ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« お風呂の中でiPad miniを楽しめるIPX7準拠の防水ハードケース | トップページ | 製作講座第2部の受付を開始します »

入試における「漢字」の書き取りって(その2)書籍紹介

以前漢字の書き取りについてこのような記事を紹介しました。

入試における「漢字」の書き取りって

ここでは高校生が漢字の書き取りって意外といい加減だということを調べていたんですが,それを裏付ける本を東大の河野先生から紹介してもらいました。


ご紹介してもらった言葉を転載します。

出たばかりの本です。

漢字の「とめ」「はね」、筆順にこだわりすぎるのは間違い、ということの根拠が書かれています。
漢字の書き方に厳しすぎる先生に苦労している読み書き困難な子どもへの朗報になるのではないでしょうか。

「とめ」「はね」は、フォントのデザインにすぎない、ということです。「常用漢字表」に載せられている「デザイン差」に関する記述が根拠です。「第2 明朝体と筆写の楷書との関係について」には、「木」の、はねる例と、とめる例が示されています。「木」は、はねたらまちがい、とはいえないわけです。

また、学校で現在教えられている筆順は、文部省初等中等教育局初等教育課編『筆順指導の手びき』(1958年)で示されたそうですが、その中の「本書使用上の留意点」には、「本書に取り上げた筆順は、学習指導上の観点から、一つの文字については一つの形に統一されているが、このことは本書に掲げられた以外の筆順で、従来行われてきたものを誤りとするものではない。」と書かれています。
ちなみに、「右」と「左」の書き順は、「右」は「ノ」から、左は「一」から書くように指導されていますが、中国では、どちらも「一」から書く筆順とのことです。

とても興味深いです。さっそく注文します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


河野先生の本はこちら

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« お風呂の中でiPad miniを楽しめるIPX7準拠の防水ハードケース | トップページ | 製作講座第2部の受付を開始します »

支援機器」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/57342308

この記事へのトラックバック一覧です: 入試における「漢字」の書き取りって(その2)書籍紹介:

« お風呂の中でiPad miniを楽しめるIPX7準拠の防水ハードケース | トップページ | 製作講座第2部の受付を開始します »