ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« iPad版のアプリCause and Effect Sensory Light Box がPCとMac版で | トップページ | 幾何・代数・解析ソフトGeoGebraのAndroid版 »

平成26年度文部科学省 概算要求等の発表資料一覧(平成25年8月)

8月30日に文部科学省が概算要求の資料をWebで公表しました。

平成26年度文部科学省 概算要求等の発表資料一覧(平成25年8月)

この中でも,特別支援教育+ICTに関連に絞って紹介します。

4.特別支援教育の充実
~障害のある児童生徒等の自立・社会参加の加速化に向けた特別支援教育の充実~
(前 年 度 予 算 額 9,908百万円) 平成26年度要求・要望額 13,083百万円 うち優先課題推進枠 2,555百万円

1.要求要旨
インクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進について、障害 のある児童生徒等の自立と社会参加を加速化させることを目的とし、高等学校段 階におけるキャリア教育・職業教育の充実や自立・社会参加に向けた学習上の困 難を軽減するための、障害の種類、程度に応じた適切な支援機器等教材の開発支 援とその普及・促進を図り、障害のある児童生徒等が十分な教育を受けられる環 境を構築する。


この中の

(2)学習上の支援機器等教材活用促進事業 1,112百万円( 新 規 )

障害のある児童生徒等の学習上の困難軽減のため、ニーズのある利用しや すい支援機器等の教材開発を支援する。さらに、支援機器等アドバイザーを 活用した指導方法の実践研究を行うとともに、支援機器等教材についての情 報を一元的に集約・データベース化し、全国的な活用を促進する。また、デ イジー教材等の教科書デジタルデータを活用した音声教材等の効率的な製作 方法の調査研究等を行う。

・学習上の支援機器等教材研究開発支援事業 18箇所
・支援機器等教材普及促進事業(国立特別支援教育総合研究所運営費交付金)
・支援機器等教材を活用した指導方法実践研究事業 16地域・支援機器等教材アドバイザー 16人
・教科書デジタルデータを活用した拡大教科書、音声教材等普及促進プロジェクト

これだけまとまった予算で,支援機器という名前が付いたことはなかったかと思います。

もちろん,概算要求というのはそのまま通るわけではありませんし,いろいろな査定を受けると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これ以外でも生涯学習局や総務省の方でもICT関係の予算請求があり,その中にも特別支援学校や特別支援教育関連のものがあります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« iPad版のアプリCause and Effect Sensory Light Box がPCとMac版で | トップページ | 幾何・代数・解析ソフトGeoGebraのAndroid版 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« iPad版のアプリCause and Effect Sensory Light Box がPCとMac版で | トップページ | 幾何・代数・解析ソフトGeoGebraのAndroid版 »