本体のボタンを押しにくい
(2)タッチスクリーンを操作しにくい
(3)キーボードを押せない
(4)文字入力に時間がかかる
(5)タッチスクリーンが反応しない
(6)手に持って操作しにくい
(7)操作中に画面を覗かれるのが嫌だ
2 視覚障害のある子どもに便利なアクセシビリティ機能
(1)ボタンや画面が見えにくい
(2)ボタンや画面がまったく見えない
3 聴覚障害のある子どもに便利なアクセシビリティ機能
(1)相手の声が聞こえにくい
(2)着信音が聞こえない
4 言語障害のある子どもに便利なアクセシビリティ機能
(1)発話が不明瞭なので音声通話をあきらめている
(2)発話が困難なので音声通話をあきらめている
5 知的障害や発達障害のある子どもに便利なアクセシビリティ機能
(1)表示された文字の意味がわからない
(2)複雑な操作が理解できない
3 電子書籍とタブレットPC・スマホ
1 障害のある子どもと読書
(1)視覚障害と読書
(2)肢体不自由と読書
(3)認知障害と読書
2 障害のある子どもと電子書籍
(1)印刷物障害のある人のための特別な読書の方法
(2)文字を電子情報に変える
(3)電子書籍の広がり
(4)電子書籍のメリット
(5)電子書籍の作り方
(6)電子化の壁
4 タブレットPC導入のポイント
1 上手な機能の使い方を教える
(1)電源ON/OFFなどの基本操作
(2)キーボード操作
(3)アプリの使い方
2 タブレットPCを情報のゴミ箱にしない
3 タブレットPCを使うルールを教えておく
(1)ルールの確認
(2)機能制限
4 導入のポイント
(1)無理やり導入しない
(2)なぜタブレットPCを導入するのかを考える
(3)タブレットPCの機動性を活かした教育の実現
(4)ご褒美に使わない ゲームアプリと学習アプリを分ける
(5)評価の道具としての活用
【コラム】盲ろうの人の電話コミュニケーション
5 なぜタブレットPC利用をためらうのか?
~タブレットPCへの不安をとく~
1 タブレットPCが授業を変えるのでは?
2 入試や就職のときにすべて自分でできないと困るのか?合理的配慮の時代
3 導入の合意が得られない
6 子どもが安全安心にタブレットPCやスマホを活用できる環境
1 授業中の不適切利用への対応
2 金銭的トラブルへの対応
(1)通信・アプリ料金への対応
(2)詐欺・フィッシングへの対応
3 依存への対応
4 有害情報アクセスへの対応
5 対人関係トラブルへの対応
6 個人情報の管理についての対応
7 これからの子どもの能力 新しい能力を認める教育へ
1 求められる能力の変化
2 タブレットPC導入に必要な新しい教育の考え方
3 未来の教室
(1)子どもは変えるが教え方は変わらない
(2)閉じられた教科書でこそ授業が成立する
(3)ハイブリッドな教育
おわりに ICT活用の広がりの可能性

編集者の人の裏話だとずいぶんと作成に苦労したとか,それだけに力の入った本のようです。
早く手に入れて読んでみたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Amazonだとこちらからも

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Pluto家電を家の外からスマートフォンでコントロール

こんな製品を見つけました。

Pluto

LAN回線につなげた学習型のリモコンで家にある赤外線でコントロールできる機器を操作できるそうです。

コンロロールするのはiPhoneアプリやAndroidの場合にはブラウザから操作可能とのこと。

もちろん,家の外から操作してもいいのでしょうが,障害のある人の場合には家の中でiPhoneだけで家電が操作できますので,便利かもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラウザからの操作が可能ですから,オペレートナビやスイッチXSなどを使えばPCでのスイッチから操作が可能ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


なんとカンファレンスの日程が決まったようです

以前にも紹介した「なんとカンファレンス」ですが日程が決まったようです。

なんとカンファレンス

2013年8月31日(土)

とのこと,会場は未定のようですね。

さて,この日程スケジュールを見たところなんと特殊教育学会とバッティング

特殊教育学会 第51回大会

まあ,研究者は気にしないとすればいいのでしょうけど,この学会けっこう学校の先生も参加するんで,残念ですね。

前の週にAT関係のカンファレンスとしては巨大なATACが入ってしまったので,それにぶつけるわけにもいかないでしょうからね。

微妙なところです。

週末は東京に行かないという人はぜひご参加下さい。

ところで,○○カンファレンスという名前がたくさん出てきましたね。
私が知っているのでは

●ATACカンファレンス

●信州特別支援教育カンファレンス

●大分特別支援教育カンファレンス

●なんとカンファレンス

●東海特別支援教育カンファレンス

●茨城特別支援教育カンファレンス

ぐらいかな,これ以外にもあるようなら教えて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしてもATAC具体の全国規模のカンファレンスは最低でも1年前ぐらいに日程を発表して欲しいなぁ、ほかへの影響が大きいのに。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

赤外線学習リモコン

本日はキッズフェスタにいってきました。

何人もの知り合いの方にもお会いしてきましたが,ひどい雨降りにもかかわらずたくさんの子どもたちが来ていました。

こういったニーズの高さを感じます。

さて,そんな中で作業療法士会のブースで表記の商品を拝見しました。

赤外線学習リモコン

スイッチが最大で10個まで付けられるとのことですし,オプションでジョイスティックもつなげられるようです。

マジカルで作った赤外線学習リモコンと同じように1つのスイッチでオンとオフを交互に送るような機能も設定できるようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度のマジカルイベントで展示してもらおうかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

楽天 kobo、電子書籍リーダー アプリの iOS 版を日本でも提供開始

こちらより

楽天 kobo、電子書籍リーダー アプリの iOS 版を日本でも提供開始

いやー,koboは出てすぐに買ったんだけど,使い勝手が悪くってそのまま電源も入れない状態です。

書籍もいくつ買っていたので,iPadで読めるのなら,試さなくては。

ダウンロードはこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

koboはEPUB形式のはず。これで,読み上げもしてくれると面白いですね。


ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadでぬり絵を楽しむ:不思議な色塗り屋 for iPad

こちらより

iPadでぬり絵を楽しむ:不思議な色塗り屋 for iPad

 

アドオンを追加するタイプのソフトなので,無料版ではできることに制限がありますが,お試しとしてはいいかもしれません。

ダウンロードはこちら

不思議な色塗り屋 for iPad App
価格:0
ジャンル:教育

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このタイプのソフトも沢山ありますね。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

学習に困難のある子どもをICTでサポート「DO-IT School」…参加教員・指導者募集

こちらの記事より

学習に困難のある子どもをICTでサポート「DO-IT School」…参加教員・指導者募集

DO-ITの活動,早く紹介しなくっちゃと思っていたのですが記事になったので,引用させてもらいます。

DO-ITのサイトにはこんな感じ。

以下引用

「DO-IT School」プロジェクト 実証研究参加教員・指導者を募集

2013年4月18日,DO-IT Japan,東大先端研,日本マイクロソフト株式会社,株式会社エデュアスの共同で,「DO-IT School」に関するプレスリリースを公開しました。また,このプレスリリースに関わる当サイトでのDO-IT Schoolの参加者募集につきましては,以下のページをご覧ください。

参加募集中/ディスレクシア プログラム 2013

参加募集中/OAKプログラム 2013

DO-IT Japanの障害のある児童生徒・学生を支援する活動は,今後ますます拡がっていきます。どうぞこれからもよろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

導入のプログラムで来てもらえるのはありがたいですが,実践セミナーに参加しなければならないというのは地方の学校の先生方にはちょっと負担になりそうですね。 学校の予算が削られてきているので。 まあ自費でも来るくらいの気持ちのある人をということなのだろうけど。。。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ジグソーパズルに興味が出てきた娘のために探した無料アプリ。無料で20種類も遊べるよ!|Puzzle Me !!! Free

バリアフリー展ではやはり定番のおめめどうや最新機器のOAKの展示があるのですが,それ以外にもやはりiPadの展示もしています。

そのソフトの中でちょっと面白そうだったのがこれです。

ジグソーパズルに興味が出てきた娘のために探した無料アプリ。無料で20種類も遊べるよ!|Puzzle Me !!! Free

iPadとパズルは相性がいいのできっとたくさんのパズルソフトがあると思います。

キートン・コムさんのシリーズなどは定番ですよね。

ここで紹介するソフトも英語ですが,レベルを選べることやヒントを出してくれるところなど,子どもが使いやすい工夫がされていました。

ダウンロードはこちら

Puzzle Me !!! Free App
価格:0
ジャンル:ゲーム


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはりソフトって人それぞれに注目するところが違うので,他人のiPadを見せてもらうと面白いですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

日本発の次世代インターフェースに世界が感動! 海外の声「これこそ本物の革命だ」「日本は “未来が始まる” 場所」

こちらの記事より

日本発の次世代インターフェースに世界が感動! 海外の声「これこそ本物の革命だ」「日本は “未来が始まる” 場所」

いやーすごいです。

コンピュータなどの装置を直接触らなくても3次元の立体のものでも操作してしまう。

音声が下記のところでテキスト化されているので,ご参照下さい。

実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

操作ポイントが指先に限定するようにしているのもすごいんですが,もしも障害のある人にも使えるようにするなら,そうではなくってもっと曖昧に検知できたりしてくれると,支援機器にぴったりのような気がします。 これの応用技術で,入力機器を作ってくれないかなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

バリアフリー2013

バリアフリー2013
バリアフリー2013

マジカルトイボックスで作った棒スイッチは買えますか?という質問に対して

マジカルトイボックスのイベント定番の製作講座では棒スイッチがとても人気があります。

学校でもよく使われているのですが,これを購入できるかという問い合わせをいただきました。

実は,市販品で完成しているものやキットなどが売られています。

クリップアーム棒スイッチ

マジカルトイボックスイベントではいつも展示をお願いしているエスコアールという会社で販売してもらっています。

数量が多くなると割引もしてくれるようなので,学校でまとめて製作講座をやる場合には便利だと思います。

ちなみにこんなものもあります。

電子工作キット

どな~る


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながらこれらの製品をお店で販売していた俺コン館は閉館してしまいました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

色カメラ ~ カメラに写った色を音で聞くソフト ~

前回のエントリーで色の名前を表示するソフトを紹介したところ,音声読み上げするソフトを教えてもらいました。

色カメラ ~ カメラに写った色を音で聞くソフト ~

以下引用


カメラに特定の色が写っていれば音で知らせるソフトです。

視覚障害者の方が部屋のどこかに置いた色付きのものを探す…
といった用途にお使い頂けると思います。

※ 使用上の注意
 条件が悪い場合(カメラを早く動かした場合や明るさが合わない場合等)は色の識別に失敗することがあります。本ソフトを歩行や移動の補助に使用することは大変危険ですのでお止めください。
 自分の部屋などの安全な場所で身の回りのものを探す...といった用途に限定してご利用ください。

とのことで,視覚障害者の方を意識して作られたソフトのようです。

盲学校でも使われているのでしょうね。

ダウンロードはこちら





色カメラ
App


価格:0

ジャンル:ユーティリティ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日からバリアフリー2013ですね

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

色の名前をリアルタイム検索!:色の名前検索

こちらから

色の名前をリアルタイム検索!:色の名前検索

 

これはいいですね。

色覚異常の方が色を確認するのにも使えますし,もしも音声対応なら全盲の方でも色が確認できます。

ダウンロードはこちら

色の名前検索 〜 ColorName* App
価格:0
ジャンル:辞書/辞典/その他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前,香川大学の坂井先生が音声読み上げに対応しているソフトで全盲の方が色を教えてくれたというエピソードを教えて下さったんだけど,どのソフトなんだろうなぁ。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

テレビ+3台のAV機器を1台で操作可能、実売990円の学習機能付きリモコン

こちらから

テレビ+3台のAV機器を1台で操作可能、実売990円の学習機能付きリモコン

マジカル的にはやはり,これのどこかのスイッチを改造してスイッチジャックを付けたくなりますね。

ただし,これだけ安価だとそれが簡単なのか,開けるだけでも大変なのかが分かりません。

やっぱり買ってみないといけないでしょうね。

購入はこちらから

http://item.rakuten.co.jp/hanwha/uma-plrm03/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり1個買って試さないといけないかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン

これまでにも何回か紹介している

「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン

の改訂版が出ました。

「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン
~公正・適切な判定のために~
【平成24-25年度改定版】

適合事例がALSの患者さんの事例が多いのですが,他の障害の方へ検討する際にも参考にできますので,ぜひお読み下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支援機器を導入する際の制度や補助金等に関する情報も書かれています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

東京書籍「教室の窓」

川上先生のブログを読んでいたら東京書籍が出している「教室の窓」という本が紹介されていました。

教室の窓


東京書籍といえば教科書会社のジャイアンツのようなイメージですがここでもデジタル教科書の事が記事になっていましたね。

まだまだ,学校に入っているのは指導者用のデジタル教科書ですが,まだ活用事例も少ないので使い方をいろいろと紹介してもらえるととての参考になります。

さて,川上先生のこの「つまずきのある子どもたちが期待する学級経営と授業改善」はとても興味深いです。

授業研究を先生方がする際に「教えやすさ」を基本に考えてしまいがちだが大切なのは子どもの「学びやすさ」ではないかとの指摘,同じ事なのかもしれませんが,視点を180度変えるとやり方はまったく違ってくるはず。

授業中に姿勢を崩している子どもを見て「話を聞いていない」と考えるのか「子どもに分からない話し方をしている」と考えるのか,ではそのためにどうすればいいのかを具体的に書かれているのがいいですね。

ぜひ,お読み下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川上先生,こんな番組のアドバイスもしてるんですね。

ストレッチマン

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPhoneを補聴器に変えるアプリ

しましまさんのブログで紹介していました。

こちらの記事より

iPhoneを補聴器に変えるアプリ

Professor Ray Meddis talks about BioAid, a revolutionary new type of hearing aid on your iPhone from University of Essex on Vimeo.

ダウンロードはこちら

BioAid App
価格:0
ジャンル:メディカル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな事もできるんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadのスイッチ入力 多くの人に「声」を AACアプリProloquo2Goの場合

いつもお世話になっている jalpsjpさんより

iPadのスイッチ入力 多くの人に「声」を AACアプリProloquo2Goの場合

お知らせしていたようにVoice4uがスイッチで操作できるようになりました。

jalpsjpさんはProloquo2Goでもスイッチ操作ができるようになるとの情報をいえてご紹介されています。

高額なソフトですが,iPadのAACアプリとしては草分けですので,こういう流れは歓迎しますね。

ううむ,個人で買うのはちょっと躊躇するので,職場で買ってもらえないかなぁ。

それぞれのアプリはこちらからダウンロードできます。

Voice4u JP App
価格:4300
ジャンル:教育
Proloquo2Go App
価格:16500
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スイッチアクセスのソフトリストも欲しいですね。 またインターフェースとしてはこれに期待しています。 https://www.facebook.com/dekimouse.org

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ドロップスを使ったサポートブック「Step Note」

こちらから

Step Noteってなに?


以下引用

使う人が必要な項目だけを選んで、自由に、簡単にサポートブックを作れる。そんなことを目指して、ドロップレット・プロジェクトとciariさんが共同で作ったサポートブックのテンプレート。それが「Step Note」(ステップ・ノート) です。

ciariさんが以前から温めていたみんなが使いやすいサポートブック実現のために、ドロップレット・プロジェクトがちょっとお手伝いさせていただきました。

データはPDFになっています。これをダウンロードし、ハガキ大の用紙に印刷して使っていただくことを想定しています。

ぜひダウンロードしてご活用を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワープロデータだとパソコンでの書き込みができますが,PDFでも,書き込みできるソフトがあるので,それに取り込めば文字を入れられそうですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2013(小学校版及び中学校・特別支援学校版)」の公表

総務省によるフューチャースクール推進事業の成果を発表しました。

「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2013(小学校版及び中学校・特別支援学校版)」の公表

この中で,小学校の部分においては特別支援学級での実践や発達障害のある子どものこともふれられています。

また,特別支援学校の実践では病弱特別支援学校での実践が丁寧に述べられていますので,ぜひお読み下さい。

また,福祉情報技術コーディネーターについても以下のようにふれられています。

・ガイドライン(手引書)2013(中学校・特別支援学校版)89ページより

 なお、特別支援学校の特徴を踏まえて、コンピュータによって障害者への支援ができる能力を認定する資格として、福祉情報技術コーディネーターもあります。

「障害者(高齢者を含む)のために、コンピュータを含む支援技術と、補助機材をその障害に応じて結びつけ自立をサポートできるように、環境提案と、その操作技術を教えるための指導者としての能力を認定する資格」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の実証実験は病弱特別支援学校だけだったので,それ以外の学校での実践も広げて欲しいところです。 ちょっとだけそれらの学校で使われる機器についても,ふれられています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

障がい児の学習・生活支援を行う 「魔法のランププロジェクト」の協力校を決定

こちらから

障がい児の学習・生活支援を行う
「魔法のランププロジェクト」の協力校を決定
~特別支援学校・特別支援学級87校に携帯情報端末206台を貸し出し~

これも3年目になり,とっても狭き門になっているようです。

採択された学校は申請書頑張ったんでしょうね。

過去も採択された有名校,知り合いの先生のいる学校,新しく参加した学校など色々とあるようです。

今年の学校も楽しみですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらほどじゃないけど,私たちも地味にモニター調査をやりたいと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

産総研、視覚障害者のための訓練システムを無償配布……ノートPCとゲームコントローラを活用

こちらの記事より

産総研、視覚障害者のための訓練システムを無償配布……ノートPCとゲームコントローラを活用

書かれているように,こういったシステムって昔からやれてていましたよね。

私も,自分の職場に部外者として呼ばれた時に見せてもらったことがあります。

ですが,無料で,それも一般のPCでもできるようになったというのは画期的ですね。

ダウンロードはこちらから

聴覚空間認知訓練システム


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

兵庫県立福祉のまちづくり研究所が発行する 「知的障害者 暮らしのアイデアブック2013」

兵庫県立福祉のまちづくり研究所が発行する 「知的障害者 暮らしのアイデアブック2013」をe-AT利用促進協会から送料のみで送ってもらえるそうです。

以下内容

制作・発行:兵庫県立福祉のまちづくり研究所
サイズ:A4
ページ数:43ページ

教育・就労、余暇活動、それに伴う移動やコミュニケーションなど、様々な場面で支援が必要と思われますが、このアイデアブックでは、家庭内の日常生活場面を中心に、支援の工夫を整理しています。(表紙より転載)

---目次---
○ 朝起き
○ 着替え
○ 食事
○ 食器洗い・片付け
○ 歯磨き・洗顔・整容
○ トイレ
○ 洗濯・収納
○ 掃除
○ 入浴
○ 就寝・その他
○ 参考書籍・参考文献・協力


注文はこちらから

http://www.e-at.org/store/products/detail.php?product_id=40


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も送ってもらうことになりました。 まだ届いていませんが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

子どもとPCを共有する前にはルール作りが大事

こちらより

子どもとPCを共有する前にはルール作りが大事

子どもにPCを使わせる場合,あまりルールを明確にしていない場合もあります。

我が家もそれでトラブったりしました。(際限なく使うなど)

これを参考に,子供用のアカウントを作ったりとルールを明確にした方が良さそうですね。

以下引用

ユーザーアカウントを作成する

個人用の棚を設置する

明確なルールを定める

公式時計を決める

ノートPCの使用場所を決める

外部のPCも利用する


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPadなどのタブレットではアカウントが設定できませんね。 これは今後の課題だな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

CamFind 写真を認識し、写っている物を読み上げたり、ネットで調べてくれるアプリ

いつもお世話になっている「jalpsjp」さんのブログより

CamFind 写真を認識し、写っている物を読み上げたり、ネットで調べてくれるアプリ

iPhoneで撮った写真がどのような画像か,Crowd(群衆)が検索をして提示してくれる、というソフトだそうです。

外国のソフトなので日本語表記の問題,プライバシーの問題はあるものの、視覚障害者にとって有用なソフトだとのこと。

この仕組みを上手く使い,個人情報が適切に扱えるとするなら,学習障害の子どもなどへも広く応用できる仕組みではないかと思いました。

ダウンロードはこちら

CamFind - Search With Your Camera App
価格:0
ジャンル:ユーティリティ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

使い方はこちらのページより


CamFind 使い方

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

桑ぴょんの特別支援教育マラソン宿題プリント編 β版!

こちらより

ようこそ!桑ぴょんの特別支援教育マラソン宿題プリント編 β版へ!

特別支援教育で活用できるプリント教材がダウンロードできます。

β版とのことなので,まだダウンロードできないページもあるようですが,PDF形式での教材がいくつか掲載されています。

ご参考までの。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういったアナログ教材のサイトも色々とあって,とても参考になりますね。 アナログ教材のリストも作る必要があるかな。 まあ,どこかでまとめられていそうな気もしますが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

進む学校のICT活用とデジタル教科書普及

こちらの記事より

進む学校のICT活用とデジタル教科書普及

以下引用

目次

1.学校でのICT活用を実証する総務省“フューチャースクール”
2.デジタル教科書を検証する文部科学省
3.教科書会社が取り組むデジタル教科書
4.導入は慎重にすべきという意見も
5.DiTTの取り組みと中村伊知哉氏の見解
6.大切なのは紙と併用するという考え

総務省や文科省などの国の動き,教科書会社でどのようなことが行われているのか,民間団体としてのDiTTの活動や反対意見などICT活用やデジタル教科書について分かりやすくまとめられています。

いろいろな人のインタビューをしていますので,読み物としてはとても参考になりますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後のところで二律背反ではなくて併用することとなると中村先生がおっしゃっていますが,やはり大切なのはどうやって指導に使うか,先生方の指導のノウハウの普及と,指導法の普及を支えるインフラなのではと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

『特別支援学校での読み聞かせ 都立多摩図書館の実践から』を作成

東京都のページより

公共図書館では全国初!
『特別支援学校での読み聞かせ 都立多摩図書館の実践から』を作成
東京都子供読書活動推進事業

以下引用


1 特徴
(1) 6つの読み聞かせの手法を提案


寄り添って読む
一部分を読む
ダイジェストで読む
読んだことを体験する
クイズをしながら読む
繰り返して読む

(2) 子供の障害(知的障害・肢体不自由、聴覚障害、視覚障害)に応じて絵本やお話を紹介

 子供たちが喜んだり興味を示した絵本を選び紹介しています。

(3) 95冊の絵本のあらすじや特色、読み聞かせのコツを掲載

(4) おはなし会やブックトークの事例、わらべ歌を掲載

※ブックトーク:グループを対象に、特定のテーマで数冊の本を紹介します。
 読書への興味、関心を呼び起こすことをめざすもので、主に図書館のおはなし会や学校の授業などで行われています。

身近な多摩図書館でこんな実践をされていたんですね。

知りませんでした。

東京都の学校のみの配布とのことですが,全国に広がってくれるといいと思います。
ちょっと問い合わせてみようかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抜粋のPDFは該当サイトからダウンロードできます。

マルチメディアDAISYのことも紹介していますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

1台のiPadを囲んで4人でセッションできる楽器アプリ:Rockmate

こちらの記事から

1台のiPadを囲んで4人でセッションできる楽器アプリ:Rockmate

 

確かこのソフト,無料セールの時にダウンロードしたきりだったような。

結構面白い使い方ができそうですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううん,やっぱりソフトの整理をしなくちゃ,使ったのか使ってなかったのかも忘れてる・・・

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

RSSリーダーをGoogleリーダーからlivedoorリーダーに変えました

私の情報ソースの多くの部分はfacebookと信頼できる人たちのブログから成り立っています。

どちらにしても共通点は

・ある程度その情報の発信者を知っていたり,それなりの編集された情報である

・PCでもMacでも,iphoneでもどこでも情報を受けられ,かつその閲覧情報が共有できる。

といったことがあげられます。

特に2点目のどこでも見られるというのは重要で,そのために私はこれまでにGoogleリーダーを使っていました。

しかし,このようなニュースが

「Google Reader」終了 7月1日に ユーザー減少で

実際はユーザ現象ではなくて,大人の事情があるようですが,まあどちらにせよ終了は終了。

そこで,どこに移行しようかと思っていたのですがiPhoneでも見られるリーダーがあるとのことで,livedoorリーダーにしました。

移行先の大本命「Livedoorリーダー」がGoogleリーダーより優れている点は?

使い勝手が違うので,まだ戸惑っていますが,データの移行は簡単にできたのでしばらく試してみたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPhoneのソフトはこれ
LDR touch App
価格:0
ジャンル:ニュース
AeroReader App
価格:0
ジャンル:ニュース

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

スイッチで操作できるiPadのソフトと対応インターフェース

知り合いの先生からの紹介です。

残念ながら(?)英語のサイトなので,ご勘弁を。

Switch Accessible Apps for iPad/iPhone

Jane Farrall Consulting

というところの情報のようです。

ここらのリンク先として前にも紹介したことのある

iPhone/iPad Apps for AAC

というページにもリンクが張ってありましたね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これの日本語版が欲しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ラジオ体操を座ったままでやる

我が家は6時になるとラジオが鳴ります。

少し前まではTBSラジオだったのですが,最近NHKに変えました。

その理由は,我が家の連れ合いがラジオ体操を始めるようになったので6:30になるとチャンネルを変更するため,それならいっそのことはじめからNHKにしようということになった次第です。

ただし,第1はよく知っているのですが,第2体操はうろ覚え。

なら,インターネットで調べてみようとググったところYoutubeに出ていました。

これを見ると,なんと座ったままの人もいるじゃないですか。

たぶん,お年寄りの方でもやれるようにと工夫したのかな,と思います。

でも,この動きを参考にすれば肢体不自由のお子さんが車いすに乗ったままでのラジオ体操をするのの参考になりますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

沖縄県浦添市立教育研究所のWebサイトはiPadの情報が充実しています

知り合いの先生から沖縄県浦添市立教育研究所のWebサイトはiPadの情報が充実しているとの情報をもらいました。

沖縄県浦添市立教育研究所

この中でiPadの情報が載っています。

iPad2 について

動画も含め情報満載なのでまずは覗いてみて下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットコモンズで作られているようですね。

デザインが派手なのがちょっと気になりますが,これだけ充実しているというのはなかなかないですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

e-AT利用促進協会のサイトが復活したようです

ここ最近e-AT利用促進協会のサイトが変なことになっていました。

しかし,本日から復活したようです。

20130405_203758

さて,そんなe-AT利用促進協会ですが再来週に開かれるバリアフリー2013の展示の情報が出ていました。


「バリアフリー2013」に出展。ワークショップも行います

お近くの方は,ぜひご参加下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は金土と参加予定です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

OAKの体験版もあるらしい

ディスク版のOAKが出たと書いたのですが,ダウンロード版も販売されていたようです。

そしてなんと,30日限りのお試し版もあるようです。

お試し版はこちらから

体験版のダウンロード

ダウンロード版はこちらです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらにせよKinect買わなくっちゃ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

OAKの販売が開始されたようです

これまでに何回か紹介したOAKですが,Amazonから販売が開始されたようです。

また,スイッチボックスも販売されました。

ソフトの方はダウンロード版が出るはずなんですが,それはまだのようですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はダウンロード版が出てからにしようかな

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Voice4u無料ライセンスプログラム

Voice4uのiPad,iPhone版が学校などで無料で利用できるプログラムがあります。

Voice4uを無料でお使いいただけます

私の職場のマシンも1台入れさせてもらいました。

ちなみに,利用の様子としてこんな動画が流れていました。

Voice4uだけでなく,中邑さんのお話もありましたね。(後半が切れてたけど)

ダウンロードはこちら

Voice4u JP App
価格:4300
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早く,スイッチのバージョンが出ないかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

文部科学省「学びのイノベーション事業」デジタル教科書 中学社会科

学研からも公開されました。

もちろん,研究指定校や関係者のみなので,一般の人が見られるのは限定された部分だけのようですが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからに期待しましょう。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルイベントで製作講座を参加したい方は懇親会の申し込みを「参加する」にして下さい。

マジカルトイボックス第36回イベントですが,とても好評で今の時点で20人近くの人にお申し込みをいただいております。

さて,その中で「懇親会」と書かれているのがあるのですが,これは素直に「懇親会」ではなく

「製作講座」の申し込みとなっています。

ですので,「製作講座」にお申し込みをいただく方は申し込みフォームで

製作講座に「参加する」プルダウンメニューを変えて下さい。

よろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1つの申し込みフォームで2つのことをやってしまったので申し訳ありません。 よろしくお願いします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadでVOCA(アプリ比較)

まほろば さんのサイトから

iPadでVOCA(アプリ比較)

(1) スワイプ不要 ・・・ スワイプ操作の必要がないページを作成可能か
(2)サイズ設定可能 ・・・ カードサイズが設定可能か
(3)ページリンク ・・・ カードを選択すると他のページにジャンプできるか
(4)スイッチ操作 ・・・ 外部スイッチによる操作が可能か
(5)音楽ファイル再生 ・・・ iTunes内の音楽ファイルが再生可能か
(6)データ共有 ・・・ 作成したデータを他のiPadに移動できるか
(7)カード再配置 ・・・ 作成したカードを簡単に移動できるか
(8)編集容易 ・・・ データを簡単に編集できるか
(9)Text To Speech ・・・ 音声合成でテキスト読み上げ (英語対応)

という9つの基準でソフトを比較しています。
それ以外にもコメントがあり,とても参考になります。

ボランティアとしてこれだけの情報を整理するというのはとてもすごいことだと思います。
(お金もかかるでしょう)

ただし,人によっての判断基準は違うので,これ以外の要素で比較することも必要だと思いますし,それぞれの軽重も変わってくるでしょうね。

私だと,(4)番とか(6)番とか(8)番は重要ですし,日本語のシンボルが最初から入っていた方がいいです。

やはり,何にせよこういった情報をまとめておくことはとても重要だと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本のアプリ製作の皆さん頑張って!

絵カード・コミュニケーションも入れて欲しかったなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

本日は世界自閉症啓発デー

本日は世界自閉症啓発デーです。

東京タワーではブルーのライトアップが行われます。

公式サイト

 


B1_b_0110_2

以下引用

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

ということで,関連イベントがいろいろと開かれるのですが,こんなサイトがあります。

Get in touch!

理事長の東ちづるさんを中心に有名人の方々が支援して下さっています。
多くの方に知ってもらい,そして理解してもらえるようになってくれるといいですね。

一般の人には政府公報オンラインのサイトをご紹介するといいかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→  

 

 

「OAK Pro バンドル DVD版」販売開始です

こちらで紹介したOAK

Kinectで障害者を支援するソフト“OAK” 東大先端研と日本マイクロソフトが共同開発

ついに販売開始になったようです。


そのうち,ダウンロード販売バージョンモデルと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

念のため,Kinectは別に必要です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »