ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« スマートフォン利用に不安7割…子どもの安全 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベント »

結局はコミュニケーションなのかなぁ

学校でのICT普及について、いろいろと話していますが,条件整備として「管理職」とか「専門性のある教員」だとか「学校組織」だとか「機器整備の充実」だとかいろいろと基礎的環境整備は必要なんだけど,これは「最低条件」なのかなと思います。

上手く行っている学校を見ると,もちろんそれらはありますが,それらの要素が相互に連携しているんですよね。

つまり「コミュニケーション」

部分部分でいいことやっていても,相互に連絡を取り合ったり,相談する体制がないと上手くいっていないことが多い。

それが端的に表れるのは、外部の人とのコミュニケーションなのかなと思います。

あるお医者さんの言葉で,いい病院を見つけるには電話すればいいといっていました。

電話をした時の看護師の対応ですぐ分かるそうです。

お医者さんが患者に対してどのように治療するかを,明確に看護師に伝え看護師が患者と的確にコミュニケーションをとれる場合はいい病院だとのこと。

メールのやりとりなどをやっていても,しっかりとレスポンスのある人や挨拶がちゃんと出来る人は信用できるけど,情報提供したのにその後の連絡もない人を見るととってもガッカリしますし,ああダメだなぁ、と思っちゃいます。

コミュニケーションの技術でいうと,機器の使い方や表現が上手にできなくていいって思います。

つまり,分かりやすく表現できるとか,相手に上手に伝えられるとはは2の次だと思っています。

それよりも大事なのは,下手でもいいから伝えようという姿勢があるかということです。

伝える技術は、伝えるための行動を起こさなければ高まりません。「失敗しそう」とか「上手く伝わらないかも」とかいったことを考えているうちはなんにも変わらない。

誰もがはじめから上手な,表現方法を持っているわけでは無いです。

経験が人を育てるものだと思っています。

その意味では,何も表現しなければ変わるはずもない。

コミュニケーションはとってもむずかしいけど,とっても楽しいものだと思うんですけどねぇ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FBに書いたのですが,意外と「いいね」をたくさんもらったので,表現を少し調整してこちらに転載しました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« スマートフォン利用に不安7割…子どもの安全 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58187944

この記事へのトラックバック一覧です: 結局はコミュニケーションなのかなぁ:

« スマートフォン利用に不安7割…子どもの安全 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベント »