ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 公立学校のICT整備率、電子黒板75%・デジタル教科書33%…文科省調査 | トップページ | iPadが苦手な人にも使える標準ソフトの使い方 »

iOS7は標準機能の中にスイッチ操作が入りました。

昨日はiOS7へのバージョンアップがされたiPadやiPhone

関心の高い人はさっそくアップグレードしたと思います。

すでに,いろいろなところから情報が出ていた「スイッチコントロール」これも明らかにされましたね。

Picture_1

機能が多すぎて,1回では説明できないのですが,3つの入力方法で操作可能です。

1つはBluetoothでつながる外部スイッチ操作。これの代表はなんといっても「できiPad。

2つめは画面をタッチして操作。つまりはiPad自体がスイッチになります。

これの直球版はマジカルの次のイベントで作る「i+Padタッチャー

3つめはカメラに写った自分の顔を左右に動かして操作する機能です。

以下は,日本語ではないのですがスイッチコントロールをいち早くYoutubeにあげていたので,ご紹介です。

1つのスイッチでのオートスキャンの様子と2つのスイッチでのステップスキャンの様子です。

バージョンアップする際にはぜひ試したい機能ですが,気をつけて欲しいのは,スイッチコントロールに設定すると,解除もスイッチで操作しなければなりません。

ですので,アクセシビリティのメニューの一番下に「ショートカット」というのがあり,これの「スイッチコントロール」というののチェックを入れておくとホームボタンを3回押すとアクセシビリティー機能がONになったりoffになったりします。

これで,入りきりをするのがいちばん安全かと思います。


Picture_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ショートカットのメニューは複数チェックしていると、そのメニューをスキャンすることになるので,気をつけて下さいね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 公立学校のICT整備率、電子黒板75%・デジタル教科書33%…文科省調査 | トップページ | iPadが苦手な人にも使える標準ソフトの使い方 »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOS7は標準機能の中にスイッチ操作が入りました。:

« 公立学校のICT整備率、電子黒板75%・デジタル教科書33%…文科省調査 | トップページ | iPadが苦手な人にも使える標準ソフトの使い方 »