ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« iOS7は標準機能の中にスイッチ操作が入りました。 | トップページ | 第3回 キッズ☆バリアフリーフェスティバル »

iPadが苦手な人にも使える標準ソフトの使い方

iPadはこれまでのパソコンよりも遥かに使い勝手がいい機械で,今まではあまり使わない先生も利用してきています。

それでも,やはり「新しいもの」に対するアレルギーがあります。

そうなると,「教材を作る」ということにはとても抵抗がある。

KeynoteはPowerPointの互換ソフトなので,これで教材ということにも抵抗がある。

そこで,標準で入っている「カメラ」アプリと「写真」アプリだけを使って教材を作る方法が。

Img_0003_1


何か,「紙」で書いたり,素材などを「カメラ」アプリで写真に撮ってそれを「写真」アプリで再生すれば簡単なスライドショーができあがり。

もうちょっと凝ったことをしたいなら,お絵かきアプリで絵を各方法もあります。

具体的には下記の映像が参考になります。



これは,インターネットで調べたり,手書きアプリを使ったりと少しレベルが高いですが,写真で撮るだけなら誰でもできそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり,iPadを使いこなす場合に,ステップを細かく分けで「初心者ならこれ」もう少し色々やりたいなら「これ」というように,紹介できると良さそうですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« iOS7は標準機能の中にスイッチ操作が入りました。 | トップページ | 第3回 キッズ☆バリアフリーフェスティバル »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58235486

この記事へのトラックバック一覧です: iPadが苦手な人にも使える標準ソフトの使い方:

« iOS7は標準機能の中にスイッチ操作が入りました。 | トップページ | 第3回 キッズ☆バリアフリーフェスティバル »