ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« AndroidのEPUB3リーダーHimawari Readerがバージョンアップ | トップページ | 「重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム」 参加者募集 »

今さら聞けないタブレットPCの基本操作

iPadやiPhone,AndroidなどのタブレットPCを操作する上で画面をさわる操作はこれまでのキーボードやマウスとはちょっと違った方法になります。

キーボードなら単純に押すか長押しするしかありませんし,


マウスの場合は「クリック」「ダブルクリック」「ドラッグ」ぐらいでしょうか。

そこで,iPadを例にとって画面を操作する方法を整理してみようと思いました。

調べていくと以下の6つの方法を紹介しているサイトがほとんどです。

(1)タップ

(2)ダブルタップ

(3)長押し(ホールド・ロングタッチ)

(4)ドラッグ

(5)フリック

(6)ピンチイン/ピンチアウト

(画像は,いつもお世話になっているぽっしゅんブログから勝手に借用しました。)

参考になったのはいつもお世話になっているまほろばさんです。

iPad 初心者講座1 (操作方法)

実は,これ以上に複雑な操作がVoiceOverをすると必要になるんですが,今回は初心者向けでこれらまではふれません。

ところが7つめの操作を紹介しているページがあります。

iPhoneを操作する上で覚えておいた方がいい用語7コ。

ここでは7つめとして

「スクラブ」

という操作を紹介していました。

画面を長押しして,ずりずりっと動かして動画の再生速度を変える方法だそうです。

ただ,もしかするとこの方法ってドラッグの変形に位置するのかなぁとも思いました。

なので,一般的には上記の6つの操作方法が基本と考えて良さそうな感じがします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タブレットPCの標準的な操作はこれぐらいですが,もちろん3本指での操作とかローターとかいった複雑な操作もありますね。でも,そうなってくるととてもむずかしい人もいるので,これぐらいかなぁと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« AndroidのEPUB3リーダーHimawari Readerがバージョンアップ | トップページ | 「重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム」 参加者募集 »

Android」カテゴリの記事

iPhone,iPad」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58328999

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら聞けないタブレットPCの基本操作:

« AndroidのEPUB3リーダーHimawari Readerがバージョンアップ | トップページ | 「重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム」 参加者募集 »