ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 今年の国際福祉機器展は9月18日(水)〜20日(金)だそうです | トップページ | 特別支援教育の腕を磨く:LCスケール・LCSAによる言語発達評価、特別支援教育におけるICT活用 »

こころセミナー2013

こちらより

こころセミナー2013

メーリングリストでも流れてきていて転載自由ということなので以下引用

こころセミナー2013

「学校での学習や生活に不適応気味の子ども達のためのテクノロジー活用術~家庭や学校で簡単にできる支援のポイント~」
こころリソースブック出版会では,全5回シリーズのこころセミナー2013を開催します。

第1回
■日時:7月9日(火),10:00~14:00
■プログラム
10:00~11:30 ①学校での学習や生活に不適応気味の子ども達に役立つテクノロジー
 /中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター・教授)
11:30~12:30お昼休み(お昼ご飯をご持参ください)
12:30~14:00 ②保護者のためのiPad活用ワークショップ〜学習編〜
 /平林ルミ(日本学術振興会)

■定員:80名

■料金:2,000円(資料代込)

■対象:お子さんの学習や学校生活に不安を感じる保護者の方

■場所:公益財団法人 明治安田こころの健康財団 セミナールーム
(ヒューリック高田馬場ビル8階,〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-10)

■アクセス:http://www.my-kokoro.jp/outline/access/

■主催:こころリソースブック出版会

■お申し込み:ホームページの申込フォームよりお申し込みください

 http://www.kokoro-rb.jp/seminar20130709.html

■お問い合わせ:seminar@kokoro-rb.jp

※第2回目以降は,以下の日程を予定しています。詳細は随時ホームページに掲載いたします。

第2回 7月24日(水):保護者向けセミナー
   ①読み書きが苦手な子どもを助けるテクノロジー/河野俊寛(東京大学)
   ②保護者のためのiPad活用ワークショップ〜生活編〜/村田美和(日本学術振興会)

第3回 8月 8日(木):先生向けセミナー
①子どもに合った学習方法を教室で実現するためには
②学校で役立つテクノロジーワークショップ

第4回 8月 9日(金):先生向けセミナー
①学校にiPadがやってくる〜親・先生それぞれの不安を解消するためには〜
②定期試験・入試での合理的配慮

第5回 9月24日(火):保護者向けセミナー
   ①進学・就労〜その子に合った未来の選択〜
   ②多様な学び方〜学校に行かずに学べる方法〜


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1回は7月9日(火)と日も迫っていますがご関心のある方はぜひ

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 今年の国際福祉機器展は9月18日(水)〜20日(金)だそうです | トップページ | 特別支援教育の腕を磨く:LCスケール・LCSAによる言語発達評価、特別支援教育におけるICT活用 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/57726191

この記事へのトラックバック一覧です: こころセミナー2013:

« 今年の国際福祉機器展は9月18日(水)〜20日(金)だそうです | トップページ | 特別支援教育の腕を磨く:LCスケール・LCSAによる言語発達評価、特別支援教育におけるICT活用 »